HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓流食品の人気にブレーキ!マッコリやキムチなどの対日輸出額が減少、食品会社「農心」発ガン性物質のベンゾピレン検出、韓国産養殖ヒラメ「クドア・セプテンプンクタータ」食中毒、貝類「ノロウイルス」汚染で危険
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国食品の対日輸出額が大幅に減少していることはご存知だと考えます。
 
韓流食品の人気にブレーキ! マッコリやキムチなどの対日輸出額が減少

韓流ブームに乗って注目を集めた韓国の激辛ラーメンやマッコリといった韓流食品が、昨年から人気が低迷しているようだ。

韓国農水産食品流通公社は28日、韓国食品の代表品目であるマッコリやラーメンなどの対日輸出額が、大幅に減少していることを明らかにした。

竹島(韓国名・独島)問題や靖国神社参拝問題による両国の関係悪化が、食品業界にも影響しているという。

発表によると、2012年のマッコリの対日輸出額は3200万ドルで、11年よりも33.9%減少した。ラーメンは18.7%減少した8400万ドル(12年)。サムゲタン(14.4%)、コチュジャン(5.1%)、キムチ(2.6%)など日本に輸出する韓国食品の主要品目が軒並み前年を下回った。

キムチの輸出額が前年より減少するのは2006年以降初めてという。

農水産食品流通公社は、李明博(イ・ミョンバク)前大統領による天皇謝罪要求発言や、竹島への上陸などにより日本国内で反韓感情が高まり、輸出減少に影響を与えたとの見方を示した。

食品業界の関係者は、輸出減少について「2012年8月の李明博大統領による竹島訪問後、日韓関係が悪化したことが大きく影響している」と話した。

最近は日本の閣僚による靖国神社参拝に韓国政府が反発し、外相会談が中止となるなど、両国の関係は冷えきったままだ。今年はさらに対日輸出額が減少する可能性は高い。
韓フルタイム 2013年04月28日
http://news.livedoor.com/article/detail/7634086/
 
>韓国農水産食品流通公社は28日、韓国食品の代表品目であるマッコリやラーメンなどの対日輸出額が、大幅に減少していることを明らかにした
 
素晴らしい!
 
日韓関係の緊張を受け、韓国の日本に対する食品輸出が急激に減少しています。
 
売国企業は韓国の食品を輸入・販売しており、また、韓国の食品は危険なので良い傾向です。
 
2012年のマッコリの対日輸出額は3200万ドルで、11年よりも33.9%減少した
 
ざまあみろ!
 
マスコミの報道によると、マッコリの日本国内売上額1位は、売国企業の「サントリー」だそうです。
 
 

 
サントリーが輸入・販売している「ソウルマッコリ」は、反日企業の韓国ロッテが製造元です。
 
サントリーは、飲食店向けに「ソウルマッコリ ご繁盛キャンペーン」を実施していました。
 
 

サントリー
 
2012年、ロッテ酒類の関係者は、「今年も2けた成長を目標にマーケティングを展開し、日本国内の‘マッコリ韓流’ブームを続けたい」と発言しました。
 
マッコリ韓流ブームというのは、電通支配のマスコミが仕掛けたものです。
 
女性向けのファッション雑誌「MORE(2012年3月号)の特集記事で、韓流ゴリ押しをしましたが、「マッコリバー」のゴリ押しもありました。
 
 

 

 

 
2012年のマッコリの対日輸出額は、前年比で33.9%も減少したのですから、売国企業のサントリーの業績にも影響がでるでしょう。
 
    関連記事
 
 
 
>ラーメンは18.7%減少した8400万ドル(12年)
 
韓国のラーメンといえば、韓国の食品会社「農心」の辛ラーメンが有名です。
 
 

 
これまで「農心」の商品には、ネズミの頭やゴキブリなどが混入した事件が起きていました。
 
■動画
 
辛ラーメンで有名な農心のカップ麺『ユッケジャン』からウジ虫ウヨウヨ
 
 
「農心」は、2008年から2010年だけで、発覚している異物混入事件を5件も起こしています。
 
異物混入問題
 
1、2008317日、韓国食品医薬品安全庁は、農心が製造するセウカンにネズミの頭部が混入していたと発表。同製品が回収される騒ぎとなった。 問題となったセウカンは中国内の工場にて加工されたものであり、異物は製造段階で混入したものと推測されたが、肝心の証拠物を農心側が調査後に廃棄したこともあり真相は解明されていない。
 

 
2、2008620日、消費者から辛ラーメンに約13ミリの大きさのクロゴキブリが混入されていることが報告された。農心側は流通過程で混入したことを認めたが、「製造された工場では毎週検疫を行っている上、ゴキブリが発見されたことはこれまで一度もなかったため、問題にはならない」と回収や賠償には応じないことを表明した。
 

 
3、627日、インスタントラーメン「チャパゲティー」からコクゾウムシの成虫が発見された。 農心は「流通過程でコクゾウムシが包装紙を破って混入したり、運搬途中に穴が空いて青虫が入ったりする可能性がある」と見解を示した。

4、79日には農心のインスタント食品「ワカメクッパ」からハエを発見。農心側は「ハエが原型をとどめていることから考えて、製造工程で混入したものではないと考えられる」と見解を示した。


5、20101015日、農心が生産したカップ麺から相次いで幼虫などの異物が検出されたことが問題となった。
 
2012年10月、「農心」が販売するラーメンやうどんなど6種類のスープから、発ガン性物質のベンゾピレンが検出されました。
 
 

 
世界保健機関(WHO)傘下の国際がん研究所は、ベンゾピレンを1級発がん物質に分類しています。
 
ベンゾピレンが人体に蓄積された場合はガンを誘発し、突然変異を起こす環境ホルモンとされています。
 
>サムゲタン(14.4%)、コチュジャン(5.1%)、キムチ(2.6%)など日本に輸出する韓国食品の主要品目が軒並み前年を下回った
 
韓国料理には、大量のトウガラシが使われています。
 
そして、韓国人は胃がんの発生率が非常に高いことは有名です。
 
胃ガン発生率、韓国人がダントツで世界トップ!

