HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  朝日が自作自演の捏造報道、朝日新聞の大島隆記者の質問に米国務省のサキ報道官が「言語道断で侮辱的」と言明・テレビ朝日「常軌を逸した不快な発言だ」と橋下批判和訳、2012年「メディアに関する全国世論調査」
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、新聞通信調査会が行った「メディアに関する全国世論調査」の結果が発表されたことはご存知だと考えます。
 
最も信用できるメディア調査 NHK30.1%、民放6.6%、「ない」が31.9%



2013年4月、新聞通信調査会が2012年に行った「メディアに関する全国世論調査」の結果を発表し、雑誌を除くすべてのメディア(NHK、民放、新聞、ラジオ、インターネット)の信頼度が調査開始(2008年)以来最低となりました。

2011年に発生した東日本大震災時の原発報道などを巡ってマスコミの報道姿勢に疑問を感じる声が高まり、インターネットでは“マスコミ”をもじった「マスゴミ」などという表現もしばしば登場しますが、それでも国民が「一番使用できる」と感じているニュースソースは何なのでしょう? そこで、「あなたが『最も信用できる』と思うメディアはどれですか?」と質問してみたところ、以下のような結果となりました。

・NHK:30.1%
・民放のテレビ:6.6%
・新聞:18.4%
・ラジオ:2.5%
・雑誌:0.7%
・インターネットのニュースサイト:5.3%
・インターネットのクチコミ:2.8%
・2ちゃんねるなどのインターネット匿名掲示板:1.9%
・この中にはない:31.9%
(リサーチパネル調べ、14万8107人が対象)

あらゆるメディアを押しのけて1位になったのは「この中にはない」という回答でした。メディアに携わる人間にとっては非常に厳しい結果となったわけですが、年代別に見てみると、信用できるメディアにも傾向が現れています。

全体の傾向としては、若者よりも年配者の方が、メディアに対する信用度が高くなっています。10~40代までは全て「この中にはない」がトップですが、50代以上では「NHK」がトップになり、70代では53.2%の人が「NHK」と回答。「この中にはない」と答えた人が最も多かったのは20代(37.5%)でしたが、70代以上では2割以下になっています。

一方、インターネットについては、若者のほうが「信用できる」という回答率が高く、10代では「2ちゃんねるなどのインターネット匿名掲示板」と回答した人が5.4%いました。この選択肢を選んだ人は年齢が上がるにつれて減っていき、50代以上では1%以下に。生まれた時からネットに親しんだ10代の若者の一部にとって2ちゃんねるや匿名掲示板は「信頼に足るもの」となっているようです。

それぞれの回答に寄せられたコメントを見てみると、「信用できるメディアがある」と回答した人からは、

【NHK】
「一番冷静な報道をしていると思うので」
「いざという時はやはりコマーシャルの無い方が・・・ 民放はバックの意向があるようで」

【新聞】
「一般的にはこれじゃないかな?」

「他のメディアで聞き流し翌日新聞で確認する」

【インターネットのクチコミ】
「自分で勉強してそこからネットで拾い集めて分析するしかないね」
「一般の正直な意見として信じられるかな」

【2ちゃんねるなどのインターネット匿名掲示板】
「公共のメディアは、隠ぺい体質で都合が悪い事は、報道しない」
「ネットの情報は吟味できれば一番信用性が高い」

といった声が上がっているのに対し、「この中にはない」と回答した人からは、

「マスコミはどれも信用ならん」
「どれも情報操作できるでしょ」
「最も信用できる事実は『メディアは信用できない』ということです」

と、辛辣な意見が多数寄せられています。「メディアは信用するモノじゃなくて参考にするモノだ」「どれも参考にするだけです」というコメントもあり、メディア多様化によって、その役割も変わりつつあるようです。
2013年5月17日瞬刊!リサーチ
http://shunkan-news.com/archives/6643
 
>新聞通信調査会が2012年に行った「メディアに関する全国世論調査」の結果を発表し、雑誌を除くすべてのメディア(NHK、民放、新聞、ラジオ、インターネット)の信頼度が調査開始(2008年)以来最低となりました
 
メディアの信頼度が調査開始以来最低になったのは、テレビや新聞が虚偽報道をするからです。
 
しかし、「あなたが『最も信用できる』と思うメディアはどれですか?」という質問では、インターネットはNHK、民放、新聞よりも低いという回答結果でした。
 
インターネットの信頼度は、若者のほうが「信用できる」という回答率が高く、50代以上では「信用できる」という回答率が低いという結果でした。
 
50代以上では「NHK」がトップになり、70代では53.2%の人が「NHK」と回答
 
NHKを信用するな!
 
