HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓流ドラマの低視聴率に「韓流ブームは本当に存在するのか?」の声、「僕とスターの99日」、2011年秋のドラマ視聴率ランキング最下位、2011年の年間ドラマ視聴率ランキングワースト7
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、キム・テヒ主演「僕とスターの99日」の低視聴率に「韓流ブームは本当に存在するのか?」との報道はご存知だと考えます。

韓流ドラマの低視聴率に「韓流ブームは本当に存在するのか?」の声

韓流が日本のTV界にすっかり浸透した昨今だが、「韓流ブームは本当に存在するのか?」とネット掲示板に話題になっている。 

きっかけは25日に放送された西島秀俊と韓国女優のキム・テヒがダブル主演の韓流ドラマ「僕とスターの99日」(フジテレビ)の最終回平均視聴率が、わずか10.9%であったと判明したためだ。

このドラマが放映される直前には「フィギュアスケート全日本選手権2011 女子フリー」が放送されており、こちらの19~20時の平均視聴率は17.2%、その後の浅田真央選手らが登場した20~21時55分の平均視聴率は26.7%と跳ね上がり、さらに瞬間最高視聴率は36.9%の大台に到達したと報道されている。

「僕とスターの99日」は反日家だと言われているキム・テヒの主役起用が物議を醸した過去もある。その影響もあってか視聴率は全話平均視聴率は、9.34%と最後まで低いまま幕を閉じた。一方で、2011年に放送されたフジテレビ日曜9時の連続ドラマ平均視聴率では「スクール!!」が8.99%、「花ざかりの君たちへ」が6.99%と、「僕とスターの99日」のより低いため、「フジの同時間帯のなかでは健闘している」との意見も寄せられた。しかし「史上空前の韓流ブーム」と言われている割には視聴率が低い印象は否めない。

韓流ブームは終焉してしまったのだろうか? 今後の動向に注目したい。
(livedoorニュース)抜粋
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/6151318/

>キム・テヒがダブル主演の韓流ドラマ「僕とスターの99日」(フジテレビ)の最終回平均視聴率が、わずか10.9%

>浅田真央選手らが登場した20~21時55分の平均視聴率は26.7%と跳ね上がり、さらに瞬間最高視聴率は36.9%の大台に到達した

>「前日には妖怪人間ベムがフィギュアスケートの裏で14.5%取ってるというのに」

10・9%は凄いな^^、フジテレビは、2004年~2010年まで7年連続の年間視聴率三冠王で、今年は日本テレビと三冠王争いをしていますが、浅田真央選手の高視聴率がキム・テヒで急降下、韓国の大女優は嫌われています。

\キム・テヒ/
   (⌒)    ピッ
 / ̄ ̄|        ∧_∧
 | ||.  |     ━⊂(・∀・ ) キムチ悪い!
 \__|    ========  \
  |   |   /※※※※ゞノ,_)

キム・テヒ主演の「僕とスターの99日」の視聴率は、初回は10・2%、2話から1ケタが続いていましたが、全話の視聴率は9・34%、2011年民放の「秋のドラマ視聴率ランキング」(深夜ドラマは除外)で最下位でした。

2011年秋ドラマ視聴率ランキング

*1位 24.79% 家政婦のミタ
*2位 17.33% 南極大陸
*3位 15.92% 謎解きはディナーのあとで
*4位 15.79% 私が恋愛できない理由
*5位 15.55% 妖怪人間ベム
*6位 14.69% DOCTORS~最強の名医~
*7位 11.02% HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~
*8位 10.04% 専業主婦探偵~私はシャドウ~
*9位 *9.99% ランナウェイ~愛する君のために~
10位 *9.86% 蜜の味~A Taste Of Honey~
11位 *9.34% 僕とスターの99日

>2011年に放送されたフジテレビ日曜9時の連続ドラマ平均視聴率では「スクール!!」が8.99%、「花ざかりの君たちへ」が6.99%と、「僕とスターの99日」のより低いため、「フジの同時間帯のなかでは健闘している」との意見

