HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国が政府予算で韓流支援「国の品格を高めるきっかけに」=韓国、空前の人気のはずがチャン・グンソク主演映画「きみはペット」9位惨敗、ローソン“チャン・グンソク”パンを発売、韓流ゴリ押しの電通へ追加予算か
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、韓国が政府予算で韓流支援をするのはご存知だと考えます。

韓国が政府予算で韓流支援「国の品格を高めるきっかけに」=韓国

韓国の文化体育観光部が中長期的に韓流を支援するための支援策に乗り出した。30日に「韓流文化振興団」が正式に設立し、「伝統文化の創造的な発展戦略」も発表された。政府を挙げて伝統文化を通じて韓流ブームを多様化させ、国の品格を高めるきっかけに活用するという。韓国メディアが伝えた。

 韓流文化振興団の主要課題になる「伝統文化の創造的発展戦略」も発表された。ドラマやK-POP中心の韓流ブームが広まっているが、伝統文化に対する国内外の認知度と発展は遅滞しているとし、「これからは伝統文化の創造的発展戦略を用意しなければならない」と戦略を掲げた背景を説明した。

 韓国政府国を挙げて行う韓流の支援に政府が今年用意した予算は、335億ウォン(約22億7000万円)、2013年と2014年には2300億ウォン(約156億円)を投入する計画だ。その後も関連部署と協議しながら予算を確保していくという。
(サーチナ)抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120131-00000061-scn-kr

>政府を挙げて伝統文化を通じて韓流ブームを多様化させ、国の品格を高めるきっかけに活用する

国の品格ね^^、5月開催の「2012年麗水(ヨス)国際博覧会」では会場前の風俗街(売春街)騒動、ソウルでは、赤線地域で働く女性達(売春婦)が「生きるための権利を奪うな」と抗議デモ、韓国が国の品格とは大笑いです。

開催迫る韓国の麗水国際博覧会、会場前の風俗街めぐり騒動、韓国は2006年に「性売買(売買春)防止特別法」が施行されているのに売春が存続していることが異常、日本館サポーターにSMAPの草なぎ剛が就任

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/36122110.html

韓国からの報道は、日本人にとって笑いか怒りしかありませんが、本日は笑い^^、「危機に瀕する日本: 日韓紛争概説 文化略奪と歴史歪曲に関する一考察」の動画でもわかるように、日本をパクっている韓国に文化などはありません。

危機に瀕する日本: 日韓紛争概説 文化略奪と歴史歪曲に関する一考察(動画) http://youtu.be/sW4H2PGj6JU




>ドラマやK-POP中心の韓流ブームが広まっている

広めても人気がない^^、韓国は日本だけではなくて、欧米でも韓流を広げていますが、現地の韓国人や韓国人留学生が盛り上げているだけで、少女時代は全米進出で惨敗、ヨーロッパでも総合音楽チャートの上位にランクインしていません。

「ランクの形跡なし......」日本マスコミが伝えない少女時代全米進出の"大惨敗"
http://www.cyzo.com/2012/01/post_9590.html

昨年1月28日の東京MXの生放送番組「5時に夢中!」で、「K-POPアイドルに興味はありますか?」の視聴者生アンケートをしましたが、ある325票、ない1318票、興味がある回答は約20%、K-POP人気はありません。




昨年10月22日の朝日新聞で、「韓流ドラマ見ていますか?」などのアンケート結果を発表しましたが、回答人数は3766人、よく見ている11%、時々13%、あまり見ていない10%、見ていない66%、韓流ドラマ人気はありません。




>韓流の支援に政府が今年用意した予算は、335億ウォン(約22億7000万円)、2013年と2014年には2300億ウォン(約156億円)を投入する

また電通からフジテレビ・日本テレビ・NHKなどマスコミに流れるのか^^、韓国政府は、従軍慰安婦という名の日本軍人相手の売春婦の補償に使うべきですが、日本で韓流ブームを捏造するためには、追加予算が必要なようです。

昨年7月15日にローソン(LAWSON)は、チャン・グンソクと年間広告モデル契約をしたと発表していましたが、1月17日からチャン・グンソクの顔が大きく入った“チャン・グンソク”パンの発売を開始しました。




日本で“チャン・グンソク”パンが発売…「韓流スターを証明」
http://japanese.joins.com/article/487/147487.html

韓国人は、「やっぱり今の旬はチャン・グンソク」・「チャン・グンソクの日本での人気を実感するだろう」などと騒いでいますが、すでに、チャン・グンソク主演の映画「きみはペット」が惨敗しています。




1月21日公開、チャン・グンソク主演の映画「きみはペット」の宣伝のために、チャン・グンソクは日本テレビなどの番組に出演していましたが、空前の人気のはずが^^、23日に発表された映画観客動員ランキングで6位でした。

チャン・グンソクの「きみはペット」は、初週6位だったので2週目は上昇したかを調べましたが、30日発表の観客動員数ランキングで9位へ転落、同じ公開日だった「ALWAYS 三丁目の夕日’64」が1位ですから、やはり人気はありません。

観客動員数ランキング
http://cinema.pia.co.jp/ranking/visitor

チャン・グンソクに人気がないことは、フジテレビがチャン・グンソク出演のドラマを放送した視聴率が消費税割れの状況だったのでわかっていましたが、昨年の来日時でハッキリしました。

昨年6月27日にチャン・グンソクが来日した際、羽田空港に出迎えたファンが800人とテレビ局などの発表は捏造で、実際には、「韓流スター来日イベント参加者募集!」(謝礼金2000円・軽食付きなど)の応募者100人でした。







チャン・グンソクを羽田空港に出迎えたファンが800人もいれば、帰国時にもファンが押し寄せるはずですが、チャン・グンソクはスタッフだけでの帰国、見送るファンはいませんでした。




昨年7月18日にチャン・グンソクが出演した、フジテレビ「SMAP×SMAP」の視聴率は「13・8%」、日本テレビ「はじめてのおつかい!夏の大冒険スペシャル」の視聴率は「18・1%」、韓流スターは素人のチビッ子たちに惨敗でした。




昨年6~7月の「SMAP×SMAP」の視聴率は、「レディー・ガガ」(18・3%)、子役の「芦田愛菜&鈴木福」(17・5%)、お笑い芸人らの「あき竹城・シルク・磯野貴理・久本雅美」(14・2%)で、チャン・グンソクは惨敗でした。

韓国が政府予算で韓流支援をしますが、パクリの文化などを支援しても無駄なだけで、空前の人気のはずがチャン・グンソク主演映画「きみはペット」初週6位、2週9位と惨敗、韓流ゴリ押しの電通への追加予算が必要なようです。

良識ある日本国民の皆様、政府予算で韓流支援の韓国についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。