HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  震災後の諸外国の対応に感謝したい国の調査で韓国が約25%は韓流の反日マスコミに騙されて事実を知らないからだ、新聞に日本沈没と大きく記載して日本愛Tシャツを販売中断させたのが韓国人だ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、震災後の諸外国の対応に感謝したい国の調査で韓国が約25%なのはご存知だと考えます。

震災後の信頼度、「自衛隊」上昇、「政府」低下 感謝したい外国は、米国・台湾が上位

NTTデータスミスは、東日本大震災の発生から3ヵ月後の2011年6月24日~28日に、自社インターネット パネルモニター(sMoni:エスモニ)を使用し、「東日本大震災後の生活者の意識調査」を実施した。全国の20~69才の男女、計1000人が調査対象で、質問は複数回答式である。

 震災後の諸外国の対応に対し感謝したい国では、51%が「アメリカ合衆国」、41%が「台湾」と答えた。次いで「フランス」「韓国」「ニュージーランド」が約25%を記録した。このほか数十ヵ国が支援・援助に感謝したい国として挙げられている。

 一方、世界11カ国に店舗を展開するセブンイレブンは6月13日、各国における東日本大震災の義援金を発表した。1位は台湾の約3億368万円(4753店舗)、2位はアメリカ・カナダの約6534万円(6636店舗)、3位がタイの約1600万円(5962店舗)。次に香港約1188万円(949店舗)、シンガポール約1127万円(550店舗)と続いた。韓国は74万円(3404店舗)で最下位だった。
(MONEYzine)より抜粋
http://moneyzine.jp/article/detail/199035/

>震災後の諸外国の対応に対し感謝したい国では、51%が「アメリカ合衆国」、41%が「台湾」と答えた。次いで「フランス」「韓国」「ニュージーランド」が約25%を記録した

韓国が約25%・・・、NTTデータスミスのデーターミスか?、反日マスコミは、震災翌日の3月12日に、「韓国救助隊(先遣隊)」の隊員5名・救助犬2匹が日本に一番乗りと報道して、その後も韓国人タレントの寄付などを大々的に取り上げたからでしようが、事実は違います。




3月12日には、すでに米軍も活動して、ニュージーランド地震でも活動したシンガポール隊も、捜索の専門家5名・救助犬5匹で日本に駆けつけていましたが、世界各国の救助隊は韓国とは比べられないほどの体制で、自国のほうが大変だと考えられる国々からも支援がされていました。

震災直後の世界各国の救助隊

アメリカ 空母派遣 援助隊140人 救助犬10頭以上 救援用機材約150トン分

ニュージーランド 援助隊54人 救助犬

オーストラリア 救助隊72人 救助犬

ドイツ・スイス 援助隊70人 救助犬

イギリス 援助隊63人 救助犬2頭

フランス 援助隊30人

タイ 援助隊24人 救助犬6頭 義援金1400万円

トルコ 援助隊3チーム

シンガポール 援助隊5人 救助犬5頭

ロシア 天然ガス15万トン 救援隊200人待機

中共 援助隊10人 義援金1000万円

アフガニスタン 義援金400万円
(激戦中にもかかわらず「アフガン復興を支援してきた日本に対し、市民を代表して地震と津波の被災者を支援したい」)

台湾 義援金2億8千万円 救援隊待機
(最も早く支援を表明し、これだけの巨額の支援にもかかわらず全くと言うほど報道されず)

韓国 犬2援助5人 義援金0円
(救援隊ではなく、自国民の安否確認のための日本視察。マスコミは「一番乗り」と大々的に報道)

>セブンイレブンは6月13日、各国における東日本大震災の義援金を発表した。1位は台湾の約3億368万円(4753店舗)、2位はアメリカ・カナダの約6534万円(6636店舗)、3位がタイの約1600万円(5962店舗)。次に香港約1188万円(949店舗)、シンガポール約1127万円(550店舗)と続いた。韓国は74万円(3404店舗)で最下位

韓国のセブンイレブンへの義捐金は、韓国在住や旅行中の日本人、外国人が募金したといわれていますが、韓国は募金総額だけではなく、一店舗当たりの募金額でもダントツの最下位でした。




