HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国人が靖国神社で放尿しネットで自慢「日本の政治家が妄言が続くたびに放尿する」日本政府は韓国政府に抗議し刑事事件で立件するべき、日韓併合前の糞尿を垂れ流す犬同然の生活していた韓国人は何も変わっていない
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国人が靖国神社で放尿しネットで自慢したことはご存知だと考えます。
 
韓国人が靖国神社で放尿しネットで自慢 「日本の政治家が妄言が続くたびに放尿する」



靖国神社と言えば過去に首相が戦没者の追悼のために参拝しようとするだけで、韓国や中国、ましてや一部の国内からも反感を買うことがある。そんな靖国神社に韓国人と思われる男性が放尿しネットで自慢しているのが発覚した。

男性は靖国神社の池に放尿するだけでなく、手すりにまで放尿を行い、次のような書き込みをおこなっている。

「今後も日本の政治家が妄言が続くたびに、 愛国人の放尿が続く」

日本の政治家の靖国参拝を批判しているようだ。韓国人の日本国内での品位のない行動は度々見られるが、今回はネット上だけの騒ぎには収まりそうもない。
 

 
2013.05.29 ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/349432
 
>靖国神社に韓国人と思われる男性が放尿しネットで自慢しているのが発覚した。
 
>男性は靖国神社の池に放尿するだけでなく、手すりにまで放尿を行い、次のような書き込みをおこなっている
 
韓国人の9センチ●●●をチョン切れ!
 
    韓国の元記事
 

 

▼翻訳スクリーンショット

率直に言って、靖国という記号がない場合は非常にきれいな池です。
しかし!
私はここで鬱憤を我慢できずに固く×を取り出し、ゴーヤしまいました。
普段ならただチムマン吐きに来たはずなのにとてもこらえられましたよ!
 
 

アンガーチュチュム取り出し
 
 

周りを見回した後、
 
 

ブワヨ!包みました!または食べなさい!
妄言は糞だよ~うんち!おしっこ発射!
 
韓国人が放尿した池は、靖国神社本殿の裏にある池で錦鯉もいる場所ですが、普段は人が少ない場所なので韓国人は狙ったのです。
 
 

 
韓国人にはルールやマナーを守るという考えはなく、これまで韓国人は、日本の神社にも落書きなどをしています。
 

 

 

 
>今回はネット上だけの騒ぎには収まりそうもない
 
日本政府は韓国政府に対して抗議するべきです。
 
また、靖国神社で放尿し自慢した韓国人を刑事事件で立件するべきです。
 
[軽犯罪]
1条 左の各号の一に該当する者は,これを拘留又は科料に処する。
二十六 街路又は公園その他公衆の集合する場所で,たんつばを吐き,又は大小便をし,若しくはこれをさせた者
 
[公然わいせつ]
174条 公然とわいせつな行為をした者は,6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。
 
 
靖国神社で放尿した韓国人に続く馬鹿者が現れる可能性もあり、すでに靖国神社では放火事件も起きているので、警視庁は厳重な警備体制を敷くべきです。
 
2011年12月26日午前4時10分ごろ、靖国神社の神門が放火される事件がおきました。
 
 

 
2012年1月8日、在韓日本大使館へ火炎瓶が投げ込まれる事件が起きました。
 
 

 
逮捕された中共人容疑者は、在韓日本大使館に火炎瓶を投げつけた事件の取り調べや公判で、「靖国神社に放火した」と自供をしていました。
 
日本と韓国は、「犯罪人引渡しに関する日本国と大韓民国との間の条約」(日韓犯罪人引渡条約)を締結しています。
 
日本政府は、「靖国神社に放火した疑いのある中国人容疑者を引き渡すように」と、韓国政府に日韓犯罪人引渡条約を履行するように要請しました。
 
 

 
しかし、韓国の高等裁判所は1月3日、中共人容疑者を「政治犯」と認定して、日本への引き渡しを拒否する決定を下しました。
 




 
そして靖国神社放火事件の容疑者は、韓国により事実上の反日無罪となり、反日の英雄として中共に帰国しました。
 
●関連記事
 
 
靖国神社で放尿し自慢した韓国人は「反日教育」を受けており、同じ韓国人が靖国神社に祀られているという事実を知りません。
 
大東亜戦争に軍人・軍属として出征した朝鮮人は約24万人で、そのうち2万1千人余りが戦死しており、英霊として靖国神社に祀られています。
 
 

