HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  愛知県日進市が中学生に韓国語の課外授業を始めたのは日教組の影響か、国連公用語の6言語にヒンディー語・ポルトガル語・ドイツ語を第2外国語として学ぶべき、センター試験外国語の韓国語も不公平でやめろ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、愛知県日進市が中学生に韓国語の課外授業を始めたのはご存知だと考えます。

日本の中学生の“韓国語”授業に猛反発

15日、愛知県・日進市に3校ある中学校において、11月14日から韓国語の授業が始まったと中日新聞が報じ、ネット掲示板では日進市に対する批判が高まっている。

 同紙によると、第二外国語の学習は、再選された萩野幸三市長の公約で「事前に生徒ら対称に実施したアンケートで韓国語の人気が高く、また身近な国ということもあり選ばれた」という。今年は42人が計5回の授業で韓国語の日常会話を学ぶ予定だが、中学校での第2外国語学習は全国でも珍しい。
 
 日本の中学生が授業で韓国語を学ぶことに関して、ネット掲示板では、「うわ…かわいそう、中国語かならまだ分かるが韓国語は無い」「余計なことさせずに英語に専念しろ」「韓国語習っても普通の人はメリットがない」「42人で大人気なのか」といった声が寄せられ、全体的にも賛成意見はごく少数に――。

 反対意見、さらには、中学生が韓国語を学んでいることに強い違和感を表明する声が多数を占めた。
(livedoorニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/6030117/

>愛知県・日進市に3校ある中学校において、11月14日から韓国語の授業が始まったと中日新聞が報じ、ネット掲示板では日進市に対する批判が高まっている

公立校が何の役にも立たない韓国語(朝鮮語)の課外授業をするのは税金の無駄遣いですから批判されるのは当然で、中学生には、日韓併合で朝鮮にハングル文字を復活・普及させたのは日本だと、日韓の歴史の真実を教えるべきです。

日進市といえば、9月の「にっしん夢まつり・夢花火」で、東日本大震災の被災地復興を支援しようと、福島県で製造された花火の打ち上げを予定していたのに、「放射能をまき散らすな」などの抗議で中止したことでも批判されました。

>第二外国語の学習は、再選された萩野幸三市長の公約で「事前に生徒ら対称に実施したアンケートで韓国語の人気が高く、また身近な国ということもあり選ばれた」

捏造された韓流ブームの影響もあるでしょうが、市長の公約なのですから生徒の父兄にアンケートをすべきで、法務省入管資料によると、愛知県は全国で4番目に在日韓国・朝鮮人が多いので韓国を身近に感じたのでしょう。

「地域別分布状況」(法務省入管資料:2010年12月末現在) 

1位、大阪  133,396人  22.64%

2位、東京  114,961人  19.51%

3位、兵庫 54,635人   9.27%

4位、愛知 41,598人   7.06%

5位、神奈川 34,838人  5.91%
(民団サイト)抜粋
http://www.mindan.org/shokai/toukei.html

中学生への韓国語学習には、名古屋外語大が講師を派遣していますが、外国語学部には、英米語学科・英語教育学科・フランス語学科・中国語学科・日本語学科しかないので、講師は在日韓国人・韓国系日本人かもしれません。
(名古屋外語大)
http://www.nagoyagaidai.com/gakubu/sflanguages/index.html

>今年は42人が計5回の授業で韓国語の日常会話を学ぶ予定だが、中学校での第2外国語学習は全国でも珍しい

愛知県には日教組加盟の愛知組織、愛知県教員組合(愛教組)があるので、日進市が全3中学校での第2外国語を韓国語にしたことを、竹島を日本領と認めようとしない北教組・都教組など、日教組が全国へと広める可能性もあります。

8月に、神奈川県立高校の地理歴史科の女性教諭が、「韓流ドラマがはやっていた」などと、日本史の授業で生徒に自分の名刺をハングルで作らせていたことが発覚、県教委は授業内容が不適切と判断して学校側を指導しました。




この女性教諭は、日教組加盟の神奈川組織・神高教に所属する赤い悪魔でしたが、愛知県教育委員会のメンバーには愛教組の役員経験者が多いので、日進市が全3中学校で始めた韓国語の課外授業も日教組の影響かもしれません。

>日本の中学生が授業で韓国語を学ぶことに関して、ネット掲示板では、「うわ…かわいそう、中国語かならまだ分かるが韓国語は無い」「余計なことさせずに英語に専念しろ」「韓国語習っても普通の人はメリットがない」

韓国語(朝鮮語)を学習するのは無駄なだけで、世界では7000万人程度の韓国語の話者がいると推定されて、そのうち6500万人は朝鮮半島が占めていますし、国際的な文学・芸術・論文、資料などもありません。

国連の公用語は、英語・ロシア語・中共語・フランス語・アラビア語・スペイン語の6言語ですし、「世界の主要20言語使用人口」を考えても、6言語に、ヒンディー語・ポルトガル語・ドイツ語を第2外国語として学ぶべきです。




左欄は母語(第1言語)を基準とした言語のリスト、右欄はその言語が公用語となっている国の人口(単位:100万人)
http://japan.wipgroup.com/useful-information/reference-material-data/gengosiyoujinkou.html

>反対意見、さらには、中学生が韓国語を学んでいることに強い違和感を表明する声が多数を占めた

中学生には正しい日本語を教えるのが第一ですし、まだ小学生の子役の芦田愛菜ちゃんに韓国語を学ぶように誘導した、元日教組の尾木直樹のような人間がテレビに出演するのも反対です。




5月11日放送のフジテレビ「ホンマでっか!?TV」で、芦田愛菜ちゃんが「漢字がたくさん読めるようになるにはどうしたら?」と質問すると、テレンス・リー「縦書きの漢字は正面に貼って覚える」、さんま「斜めに書いたら体を斜めに」などと応えていました。

元日教組で、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹は、「まなちゃんはKARAが好きと聞いたけどホント?」、愛菜「はい」、尾木「韓国語を覚えたいと思わない?」、愛菜「思います」と、小学生に韓国語を学ぶように誘導していました。




元日教組の尾木直樹の誘導の結果、芦田愛菜ちゃんはTBSの番組で、「韓国語とか覚えたいです」と発言して、フジテレビの番組では「韓国語で挨拶」をしていまいた。







大学入試センター試験の「外国語」に韓国語が加わったのは、日韓共催でのサッカーW杯が行われた2002年(平成14年度)で、韓国政府の要請を受けて日本政府が決定しましたが、韓国語の試験は不公平です。

英語以外は、受験生のほとんどが在日外国人や留学経験者が中心で、在日外国人(在日韓国・朝鮮人)が母国語(韓国語)の試験を受けるのは、外国語の試験ではなくて国語の試験になるのですから、高得点になるのは当然です。




例えば、平成17年度の外国語試験、英語と韓国語では21点の得点差が出ましたが、同じ教科の選択科目で平均点に20点以上の幅がある場合、社会や理科では15点内に収まるように得点調整がされるのに、外国語はされないので不公平です。

愛知県日進市が中学生に韓国語の課外授業を始めたのは日教組の影響かもしれませんが、国連公用語の6言語にヒンディー語・ポルトガル語・ドイツ語を第2外国語として学ぶべきで、センター試験の韓国語も不公平でやめるべきです。

良識ある日本国民の皆様、中学生への韓国語授業についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。