 死亡者の3人から4人に一人ががんで命を落とす中、韓国にはがんの発生状況に関して三つの大きな特徴がある。他国では減りつつある男性の胃がんと女性の甲状腺がんがそれぞれ非常に高い発生率を維持している点、過去に多かった女性の子宮頸(けい)がんが急速に減少しつつある点だ。
2009/07/13朝鮮日報抜粋
 
トウガラシの辛味成分「カプサイシン」は、「がん」の発生を促進します。
 
カプサイシンががんの発生促進、建国大教授らが解明

【ソウル6日聯合ニュース】各国で料理に愛用されているトウガラシの辛味成分で鎮痛剤にも利用されるカプサイシンが、がんの発生を促進するとの研究結果が出た。
聯合ニュース2010/09/06抜粋
 
2012年6月、米食品医薬品局(FDA)は、韓国産の貝類が感染性胃腸炎などの原因となる「ノロウイルス」に汚染されている恐れがあるとして、スーパーなどの店頭で販売しないよう勧告しました。
 

 
 
「ノロウイルス」は、感染した人の人糞に含まれるウイルスが下水から海へと広がり、貝に蓄積、濃縮すると考えられています。
 
韓国製の海産物で人糞にまみれているのは、カキ・ホタテなどの貝類、イクラなど生ものだけではなく、缶詰や加工製品も含まれています。
 
2012年7月、 山形県新庄市 の飲食店でヒラメの刺し身を食べた5人が、約4時間後に下痢や嘔吐などの症状を訴えました。
 
 

 
山形県は、同店で提供された韓国産養殖ヒラメの刺し身から寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ(クドア)」が検出されたと発表しました。
 
2011年10月から全国各地で、ヒラメの寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」による食中毒が発生していました。
 
2011年10月6日地方紙
奈良県の和食店「一久」で、ヒラメの寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」による食中毒が発生し、男女14人が下痢などの症状を訴えたと報道。
 
2011年10月8日地方紙
栃木県の飲食店「あさ乃や」の弁当を食べた男女13人が下痢や吐き気などの食中毒症状を訴え、ヒラメの刺し身から「クドア・セプテンブンクタータ」とみられる寄生虫が検出されたと報道。
 
2011年10月13日地方紙
広島市はスーパー「ユアーズ青崎店」の鮮魚コーナーで、加工・販売されたヒラメの刺し身を食べた2家族5人が、腹痛や下痢などを発症したと発表したことを報道。
 
2011年10月16日地方紙
島根県は、 大田市 内の旅館で発生した集団食中毒の原因について、ヒラメの寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」と特定し、島根県を含む5道県で8例の確認が報告されたと報道。
 
2011年9月22日、民主党政権は、韓国産ヒラメに実施していた精密検査を全面的に免除しました。
 
野田政権はヒラメ輸入について、韓国が年間49万7000ドル(約3800万円)の通関遅延料を削減できるからと、日本国民の食の安全を守りませんでした。
 
日本政府が韓国産ヒラメの精密検査を免除、韓国は輸出拡大に期待

韓国農林水産検疫検査本部は4日、日本政府が韓国産ヒラメに実施してきた精密検査を、9月22日から全面的に免除したと明かした。複数の韓国メディアが報じた。

 韓国で採れたヒラメは日本に輸出される際、精密検査が行われていたが、通関に時間がかかり検査待機費用が発生していた。パク・ヨンホ本部長は、輸出業界の負担が大きいことから日本政府と話し合いを続け、検査緩和措置の合意に至ったと説明した。

 検疫検査本部側は、今回の検査免除で日本にヒラメを輸出する時にかかっていた年間49万7000ドル(約3800万円)の通関遅延料を、削減できるとみている。また価格競争の高まりにより、日本国内で韓国産ヒラメの消費が増え、輸出量が拡大するのではないかと期待感を示した。

 パク本部長は、「養殖水産物に対する管理を強化して国内養殖ヒラメの安全性を維持する」とし輸出拡大に向け努力するつもりだと話した。
サーチナ2011/10/04
 
つまり、全国各地で韓国産ヒラメから寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」が検出され、食中毒が発生したのは民主党政権の責任でした。
 
201:名無しさん@13周年
 
2011 9/22  韓国のヒラメ検査全面解除
2011
10/ 6 奈良の和食店、栃木、広島、島根で食中毒発生 原産地マスコミ発表せず

2012
6/20  福岡のレストラン他でクドアの食中毒発生

2012
7/ 8  茨城県牛久でクドア食中毒

2012
7/18  山形県でクドア食中毒
 
韓国では、下水汚泥の海洋投棄が問題になっていました。
 
韓国は、陸上での下水汚泥処理施設不足を理由にして、海洋投棄を続けています。
 
 

 
そして韓国では、「ノロウイルス」による食中毒患者が急増しています。
 

 
日本には、多くの韓国の海産物が輸入されています。
 







 
スーパーなどの弁当や惣菜には、韓国産食品を使用しているという表示がされていません。
 
回転寿司など外食でも韓国産食品という表示がないので、日本人は韓国産食品だとわからないで食べています。
 
韓国の日本に対する食品輸出が急激に減少していますが、韓国食品購入は韓国への経済支援と同じであり、危険な韓国食品は禁輸にするべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国についてご考慮下さい。
 
韓国の食品は怖くて食べたくない!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。