HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  なでしこジャパンサッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会決勝戦で米国に勝利して初優勝・世界一に、ドイツの地で、母国への思いが生んだ金メダル
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の決勝戦で、日本代表「なでしこジャパン」が米国に勝利して初優勝・世界一になったはご存知だと考えます。

女子サーカーの女王、アメリカ戦では1勝も出来なかった日本女子代表(通算21敗3分け)でしたが、なでしこジャパンの快進撃に、日本では初優勝に期待する声が高まっていました。



<サッカー女子W杯>日本、初優勝 PK戦の末

【フランクフルト(ドイツ)江連能弘】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は17日(日本時間18日)、当地で決勝を行い、日本(なでしこジャパン)がPK戦の末、世界ランキング1位の米国を降し、初優勝した。年齢制限がないフル代表の国際大会で日本が優勝するのは男女を通じて初めて。澤(INAC)が通算5得点で大会得点王になり、大会の最優秀選手にも選ばれた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110718-00000010-mai-socc




東北のみなさんへ
  
忘れたことはありません。
今回「良い結果を届ける」その一心でした。
   
メダルを持ってみなさんのところへ会いに行きます。
待っていて下さい。

応援ありがとうございました。
共に歩もう!東北魂!!
         
なでしこジャパン
岩清水梓

得点王の澤「優勝は信じられないけど嬉しい。金メダルを持って帰ります」/女子W杯

現地17日(日本時間18日早朝)に女子ワールドカップ決勝が行われ、日本はアメリカをPKで下し、見事に初優勝を達成した。

 延長後半に2-2となる同点ゴールを決めた澤穂希は、今大会5得点とし、得点王を獲得している。

以下、澤のコメント。

「(優勝は)信じられない。最後まで諦めずに戦った結果です。最後まで走り続けた。全力を出し切りました」

「世界一を目標にやってきた。まだ現実を受け止められないが嬉しい」

「5回目にしてやっと結果を出せました。日本の皆さん、応援ありがとうございます。金メダルを持って帰ります」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110718-00000302-soccerk-socc




FIFA 女子ワールドカップ2011 ドイツ大会 決勝

日本 2-2 アメリカ  [フランクフルト] 

0-1 Alex MORGAN(後24分)
1-1 宮間あや(後36分)

<延長戦>

1-2 Abby WAMBACH(延長・前14分)

2-2 澤穂希(延長・後12分)

■ 日本、岩清水梓が一発レッドで退場(延長・後15+1分)

<PK戦> 日本 3-1 アメリカ

アメリカ ×  ×  ×  ○
日本.   ○  ×  ○  ○
    宮間 永里 阪口 熊谷

◆ 日本女子 佐々木則夫監督

GK  21 海堀あゆみ

DF  2 近賀ゆかり
   3 岩清水梓
   4 熊谷紗希
   15 鮫島彩

MF  6 阪口夢穂
   8 宮間あや
   10 澤穂希
   11 大野忍 → 18 丸山桂里奈(後21分) → 20 岩渕真奈(延長・後14分)

FW  7 安藤梢 → 17 永里優季(後21分)
   9 川澄奈穂美

MVP&大会得点王 澤穂希




アメリカに1点を先取され、粘って追いつき、延長戦でも先取され、粘りに粘って追いつき、最後のPK戦で勝利した「なでしこジャパン」、素晴らしい試合でした。




なでしこを、大和撫子と分かる若者は多いようですが、この「なでしこ」の花言葉は「純粋な愛」で、古くは「万葉集」や「枕草子」にも詠まれ、「草の花は なでしこ、唐のはさらなり、大和のもいとめでたし」清少納言(枕草子)や、「わが屋戸に まきし撫子 いつしかも 花に咲きなむ なそへつつ見む」大伴家持(万葉集)など、ご存知の方も多いでしょう。




花言葉のように、純粋で一途に想う気持ちを託すのにふさわしく、可憐なたたずまいの「なでしこ」は、日本人女性のしとやかな美しさの代名詞とされて、大東亜戦争末期に、自らの尊い命を捧げた特攻隊員のお世話をした女子学生は、なでしこ隊と呼ばれました。


私は本ブログで、4月30日にフィギュアスケートの世界選手権大会で、韓国のキム・ヨナ選手を逆転して安藤美姫選手が2度目の世界女王になりましたが、本ブログでも「(東日本大震災で被災した)日本のことを思いながら滑りました」など、安藤選手の思いを記事としました。

「私の親類に韓国人はいないと在日認定を否定した安藤美姫選手が被災者の力になりたいとフィギュアスケート世界選手権で2度目の世界女王になった、韓国は不都合な動画を削除するな」http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/34762542.html




サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で、なでしこジャパンは初優勝・世界一になりました。

なでしこジャパンの、最後の最後まで諦めない戦い、粘りに粘った戦い、これは被災者の方々に支えられたものですし、なでしこジャパンの世界一は、被災者の方々に勇気を与えるものです。

~ ドイツの地で、母国への思いが生んだ金メダル ~ 頑張ろう、日本!

良識ある日本国民の皆様、なでしこJAPAN初優勝についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。