キム・テヒのファンか^^、フジテレビ日曜9時の「花王枠」では、子役の芦田愛菜、鈴木福が出演した「マルモのおきて」も放送されて、視聴率は15・8%、最終回は23・9%、2011年民放ドラマの最終回で3位でした。




2011年に放送された民放の「年間ドラマ視聴率ランキング」が確定しましたが、1位は「家政婦のミタ」、2位は「JIN-仁 完結編」、TOP10に秋ドラマが6作品を占めても、「僕とスターの99日」はワースト7の惨敗でした。

2011年の年間ドラマ視聴率ランキング

*1位 24.79% 家政婦のミタ
*2位 20.61% JIN-仁 完結編-
*3位 17.33% 南極大陸
*4位 15.92% 謎解きはディナーのあとで
*5位 15.83% 新・警視庁捜査一課9係
*6位 15.79% 私が恋愛できない理由
*7位 15.55% 妖怪人間ベム
*8位 15.48% マルモのおきて
*9位 15.05% BOSS
10位 14.69% DOCTORS~最強の名医~

・・・

41位 *9.86% 蜜の味~A Taste Of Honey~
42位 *9.34% 僕とスターの99日
43位 *9.22% それでも、生きていく
44位 *8.99% スクール!!
45位 *8.74% LADY~最後の犯罪プロファイル~
46位 *8.67% グッドライフ~ありがとう、パパ。さようなら~
47位 *7.33% ハガネの女2
48位 *6.99% 花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス2011~
*2クール以上のドラマ、深夜ドラマは除外。

>韓流ブームは終焉してしまったのだろうか?

始まってもいない^^、電通支配のマスコミが捏造した韓流ブームでは、韓国人が出演した番組は視聴率が下がって、日本テレビが23日に放送した「金曜ロードショー・ゴースト もういちど抱きしめたい」でも証明されています。

日本テレビは、今年のドラマで1位になった松嶋奈々子主演の「家政婦のミタ」人気に期待して、松嶋奈々子主演の映画「ゴースト もういちど抱きしめたい」を放送しましたが、視聴率は7・9%と大惨敗、相手役が韓国人(ソン・スンホン)だからです。




1月2日放送のフジテレビ、スペシャルドラマ「サザエさん3」に、「少女時代」は美しいキャディー役として出演しましたが、視聴率は「11・0%」、2009年の第1回は「20・9%」、2010年の第2回は「16・5%」、少女時代で惨敗でした。




7月18日にチャン・グンソクが出演した、フジテレビ「SMAP×SMAP」の視聴率は「13・8%」、日本テレビの「はじめてのおつかい!夏の大冒険スペシャル」の視聴率は「18・1%」、韓流スターは素人のチビッ子たちに惨敗でした。

6~7月の「SMAP×SMAP」の視聴率は、「レディー・ガガ」(18・3%)、子役の「芦田愛菜&鈴木福」(17・5%)、お笑い芸人らの「あき竹城・シルク・磯野貴理・久本雅美」(14・2%)で、チャン・グンソクは惨敗でした。




9月27日放送のフジテレビ「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングコーナーに、「東方神起」が出演しましたが、9月の平均視聴率8%前後は「5・1%」に、消費税割れしそうなほどの低視聴率でした。




10月10日放送のフジテレビ「HEY!HEY!HEY!」では人気子役の鈴木福君まで起用して、韓国アイドルが総出演した視聴率は10・3%、日本アイドルが総出演した9月26日の14・5%から4・2%もダウンしました。




韓流ドラマの低視聴率に「韓流ブームは本当に存在するのか?」の声がありますが、「僕とスターの99日」は、2011年秋のドラマ視聴率ランキングで最下位、2011年の年間ドラマ視聴率ランキングでワースト7、韓流ブームは存在しません。

良識ある日本国民の皆様、韓流ブームについてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。