HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国人歌手が東京で従軍慰安婦のポスター1500枚を掲示=韓国、ポスター撤去は器物損壊罪で告発の可能性があるので警察に通報、若者へ日本軍従軍慰安婦の真実は日本軍人相手の売春婦と広めろ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、韓国人歌手らが東京で従軍慰安婦のポスターを掲示したのはご存知だと考えます。

韓国人歌手が東京で従軍慰安婦のポスター1500枚を掲示=韓国

韓国人歌手の金長勲(キム・ジャンフン)と韓国広報専門家の叙敬徳(ソ・ギョントク)城信女子大客員教授が、3日から4日の2日間、東京内の流動人口が最も多い新宿、渋谷、原宿などで、従軍慰安婦問題に関連するポスターを掲示したことが明らかとなった。韓国の複数のメディアが報じた。

韓国メディアは、キム・ジャンフンとソ教授が日本に在住する韓国人留学生たちの助けを借りて、東京の街のあちこちに1500枚の従軍慰安婦に関連するポスターを掲示したと伝えた。

「DO YOU HEAR?(聞こえるか?)」というタイトルの今回のポスターは、12月29日付けのウォールストリートジャーナル・アジア版に掲載した全面広告のデザインと同じ内容。

 ポスターを企画したソ教授は、「世界的な有力紙の広告を通じて、国際社会で問題化し、世界の世論を喚起させる。日本国内のポスターは、日本軍慰安婦の存在すら知らない若者にアピールするために作成した」とコメントしたという。

 キム・ジャンフンとソ教授は、来週には大阪と京都を中心とした関西地方でも、ポスター1500枚を掲示する予定だという。
(サーチナ)抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120105-00000028-scn-kr

>韓国人歌手の金長勲(キム・ジャンフン)と韓国広報専門家の叙敬徳(ソ・ギョントク)城信女子大客員教授が、3日から4日の2日間、東京内の流動人口が最も多い新宿、渋谷、原宿などで、従軍慰安婦問題に関連するポスターを掲示した

ふざけるな!、在韓日本大使館の前に慰安婦の碑を設置して、撤去要請にも応じないで、今度は東京の繁華街に日本軍人相手の売春婦のポスター1500枚を掲示したとは、日本国民に対する挑戦状です。

韓流ブームに騙されている日本人は、少女時代「独島は我が領土」、KARA「プライド・独島イベント」、キム・テヒ「独島愛キャンペーン」、韓国は反日芸能人ばかりだと知るべきです。

従軍慰安婦のポスターを見つけたら撤去すべきですが、公明党のポスター=創価学会員のように、建築物等の所有者または管理者の許諾を得ている場合は、器物損壊罪で告発される可能性があるので、まず警察へ通報すべきです。

これまでにも韓国人は、米紙などに竹島は韓国領の広告も掲載して、嘘も百回言えば真実になると考えるのが韓国人ですが、日本政府が河野談話などを撤回、声を大にして従軍慰安婦の真実を主張しないからです。




>日本国内のポスターは、日本軍慰安婦の存在すら知らない若者にアピールするために作成した

ポスターを日本語にしていますが、ネットで政治に関心がある若者は、従軍慰安婦とは日本軍人相手の売春婦だと真実を知っていても、誤った戦後教育を受けている若者は騙される可能性が高いので、従軍慰安婦の真実を広めるべきです。




日本政府・日本軍が、慰安婦を強制連行、慰安所を設置した事実も、従軍看護婦や従軍記者のように軍属扱いした事実もありませんし、そもそも「従軍慰安婦」という呼称すら存在しませんでした。

大東亜戦争当時、陸軍大将の俸給は年間約6600円(月給550円)、二等兵は年間約180円(月給15円)、1944年頃の九州の炭坑での朝鮮人の月収は150~180円、巡査の月給は45円、大卒事務系初任給は75円でした。

1944年頃、韓国での「慰安婦募集」広告には、「月給300円以上。3000円まで借金が可能。」と書いていて、現在の貨幣価値にすると、慰安婦の月給は133万円以上、1330万円もの借金が可能でした。




