HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  「従軍慰安婦は戦地売春婦だと思っている」日本維新の会の平沼赳夫代表代行、朝日新聞「国連が日本政府に対し、慰安婦をおとしめるような行為をやめるよう」報道に外務省人権人道課「教育して下さいというのが趣旨」
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、日本維新の会の平沼赳夫代表代行は「従軍慰安婦は戦地売春婦だと思っている」と述べたことはご存知だと考えます。
 
維新の平沼氏「従軍慰安婦は“戦地売春婦”」

 日本維新の会の平沼赳夫代表代行は22日、東京都内で講演し、旧日本軍の従軍慰安婦問題について国の関与を否定した上で「従軍慰安婦と言われている人たちは“戦地売春婦”だと思っている」と述べた。元従軍慰安婦らが日本政府に損害賠償を請求した過去の訴訟については「昔は公娼(こうしょう)制度があり、戦地売春婦をしていた女性が訴訟を起こしてきた」との認識を示した。

 共同代表の橋下徹大阪市長が従軍慰安婦の強制連行を否定した発言をめぐっては「間違いはない。セックススレーブ(性奴隷)があったなんてことはない」と擁護。平沼氏は日本政府の調査では旧日本軍などによる強制性を示す資料は見つかっていないとして「国が関与したことはなく(当時は)従軍慰安婦という言葉はなかった」と強調した。
2013年5月23日スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/05/23/kiji/K20130523005859440.html
 

 
>日本維新の会の平沼赳夫代表代行は22日、東京都内で講演し、旧日本軍の従軍慰安婦問題について国の関与を否定した上で「従軍慰安婦と言われている人たちは“戦地売春婦”だと思っている」
 
そうだ!
 
日本政府・旧日本軍は、日本人女性と当時は日本国民だった朝鮮人・台湾人女性を強制連行し、慰安婦にした事実はありません。
 
日本政府・旧日本軍は、従軍看護婦や従軍記者のように「慰安婦」を軍属扱いにした事実もありません。
 
そもそも、大東亜戦争当時に「従軍慰安婦」という呼称すら存在しませんでした。
 
2007年3月、第1次安倍内閣は「政府が発見した資料の中には強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」という答弁書を閣議決定しています。
 
反日勢力が捏造している「従軍慰安婦」の真実とは、戦地で日本軍人相手に売春をして金儲けをした「戦地売春婦」「追軍慰安婦」です。
 
 

日本軍将兵を追いかけて川を渡る慰安婦
 
※ある調査では、慰安婦の大半は日本人(54%)で朝鮮人(32%)台湾人(14%)と報告されています。
 
>元従軍慰安婦らが日本政府に損害賠償を請求した過去の訴訟については「昔は公娼(こうしょう)制度があり、戦地売春婦をしていた女性が訴訟を起こしてきた」
 
そうだ!
 
1991年12月、日本政府に慰安婦補償を求めた初の損害賠償請求が提訴され、「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件」として裁判が開始されました。
 
朝日新聞は、当該訴状に「親に売られてキーセンになった」と記載されているものを「軍が慰安婦を女子挺身隊として強制連行した」と書き変えて報道しました。
 
韓国人元慰安婦の金学順・文玉珠らが原告として日本政府に償請を求める、アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求訴訟の弁護団は、反日弁護士の集まりでした。
 
民主党の売国議員「仙谷由人」と関係がある高木健一弁護士や、社民党の「福島瑞穂」議員も弁護団に名を連ねていました。
 
 

 
ビルマで慰安婦をしていた「文玉珠」(朝鮮人)は、「文原玉珠」名義で野戦郵便局に貯金をしていました。
 
文玉珠は、贅沢品を消費する生活をしながら、約2年半で2万6145円の軍事郵便貯金をし、貯金から5000円を朝鮮の大邱の実家に送金していました。
 

 
文玉珠は裁判で、1940年に16歳で日本人と朝鮮人の憲兵に呼び止められ、朝鮮人の刑事と一緒に列車で、朝鮮人の運営する満州の慰安所へ強制連行されたと証言しました。
 
<ヽ`∀´> ザパニーズ!
 
