HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  APEC首脳会議で野田佳彦首相がTPP交渉参加を表明、メキシコ・カナダ正式表明「カナダは簡単に満たすことができる」基準、日本が参加する頃にはルールの細部まで議論が終了している可能性が高い
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、野田首相がAPEC首脳会議でTPP交渉参加を表明したのはご存知だと考えます。

TPP交渉参加、APECで表明=野田首相

野田佳彦首相は13日午前(日本時間14日朝)、ホノルルでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、環太平洋連携協定(TPP)交渉に参加する方針を表明した。
(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111114-00000014-jij-pol

>アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、環太平洋連携協定(TPP)交渉に参加する方針を表明した

野田佳彦首相はオバマ大統領との会談で、TPP交渉への参加方針を伝えて、日本が関係国との協議に入ると表明していましたが、これで日本はTPP交渉参加の正式表明をしたことになります。

野田首相の11日の会見について、「事前協議の表明にとどまった」と評価していた山田正彦前農相、「あくまで予備的交渉」と評価していた原口一博元総務相、「離党届」を持参して反対した民主党議員は、離党しないなら議員辞職すべきです。







日米首脳会談での野田首相の発言について、外務省が否定して米国が誤解を認めるなど、ドタバタ劇を演じていますが、これでは野田首相が「守るところは守り、勝ち取るものは勝ち取る」と述べていたTPP交渉になりません。

米発表の首相発言を否定=「全品目が交渉対象」は誤解―外務省

【ホノルル時事】外務省は12日夜(日本時間13日午後)、日米首脳会談に関する米側の報道向け発表に関し、「野田佳彦首相が『全ての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに乗せる』と述べたとされているが、そのような発言を行った事実はない」と否定するコメントを出した。

 環太平洋連携協定(TPP)交渉に関し、日本側は昨年11月に閣議決定した「包括的経済連携に関する基本方針」に基づく説明を米側にしてきた。同方針は、「(慎重な扱いが必要な)品目について配慮を行いつつ、全ての品目を自由化交渉対象」とすると明記。首相自身、11日の記者会見で同方針に言及して「さらに歩みを前に出す」と強調しており、米側の誤解につながったとみられる。
(時事通信)抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111113-00000061-jij-pol

>「野田佳彦首相が『全ての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに乗せる』と述べたとされているが、そのような発言を行った事実はない」と否定するコメントを出した

昨年11月、菅政権が閣議決定した「包括的経済連携に関する基本方針」には、「すべての品目を自由化交渉対象とし、交渉を通じて、高いレベルの経済連携を目指す」と明記されています。

>首相自身、11日の記者会見で同方針に言及して「さらに歩みを前に出す」と強調しており、米側の誤解につながったとみられる

野田首相が「その基本方針に基づいて、さらに経済連携を進める」と強調したので、米国が誤解をしても仕方はありませんが、米国が利用して、最初から日本へ圧力を掛けたとも考えられます。







カナダ政府は11日、TPP交渉参加を検討すると発表して、カナダのエド・ファスト貿易相は「TPPがカナダ自身の国益になると確信できたときにのみ交渉に参加するだろう」と述べていました。

カナダのハーパー首相は、野田首相がTPP交渉参加を表明した13日に、交渉参加の正式表明をしたと報道されています。

カナダも正式表明へ=TPP交渉-ハーパー首相

【ホノルル時事】カナダのハーパー首相は13日、当地で記者団に対し、環太平洋連携協定(TPP)交渉に参加する意思を正式に表明すると述べた。

 ハーパー首相は、オバマ大統領から交渉参加を促されて決断したと指摘。TPP参加の基準を検討したが「カナダは簡単に満たすことができる」と語った。
(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111114-00000012-jij-int

>ハーパー首相は、オバマ大統領から交渉参加を促されて決断したと指摘。TPP参加の基準を検討したが「カナダは簡単に満たすことができる」と語った

カナダが簡単に満たせる基準・・・、TPP交渉参加9カ国は首脳会議を開いて、オバマ大統領は、高いレベルの経済協定実現に向けて「大枠合意に達した」と宣言、来年夏までにTPP合意文書をまとめる目標を掲げています。

TPP交渉首脳会議終了後に発表された共同声明では、関税撤廃など、TPPの具体的なルール策定に向けて必要な作業を、「可能な限り早く進める」との方針を示しているので、オバマ大統領の掲げる夏頃に合意するのでしょう。

日本のTPP交渉参加は、米議会の承認に約90日、米政府と議会との事前協議も必要で、日本が交渉に参加できるのは早くても来年の春~夏前ですから、日本が参加する頃にはルールの細部まで議論が終了している可能性が高いです。

自民党は、APECでのTPP交渉参加表明に反対していましたが、自民党にもTPP推進派議員はいますし、参加表明をしたら国会で追及する姿勢の執行部に対して、衆院解散を求めるべきとの議員もいるので、意見が分かれています。

自民党執行部は、野田首相の「消費税率10%引き上げ」法案提出での衆院解散を目指しているので、APECでのTPP交渉参加表明をしたことは、国会での追及になるでしょうし、TPP批准の反対も党内一致は難しいです。

自民党が一枚岩になって、野田首相がAPECでのTPP交渉参加表明をしたことについて、国会軽視だと野党と協力して衆院解散を求めたとしても、衆院での野田内閣不信任案可決は難しいでしょう。

TPP交渉参加表明で解散を、自民党・公明党・共産党・社民党・国民新党・立ち上がれ日本・新党日本、反対をみんなの党、与党系無所属を解散、野党系の新党改革・無所属を反対にして、棄権はなしで計算してみました。

衆議院(総議席480・採決に加わらない議長と欠員1)での内閣不信任決議案に、みんなの党5議席が反対、しかし、国民新党4議席・新党日本1議席が賛成なので、賛成は171議席、民主党からの造反議員69は無理で否決です。

参議院(総議席242)での野田首相問責決議案に、みんなの党11議席が反対、しかし、国民新党3議席が賛成なので、賛成は123議席、民主党からの造反議員が出なくても可決します。

問責決議案に法的拘束力はありませんが、内閣は議会に連帯して責任を負うことから、議会で責任があると認められた者が内閣に居座ることはできないと認識されるので、これまでにも問責された首相や閣僚は、遠くない時期に辞任か衆院解散しています。

※追記、米通商代表部のカーク代表は声明を発表し、メキシコもTPP交渉への参加意思を表明したと明らかにして、「カナダ、メキシコ両国を歓迎する」との見解を示しています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111114-00000012-jij-int

   ∧,,∧   日本も参加するってよ(笑) 
  (・`  )   みんなもう出てきてもいいよ!
   ∪米o )  カモがネギしょって来たから、食いもんだよ! 
   `u-u'

APEC首脳会議で野田佳彦首相がTPP交渉参加を表明して、メキシコ・カナダも「カナダは簡単に満たすことができる」基準と正式表明していますが、日本が参加する頃にはTPPルールの細部まで議論が終了している可能性が高い状況です。

良識ある日本国民の皆様、野田首相のTPP参加表明についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。