ビルマで慰安婦をしていた「文玉珠」(朝鮮人)は、「文原玉珠」名義で野戦郵便局に貯金をして、慰安婦時代の2年半の間に貯めた郵便貯金「2万6145円」を、平成4年(1992年)に日本の郵便局を訪れて返還要求しました。




文玉珠は、貯金から5000円を朝鮮の大邱の実家に送金して、わずか2年半で陸軍大将の4年分の年収、現在の貨幣価値で約6000万円もの貯金ができたのですから、日本政府・日本軍に強制された従軍慰安婦ではありません。

陸軍省が中国派遣軍にあてた、「軍慰安所従業婦等募集に関する件」(1938年3月4日付)では、誘拐に近い募集など問題のある業者がいると指摘、「軍の威信保持上、並に社会問題上、遺漏なき様」と呼びかけて、日本軍は、慰安婦募集が強制的にならないよう注意を払っていました。




日本政府・日本軍は、慰安婦募集が強制的にならないよう注意を払っていても、同じ朝鮮人に「騙される」など、犯罪により慰安婦になった朝鮮人女性も存在して、警察が取り締まりをしていた事は当時の新聞でも報道しています。




1939年8月31日「東亜日報」より~「1939年3月5日付の「毎日新報」(ソウル発行のハングル新聞)によると、逮捕された河允明は、妻と共に32年から各地の農村を歩き回り「生活難であえぐ貧しい農夫達」に良い仕事があるとだまして、約150人を満州や中国本土などに700円から1000円で売ったという。ついでに河から50余人を買った京城の遊郭業者を警察が呼び出すと、それを察知して彼女達を中国の牡丹江や山東省に転売したことも判明する・・・・」
http://www010.upp.so-net.ne.jp/japancia/gyousyachon.html

韓国の済州島で慰安婦狩りをしたと捏造した、吉田清治の著書の韓国語訳が出版された際、地元紙「済州新聞」(1989年8月14日付)の記事でも、「済州島で朝鮮人女性を慰安婦狩りした事実はない」と報道しています。




《解放44周年を迎え、日帝時代に済州島の女性を慰安婦として205名徴用していたとの記録が刊行され、大きな衝撃を与えている。(略)しかし、この本に記述されている城山浦の貝ボタン工場で15~16人を強制徴用したり、法環里などあちこちの村で行われた慰安婦狩りの話を裏づけ証言する人はほとんどいない。島民たちは「でたらめだ」と一蹴し、この著述の信ぴょう性に対して強い疑問を投げかけている。

城山里の住民のちょん・たんさん(85歳の女性)は「そんなことはなかった。250余の家しかないこの村で、15人も徴用したとすれば大事件であるが、当時そんな事実はなかった」と語った。郷土史学者の金奉玉氏は「(略)83年に原本(私の戦争犯罪…)が出た時何年かの間追跡調査した結果、事実無根の部分もあった。むしろ日本人の悪徳ぶりを示す道徳性の欠けた本で、軽薄な商魂が加味されていると思われる」と憤慨した。》

1992年7月に日本政府は、旧日本軍は慰安所の設置や管理に関与した事は認めていますが、ここで言う関与とは、開設の許可・施設の整備・利用時間や料金を定めた規定の作成・軍医による検査などを指すものです。




慰安所規定(利用時間や料金など)

>キム・ジャンフンとソ教授は、来週には大阪と京都を中心とした関西地方でも、ポスター1500枚を掲示する予定

関西で止めろ!、私が本ブログを開設した頃に御来訪を頂いた方はご存知ですが、2008年9月に渋谷区で上映予定の不敬な映画「天皇伝説」に、当時は健康だった私は抗議をして、保守・民族派で渋谷上映阻止をしても各地で上映されました。




監督の渡辺文樹は、各所にポスターを貼って、警視庁公安部は軽犯罪法違反(はり札)の疑いで現行犯逮捕をしましたが、許諾を得ていない場所に従軍慰安婦のポスターを貼っている状況なら現行犯逮捕も出来ます。

韓国人歌手らが東京で従軍慰安婦のポスターを提示しましたが、ポスター撤去は器物損壊罪で告発の可能性があるのでまず警察に通報して、若者へ従軍慰安婦の真実は日本軍人相手の売春婦と広めるべきです。

良識ある日本国民の皆様、従軍慰安婦ポスターについてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。