HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  アジアカップカタール2011の日韓戦に「旭日旗」がなかったことは判明しているのに韓国は論点をすり替えるな、軍国主義の象徴ではなく必勝を祈願する旗として使用されてきた日本の伝統文化をパクった太極昇天旗
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、韓国が日本侮辱の横断幕を掲げた問題で日本も反省すべきと批判しているのはご存知だと考えます。

「大地震をお祝い」横断幕、「日本は自省せずに他国を非難」=韓国

サッカーのAFCチャンピオンズリーグの準々決勝で、韓国全北現代のホームサポーターが掲げた「大地震祝い」横断幕の余波が続いており、韓国内で物議を醸している。

そんな中、ある韓国メディアは、サポーターの行動について強く批判する一方、全北球団の迅速な対応を高く評価した。さらに1月のカタールアジア杯での日韓戦で、日本人サポーターが旭日旗を掲げたことを例に、日本も反省すべき点は大いにあると論じている。

  同メディアは「全北横断幕論争。果たして日本は清らかなのか」と題した記事で、日本がアジアサッカー連盟や大韓サッカー連盟に抗議文を送るなどして厳しい対応を示したのは「自分の汚点は消さず、他人の汚点を指摘する姿」と批判、「今まで日本はきちんとした対処を見せたのか」と問いただした。

  記事は、1月のアジア杯で日本人サポーターに旭日旗による応援があったとし、「日本の軍国主義の象徴」である旭日旗を掲げたことは「韓国を馬鹿にする仕打ち」「スポーツマンシップに反する行為」「人命被害・自然災害ほど幼稚な応援」などと批判。
(サーチナ)抜粋
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0930&f=national_0930_031.shtml

>サッカーのAFCチャンピオンズリーグの準々決勝で、韓国全北現代のホームサポーターが掲げた「大地震祝い」横断幕の余波

9月27日に韓国全州で行われた、アジア・チャンピオンズリーグ2011の「セレッソ大阪」対「全北現代」の試合で、「日本の大地震をお祝い(し)ます」の横断幕を掲げた韓国サポーターが謝罪をしましたが、日本に対して誠意のある謝罪文とは読めません。

「大地震をお祝い」横断幕の制作者が判明!「日本国民を傷つけた」と謝罪文掲載


>1月のカタールアジア杯での日韓戦で、日本人サポーターが旭日旗を掲げたことを例に、日本も反省すべき

韓国の朝鮮日報(韓国版)なども、1月のアジアカップカタール日韓戦で日本人サポーターが旭日旗を掲げたことを批判していますが、韓国は論点をすり替えては日本に謝罪をしたくないだけで、すでに試合会場に「旭日旗」がなかったことは判明しています。

アジアカップカタール2011の日韓戦(1月25日)で、韓国代表の奇誠庸がPKを決めた後に「サルの真似」をして、韓国では「日本人を倭猿」と侮辱しているからでしたが、試合後に奇誠庸は「観客席にあった旭日旗を見た時は涙が出る思いだった」と発言しました。




奇誠庸は、試合会場に旭日旗があったからパフォーマンスだとしましたが、日韓戦の中継権を持っていたテレビ朝日は、カメラと多くのスタッフを試合会場に派遣して、日本の応援団も撮影していたのに、映像の中で旭日旗を発見出来ませんでした。

テレビ朝日の「ワイドスクランブル」(1月26日放送)は、旭日旗が試合会場にあったと画像を紹介しましたが、これはワールドカップ南アフリカ大会での「日本対オランダ」の試合で撮られた写真で、テレビ朝日は日韓戦の画像と捏造報道をしました。




>「自分の汚点は消さず、他人の汚点を指摘する姿」と批判

お前が言うな!、日本は他国を侮辱する行為はしていませんが、韓国は、初代内閣総理大臣の伊藤博文公を暗殺した、テロリストの「安重根」を「反日の英雄(義士)」としてサッカーに使っていますし、日本だけではなくドイツなども侮辱する応援をしています。
















>「日本の軍国主義の象徴」である旭日旗を掲げたことは「韓国を馬鹿にする仕打ち」

軍国主義の象徴?、歴史を知らない韓国の事実無根な言い掛かりで、旭日旗は、祝事には奉祝旗として日の丸と共に掲げられることもありますし、スポーツでの応援旗、漁業での大漁旗など、必勝を祈願する旗として使用されてきた日本の伝統文化です。




日本の応援団は、オリンピック・サッカー・野球などの試合でも普通に旭日旗を使用していますし、外国人も普通に使用して認めているのが現実で、韓国が批判しているのですから、これからも日本の応援には「旭日旗」を掲げるべきです。
















旭日旗の歴史を簡単にご説明しますが、1870年(明治3年)陸軍御国旗に、1889年(明治22年)海軍軍艦旗に制定されて、1954年(昭和29年)に発足した陸上自衛隊で自衛隊旗(連隊旗)に、海上自衛隊で自衛艦旗に採用されています。




1954年(昭和29年)の自衛隊創設の際に、当時の反軍的平和世論の反対から、海上自衛隊での軍艦旗のデザインを再考することになったので、米内穂豊画伯に図案作成の依頼がされました。

米内画伯は、「これ以上の図案は考えようがない。それで軍艦旗そのままの寸法で一枚書き上げた。お気に召さなければご辞退いたします。画家としての良心が許しませんので」などと述べました。

保安庁の庁議にかけられそのまま裁可、自衛艦旗を最終的に承認した吉田茂首相も、「世界中でこの旗を知らぬ国はない。どこの海にあっても日本の艦だと一目瞭然で誠に結構だ。海軍の良い伝統を受け継ぎ、海国日本の守りをしっかりやってもらいたい」と述べました。

これまで、日・米・韓合同演習などでも海上自衛隊の自衛艦は自衛艦旗として旭日旗を掲げていますし、各国を訪問した際の自衛艦も同じで、中共や韓国などでも自衛艦は旭日旗を掲げています。




↑ 2008年、中共広東省の湛江軍港を訪れた海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」




↑ 2007年、韓国仁川市の仁川港を訪れた海上自衛隊の練習艦「かしま」

韓国人は、日本の軍国主義の象徴だと「旭日旗」を批判していますが、何でも日本の真似をる韓国人は、旭日旗までパクって「太極昇天旗」と称して大喜びしているのですから、反日ストーカー民族です。




アジアカップカタール2011の日韓戦の試合会場に、「旭日旗」がなかったことは判明しているのに、韓国は論点をすり替えるのは日本に謝罪したくないからで、旭日旗は軍国主義の象徴ではなく、必勝を祈願する旗として使用されてきた日本の伝統文化です。

良識ある日本国民の皆様、韓国が批判する旭日旗についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。