HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  在日韓国人日本国籍取得「手間もかかるので、極力したくない」「全部の手続きが1日で済むのならば、まあ、してもいいかな」反日デモで日本を侮辱する韓国人と同じ、日本は帰化条件厳格化し忠誠心を誓う者のみ認めろ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、在日韓国人は日本国籍を取得するのは面倒だから嫌だと考えていることはご存知だと考えます。
 
在日コリアンら「日本国籍取得は韓国籍維持でなく面倒だから嫌、韓流は日本メディアが無理やり作り出した」

【大阪】在日4世の韓理恵さん(22、高槻市)は今春、関西大学社会学部を卒業した。卒業論文に選んだのは「在日コリアンと日本社会‐若者世代におけるアイデンティティー考察」。

 民族名の使用、韓国語の理解度、日本国籍取得の是非など24項目の質問を用意し、身近な友人や親戚など6人から聞き取り調査を行った。回答を通じて、おぼろげながら今を生きる在日4世像が浮かび上がってきたという。

 アイデンティティーについて、「悩むこと自体がアイデンティティーの形成につながるから、おもいきり悩んだらいい」「1人で悩むから良くない方向へいってしまう。在日の集団に加わって同世代の仲間と交わればよい」といった前向きなアドバイスが聞かれた。なかには「悩む必要のないことで思い悩むのは、悲劇のヒロインを演じるようなもの」と突き放した意見もあった。

 日本国籍取得については民族性の維持ではなく、手続き上の煩わしさを挙げる人もいた。
「手間もかかるので、極力したくない」「全部の手続きが1日で済むのならば、まあ、してもいいかな」といった声も。

 韓流については、「メディアが無理矢理つくり出した陰謀が見え隠れする」と冷めた見方もあった。

嫌韓についても、「筋が通った意見ならば受け入れる」という。
2013.4.24 民団新聞抜粋
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1366856545/

>日本国籍取得については民族性の維持ではなく、手続き上の煩わしさを挙げる人もいた

>「手間もかかるので、極力したくない」「全部の手続きが1日で済むのならば、まあ、してもいいかな」
 
ふざけるな!
 
これらの在日韓国人は、日本国籍を侮辱しており、帰化申請しても日本国籍を取得させるのは間違いです。
 
そもそも、現在の日本は、在日韓国・朝鮮人への帰化条件が甘すぎます。
 
在日韓国・朝鮮人の人口は減少傾向ですが、日本に帰化した韓国系日本人とその子弟らは数十万人と指摘する有識者もいます。
 
韓国系日本人が日本のパスポートにより渡航先で犯罪を起こせば、それは日本国の名誉が毀損されるのです。
 
米国ボストンで米国在住者による爆破テロ事件が起きましたが、在日や韓国系日本人が日本国内でテロを起こす可能性も否定できません。
 

 
公然と行われている「パチンコの換金」は違法行為であり、パチンコは北朝鮮の核兵器やミサイル開発、日本人拉致工作の資金源となっています。
 
大手パチンコグループ「マルハン」の韓昌祐会長は、2002年に日本へ帰化した韓国系日本人です。
 
韓昌祐は、戦後の日本への密入国者で、「戦後のどさくさにまぎれて、日本に密航して来て永住権資格を得た」と自身でも認めています。
 
 

 
日本が優勝した「アジアカップ2011」のオーストラリアとの決勝戦で、決勝ゴールを決めた日本代表の李忠成は、日本に帰化した在日韓国人4世です。
 
李忠成は、2004年に「U-19韓国代表チームの候補」に招集されました。
 
しかし、韓国でのキャンプの際に「半チョッパル」(韓国は日本人をチョッパリ=豚の足と侮辱)などの差別を受けて、韓国代表選手にも選ばれませんでした。
 
■動画
 
이충성
 
李忠成は、日本代表を目指して、2006年9月に日本への帰化を申請し、2007年2月に帰化が認められて日本国籍を取得しました。
 
しかし、これまでの李忠成の発言を考えると、日本人と言う自覚がないので日本国籍を認めたのは間違いでした。
 
 

