HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  フジテレビの「とくダネ!」8月26日放送で小倉智昭が暴力団を肯定するかの発言について釈明と謝罪をしても24日の発言内容と変わって番組冒頭ではなく真剣ではない、ユッケ食中毒事件もあり番組を降板すべきだ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、フジテレビの「とくダネ!」で小倉智昭が暴力団を肯定するかの発言を釈明したのはご存知だと考えます。

「どうも言葉が足らなかった」 小倉キャスター、暴力団容認発言で陳謝

島田紳助さんの芸能界引退をめぐり、フジテレビ系「とくダネ!」の小倉智昭キャスター(64)が暴力団の存在を擁護するともとれる発言をしていた問題で、小倉キャスターは2011年8月26日の放送で、「どうも言葉が足らなかった」などと釈明した。

 26日の放送では、小倉キャスターは

 「トラブルに巻き込まれて、その解決を警察とか弁護士ではなくて、結果的に圧力団体であるとか闇社会の人が解決をしてしまうケースがあるという話をした。これは、私は『考えなければいけないことだ』と言ったが、これがどうも『小倉が容認しているようだ』と受け止められたようだ」

と釈明。「一般の人は暴力団とは関係ない」との反論については、

 「昔は暴力団という看板をかかげて、威嚇をしていた。ところが今は、身分を隠して一般社会に溶け込むような形で知らず知らずのうちに深く深く潜行していて、気がついたら巻き込まれていたということもある。ですから、『気をつけてほしい』ということで言ったつもりだったが、どうも言葉が足らなかった。誤解があったとしたら、申し訳なかった」

と陳謝した。
(J-CASTニュース)より抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110826-00000001-jct-soci

>フジテレビ系「とくダネ!」の小倉智昭キャスター(64)が暴力団の存在を擁護するともとれる発言をしていた問題

8月24日放送の「とくダネ!」で、小倉智昭は暴力団の存在を肯定するかのような発言をしましたが、暴力団排除条例などで禁止されている、暴力団による民事介入「暴力団に金を出さない、利用しない、交際しない」を否定するもので、「暴力団を擁護するな」と批判が相次ぎました。

小倉智昭のコメントについて、元警察官僚の小野次郎参議院議員は、8月25日にツイッターで、「一発アウト!」・「たとえ有名人についてであっても、不適切」・「番組降板と謝罪会見ぐらいは当然」と発言していました。

ヤミ社会の関与について24日「とくダネ!」小倉さんのコメントは、一発アウト!全国生放送で「ヤミ社会(反社会勢力)の圧力でモメ事の解決があり得る」などと訴える事は、たとえ有名人についてであっても、不適切。「番組降板」と「謝罪会見」ぐらいは当然。
http://mobile.twitter.com/onojiro

>「トラブルに巻き込まれて、その解決を警察とか弁護士ではなくて、結果的に圧力団体であるとか闇社会の人が解決をしてしまうケースがあるという話をした。これは、私は『考えなければいけないことだ』と言ったが、これがどうも『小倉が容認しているようだ』と受け止められたようだ」

小倉智昭は真剣に謝罪をするなら、8月26日放送の「とくダネ!」の冒頭で、「暴力団を肯定するかの発言について、申し訳ございませんでした」と謝罪すべきでしたが、番組で弁護士が意見を述べているところで釈明をして、手元にある台本らしきものをチラチラ見ていました。

小倉智昭の釈明は言い訳としか受け取れませんし、暴力団が見返り(報酬など)を求めずに無報酬で、一般人のトラブルを解決するなどあり得ないことで、真剣に考えなければいけないのは、これまで問題を起こしている芸能界・角界など、有名人と暴力団との関係です。

>「昔は暴力団という看板をかかげて、威嚇をしていた。ところが今は、身分を隠して一般社会に溶け込むような形で知らず知らずのうちに深く深く潜行していて、気がついたら巻き込まれていたということもある。ですから、『気をつけてほしい』ということで言ったつもりだったが、どうも言葉が足らなかった。誤解があったとしたら、申し訳なかった」

暴力団のフロント企業(企業舎弟)が一般社会に溶け込んでいるのは事実ですが、一般人がトラブルに巻き込まれた場合、まず警察に相談をするのが常識で、刑事事件は検察が起訴し、民事事件は弁護士が提訴して、裁判でトラブルを解決します。

小倉智昭の発言は、8月24日の発言内容と変わっていますし、真剣な謝罪とも受け取れませんが、発言内容が変わったことは「とくダネ!」の24日と26日放送の動画を見比べれば分かります。

小倉さんの闇社会肯定発言(動画) http://youtu.be/OQq-J2od_cY

フジTV番組で小倉謝罪「言葉が足りませんでした」(動画) http://youtu.be/xC57mty1U70

























フジテレビの「特ダネ」は、韓流ごり押しで浅田真央叩きが酷いので有名ですが、これまで小倉智昭の問題発言も多いです。




5月に、焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」のユッケを食べて4人以上が死亡した、ユッケ食中毒事件が起きましたが、「とくダネ!」で、焼肉店を経営する小倉智昭は、ユッケの風評被害を避けたい発言をしていました。

小倉智昭は、ユッケを食べた男児2人が死亡した時に、「これでユッケ食べる人減っちゃうかもわかんないですね」・「ナマ食用のお肉だと若干高くなるんで、加熱用のものを使っちゃったのかも」・「今回はユッケが悪者になっていますけど、それ以外で危険な物もいっぱいあるじゃない」などと発言をしていました。

5月6日の放送では、「焼肉よりもフグで死ぬ人の方が多い」と発言しましたが、2009年以降にフグの中毒での死亡者は一人もいないので、小倉智昭の発言は間違いですし、「とくダネ!」番組の冒頭で謝罪をしていません。




↑ 小倉智昭経営の焼肉店「炙りや なかむら」の、当時の隠れ人気メニュー1位は「和牛たたきのユッケ」だった!




アジアカップカタール2011の日韓戦(1月25日)で、韓国代表の奇誠庸選手がPKを決めた後に「サルの真似」をして、韓国では「日本人を倭猿」と侮辱しているからでしたが、試合後に奇選手は「観客席にあった旭日旗を見た時は涙が出る思いだった」と発言しました。

小倉智昭は、「オリンピックだとかバレーの試合だとか、サッカーの試合などでもスタンドで旭日旗が見られることがあるんですよね。そうするとそれに対してあまり思いが良くない国にとってはそういう印象を与えるっていうことが当然あるんでしょう」と奇選手の擁護をしました。

中継したテレビ朝日は、試合会場の映像の中で旭日旗を発見出来なかったので、旭日旗が試合会場にあったと捏造報道をしましたが、旭日旗がなかったと発覚しても、小倉智昭は「とくダネ!」番組の冒頭で謝罪をしていません。

フジテレビの「とくダネ!」8月26日放送で、小倉智昭は暴力団を肯定するかの発言について釈明と謝罪をしましたが、24日の発言内容と変わっていて、番組冒頭ではないので真剣な謝罪とは受け取れませんし、番組を降板すべきです。

良識ある日本国民の皆様、「とくダネ!」の小倉智昭についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。