HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  石原東京都知事が朝鮮学校への補助金予算の削除を検討、東京都から全国へ凍結から予算削除へ、大田区は区内の東京朝鮮第六学校へ「外国人学校振興費補助金」毎年100万円補助、東京韓国学校補助金支出もやめろ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、石原都知事が朝鮮学校への補助金予算の削除を検討しているのはご存知だと考えます。

朝鮮学校への都補助金、予算削除検討へ石原知事 無償化審査へも影響か

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)による流用が指摘される朝鮮学校への自治体補助金に関し、東京都の石原慎太郎知事は8日、都議会本会議で「来年度予算に計上しないことも含め、しかるべき時期に国民全員が納得するような判断をしたい」と述べた。平成24年度予算案の概算要求に盛り込まれた約2200万円の削除の検討に入る。

 行政の調査に合わせ授業実態や教科書を偽る例もあることから「都職員が張り付いて1週間でも1カ月でも実態を調査したらいい。それが許容できない相手に税金で補助する必要は毛頭ない」とも発言。朝鮮学校やその運営主体の学校法人「朝鮮学園」の許認可権者として、補助金制度の前提となる実態の徹底的な調査も必要との考えを示した。

 朝鮮学校の教育内容が基本法に違反するかの判断について国は、昨年11月の参院文教科学委で高木義明文部科学相(当時)が「第一義的解釈は都道府県知事」と述べている。
 石原知事は議会後、「凍結」から「削除の検討」へと踏み込んだ理由について記者団に、「実態がだんだん分かってきたからだ」と説明した。
(産経新聞)抜粋
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111209/edc11120901360000-n1.htm

>在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)による流用が指摘される朝鮮学校への自治体補助金

これまで朝鮮学校への自治体からの補助金が朝鮮総連に流用していることが指摘されて来ましたが、朝鮮総連直轄組織「教育会」の元幹部が「総連幹部から急いで金がいるといわれ、数千万円単位の金を抜き出すことが度々あった」など、流用に関わったと証言をしています。




>石原慎太郎知事は8日、都議会本会議で「来年度予算に計上しないことも含め、しかるべき時期に国民全員が納得するような判断をしたい」

石原都知事は予算を削除すべきだ!、朝鮮学校は、「一条校」ではないので、自民党政権から続いている、各自治体からの朝鮮学校への補助金支出は、日本国憲法第89条、「公の財産の利用の制限」により「違憲」です。

東京都が全国で初めて、都内の朝鮮学校10校への補助金見直しをしたことから、各自治体でも朝鮮学校への補助金見直しをしましたが、全国27都道府県が平成22年度に支出した補助金総額は、まだ約4億円もあります。




>行政の調査に合わせ授業実態や教科書を偽る例もある

文科省が高校無償化問題で、事前に朝鮮学校側に視察をする日時を知らせた結果、朝鮮学校は「故金日成主席・金正日総書記父子の神聖化」や「反日教育」をする「朝鮮史」・「現代史」の授業を、視察時に外して授業をしていました。




朝鮮総連が朝鮮学校の生徒の父母らに対して、複数の日本人になりすまして、文科省へ高校無償化適用を要請する電話攻勢などをするように指示をした、高校無償化獲得のノウハウを記した、朝鮮総連の内部文書も発覚しています。




朝鮮学校の教科書は北朝鮮本国の検閲のもと、全国一律に朝鮮総連傘下の教科書編纂(へんさん)委員会が編集していますが、朝鮮学校が拉致問題に関する記述を訂正したとしていた歴史教科書は、多くの学校で使われていません。




>「都職員が張り付いて1週間でも1カ月でも実態を調査したらいい。それが許容できない相手に税金で補助する必要は毛頭ない」とも発言

まず、大田区の東京朝鮮第六学校だな!、創価学会の池田大作名誉会長が生まれ育った東京都大田区は、区内にある「東京朝鮮第六学校」に対して、「外国人学校振興費補助金」として毎年100万円を補助しています。

