HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  NHK「平清盛」、初回視聴率が歴代ワースト3 「惨敗」は昨夏から決まっていた!、初回17・3%、初回が20%を下回ったのは2006年「功名が辻」以来、初回放送から「王家」と連呼・白河法皇を残虐に描く
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、NHK大河ドラマ「平清盛」の初回視聴率が大河ドラマ歴代ワースト3だったのはご存知だと考えます。

NHK「平清盛」、初回視聴率が歴代ワースト3 「惨敗」は昨夏から決まっていた!

NHK大河ドラマ「平清盛」の初回視聴率が、大河ドラマ歴代ワースト3の17.3%だったことがビデオリサーチの調べで分かった。前作の、評判が芳しくなかった「江」の初回よりも4.4%下回った。

 ネットでこの原因について検証が行われていて、「低視聴率は始めから分かっていた」という意見が多く出ている。

■「王家」連呼はNHKがやってはならないこと

 初回(2012年1月8日放送)が放送されると、ネット上には「やっぱり『王家』が連呼されている!」などと騒ぎになった。

 実は11年8月にNHKホームページに掲載されたドラマ「平清盛」の紹介が間違っている、などと騒ぎになり、NHKに抗議が殺到した。

 ドラマに登場する鳥羽天皇、上皇、後白河天皇などの「天皇家」を「王家」と表示し、「この国最強の王になった」などと解説していたからだ。皇室は王家ではないし、皇帝は王よりも位が上。日本の天皇を「王」と呼ぶ韓国などの国も存在するが、それは権威を貶めたいためであり、NHKがやってはいけないことだ、という批判だった。

 NHKはこうした批判を受け、「王家」の表示を「朝廷」に変更したが、実際のドラマではそのまま「王家」が使われていた。ネットでは、

  「日本の皇室を王家と辱めた番組なんて誰が見るんだよwww」

などと批判が続いた。

 NHKは、最近の「平清盛」の番組宣伝でも再び「王家」の表現を使っており、番組開始前から、そのことに対してネットで批判の声が再燃していた。

 とはいっても、初回放送では平清盛の誕生と子供時代の「平太」の生活が描かれただけで、主役の松山ケンイチさんの出演はほとんどなかった。2話以降に松山さんが演じる平清盛が登場し、ドラマの本格展開が行われるため、視聴率は上昇するだろう、と見ている人もいる。
(J-CASTニュース )抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000001-jct-ent

>NHK大河ドラマ「平清盛」の初回視聴率が、大河ドラマ歴代ワースト3の17.3%だった

これは酷い^^、NHK大河ドラマの初回視聴率は20%台が普通で、初回が20%を下回ったのは2006年度の「功名が辻」(19.8%)以来ですし、ワースト1の1989年度「春日局」の後の大河ドラマでの最低視聴率です。

NHK大河ドラマ初回番組平均視聴率ワースト5

1989年度 春日局14.3
1977年度 花神16.5
2012年度 平清盛17.3
1972年度 新・平家物語 17.3
1994年度 花の乱(94年4~12月)  17.9
(NHK大河ドラマ)
http://www.videor.co.jp/data/ratedata/program/03taiga.htm

>初回(2012年1月8日放送)が放送されると、ネット上には「やっぱり『王家』が連呼されている!」などと騒ぎになった

>11年8月にNHKホームページに掲載されたドラマ「平清盛」の紹介が間違っている、などと騒ぎになり、NHKに抗議が殺到

>鳥羽天皇、上皇、後白河天皇などの「天皇家」を「王家」と表示し、「この国最強の王になった」などと解説していたからだ。皇室は王家ではないし、皇帝は王よりも位が上。日本の天皇を「王」と呼ぶ韓国などの国も存在するが、それは権威を貶めたいためであり、NHKがやってはいけない

>NHKはこうした批判を受け、「王家」の表示を「朝廷」に変更した

私は本ブログで再三再四記事にしているので簡単に説明しますが、NHKは2012年の大河ドラマ「平清盛」の公式サイトに、皇室を「王家」・天皇陛下を「王」と表記していたことが問題となって、NHKに抗議が殺到しました。

NHKは昨年11月4日に、大河ドラマ「平清盛」の公式サイトの更新で、「王」・「王家」の表記を削除して、王家を「朝廷」へ、「後白河天皇」を「雅仁親王/後白河法皇」に書き換えました。







しかし、後白河天皇の、「最強の王になることを夢見て、やがて清盛の前に立はだかる」を、「白河法皇以上の統治者になることを夢見て、やがて清盛の前に立はだかる。」にしていました。







「時代劇を続けて!」京都府と京都市がキー局に要望書、TBS「水戸黄門」打ち切りは在日監督起用の結果、NHK2012年大河ドラマ「平清盛」サイトを王家から朝廷へ、最強の王を「白河法皇以上の統治者」へ

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/35801808.html

>実際のドラマではそのまま「王家」が使われていた

>「日本の皇室を王家と辱めた番組なんて誰が見るんだよwww」

私はNHKに抗議するために見た^^、大河ドラマ「平清盛」は、初回放送から「王家」を連呼して酷い内容でしたが、まだ初回をご覧になっていない方は、5分でわかる以下の動画をご覧下さい。

5分でわかる 平清盛 1(動画)http://youtu.be/jzCn0b263as

>初回放送では平清盛の誕生と子供時代の「平太」の生活が描かれただけで、主役の松山ケンイチさんの出演はほとんどなかった

NHKは初回放送で、平清盛(平太)は、白河法皇と白拍子(舞子)の間に産まれた子と設定して、白河法皇は陰陽師のお告げなどから、実子の平清盛と、その母親の白拍子を殺害しようとするシーンがありました。



この親子を○せ。

大河ドラマ「平清盛」は、歴史小説を原作にしていないので、NHKのプロデューサーと脚本家が勝手に設定したことですが、平清盛の生母は不明で祇園女御の妹という説があるだけですから、わざと白河法皇を残虐に描いていました。

また、白河法皇が実子の平清盛に対して、「犬の子」と呼ぶシーンもありましたが、韓国語で「犬の子」を意味する「ケセッキ」との言葉は、「この糞野郎」的な意味合いの最大の侮辱語で、ソフトバンクのCMでも使われています。



犬の子をつまみ出せ。

2011年CM好感度、1位「ソフトバンクモバイル」が5連覇、白戸家は犬の子(ケセッキ)の兄が黒人で妹が日本人と最大限に日本人を侮蔑、松木先生篇の武井咲「生まれ変わったら・・・韓国人になってみたい!!」

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/35973543.html

2012年度の大河ドラマ「平清盛」の制作費は、これまでの大河ドラマで最高額になっていると報道されています。




2008年度の大河ドラマ「篤姫」の制作費は、1話で5、910万円、全50回の制作費は「約30億円」でしたから、反日ドラマに、NHKが強制徴収している受信料の無駄遣いです。

NHKの大河ドラマ「平清盛」の初回視聴率は、歴代大河ドラマのワースト3で、初回放送から「王家」と連呼しているだけではなくて、白河法皇を残虐に描くシーンもありました。

良識ある日本国民の皆様、大河ドラマ「平清盛」についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。