文玉珠は、慰安所経営者は給料を支払わなかった、慰安婦みんなで抗議したら月に数10円程度くれるようになったと証言をしました。
 
文玉珠は、チップなどと合わせ貯めて郵便預金を作ったこと、つまり2万6145円は性交の代償ではなく軍人からのチップなどであると主張しました。
 
しかし、文玉珠が強制連行されたという事実を証明することもできなければ、軍人からのチップなどで2万6145円もの大金を郵便預金はできません。
 
2004年11月、最高裁棄却により「アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件」は原告敗訴が確定しました。
 
●関連記事
 
 
>共同代表の橋下徹大阪市長が従軍慰安婦の強制連行を否定した発言をめぐっては「間違いはない。セックススレーブ(性奴隷)があったなんてことはない」
 
そうだ!
 
 
韓国人が、「日本軍が性的奴隷(sex slaves)にするために20万人を超える少女らを強制動員した」と捏造しているだけです。
 
大東亜戦争当時は日本国民であった、朝鮮人の人口は約2千万人です。
 
朝鮮人の100人に1人もの女性が、日本政府・日本軍により強制的に性奴隷にされれば、その報道や資料など証拠が残っているはずです。
 
しかし、韓国の主張する「20万人強制連行」という資料も報道もなければ、当時の朝鮮人が日本政府に抗議をしたという資料も報道もありません。
 
●関連記事
 
 
日本維新の会の橋下徹共同代表との面会を予定していた、元慰安婦の韓国人女性は「橋下市長の謝罪パフォーマンスに付き合えない」と面会を拒否しました。
 
元慰安婦、橋下氏との面会拒否「ひざまずくパフォーマンス準備」

元慰安婦の韓国人女性は24日午前、同日予定されていた日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長との面会を、支援団体を通じて中止するとの意向を伝えた。中止した理由について、「橋下市長の謝罪パフォーマンスに付き合えない」と説明した。複数の韓国メディアが報じた。

  面会には元慰安婦の金福童さん(87)と吉元玉さん(84)が出席する予定だったが、同日午前、韓国挺身隊問題対策協議会を通じて緊急報道資料を発表。「橋下市長の仕組まれた謝罪パフォーマンス、シナリオに合わすことはできない」との考えを示した。

  報道資料では、日本の記者から入手した情報だとした上で、「24日の面会で橋下市長は、謝罪パフォーマンスを企て、その上、ひざまずいて謝るという一過性のマスコミ操作を準備していることがわかった」と主張。謝罪パフォーマンスは、自分の立場を守ろうとひねりだされた脚本であると指摘し、「橋下市長にかすかな期待をして面談しようとしたが、間違いだった」と強調した。
2013/05/24サーチナ抜粋
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0524&f=national_0524_057.shtml
 
>面会には元慰安婦の金福童さん(87)と吉元玉さん(84)が出席する予定だった
 
>「24日の面会で橋下市長は、謝罪パフォーマンスを企て、その上、ひざまずいて謝るという一過性のマスコミ操作を準備していることがわかった」
 
また金福童(キム・ポットン)は面会拒否か^^
 
 

 
5月15日に元慰安婦を支援している韓国挺身隊問題対策協議会は、「橋下に謝罪を求め、知りたがっている(強制連行の)証拠を示す」と明らかにしました。
 
橋下徹が「慰安婦強制連行」の証拠を確認しないで、「謝罪パフォーマンス」を企てていたとは考えられません。
 
 




 
元慰安婦の韓国人女性の前で橋下がひざまずいて謝れば、韓国人は「暴言政治家の橋下徹が従軍慰安婦を認めて土下座をした」と大喜びしたはずです。
 
つまり、金福童(キム・ポットン)ら元慰安婦が「強制連行」されたという証拠がないから敵前逃亡をしたのです。
 
 