都内の朝鮮学校に直接補助をしているのは、東京都23区では大田区だけですし、大田区は、外国人学校生徒の保護者に「外国人学校児童・生徒保護者補助金」として、生徒一人当たり月額1万1千円を支払っています。

>石原知事は議会後、「凍結」から「削除の検討」へと踏み込んだ理由について記者団に、「実態がだんだん分かってきたからだ」と説明

東京韓国学校の実態も究明すべきだ!、新宿区にある「東京韓国学校」も一条校ではなくて朝鮮学校と同じ各種学校ですし、竹島問題など、韓国による反日教育がそのまま行われている可能性が高いので、補助金を削除すべきです。

平成14年度、「東京都・私立外国人学校教育運営費補助」の資料では、1校平均388万円・一人当たり1万5千円の補助金支給がされていますが、この中に「東京韓国学校初等部」・「東京韓国学校中高等部」も含まれています。
(都道府県・政令都市の外国人学校に対する教育費助成)
http://www5d.biglobe.ne.jp/~mingakko/zyoseikin02.html

文科省の調査では22年度、少なくとも全国101の市区町から朝鮮学校に総額約2億5千万円の補助金支出が判明していますが、朝鮮学校は日本人を拉致している北朝鮮の支配下にあるので、日本国民の血税の無駄です。

朝鮮総連が実施している、「総連幹部、朝鮮学校の人事異動」でも分かるように、朝鮮学校=朝鮮総連で、朝鮮学校が北朝鮮の意思決定に従って、金日成・金正父子の神聖化・絶対化教育をしているのは明白なる事実です。




国家なる幻影 ― わが政治への反回想  石原慎太郎

議員になってからもう一つ、政治家としての、これはテレビでの発言が元になって思いがけぬ脅迫に遭った。当時北朝鮮は、実質的に国家・政府と一体である労働党の規約にその頃になっても「日本軍国主義」を打倒するなどといった大時代的な文言を掲げ、なおかつ中共とも手を組んだ執拗な日本攻撃を繰り返していた。

朝鮮半島問題について語った折に私がそれに触れ、こうした国との友好はその限りで不可能だし、彼等が日本に何かを望むならばまずすみやかに日本を敵国視することをいわば国是としているような異常な状態を改めるべきだといったらたちまち日本在住の北朝鮮人たちから抗議が殺到し、ある日突然逗子の家に彼等の代表なる男たちが約束もなしに押しかけてきた。

居留守を使うのも姑息だし、家に上げるつもりもなく、玄関から出て門内の前庭で会った。彼等の抗議は激しいというよりいかにも口汚く、中の一人がちょうど玄関先の庭で三輪車を漕いで遊んでいた、今は代議士になった長男を指して、「お前が謝らなければ、そこにいる息子を殺してやるから覚悟しろ」 とまでいった。

そう聞いた途端私もかっと来て、「お前さんたちがもしそんなことをしたら、この俺に投票してくれた三百万余の日本人たちだけでなく、多分ほとんどの日本国民が貴様らを許さないだろう。いや、本気でそういうなら今ここでそうしてみろ。誰かが息子に指一本かけただけで、即座に警察を呼んでぶちこんでやる。するならしてみろ」

本気でいったら一人冷静な男がいて私にはわからぬ言葉で周りをとりなしていた。

「俺はあくまで事実をいっただけのことで、それが違うというなら、違うという事実を見せて抗議をしたらどうだ」といったら相手が話をそらせて過去の日本の植民地支配がどうのこうのというから、そんな話ならもっと公開された場所でしたらどうだ、私の発言もテレビでのことだし、その気があるならテレビでの機会を作ってやるから誰かしかるべき代表が出て来てすべき主張をしたらいい。

断わっておくがこの日本はお前たちの国とはちがって言論に関してはあくまで開かれているのだからな、といってやったら形勢不利と見てか、いずれ出直してくると言い置いて帰っていった。

石原都知事が朝鮮学校への補助金予算の削除を検討していますが、東京都が全国初の補助金見直しをしたのですから予算も削除すべきで、全国で朝鮮学校への補助金予算削除へと広げるべきです。

良識ある日本国民の皆様、朝鮮学校への補助金についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。