HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  離党届9人新党「きずな」結成へ、平成23年を表す漢字「絆」、今後も日本人は人と人との離れがたい結びつき「絆」を大切にしよう、本年の御来訪に感謝を申し上げます。良いお年をお迎え下さい。
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、民主党離党届を提出した衆議院議員が新党の名称を「きずな」にしたのはご存知だと考えます。

離党届9人 新党「きずな」結成へ

民主党に離党届を提出した9人の衆議院議員は、年明けに発足させる新党について名称を「きずな」とし、代表に内山晃元総務政務官が就任することを決めました。
(NHKニュース)抜粋
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111231/k10014993911000.html

菅は延命・野田は韓国支援など、民主党政権は被災地・被災者を切り捨ててきたのに、新党の名称を「きずな」にするとは異常で、消費増税に反対して離党をしても、中身は民主党なので「悪党」とすべきです。




日本漢字能力検定協会は12月12日、2011年を表す漢字を「絆」と発表して、世界遺産の清水寺で、森清範(せいはん)貫主(かんす)が特大の和紙に墨で書き上げました。




内閣府大臣官房政府広報室は12月26日、国民生活に関する世論調査の結果を発表しましたが、3月の東日本大地震・震災後に、「生活の上で強く意識するようになったこと」を、選択肢の中から複数回答型式で選ぶ調査でした。

調査は10月~11月に、回答の男女比は2,866対3,346、年齢階層比は20代543人・30代865人・40代1071人・50代985人・60代1351人・70歳以上1397人で実施されました。

設問の各項目は「意識するようになったこと」ですから、一時的なものでは無くて現在も続いていることで、国民が震災後に変化した心境を意味していますが、もっとも多くの人が選択したのは「節電」、次は「防災」でした。

「家族・親戚とのつながりを大切に」・「地域とのつながりを大切に」・「友人や知人とのつながりを大切に」と回答した人も多くて、震災をきっかけに、周囲の人達との関係・大切さを再確認して、強く意識していることがわかります。




東日本大震災で、日本人は「絆」を大切だと考えていることが、この調査でも証明されているのですから、これからも、人と人との離れがたい結びつき、「絆」を大切にしていくべきです。

東日本大震災と東電福島第一原発事故で、不安や絶望の中にいる被災者・避難者、そして日本国民に、勇気と希望を与えてくれたのは、政界ではなくてスポーツ界でした。

4月30日、モスクワで開催されたフィギュアスケートの世界選手権大会で、安藤美姫選手が東京大会以来4年ぶりとなる2度目の世界女王になりました。




ショートプログラム(SP)で2位だった安藤美姫選手は、フリー130・21点、合計195・79点で、SPで首位だった韓国のキム・ヨナ選手を逆転しての優勝でした。

韓国人は、日本の有名人を「在日認定」しますが、安藤美姫選手も在日認定された一人で、安藤美姫という名前の「藤」の字を取って、韓国語読みをすれば「安美姫(アン・ミヒ)」という韓国風の名前になるとしました。

また、韓国の「キム・ヨナ」選手の母親の名前が「朴美姫(パク・ミヒ)」で、「美姫」の名前が同じだとして、韓国人は、安藤美姫選手の父親が在日韓国人2世で、日本で差別されるのを避けるために日本式の名前に変えたとしました。

安藤美姫選手は韓国紙のインタビューで、「親戚の中に韓国人はいません。わたしが韓国人だと期待していた方々には申し訳ないですが」と、在日説を否定しました。




安藤美姫選手の言葉

「(東日本大震災で被災した)日本のことを思いながら滑りました。私も父を亡くしていて、家族を失う気持ちがよく分かります。自分が苦しいときに支えてくれたのがスケートだったので、今度は私のスケートが日本の被災地のみなさんの力になれたらと思っていました」

フィギュアスケートの世界選手権大会は、東日本大震災で東京開催ができなくなり、代替開催のロシアは日本に配慮して、日本のゴールデンタイムに合わせてプログラムを組み、氷上の日の丸、日本に捧げる詩も贈りました。







「日本にささげる詩」(ロシア連盟から日本へのメッセージ)

地球がいたみでうめき声を発した 自然の強さに全世界がショックをうけ あらゆるものを水は深海に流した しかし 何があっても太陽は東から昇る 地震と津波は光には勝てない

われわれの神様が 地球の皆のいのちを保ってくれることを祈る 桜が咲く公園はたくさんあることを 白樺が咲く公園はたくさんあることを 鳥が春の歌を歌えることを 旗が勝利の祝いで挙げられることを祈る

子供たちが大人たちへと願う 友の皆さん 手をつないで われわれがこの地球において ひとつの家族になっていることを 忘れないでほしい

7月18日、サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で、日本代表「なでしこジャパン」が、初優勝・世界一になりました。







女子サーカーの女王、アメリカ戦では1勝も出来なかった日本女子代表(通算21敗3分け)でしたが、なでしこジャパンの快進撃に、日本では初優勝に期待する声が高まっていて、なでしこジャパンは期待に応えました。

なでしこジャパンの、最後の最後まで諦めない戦い、粘りに粘った戦い、これは被災者・避難生活をされている方々に支えられたものですし、なでしこジャパンの世界一は、未曾有の国難にいる日本国民に勇気を与えるものでした。




東北のみなさんへ

忘れたことはありません。
いつも自分にできることを考えています。
今回「良い結果を届ける」その一心でした。
メダルを持ってみなさんのところへ会いに行きます。
待っていて下さい。
応援ありがとうございました。
共に歩もう!東北魂!!

なでしこジャパン
岩清水梓

3月11日に東日本大震災、各地で豪雨災害も発生しました。

犠牲になられた多くの方々と、救援のために亡くなられた方々に、慎んで哀悼の意を捧げ、ご冥福をお祈りいたします。

被災された多くの方々に心よりお見舞いを申し上げ、1日も早い復興と、生活の安寧を取り戻されることをお祈りいたします。

私は一昨年に突然の体調不良となって、約4ヶ月ブログを休止、その後も月に1~2回、週に1~2回の記事更新が続きましたが、今でも体調は回復しなくても、本年はほぼ毎日記事を更新することが出来ました。

これも日々御来訪を頂いている貴方様よりのご支援やご教授により励まされているお蔭で、ここに心より感謝を申し上げます。

拙いブログで恐縮ですが、来年も宜しくお願いいたします。

貴方様には、どうぞ良いお年をお迎えください。

反日勢力の根絶を!

平成23年を表す漢字は「絆」でしたが、今後も日本人は人と人との離れがたい結びつき、「絆」を大切にしていくべきです。

良識ある日本国民の皆様、日本人の絆についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。