中山成彬衆院議員
「橋下氏に強制連行の中身を鋭く追及されるのを怖れたか?化けの皮がはがれるところだったのに残念」
 
2012年8月に橋下徹は、従軍慰安婦問題について「(証拠があるなら)韓国の皆さんに出してもらいたい」などと発言をしていました。
 
2012年9月23日に 大阪市内で橋下市長発言の反対集会が開かれ、ソウルに住む元慰安婦、金福童(キム・ポットン)が来日しました。
 
金福童は反対集会が、日本軍従軍慰安婦について「ここにいる私が証人だ」と訴えました。
 
金福童は、「14歳のとき村の班長と軍服のような服を着た男に軍服工場で働きなさい。そうしないと財産が没収されると言われた」と訴えました。
 
金福童は、当時、貧困な日本人にもあった身売り話しにより同じ朝鮮人に騙されて売られただけです。
 
2012年9月25日に橋下徹は、金福童と「お会いしたい」と発言し、要望があれば面会に応じる意向を示しました。
 
しかし、金福童は「謝罪したいというならともかく、話を聞こうというだけなら面会する必要はない」と面会拒否をしました。
 
※これまでの流れ
 
橋下市長「証拠をだして欲しい」
  ↓
金福童「面会しろ!」「私が証拠だ!」来日
  ↓  ↓
橋下市長「お会いしたい」
  ↓
金福童「謝らないなら会わない!」帰国
  ↓
橋下市長「強制した証拠はない」
  ↓
金福童「強制連行の証拠を示す!」再来日
  ↓
橋下市長「お会いしたい」
  ↓
金福童「謝罪パフォーマンスだから会わない!」←今ココ!
 
韓国人とは百年以上前から現在でも、日本人に対して使う手口が同じです。
 
明治7年4月に日朝交渉に臨んでいた日本側代表が確認した、300年以上前(江戸時代)に朝鮮人が交易における日本人懐柔法の手引書があります。
 
「朝鮮人が日本人をあつかう6ヶ条の秘訣」(公文別録・朝鮮始末391頁に記載)
 
一、 遜辭 屈己接人辞氣温恭 (腰を低くして接する)
一、 哀乞 勢窮情迫望人見憐 (憐れみを誘う態度を取る)
一、 怨言 失志慷慨激出怒膓 (狂ったように怒る)
、恐喝 将加威脅先試嚇動 (威圧し脅す)
、閃弄 乗時幸會翻用機関 (あらゆる機会に乗じて翻弄する)
一、 変幻 情態無常眩惑難測 (ころころ態度を変えて惑わす)
 
朝日新聞(5月22日付)は国連の社会権規約委員会が日本政府に対し、「慰安婦をおとしめるような行為をやめるよう改善を求めた」などと報道しました。
 
韓国メディアは「国連は慰安婦ヘイトスピーチが繰り返される状況を改善するよう日本政府に求めた」と朝日の記事を後追い報道し、日本のマスコミも報道しました。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像は日々ご訪問を頂いているブログ「メイド・イン・ジャパン!」より。
 
朝日新聞などの報道では、国連が日本政府に、ヘイトスピーチを規制するよう求めているように受け取れます。
 
外務省の人権人道課は、国連の社会権規約委員会から5月21日にヘイトスピーチについて勧告する内容の報告書が届いたことを明らかにしました。
 
しかし、規制や取り締まりをするようにといったニュアンスはなく、ヘイトスピーチを防止するために、慰安婦について一般公衆を教育するようにとの要請でした。
 
人権人道課は朝日の報道について、「防止目的はそうですので間違いとは申し上げませんが、正確に言えば、教育して下さいというのが趣旨でした」としています。
 
人権人道課は、社会権規約委員会の審査で日本政府も主張し「慰安婦問題については教科書に書いてきちんと教育していると説明した」としています。
 
また、「慰安婦は社会権規約条約に加入する前のことで、審査の対象にはならない」と述べたということです。
 
国連からヘイトスピーチ規制などの要請があったかについては、「そういった聞き方はされていません」と否定しています。
 
 
つまり、朝日の報道と、外務省見解は異なるのです。
 
平沼赳夫議員が「従軍慰安婦は戦地売春婦」と述べましたが事実であり、戦地で日本軍人相手に売春をして金儲けをした「戦地売春婦」「追軍慰安婦」です。
 
良識ある日本国民の皆様、慰安婦についてご考慮下さい。
 
従軍慰安婦の真実を世界に広めよう!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。