HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  「とくダネ!」で京大准教授が放送事故寸前のブチ切れ、フジテレビは放送事故寸前ばかりだ、10月28日の「とくダネ!」では賛成派出演、小倉智昭TPP交渉の席に着くべきと発言の報告、TPPマスコミ報道
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、フジテレビ「とくダネ!」に出演したTPP反対派の中野剛志氏のことが話題になっているのはご存知だと考えます。

「とくダネ!」で京大准教授が放送事故寸前のブチ切れ

10月27日のフジテレビ「とくダネ!」で、TPP反対派として知られる京都大学准教授・中野剛志氏が、生放送中にも関わらず声を荒げて怒りを露わにし、「放送事故寸前だった」とネット上で話題になっている。

番組中、TPP参加の経済効果を解説する為のパネルに書かれた「“GDP総生産”2.7兆円増加」に突然中野氏が鋭く切り込み、「気をつけた方がいいですよ。これ、10年間の累積ですよ。ここに(パネルに)10年間て書いてないじゃないか!」と激怒したからだ。

さらに田村淳がTwitterで、
フジテレビとくダネ!に出ているTPP反対を訴えているコメンテーターの態度が目に余る…
せっかくテレビに出て多くの人に自分の意見が言えるのに何だ⁉この態度⁉
知識がある人がこんな伝え方をするから若い人が興味もてないんだと思う。
知識を持っていて伝える能力が無い人は残念で仕方ない…気分が悪い

と書き込み、騒動はさらに拡大した。

中野氏の主張の是非はともかく、その振る舞いが視聴者に強烈なインパクトを与えたのは間違いない。
(トピックニュース)抜粋
http://news.livedoor.com/article/detail/5970757/

>10月27日のフジテレビ「とくダネ!」で、TPP反対派として知られる京都大学准教授・中野剛志氏が、生放送中にも関わらず声を荒げて怒りを露わにし、「放送事故寸前だった」とネット上で話題

私は本ブログで、経産省産業構造課課長補佐等を勤めて、現在は京都大学准教授の中野剛志氏の動画をご紹介しましたが、10月27日放送の「とくダネ!」で、確かに声を荒げる部分はあっても「放送事故寸前」と騒ぐような問題ではありません。

これまでフジテレビは、生放送の「とくダネ!」・「スーパーニュース」で、放送事故寸前、放送事故を起こしています。

10月25日放送の「とくダネ!」では、文部科学省の汚染マップをパネルで紹介した際に、埼玉県と山梨県が入れ替わったままで放送しました。




8月24日の「とくダネ!」では、暴力団関係者と親密な関係を持っていた島田紳助が引退したことについて、司会の小倉智昭は、暴力団の存在を肯定するかの発言を放送しました。




8月19日の「スーパーニュース」では、追跡取材をしていたフジテレビの社員が、赤信号と分かっていたのに「いっちゃお、いっしゃお」と運転手に言って、信号無視をして左折したことを放送しました。




8月8日の「スーパーニュース」で、サッカー元日本代表・松田直樹さんの通夜を、現地の梅津弥英子アナウンサーが笑顔でスタッフと談笑するシーンを放送しました。




>TPP参加の経済効果を解説する為のパネルに書かれた「“GDP総生産”2.7兆円増加」に突然中野氏が鋭く切り込み、「気をつけた方がいいですよ。これ、10年間の累積ですよ。ここに(パネルに)10年間て書いてないじゃないか!」と激怒した

中野剛志氏が激怒するのは当然で、反日マスコミは25日に、TPPに参加した場合、「実質国内総生産(GDP)を2.7兆円押し上げる経済効果がある」という政府見解ばかりを取り上げていますが、中野氏が指摘した通りで、これは10年間の累積です。

TPP経済効果、10年で2.7兆円 政府が見解

内閣府は25日、環太平洋経済連携協定(TPP)に参加した場合、実質国内総生産(GDP)を10年で2.7兆円押し上げる経済効果があるという政府の見解を示した。
(朝日新聞)抜粋
http://www.asahi.com/business/update/1025/TKY201110250694.html




私は、10月27日放送の「とくダネ!」を動画で見ましたが、TPP反対派の中野剛志氏が声を荒げたのは、最初からTPP賛成というスタンスで番組が始まっているからです。

TPP(動画)http://youtu.be/G9aWJ8Orl10

番組では、「例えば、日本から海外に物を売る時にテレビ100%の関税だとすると、10万円のテレビが20万円になる」、TPP参加で、「10万円のテレビをそのままの価格10万円で輸出できる」などと放送しています。

これらに対して、「アメリカの自動車の関税は2.5%、テレビは5%」・「東北の被災地の一次産業は多分0.5%ぐらい、残りの99.95%は犠牲になる」などと解説した上で、「何処にも10年間と書いていないじゃないか」と声を荒げています。




>さらに田村淳がTwitterで、フジテレビとくダネ!に出ているTPP反対を訴えているコメンテーターの態度が目に余る

お前が言うな!、田村淳は、フジテレビへの抗議について、「じゃあ見ないと言う選択で良くない?」・「君の家、TVのチャンネル1個しかないの?あと電源切れないテレビなの?」と発言したのですから、「嫌なら見るな!」です。

>中野氏の主張の是非はともかく、その振る舞いが視聴者に強烈なインパクトを与えたのは間違いない

中野剛志氏は「とくダネ!」で、「デメリットはたくさんある。農業だけではなくて、食の安全、雇用、環境とか色々あるにもかかわらず、マスコミが報道してない。最大の問題はマスメディア。」などと話しているように、TPPについてマスコミの報道が問題です。

私のブログへご来訪下さる方より、フジテレビが10月27日の「とくダネ!」にTPP反対派の中野剛志氏を出演させたのは、「反対派の意見も取り上げたよ、そしてTPP賛成へ誘導する狙いだ」などのご意見を頂きました。

10月28日放送の「とくダネ!」について、私はこの時間まで動画のアップを待っていましたが、動画も画像も記事更新に間に合わなかったので、番組を見た方から頂戴した感想を簡単にご紹介します。

『今日(10月28日)の「とくダネ!」には、TPP賛成派のゲストが出演して、番組の最後で、司会の小倉智昭がTPP交渉の席に着くべきだと発言しました!』とのことです。

私は本ブログで記事にしているように、TPPは農業だけの問題ではありませんし、実質は日米のFTA、日米2国間の不平等条約で、問題ばかりで日本の国益が損なわれるだけですし、反日マスコミの報道を信用するのは危険です。




中野剛志 視点・論点 「TPP参加の是非」(動画)http://youtu.be/8G29qFqId2w

【恐怖の】13分でわかるTPP【アメリカ】(動画)http://youtu.be/p7I-UEZcBqE

視点・論点「TPP参加の是非」(記事)http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/99077.html

フジテレビ10月27日の「とくダネ!」で、TPP反対派の中野剛志氏が声を荒げたのは、最初からTPP賛成というスタンスで番組が始まっているからで、まだ確認はしていませんが、10月28日の「とくダネ!」では賛成派が出演、小倉智昭はTPP交渉の席に着くべきと発言したとのご報告がありました。

良識ある日本国民の皆様、マスコミのTPP報道についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。