↑ (右下クリックで拡大!) 「世界のセブンイレブン・東日本大震災募金状況」

募金総額 / 店舗数 = 一店舗当たりの募金額


インドネシア 293万円/27店 = 108,519円 ←←←

ハワイ 418万円/54店 = 77,407円

台湾 3億368万円/4,753店 = 63,892円

シンガポール 1127万円/550店 = 20,491円

香港 1188万円/949店 = 12,518円

米国・カナダ 6534万円/6,636店 = 9,846円

マレーシア 528万円/1,235店 = 4,275円

メキシコ 387万円/1,240店 = 3,120円

タイ 1600万円/5,962店 = 2,684円

フィリピン 30万円/577店 = 520円

韓国 74万円/3,404店 = 217円 ←←←

台湾は、3月11日の震災の「チャリティー番組」を放送して、この番組を通じて集まった義援金は「約40億円」に達していましたが、韓国の、大韓赤十字社は「800万ドル」(約6億5400万円)を日本赤十字社に送っただけで、すでに台湾からの義援金は「200億円」を突破しています。

5月までに、韓国の社会福祉共同募金会は、日本の中央共同募金会(赤い羽根共同募金)に義捐金「計350万ドル」を渡しましたが、在日韓国人のためにと、別途300万ドルを駐日韓国大使館に届けました。

ソウル衿川区の職員らは、日本の中学教科書の検定結果で、竹島記載が明らかになると、震災のための義援金のうち、20%だけを日本へ送り、70%を独島守護活動団体へ、10%を元従軍慰安婦団体に寄付することを発表していました。




韓国人は、「阪神大震災」の時には「天罰だ!」として、2005年に起きた「列車事故」の時には「日本人が死んだことに大喜び」と騒いで、「新潟県中越地震」で、甚大な被災が出た時にも「被災者にもっと死ね!」と言う、異常な反日民族です。

他人が苦しむ様子を、とても楽しむ韓国人の姿は、「他人の牛が逃げ回るのは見ものだ」・「他人の家の火事見物をしない君子はいない」・「川に落ちた犬は、棒で叩け」など、朝鮮の「ことわざ」にもありますが、東日本大震災でも同じことをしていました。




東日本大震災の翌日、韓国の「中央日報」(写真上)と「ソウル新聞」(写真下)は、3月12日付の1面に「日本沈没」の4文字を大きく記載して、文字の背景には、津波に飲み込まれて壊滅した街の写真を掲載していました。

韓国は、「日本海」の呼称は日帝支配により作られたものなどと、国際社会に「東海」の表記を求めていますが、4月4日に、米国のカジュアルブランド「J.CREW」は、震災復興を支援するための、「日本愛Tシャツ」(JAPAN Love Tee)を製作販売して、収益金の全額を日本赤十字社に寄付するとしました。




Tシャツは、日本語で「がんばれ日本!」の文字と日本地図がデザインされているシンプルなものでしたが、「SEA OF JAPAN」(日本海)の文字がTシャツに記されていたので、韓国人は、「Tシャツを来て歩いている人を想像すると怒りがこみ上げてくる」などと抗議して、結局は販売中断になりました。

分別ない韓国ネットユーザー、日本大地震に皮肉

「韓日戦同点ゴールよりうれしい。うっとりする」(tkfflaRns)、「久しぶりに温かい便りだ。さっぱりする」(福徳)、「以前、関東大地震や神戸大地震のように、まん中に大きく一発さく烈してくれれば、今晩はよく眠れるだろう。火山爆発に8.8大地震で終わらせてやる」(I'll be back)等、悪口コメントが続いた。

 これ以外にも、「この程度で喜ぶとは。明朝まで待ってみろ。まだ喜ぶのは早い」(Ace)、「こういう難しい時世で、やる気も出ないが、久々に温かい話が聞こえてきた。そのまま沈めばという感じだ」(aaa)等の書き込みもあった。
(韓国速報)より抜粋
http://www.worldtimes.co.jp/kansok/kan/shakai/110312-2.html




震災後の諸外国の対応に感謝したい国の調査で、韓国が約25%なのは、韓流ゴリ押しの反日マスコミに騙されて事実を知らないからで、韓国の新聞には日本沈没を大きく記載して、日本愛Tシャツを販売中断させたのが韓国人です。

良識ある日本国民の皆様、韓国の震災対応についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。