HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  3カ月の実績は「たくさん」=藤村官房長官、“少女暴行事件”を“乱交事件”と発言・一川保夫防衛相の問責決議案を可決、被災地復興よりも韓国支援・デフレでの増税を優先している野田首相を衆院解散に追い込め
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、藤村修官房長官が野田政権発足から3ヶ月で「たくさんのことをやってきた」と発言したのはご存知だと考えます。

3カ月の実績は「たくさん」=藤村官房長官

藤村修官房長官は2日午後の記者会見で、野田政権発足から同日で3カ月が経過したことに関し、「短いようで、しかしたくさんのことをやってきた」と振り返った。「たくさんのこと」とした実績の具体的内容には触れなかった。
(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111202-00000076-jij-pol

>野田政権発足から同日で3カ月が経過したことに関し、「短いようで、しかしたくさんのことをやってきた」と振り返った

9月2日に野田政権が発足しましたが、良識ある日本国民は「たくさんのことをやられてしまった!」と激怒していて、被災地復興よりも韓国支援・デフレでの増税などを優先している野田首相に衆院解散を求めています。

>「たくさんのこと」とした実績の具体的内容には触れなかった

藤村官房長官が具体的に言えないので、野田政権発足から3ヶ月を簡単に振り返りますが、9月2日、野田首相の資金管理団体が在日本大韓民国民団の関係者ら、在日韓国人2人から政治献金を受け取っていたことが発覚しました。

野田首相は2009年10月11日、千葉市中央公園で「韓日友好」として開催した「マダン祭」に参加、「8月30日の衆議院選挙におきましては、千葉民団の皆さんの力強いご推挙、ご支援を頂きましたことを心から御礼を申し上げます」と、民団に感謝をしていました。

11月15日の参院予算委員会で、野田首相の資金管理団体が政治資金規正法で禁じられている、外国人献金をしていた在日韓国人は、野田首相の地元の千葉民団の役員だと判明しました。




9月10日、鉢呂吉雄経済産業相は失言で就任からわずか9日間で大臣を辞任、松本龍復興担当相と並んで大臣最短辞職記録で、歴代4位の短命大臣として名を残しました。




野田首相は訪韓する際に、自ら「朝鮮王朝儀軌」など日本政府が保管する朝鮮半島由来の図書の一部を持参して、10月18日、韓国に引き渡しました。




野田首相は、日本のために殉じられた英霊が祀られている靖国神社を参拝しないのに、朝鮮戦争の戦没者らが埋葬されている、韓国の国立墓地「顕忠院」を訪れました。




野田首相は10月19日の李明博大統領との会談で、日韓通貨スワップの限度額を現行の130億ドルから700億ドルに拡大することで合意しました。




野田首相は11月3日、フランスのカンヌで開かれたG20首脳会合で、「消費税率を2010年代半ばまでに10%まで段階的に引き上げる」と、国際公約として表明しました。




野田首相は訪米してオバマ大統領との会談で、TPP交渉への参加方針を伝えて、11月13日、APEC首脳会議で「TPP交渉に参加する方針」を表明しました。




野田首相は11月11日の参院予算委員会で、TPPで懸念されている「ISD条項」について、「国内法で対応できるように交渉をしていく」と、国内法よりも条約のほうが上位だということを理解していませんでした。




インドネシアを訪れていた野田首相は、11月18日、ASEANの首脳会議で「2兆円規模の支援」を表明しました。




このように、野田政権発足から3ヶ月を簡単に振り返っても、野田首相は被災地復興よりも、韓国支援・デフレでの増税などを優先しています。




一川保夫防衛相は、12月1日の復興特別委員会で、1995年に沖縄県で起きた米兵による少女暴行事件の内容を問われて、「中身と言われても、その正確な中身を詳細には知っておりません」と発言しました。

一川防衛相は2日、沖縄県庁で仲井真弘多知事との会談で、田中聡前沖縄防衛局長の不適切な発言を「県民の皆さんの心を大変傷つけた。防衛省・自衛隊の最高責任者としておわびする」と謝罪しました。

一川防衛相は、自身の発言について「国会の委員会で詳細に説明する事案ではないだろうという思いの中で、ああいう発言になった」などと釈明していますが、沖縄を訪れる前に、またも失言をしていました。

防衛相モ~辞任して!“少女暴行事件”を“乱交事件”と発言

一川保夫防衛相の新たな失言が飛び出した。2日午前の記者会見で、沖縄県民の怒りに火を付けた1995年の少女暴行事件について、「少女乱交事件」と発言したのだ。一川氏は午後に沖縄入りし、仲井真弘多知事に陳謝する予定。県民の怒りはさらに高まりそうだ。

 記者らはあきれ果てていたが、一川氏は気付かずに知らん顔。会見後、防衛省広報が「訂正したい」と申し入れた。
(zakzak)抜粋
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20111202/plt1112021547005-n1.htm

>2日午前の記者会見で、沖縄県民の怒りに火を付けた1995年の少女暴行事件について、「少女乱交事件」と発言した

基地外だ!、当時12歳だった少女が米国兵3人に拉致・集団強姦された、強姦致傷・拉致監禁事件を、少女乱交事件とは・・・、被害者とそのご家族、沖縄県民だけではなくて、日本国民に対する侮辱発言です。

一川保夫防衛相は、就任した直後の9月2日、「私は素人だが、これが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」と発言して問題になりましたが、任命責任だけではなくて、すぐに罷免しなかった野田首相の責任は重大です。




一川保夫防衛相は11月16日、国賓として来日されていた、ブータンのワンチュク国王夫妻を歓迎する宮中晩餐会を欠席して、同じ民主党の高橋千秋参議院議員の政治資金パーティーに出席、挨拶までしていました。




自民・公明が提出する方針の、一川保夫防衛相の問責決議案に、共産・社民・新党改革が賛成する方向で、国民新党の下地幹郎幹事長は「与党だから反対するとか守るとかにはならない」と問責決議案の反対を明言していません。

参議院(総議席242・採決に加わらない議長1)の一川保夫防衛相問責決議案に、白紙としているみんなの党11議席を除いても賛成は120議席、あと1議席で可決します。

問責決議案に法的拘束力はありませんが、内閣は議会に連帯して責任を負うことから、議会で責任があると認められた者が内閣に居座ることはできないと認識されるので、これまでにも問責された首相や閣僚は、遠くない時期に辞任か衆院解散しています。

自民党の谷垣執行部は、攻め時に攻めないからズルズルと民主党政権が続いているので、一川保夫防衛相の問責決議案を可決させて、鉢呂吉雄経産相に続いて辞任に追い込み、野田首相の任命責任を追及、衆院解散させるべきです。

良識ある日本国民の皆様、「たくさんのことをやってきた」という野田政権3ヶ月についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。