HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  横浜の県立高校女性教諭が日本史授業でハングル指導「朝鮮人虐殺現場」見学企画をしたのは日教組の神奈川組織の神高教に所属する赤い悪魔教師だ、関東大震災に起きた朝鮮人虐殺はないし正当防衛だ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、神奈川県立高校の教諭が生徒にハングルを教えて朝鮮人虐殺現場の見学を企画していたのはご存知だと考えます。

横浜の県立高校 女性教諭が日本史授業でハングル指導 「朝鮮人虐殺現場」見学企画も

横浜市にある神奈川県立高校の地理歴史科の女性教諭が日本史の授業で生徒にハングルを教えていたことが24日、県教委への取材で分かった。県教委では授業は学習指導要領に定められたものといえず教育内容として不適切と判断。こうした授業をしないよう学校側を指導した。教諭はこのほか、「関東大震災のさいに起きた朝鮮人虐殺現場」を見学するよう企画し、生徒に参加を募っていたことも判明。県教委はこれも指導対象とした。

 県教委によると、問題の授業があったのは昨年12月下旬、学期末試験終了後の2年生の「日本史B」の時間。1コマ45分を使って、生徒に自分の名刺をハングルで作らせる授業を2クラスで行ったという。

今年8月上旬、授業内容について県教委の考え方をただす電子メールがあり県教委が事実関係を確認。その結果、この教諭は日本史の授業でハングルを教えた以外にも夏休みに希望する生徒を対象に行う「夏期講習」の一環で「関東大震災時に起きた朝鮮人虐殺の現場」の見学を校外学習として企画。参加者を募っていたことも分かった。

この教諭は県教委に「日朝貿易に関連して、輸入品の木綿についてハングルの発音のモクミョンが日本語と似ていることを教えたところ、生徒が関心を示した。韓流のドラマなどもはやっていた」などと授業の背景を説明したが、県教委は「学習指導要領を発展させた授業を行う場合はあるが、今回は生徒や保護者、県民に疑義を持たれる行為だった」と判断。
(産経新聞)より抜粋
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110825/edc11082502070000-n1.htm

>横浜市にある神奈川県立高校の地理歴史科の女性教諭が日本史の授業で生徒にハングルを教えていた

ネットでは高校名・女性教諭の名前などが公開されていますが、日教組の神奈川組織である神高教に所属している赤い悪魔教師で、地理歴史科の教諭として、韓国に不法占拠されている竹島問題と、日韓併合で朝鮮にハングル文字を復活・普及させたのは日本だと教えるべきです。

>教諭はこのほか、「関東大震災のさいに起きた朝鮮人虐殺現場」を見学するよう企画し、生徒に参加を募っていたことも判明

朝鮮人虐殺現場だぁ?、1923年(大正12年)の関東大震災で、「朝鮮人が井戸に毒を入れ、暴徒化している」・「朝鮮人が略奪、強姦、放火をしている」などのデマが流れて、日本人が朝鮮人を大量虐殺したと言われていますが、朝鮮人が暴徒化したのは事実ですし、正当防衛での殺害はあっても虐殺ではありません。

1917年のロシア革命で、共産ロシアは日本の赤化を企んで、ロシアの支援を受けた朝鮮独立運動家と日本の社会主義者が共謀して、日本を拠点にテロ工作を行うようになりましたが、朝鮮人と社会主義者の真の目的は、1923年11月27日に予定されていた、「御大典」=皇太子(後の昭和天皇)御成婚の儀での、波状テロだと言われています。

御成婚の儀は、関東大震災が起こったために延期されましたが、摂政宮である皇太子殿下を暗殺して、日本の国体を揺るがせることで、日本の共産化・朝鮮独立運動の勝利が目標だったといわれ、朝鮮人が最初に暴徒化したのは、震源地に近くて被害が甚大だった横浜で、地震により警察は機能不全に陥っていました。










朝鮮人は徒党を組み、略奪、暴行を繰り返しながら、多摩川を越えて東京西部に侵入、東京では震災直後から火事場泥棒などを取り締まるために、町内ごとに自警団が組織されていたので、自警団が暴徒となって襲ってくる朝鮮人を迎え撃ち、結果として殺害される朝鮮人はでましたが、これは正当防衛で虐殺ではありません。




関東大震災の翌日、9月2日に樹立した山本権兵衛内閣で、内務大臣に就任した後藤新平は、事態をこのまま放置すると、朝鮮人暴徒と日本人自警団の抗争が激化して内戦状態になるのではないかと危惧し、報道を差し止めました。




後藤新平は、当時の警視庁幹部だった正力松太郎に、「正力君、朝鮮人の暴動があったことは事実だし、自分は知らないわけではない。だがな、このまま自警団に任せて力で押し潰せば、彼らとてそのままは引き下がらないだろう。必ずその報復がくる。報復の矢先が万が一にも御上に向けられるようなことがあったら、腹を切ったくらいでは済まされない。だからここは自警団には気の毒だが引いてもらう。」と、語ったといわれています。
工藤美代子著「関東大震災『朝鮮人虐殺』の真実」

関東大震災で、日本人が命がけで朝鮮人を守ったことを、朝鮮人も事実と認めて感謝していることも、子供たちに教育をすべきです。




横浜の鶴見警察署長、大川常吉は、警察に保護された朝鮮人300人のために、警察を取り囲んだ1000人の群衆に対峙して、「朝鮮人を諸君には絶対に渡さん。この大川を殺してから連れて行け。そのかわり諸君らと命の続く限り戦う」・「毒を入れたという井戸水を持ってこい。その井戸水を飲んでみせよう」と言って、一升ビンの水を飲み干したと言われています。

>「日本史B」の時間。1コマ45分を使って、生徒に自分の名刺をハングルで作らせる授業を2クラスで行ったという

北朝鮮を地上の楽園と仰ぐ日教組の教師は、自分の名刺だけ作ってろ!、日本の高校生にハングルの名刺を作らせたことは、日本人のためになる教育ではありませんし、授業を私物化したのですから教師として失格で、これでは韓国・朝鮮学校の授業です。




>今年8月上旬、授業内容について県教委の考え方をただす電子メールがあり県教委が事実関係を確認

偏向報道のフジテレビ、東海と表記したサントリーと同じで、ハングルの名刺を作らせた女性教諭についてもネットで話題となった結果、神奈川県教委が事実関係を確認することになりました。




>「日朝貿易に関連して、輸入品の木綿についてハングルの発音のモクミョンが日本語と似ていることを教えたところ、生徒が関心を示した。韓流のドラマなどもはやっていた」

意味不明だ!、日米貿易に関連した授業で、輸入品の発音が似ていて米国ドラマが流行っていたら、生徒には英語の名刺を作らせたのでしょうか。

日教組の加入者数は約29万人ですが、仮に組合費を毎月1千円で計算しても年間約35億円もの資金源となりますし、日教組の財務は非公開とされているので資金の流れが分からない怪しい反国家団体です。

日本の正しい歴史を子供たちに教育するには、教育界に巣食う反日学者・文科省の左翼官僚を排除して、北朝鮮を地上の楽園と仰ぎ、朝鮮総連と関係もある日教組を解体し、赤い悪魔の教師から教職員免許を剥奪して教壇から追放すべきです。

横浜の県立高校女性教諭が、日本史授業でハングルを指導して朝鮮人虐殺現場の見学企画をしたのは、日教組の神奈川組織の神高教に所属する赤い悪魔教師だからで、関東大震災で起きた朝鮮人虐殺はないですし、自警団による正当防衛での殺害が起きただけです。

良識ある日本国民の皆様、ハングルを指導する日教組についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。