HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  ふかわりょう高岡蒼甫に共感? 韓流偏重「テレビ終わったな」はステルスマーケティングだ、フジテレビお台場合衆国の人気No.1メニューが『冷やし韓国』はサポーター協賛に韓国観光公社がある
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、ふかわりょう高岡蒼甫に共感?韓流偏重「テレビ終わったな」の報道はご存知だと考えます。

ふかわりょう高岡蒼甫に共感? 韓流偏重「テレビ終わったな」

韓流を強く推すテレビ局の姿勢を批判し、事務所を退社した俳優、高岡蒼甫さんが話題になる中、お笑いタレントのふかわりょうさんが騒動についてコメントし、ネット上で話題になっている。

 ふかわさんがパーソナリティを務めている、「ROCKETMAN SHOW」(J-WAVE)の2011年7月31日放送回で、高岡さんの騒動について触れられた。

 その後、「本当か分からない」としながらも、例えば「あるテレビ局」が韓国政府からK-POPを流すようお金をもらい、さらに楽曲の権利も持っていて、K-POP歌手が売れれば売れるほど、テレビ局にお金が入る仕組みがあったとして、「だからその局がK-POPをバンバン流すというのは駄目なことか」と問題提起する。

 ふかわさんは「法律はない」とするも、「影響力がある公共の電波を用いて一企業の私腹を肥やすやり方を推進するのは違反なことだと思う」と指摘。さらに、ある局がお金をもらってK-POPのCMを流すのと、番組の中で流れるのは「決定的に違う」とし、

 「CMだったら視聴者はCMとして受け止めるけど、番組で取り上げるのは世の中の現象がこうなっているかのように偽装している。そこにメディアの大事な境界線がある」
(J-CASTニュース)より抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110731-00000002-jct-ent

>韓流を強く推すテレビ局の姿勢を批判し、事務所を退社した俳優、高岡蒼甫さんが話題になる中、お笑いタレントのふかわりょうさんが騒動についてコメントし、ネット上で話題になっている

私は本ブログ7月25日の記事で、高岡蒼甫が韓国のことばかり放送するフジテレビを批判したことを書き記しましたが、日本のマスコミだけではなく韓国・台湾・フィリピンなどでも報道されて、ネットでは、日本の芸能関係者・各界著名人・政治家の発言や、ラジオでのふかわりょうの発言も話題になっています。

ふかわりょう 「今の韓流ブームは完全な詐欺」「現象を偽造するやり方」(動画)http://youtu.be/k3A3WspzaxA

>例えば「あるテレビ局」が韓国政府からK-POPを流すようお金をもらい、さらに楽曲の権利も持っていて、K-POP歌手が売れれば売れるほど、テレビ局にお金が入る仕組みがあったとして、「だからその局がK-POPをバンバン流すというのは駄目なことか」と問題提起

私は、ふかわりょうのラジオを動画で聴きましたが、お笑いタレントとして評価はできなくても、慶応大学を卒業しているから?、冷静で客観的に「あるテレビ局」の問題点を分かり易く指摘していると評価をしましたし、本ブログでも再三再四記事としている、フジテレビの子会社が韓国の出稼ぎアイドルのCD国内版権を持っていることです。

フジテレビが公共の電波を使いKARAなどの宣伝をして、CD等著作権国内譲渡で金儲けをしているのは、「JASRAC・作品データベース検索サービス」で調べられます。 ~権利者名を「フジパシフィック音楽出版」・「出版者にチェック」を入れ、アーティスト名を「KARA(韓国)」・「少女時代(韓国)」にして「検索」をクリック!~ 「一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)」http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/main.jsp?trxID=F00100




>「法律はない」とするも、「影響力がある公共の電波を用いて一企業の私腹を肥やすやり方を推進するのは違反なことだと思う」と指摘

>「CMだったら視聴者はCMとして受け止めるけど、番組で取り上げるのは世の中の現象がこうなっているかのように偽装している。そこにメディアの大事な境界線がある」

これは、「ステルスマーケティング」(消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること)ですが、フジテレビは音楽番組だけではなく、ニュースなどの情報番組やバラエティー番組でも韓国の出稼ぎアイドルを取り上げては人気を捏造していますし、実際に人気があると騙されて騒いでいる、洗脳された視聴者が多いのも事実です。







↑ フジテレビの「めざましテレビ」(午前5時50分~)と、「とくダネ」(午前8時~)に出演するKARA!