 
李忠成(韓国系日本人)の発言
 
「大舞台で得点し、世界に在日韓国人の可能性をアピールしたい。」
「五輪がなければ国籍変更していない。人生を変える大きな決断だった。」
「韓国代表で出たかったが選ばれなかったので、日本代表でもいいかなと。」
「在日同胞のためにがんばる。」
「韓国人、日本人ではなく、サッカー選手としてここにいる。」
「日本で生まれたが、母と父に韓国の文化を学び、朝鮮学校に通った。体の中に韓国人の血が流れているという事実を忘れてはいない。今は、日本の国家代表選手として活躍しているが、韓国人だという自負心をいつも胸に抱いている」
「日本代表として北朝鮮に乗り込むという複雑なことになったが、こうやって北朝鮮の地を踏めるのは光栄なこと。」
「日本人FWが海外で活躍した歴史がない。」「朴智星さんとかは活躍している。日本人としてというより、アジア人のFWとして活躍しなきゃというのがある。」
「サッカー選手としては、いつかKリーグ(韓国)でプレーしたい思いはある。自分の母国の言葉をしっかり話せるようになりたい気持ちが強いので」
 
異種格闘技選手の秋山成勲は、日本に帰化した韓国系日本人です。
 
2012年、秋山成勲は自身のツイッターに日本人から「秋山さん、竹島は日本、韓国どちらの領土だとお考えですか?」と質問されました。
 
秋山成勲は、「ん~。 難しい問題ですね。自分的には元々誰の物でもないから、みんなの物じゃないですか!」と答え、竹島を日本領と認めませんでした。
 

 
秋山成勲は在日韓国人4世として、大学卒業後に韓国の市役所に勤務しながら、柔道の韓国代表としてオリンピック出場を目指しました。
 
しかし、韓国で在日韓国人だと差別を受けたので、韓国代表になることを断念して日本国籍を取得しました。
 
秋山成勲は、「柔道のために日本国籍を取りはしたが、私は永遠に韓国人だ」「わが大韓民国最高」などと発言しているので、日本人という自覚はありません。
 
 

 
民主党の白眞勲議員は、帰化して日本国籍を取得した後も、新聞やテレビで公然と「我々韓国人」「我々韓国国民」と発言しています。
 
 

 
白真勲が帰化した(20031月)後の発言

「我々韓国人は『東海』を『日本海』とは呼べない」(2003年、朝鮮日報)
「我々韓国国民にとって、(石原人気は)不思議な現象にしか見えない」(2003.11.2 TBS サンデージャポン)
「在日に勇気と希望、元気を与えたい。在日も韓国系日本人も結集し、みんなの力で地方参政権を獲得しよう」(民団新聞 2004.7.14.
「日本で外国人参政権が実現しない理由は日本の一部にある偏狭なナショナリズム」(民団国会議員アンケート)
「韓国は心の中にいつもある国」(2007 聯合ニュース)
 
白真勲は、お地蔵さんに選挙ポスターを貼り付けるという暴挙もしており、白真勲に日本国籍を認めたのは間違いでした。
 
 

 
日本政府は、在日外国人の帰化条件を厳格化して、日本に忠誠心を誓う外国人へのみ帰化を認めるべきです。
 
2010年4月17日、「外国人参政権に反対する国民大会」が日本武道館で開催され、外国人参政権に反対する1万人を超える方々が集いました。
 
メリーランド大学のエドワーズ博美講師はア­メリカ合衆国に在住しており、米国と日本との比較について講演をしました 
 
■動画
 
武道館反対集会 メリーランド大学講師 E.博美氏
 
 
 