NHKは反日番組を放送するだけではなく、ニュースで韓国のPR番組を報道しています。
 
NHKは5月4日放送の「ニュース7」で、韓国の崇礼門(南大門)が復元され一般公開が始まったと大々的に報道しました。
 
●関連記事
 
 

 
>「マスコミはどれも信用ならん」

>「どれも情報操作できるでしょ」

>「最も信用できる事実は『メディアは信用できない』ということです」
 
マスコミは情報操作だけではなく、捏造報道もしています。
 
朝日新聞は、朝日の記者が米国務省の報道官に橋下 大阪市長の慰安婦を巡る発言について質問したところ、「言語道断で侮辱的」と言明したと報道しました。
 
 

朝日新聞国際報道
@asahi_kokusai
速報です。米政府が、橋下徹大阪市長の発言を「言語道断で侮辱的」と厳しく非難する声明。
 
 
 

 
テレビ朝日はANNニュース(AM5時台、AM11時台)で、米国務省の報道官は「常軌を逸した不快な発言だ」と橋下を批判したと報道しました。
 
■動画
 
"橋下発言"米・国務省「常軌を逸した不快な発言」(13/05/17)
 
 
しかし、朝日新聞の記者が米国務省の報道官に質問したときに、報道官は「常軌を逸した不快な発言だ」などとは一言も発していませんでした。
 
5月17日
テレビ朝日
ANNニュース(AM5時台、AM11時台)
 

 

 

アナ
「日本維新の会の橋下代表の従軍慰安婦を巡る発言について、アメリカ国務省の報道官が、常軌を逸した不快な発言だと批判しました」
 

 

 

 

 

女性アナ
「国務省のサキ報道官は戦時中に女性たちが性的な目的で売買された事は不幸で、その多くが明らかに重大な人権違反…侵害だとするアメリカの従軍慰安婦に対するこれまでの見解を改めて説明しました。」
 
 
1 キジ白(愛知県)2013/05/18() 15:56
 
朝日記者 「報道官はセックス奴隷や慰安婦について述べて!」 
米報道官 「私はそれを定義するつもりはない。まあ、貴方(朝日新聞)は詳細な設定を自分で決めてレイアウトしてますし。」
※日付は5月16日の間違いだと思います↓
 

 
 
359 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2013/05/18() 20:11
こういうのって名誉棄損以外に罪にはならないのかな?

ここまでの誘導質問した上に改変して都合のいいように紙面にのせるなんて、
犯罪だよ。
これ許したらなんでも出来ちゃうじゃない。
橋下云々よりも、こういう取材姿勢が許せない。
日々ご訪問を頂いているブログ「メイド・イン・ジャパン!」転載
 
つまりテレビ朝日は、米国による橋下批判について、米国務省の報道官の発言の日本語訳を事実とは違う日本語訳にして報道したのです。
 
■動画
 
ω`・)エッ? 米国による橋下批判は朝日新聞による自作自演か!?【慰安婦発言】
 
 
朝日新聞の大島隆記者と、米国務省のサキ報道官のやり取りとは下記が事実のようです。
 
報道官
「皆さんこんにちは、お待たせしました。大統領の会見があったので終わるのを待っていました。私からは特にありません。何かあればどうぞ」
 
朝日記者
「私は日本の朝日新聞社のタカシです。大阪の橋下市長は最近このようなコメントをしました。
それは道徳的な観点から容認できないものですが、彼は当時の戦時中に於いて慰安婦制度があったのは仕方がないと主張し、いわゆる慰安婦は必要だった。そしてまた売春婦で性的サービスを提供された他の国の軍があるので、日本だけが米国や他の国から批判されているのは公平ではないと主張している。
米国は彼のコメントや批判に対する何らかの立場がありますか?」
 
報道官
「私たちはそれらの(橋下氏の)発言については、むろん目にしています。
すでに米国は述べているように性の目的のために売買されたこれら犠牲者たちへの重大な人権侵害です。わたしたちは被害者に再び誠意ある深い共感を深め、そして日本が過去より生じるこの問題やそのほかの問題に、彼ら(日本と隣国)が前に進むことができるような関係を築くことを希望しています」
 
朝日記者
「貴女はこの問題のセックス奴隷や慰安婦について記述していますか?」
 
報道官
「私は再びそれを定義するつもりはありません。貴方(朝日新聞)は特定の詳細をレイアウトしていますし、私たちは慰安婦として過去にこの問題を説明してきました」
 
米国紙社説

「橋下市長の発言を捉え捻じ曲げて報道しているのは、朝日新聞大阪本社、佐古記者、アメリカ総局、大島隆記者、BBC東京支局、大井真理子記者、NYT田淵広子記者、いわば朝日系列で一色だ。日本はマスコミが保守派を批判し、中国、韓国の味方をする不思議な国だ。」
 
米国務省の報道官は、「性奴隷(sex slaves)」ではなく「慰安婦(comfort women)」と発言しており、米国の橋下批判は朝日新聞による自作自演、捏造報道です。
 
「メディアに関する全国世論調査」で、メディアの信頼度が調査開始以来最低になったのは、テレビや新聞が虚偽報道をするからです。
 
良識ある日本国民の皆様、朝日新聞についてご考慮下さい。
 
朝日新聞は廃刊・テレ朝は廃業しろ!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。