HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  NHK「ハングル絵文字がブーム」「知らない」とネット上で疑問相次ぐ、「女子中高生ケータイ流行語大賞2011ノミネート」、「江~姫たちの戦国~」平均視聴率「17・1%」制作費30億円、解体して国営・民放
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、NHKの広報が「ハングル絵文字ブーム」について回答したのはご存知だと考えます。

NHK「ハングル絵文字がブーム」「知らない」とネット上で疑問相次ぐ

携帯メールでハングル絵文字の交換が若者にはやっている――。NHKが情報番組でこう紹介し、「聞いたことがない」とネット上で疑問が出ている。

 番組では、韓国KBS放送と10月30日に共催したトークイベントでこうした例を話したことを紹介した。NHKサイドはこのイベントで、文字としての韓国語すなわちハングルも日本の若者にはやっているとし、参加した山田敦子アナが壇上でこう明かしたのだ。

 そこで、若者らにハングル絵文字のメールなどは見たことがあるか、取材してみた。
 東京都内で、大学生の男女4人に聞くと、「使わない」「分かんない」との反応が返ってきた。

 では、ハングル絵文字のメールなどがはやっているというデータ的な根拠はあるのか。
 NHKの広報局では、取材に対し、「NHKは取材に基づいて報道を行っています。例えばご指摘にあったハングル文字を打つことができる携帯電話は、国内で一般的に販売されています」とコメントしている。
(J-CASTニュース)抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111128-00000005-jct-soci

>携帯メールでハングル絵文字の交換が若者にはやっている――。NHKが情報番組でこう紹介し、「聞いたことがない」とネット上で疑問が出ている

私は本ブログ26日の記事にしましたが、NHKは24日の情報番組「お元気ですか日本列島」の「ことばおじさんの気になることば」のコーナーで、「日本に浸透している韓国語」を放送して、ネットでは見たことも聞いたこともないとの声ばかりです。










>NHKサイドはこのイベントで、文字としての韓国語すなわちハングルも日本の若者にはやっているとし、参加した山田敦子アナが壇上でこう明かした

韓国KBS放送と共催のトークイベントで、山田敦子アナウンサーの名前にハングルが書かれていて、後ろには通訳らしき女性もいましたが、NHKは「日本の若者にハングルが流行っている」とブームを捏造して、韓国に媚びただけです。




>東京都内で、大学生の男女4人に聞くと、「使わない」「分かんない」との反応が返ってきた

私は法学部在学中の愚息に調べさせて、10~20代の学生約30人のうち、携帯メールのハングルブームを知っている回答は0人、18~24日にアンケートした「女子中高生ケータイ流行語大賞2011 ノミネート」にもありません。




>ハングル絵文字のメールなどがはやっているというデータ的な根拠はあるのか

>「NHKは取材に基づいて報道を行っています。例えばご指摘にあったハングル文字を打つことができる携帯電話は、国内で一般的に販売されています」

NHKの広報局は馬鹿か?、これではデータ的な根拠に対しての回答になっていませんし、仮に、ハングルを使える携帯電話が一般的に販売されていても、若者の間でハングルのメールが流行っていることにはなりません。

元NHK職員の立花孝志氏は、NHK職員の年収は高卒32才で約1000万円だと給料明細を示して説明して、本当の年収は1500万円以上だと暴露していますが、NHKの受信料貴族はデータ的根拠の意味も分からない馬鹿ばかりです。

私のブログへご来訪下さる方より、「写真に携帯ストラップが映っています。そのストラップは東方神起オフィシャルファンクラブ『Bigeast』のものだそうです。」とのご意見を頂戴したので調べました。

携帯電話の写真の左側に見える携帯ストラップは、韓国の出稼ぎアイドル「東方神起」のオフィシャルファンクラブが、会員限定に販売している携帯ストラップと同じようで、NHKは韓流ファンに取材しただけです。










2011年度のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」は、11月27日に終了しましたが、全46話の平均視聴率は「17・7%」で、低視聴率の惨敗でした。




大河「江」、関東で17.7%


「江~姫たちの戦国~」の平均視聴率は、最近10作品で「武蔵 MUSASHI」の16・7%、「新撰組!」の17・4%に次ぐ下から3番目で、1963年度から始まった大河ドラマでも下から6番目タイの惨敗でした。

NHK大河ドラマ





2008年度の大河ドラマ「篤姫」の制作費は、1話で5、910万円、全50回の制作費は「約30億円」になりますが、「江~姫たちの戦国~」も同額の制作費でしょうから、これではNHKが強制徴収している受信料の無駄です。

NHK経営委員会は4月、昨年度の受信料収納額が過去最高の6531億円と報告、繰越金残高も1262億円まで積み上がっていますが、黒字のNHKは受信料で職員に高給を支払って、低視聴率の番組に莫大な制作費を使っています。

公共放送のNHKは解体して、報道・教育は国営、それ以外は民放にすれば、NHKの職員は10分の1程度になりますし、国営のNHK職員は国家公務員になるのですから、政界が公務員給与の引き下げをすべきです。

民放のNHKは、民放キー局よりも多くのスポンサー企業から広告収入を得られるのですから、そこからNHKのインフラ使用料を支払わせれば、強制徴収している受信料もいらなくなります。

NHKの携帯メールで若者にハングルが流行は捏造で、受信料から制作費30億円もかけた「江~姫たちの戦国~」の平均視聴率は17・1%ですから、NHKは解体、国営・民放にして受信料徴収をやめるべきです。

良識ある日本国民の皆様、NHKの解体・国営と民放化についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。