HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  整形人気中国から韓国への医療観光ビザ、5倍に急増107万件、日本へのPRは空振り、歴史を改ざん・捏造する中共と韓国人は美容整形も同じ感覚、韓国は5年間で整形手術による被害相談件数は1万件以上で危険
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、中共から韓国への医療観光ビザが5倍に急増したのはご存知だと考えます。

整形人気 中国から韓国への医療観光ビザ、5倍に急増107万件

 医療を目的に韓国を訪れる中国人が急増している。駐中国韓国大使館によれば、2011年には中国人向けの医療観光ビザの発給数が前年の約5倍の累計107万人となった。韓国は中国から近く、医療技術が進んでいるとして、整形手術などを中心に医療観光需要が大きい。
(毎日中国経済)抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120120-00000006-xinhua-int

>2011年には中国人向けの医療観光ビザの発給数が前年の約5倍の累計107万人となった

韓国での整形人気か^^、医療観光ビザといっても主に美容整形手術が目的で、中共は米国に次ぐ美容整形大国になったと報道がありましたが、歴史を改ざん・捏造する中共・韓国人は美容整形も同じ感覚です。

>韓国は中国から近く、医療技術が進んでいるとして、整形手術などを中心に医療観光需要が大きい

近さは関係ないな^^、韓国が外国人対象の医療観光に力を入れ始めたのは2007年頃からですが、日本人の女性には不人気でも、中共の女性には人気が高まっています。

韓国では、日本は韓流スターの認知度・エステへの関心が高いなどと、美容整形手術が目玉になると考えていましたが、美容整形手術を受けた日本人の女性はほとんどいなくて、日本へのPRは空振りでした。

中共の富裕層は、美容整形を目的にしたツアーを組むなど、年々人気は伸びていていますが、韓国紙は、「韓流スターのようになりたい」など、韓国人女優に憧れる中共の女性が増加していると報道しています。



韓流ファンの中共女性

韓国の医療関係者は、「日本人は、親からもらった体を傷つけると感じ、抵抗感が強いようだ」として、手術の安全性や医療事故の補償への不安も根強いとしていますが、韓国では整形手術の失敗などが多いです。

韓国では整形手術の失敗・違法な整形手術の被害者が続出して、韓国消費者院の調査資料では、2006年~10年の5年間に、全国の消費者相談センターが受け付けた整形手術による被害相談件数は1万件以上です。

韓国は美容整形大国ですが、入院の必要がない目の二重の整形手術でも失敗が多いので危険です。

2004年に韓国の女子大生が、「二重手術に失敗し、周りの人たちが私を変な目で見ているようだ」と、二重手術の失敗を悲観する内容が書かれた遺書を残して、飛び降り自殺をしました。

韓国で1992年に放送したヒットドラマ「息子と娘」に出演して、人気女優になったクァク・ジニョンは、その後はほとんど姿を見せなくなりましたが、2007年に芸能活動を行なうことができなかった理由を明かしました。




クァク・ジニョンは、「二重まぶたの手術をしたが、目が閉じなくなって放送復帰できなかった。手術を担当した医師は自殺した」と、美容整形後遺症から「酒と睡眠薬を飲むようになり、しまいには対人恐怖症になった」と明かしました。




韓国の美容整形といえば、美容整形手術依存の後遺症で「扇風機おばさん」と呼ばれるようになった、ハン・ミオク(ハン・ヘギョン)が有名で、美貌第一の韓国社会に警鐘を鳴らして、日本テレビの番組でも取り上げました。




ナイトクラブの歌手だったハン・ミオクは、最高になるためにはより美しくと、安く美容整形手術を受けるために闇医者(無免許医)で顔にシリコンを注入して、整形を続けていないといられない美容整形依存症になりました。

美容整形依存症になったハン・ミオクは、自分で顔にシリコンを注入するようになって、シリコンを使い尽くしたら、幻聴障害に陥って大豆油を注入してしまい、注入した部分はコブとなって皮膚が垂れ下がって顔が肥大しました。




中共の外交部のサイトでは、「術後のトラブルになる事例が多発している」と、韓国での美容整形の現状を報告していますが、それでも前年比で約5倍になっているので、これから中共の女性による訴訟が増えるでしょう。



中共での韓国美容整形の説明風景

韓国で受けた美容整形手術について、中共の女性が損害賠償・慰謝料請求訴訟を起こしても、時間と費用が無駄になるだけです。

2009年に韓国で「鼻を高くしたい」と美容整形手術を受けた患者が、その後鼻全体が片側に歪んでしまったと医師を相手に起こした損害賠償請求訴訟で、手術にミスがあっても全ての責任を医師だけに委ねられない、という判決があります。

裁判官は、「美容目的の整形手術は結果が患者の期待に沿えない場合が多発しており、外科手術にはいつも危険がある。患者もこれを甘受して手術を受ける点などを考慮すれば、手術による損害を医師にだけ負担させるのは公平の原則に外れる」としました。

判決は、「再手術費の70%である400万ウォンと慰謝料200万ウォンだけを認める」で、この判決は、「韓国の整形手術は失敗が多い。これを理解した上なので失敗しても自己責任がある」ということになります。

韓国の企業では取引先の中共の企業に対して、「韓国での美容整形」を贈り物にすることが増えていると報道もありますが、韓国人はお祝いなどに美容整形をプレゼントするので、韓国人らしいやり方です。




韓国紙は「韓国のアイドル、9割はデビュー前に大工事」と報道しているように、韓国の芸能人の90%は整形手術を受けていると考えられますが、少女時代・KARAも整形=工事をしています。




少女時代の「顔工事」!




「少女時代」ジェシカの「美脚工事」の脂肪溶解の注射痕!




「KARA」ク・ハラの「顔工事」!




「KARA」ジヨンの「顔工事」!

整形人気で中国から韓国への医療観光ビザが5倍に急増しましたが、歴史を改ざん・捏造する中共と韓国人は美容整形も同じ感覚で、韓国の美容整形は失敗が多くて危険です

良識ある日本国民の皆様、韓国での美容整形についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。