 
一部書きお越し
 
このアメリカ帰化申請には5つの条件があります。

1つ目は、永住資格を取得後5年間居住すること。これはその国に住まずしてその国の文化は理解できないからです。


2つ目は、道徳的人格を備えた者であること。日本にも素行が善良であることという規定がありますが、アメリカは徹底しています。


過去5年に遡って、殺人、薬物所持、ギャンブルによる違法収入、売春、重婚といった具体的犯罪歴がないか、FBIが調査するのです。


3つ目は、読み、書き、話し、聴くといった英語能力で、英語能力なくしてアメリカを理解することはできないからです。


4つ目は、国旗に敬意を払い、国歌を歌い、戦没者に追悼に意を捧げることを始めとして、アメリカの歴史と文化、そして政府の仕組みに関する知識を取得することです。


これら4つがクリア出来て、最後に5つ目の忠誠宣言が行われます。


この宣言で、帰化申請をする外国人は、母国に対する忠誠を放棄し、もし要請があれば武器を持って合衆国軍の一員として戦うことを誓うのです。


母国とアメリカが一戦を交えることがあっても、アメリカ人として武器を持てるのか、こうした覚悟が無ければアメリカ人としても市民権、つまり国籍は与えられない、ということです。


たかだか250年の歴史しかない移民大国のアメリカでさえ、自国の歴史に誇りを持ち、国家への忠誠心、具体的には国防の義務と参政権はセットとして考え、国籍のバーゲンセール、安売りは絶対にしません。


2600年も連綿と続く日本が、日本人としての生活習慣や文化、日本語の能力、日本の歴史や政府の仕組みに関する知識の取得、そして日本に対する忠誠心を、なぜ新しく日本人になる人に要求出来ないのでしょうか。


日本が今なすべきは、国籍取得のハードルをもっと高くして、日本に忠誠心を尽くすことを誓う外国人にだけ、国籍を与えるように法律を改正することです。


歴史と伝統を誇るこの素晴らしい日本を守るために、外国人参政権付与法案と国籍の安売りを絶対に阻止しましょう。
 
 
ブラジル人の三渡洲アデミールは、1995年に念願かなってようやく日本への帰化が認められると、名前をアデミール・サントスから三渡洲アデミールに改めました。
 
また、帰化を考えていた三都主アレサンドロに対して、「代表選手になりたいだけならやめておいた方がいい」とアドバイスもしました。
 
 

三渡洲アデミール(ブラジル系日本人)
「帰化するならその国に骨を埋めてもよいという気持ちで帰化すべき。代表選手になりたいだけならやめておいた方がいい。」
 

ラモス瑠偉(ブラジル系日本人)
「日の丸の付いたユニフォームを着るなんて本当に夢のようだった。嬉しくて涙がこぼれたよ。」
 

呂比須ワグナー(ブラジル系日本人)
「日本が大好きだから、日本サッカーの役に立てる仕事をしたい。」
 

田中マルクス闘莉王(ブラジル系日本人)
「僕は日本人になったことを誇りに思うし、こういった仲間とやれたことを神様に感謝しなくてはいけない。」
 
4月25日、ソウルの日本大使館前で、 安倍首相の歴史にからむ発言や閣僚の靖国神社参拝容認などに抗議する反日デモが行われました。
 
韓国人は、安倍首相の人形、日本の国旗「日の丸」、「旭日旗」を燃やしました。
 
4月25日
テレビ朝日
スーパーJチャンネル
 

 

 

 

 

 

 
4月25日
日テレ
ZERO
 

 

 

 

画像は日々ご訪問を頂いているブログ「メイド・イン・ジャパン!」より
 
 

 

 

 
 
  告知
 
日韓国交断絶国民大行進in浅草

日韓断交こそ真の主権回復への第一歩!

日時:四月二十八日(日曜日)十四時半集合
場所:花川戸公園
東京都台東区花川戸一丁目 十四番地)
東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩五分
主催 :日韓断交共闘委員会帝都
 
日本国籍取得は面倒だから嫌だという在日韓国人は、反日デモで日本を侮辱している韓国人と同じであり、日本政府は帰化条件厳格化するべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、帰化についてご考慮下さい。
 
日本を侮辱する在日は母国へ帰れ!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。