↑ 4月6日放送の「ホンマでっか!?TV」では、脳科学評論家の澤口俊之が、「脳科学の観点で、少女時代の『GENIE』は見たり聞いたりしても、人を元気にさせる効果があるので脳に良い」などと放送!




フジテレビお台場合衆国の人気No.1メニューが『冷やし韓国』「露骨過ぎ」との声

7月16日から8月31日まで行われているフジテレビのお台場合衆国。フードコートやワンピースコーナ、めちゃイケコーナなどフジテレビの人気番組を堪能できるというもの。

そんなお台場合衆国には数々のメニューがあるのだが、そんな一番人気メニューが『冷やし韓国』と発表されネット上で騒然となっている。『冷やし大阪』、『冷やし中国』、『冷やしイタリア』など数々の冷やしメニュー8品を紹介。そんな中で最も売れているメニュー1位に輝いたのが『冷やし韓国』という結果に。
(ガジェット通信)より抜粋
http://getnews.jp/archives/132634

>一番人気メニューが『冷やし韓国』と発表されネット上で騒然となっている。『冷やし大阪』、『冷やし中国』、『冷やしイタリア』など数々の冷やしメニュー8品を紹介。そんな中で最も売れているメニュー1位に輝いたのが『冷やし韓国』という結果

フジテレビは7月16日から8月31日まで、「お台場合衆国2011 ぼくらがNIPPON応援団!」を開催していますが、7月30日放送の番組内で「冷やし韓国」が売上げ第1位になっていると放送をして、ネットでは「また韓国ごり押しか!」・「またも捏造か!」など批判の声が上がっています。







私は、フジテレビのサイトで「お台場合衆国2011」を見ましたが、「特別協賛」・「協賛」・「サポーター協賛」には多くの日本企業(ロッテは?)が並んでいる中で、「サポーター協賛」には、日本以外で唯一「韓国観光公社」の名があったのですから、これでは一番の人気メニューが「冷やし韓国」になるのも不思議ではありません。

(お台場合衆国2011)
http://www.fujitv.co.jp/uso2011/gaiyo.html




TBSが7月31日に放送した「アッコにおまかせ」では、各局の地上波放送での1ヶ月の「韓流ドラマ」放送の合計時間(日本テレビとテレビ朝日は、現在韓流ドラマを放送していないので0時間)を発表して、フジテレビは40時間とダントツの1位でしたが、これには韓国アイドルが出演する音楽番組は含まれていませんし、BS放送での「韓流ドラマ」放送時間も含まれていません。

各局の地上波放送とBS放送で、1ヶ月の韓流ドラマ放送の合計時間で計算すると、「1位、日本テレビ92時間(BS92時間)」、「2位、フジテレビ88時間(BS48時間)」になるので、7月29日現在、外国人直接保有比率株式会社が20%を超えている、「フジ・メディア・ホールディングス(28.56%)」、「日本テレビ放送網株式会社(22.66%)」の2社は、外国人株主(議決権)を除外しても外国資本の影響が強いと考えられます。

ふかわりょう高岡蒼甫に共感? 韓流偏重「テレビ終わったな」は、ステルスマーケティングの問題指摘で、フジテレビお台場合衆国の人気No.1メニューが『冷やし韓国』は、サポーター協賛に韓国観光公社があるからです。

良識ある日本国民の皆様、韓国ごり押しのフジテレビについてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。