HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  アシアナ航空、日本人対象の「チャングムツアー」をスタート、韓国時代劇ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」は史実ではなくて韓国の自尊史観、反日国家・強姦大国・性犯罪大国の危険な韓国へ行くな
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、アシアナ航空が日本人対象の「チャングムツアー」を始めたのはご存知だと考えます。

アシアナ航空、日本人対象の「チャングムツアー」をスタート

アシアナ航空は17日、「2012韓国訪問の年」を記念して日本人観光客が韓国料理や伝統酒などを体験し韓国の主要観光地旅行もできる「大長今(テジャングム)ツアー」(注)特化商品を発売したと明らかにした。

今月初めから日本で販売中の大長今ツアー商品は2泊3日のスケジュールで、伝統酒製造体験をはじめとして韓流ドラマ撮影地とソウル市内観光、スキンケア、ショッピングなども含まれており、韓流に関心の高い日本人客の大きな反応を呼んでいる。
(中央日報)抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120123-00000007-cnippou-kr

>アシアナ航空

韓国のアシアナ航空は、米国のビジネス旅行専門誌「グローバルトラベラー」から「2011今年の航空会社」に選ばれましたが、昨年7月28日、上海へ向かう途中で機体に火災が発生したアシアナ航空貨物機が済州沖で墜落しています。

韓国のマスコミは、墜落した貨物機のパイロットが多額の保険金を掛けていた問題を報道していましたが、これまで韓国では、旅客機のパイロットが「酒気帯び状態」で飛行機に搭乗しようとしたところを摘発されて問題になっています。

アシアナ航空は2012年1月時点で、日本の地方空港へ乗り入れる外国航空会社として乗り入れ地点数が最大のために、地方から海外へ向かう旅行者が仁川国際空港経由で利用することも多いですが、危険なのでやめるべきです。

>「大長今(テジャングム)ツアー」(注)特化商品を発売した

今度はツアーか・・・、大長今とは、韓国のドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」のことですが、アシアナ航空は、ボーイング767の機体に主人公のイ・ヨンエをデザインした「チャングム号」を運行して、日本各地に飛来していました。




NHKが2004年10月からBS2で、2005年からNHK総合で放送した「宮廷女官チャングムの誓い」は、NHKが放送した初の韓国時代劇ですし、NHKが放送した韓国ドラマ史上、最も長い期間放送したドラマです。




NHKは大河ドラマ「平清盛」で、歴史考証と主張して皇室を「王家」と連呼していますが、「宮廷女官チャングムの誓い」のNHK版では、「皇后さま」・「皇太后さま」という言葉が使われて、歴史考証では「王后」・「王太后」です。

「宮廷女官チャングムの誓い」は、李氏朝鮮王の主治医になった医女が「大長今」の称号を与えられるまでを描いたドラマですが、当時の朝鮮は、明の属藩でしたから、朝鮮王家は皇帝に関連する称号、皇后・皇太后は使えませんでした。

例えば、清の属藩だった朝鮮は、清皇帝から受けた恩に感謝して、清の使者を迎えるために作った「迎恩門」で、朝鮮王は、9回頭を地面に叩きつけて、ひれ伏して清の使者を迎えました。




韓流ファンには、「宮廷女官チャングムの誓い」を史実だと信じている人も多いですが、韓国が李氏朝鮮の歴史を捏造しているだけで、日本の自虐史観の対照には韓国の自尊史観があると、筑波大学大学院教授の古田博司氏も指摘しています。

古田氏は、「朝鮮の李朝では、女子が宮中に出仕すると王様と疑似婚姻関係に入るので一生外に出られない。チャングム女史のように出たり入ったりはできない。ドラマでは李朝時代は色彩にあふれているが、本当は顔料がないので民間に色はない」としています。




増殖する韓国の「自尊史観」 古田博司
http://www.sankei.co.jp/seiron/opi-sern/0812/1217opi-se1.html

>伝統酒製造体験

トンスルか^^、韓国伝統の酒では「トンスル」が有名ですが、伝統的なトンスルの作り方は、焼酎を適量入れた竹筒を、くみ取り式便所からロープで排泄物タンク(便壷)に入れて人糞に漬けるという、日本人には理解不能の酒です。




>韓流ドラマ撮影地とソウル市内観光

これまで何度か訪韓して、韓国ドラマのロケ地などを見て回っていた韓流スターファンの棚橋えり子さんは、一昨年12月28日にソウルに到着して、昨年1月4日に帰国する予定でしたが、韓国旅行中に行方不明になっています。




韓流ファンの棚橋えり子さん(58)を捜しているという、韓国ソウル地下鉄市庁駅のデジタル広告板

ソウルは危険で、韓国最高検査庁が発刊した「2011年犯罪分析」によると、2010年1年間の性犯罪は1日平均54.6件発生、13歳未満の児童が被害に遭った性犯罪は1日平均3.2件発生、性犯罪事件数がもっとも多い地域はソウルです。

韓国旅行は危険で、昨年9月27日放送のフジテレビ「笑っていいとも!」に出演した皆藤愛子が、韓国旅行で母親と一緒にタクシーに乗った時、行き先とは全然違う暗い所へ連れて行かれて、「ちょっと怖くて降りました」と発言しました。




韓国紙から「韓流のメッセンジャー」とされる、うつみ宮土理よりも親韓派・韓国通として韓国のテレビドラマや映画にも出演している、女優の黒田福美も、2002年に出演したテレビ朝日「徹子の部屋」で、韓国でレイプ未遂に遭った事を明かしています。




「チャングムツアー」を、捏造韓流ブームに騙されている日本人や、在日利権の違法なパチンコ中毒になっている日本人も利用しそうですが、2009年9月から「ぱちんこCR宮廷女官チャングムの誓い」が稼動していました。




韓国旅行をする日本人が増えていますが、韓流ゴリ押しマスコミは、韓国は反日国家・強姦大国・性犯罪大国だと情報隠蔽をしているからで、例えば、フジテレビの女子アナウンサーは韓国旅行を願望しています。







2010年12月13日めざにゅ~「アナ★バン!大感謝祭」~Q来年の目標は? 椿原慶子アナ「加藤アナと韓国旅行に行きたい」、加藤綾子アナ「椿原アナと韓国料理を(もちろん韓国で)食べつくしたい!!」

韓国の性犯罪率の高さは有名で、世界のレイプ発生数ランキング1位は南アメリカ、アジアのレイプ発生数ランキング1位は韓国(参考:NATIONMASTER)ですが、これは現行犯・被害届での性犯罪率と考えられます。

韓国で発生する強姦など性犯罪は、2007年の1年間で人口1万人当たり3・16件発生、米国は1万人当たり3・09件、韓国は被害者が周囲を気にして被害届を出すのは米国よりも少ないと予想されるので、実際は米国以上の発生率と考えられます。

韓国の検察庁で捜査を受けた性犯罪者は、2010年に2万1116人、性犯罪は1日約60件発生、小中高生による学生間の性犯罪事件は、2010年7月までで90件、2日に1件発生、親族による親族間性暴行犯罪は、2010年468件、1日1件以上発生しています。

アシアナ航空が日本人対象の「チャングムツアー」をスタートしましたが、「宮廷女官チャングムの誓い」は史実ではなくて韓国の自尊史観で、反日国家・強姦大国・性犯罪大国の危険な韓国へ行くのをやめるべきです。

良識ある日本国民の皆様、韓国旅行についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。