1976年春に大統領府の庭園で並んで立つ朴槿恵(パク・クネ)と朴正熙(パク・チョンヒ)大統領
 
韓国出身の呉善花拓殖大学教授は、朴槿恵大統領の父で、日韓国交回復をした朴正熙大統領が「もっとも強烈な反日教育」を行なったとしています。
 
呉善花教授は、朴正熙が日本人を「血も涙もない人間だ」と悪魔のような存在と教育し、韓国人の反日感情が確固たるものとなり、現在に至っていると指摘しています。
 
朴槿惠大統領「親日幻想」に騙されるな―呉善花(拓殖大学教授)

父・朴正熙大統領は本当に「親日」だったのか?

朴正熙大統領は16年ものあいだ政権を握り、いわば独裁主義を採ってきたのである。じつは韓国では、この時代にもっとも強烈な反日教育が行なわれていた。

たしかに朴正熙大統領は、個人的には日本好きだったのかもしれない。先述したように日本の陸軍士官学校の出身であるし、軍事クーデターを起こして軍事政権を敷くわけだが、韓国の軍事システムに日本的なものを随所に導入している。だが国内では反日教育を徹底させ、それによって、韓国人の反日感情が確固たるものとなり、現在に至っているのである。

 李承晩大統領が採った反日政策を、朴正熙大統領は踏襲したのだ、とよくいわれるが、李承晩大統領時代の韓国国民の教育レベルはそれほど高いものではなかった。つまり「反日」は、国民のあいだでそれほど強く固まってはいなかったのである。国民の教育レベルが上がり、徹底した反日教育が敷かれ、「反日」という思想基盤がつくられていったのは、朴大統領時代からである。

 その反日教育とはどういうものか。「とにかく日本人は韓国人に対してひどいことをした」ということを学校教育で徹底的に教えただけでなく、マスメディアも一貫してそのような報道を行なった。私が韓国で学校に通っていたのもちょうど朴正熙大統領時代だったが、そこでは日本人を「ウェノム」と言った。「ウェ」とは倭国の「倭」、つまり「倭の奴」という意味である。そして日本人を「血も涙もない人間だ」と悪魔のような存在として教わったのである。いま60歳前後以下の教育を受けた韓国国民はだいたい、このような侮日の感覚をもっている。韓国で何かあるたびに日の丸を燃やしたり踏みにじったりするのは、そのためである。
20130418日月刊誌『Voice抜粋
 
それにしても靖国神社で放尿し自慢したとは、韓国人は百年前と何も変わっていません。
 
日韓併合前の朝鮮では、朝鮮人は糞尿を垂れ流す犬同然の生活をしていました。
 
1896年、朝鮮の独立新聞は「道ばたの家の窓の外に汚物とおしっこと水を捨てられないようにして、おとなと子供が道端で大小便をしないようにして」と書くほどでした。
 
 

 
 

 
 
ビショップ夫人著「30年前の朝鮮」より
 
「市民は地上に瓦または藁を並べた平屋の下に潜り込んで生活している。いや不潔な道路に蠢動していると形容した方が良いだろうか。その道路は広くても二頭の馬が並べるほどではない。狭いところで大きな荷物を担いだ人が通ると、それだけで往来を塞いでしまうほどである。道路のはしには悪臭が辺り一面臭ってくる溝があり、路面は埃まみれの半分裸の子供達と、猛悪な犬とによって占領されている。」
 
「下水道は、市内の汚水を昼夜絶え間なく城外へと排せつしている。そのため、下水道の泥は真っ黒で、遙かな昔からの汚水によって染められ悪臭を空気中に放散して旅人を悩ましている。」
 
「ソウルは汚いことと臭いことでは世界一である。」
 
 
細井肇 著「漢城の風雲と名士」(『政治史』第77巻、豚犬的生活五)より

「韓国内地を旅行すれば、路傍や街路中に累々たる黄金の花(人糞の比喩)が場所も構わずにあちらこちらに咲き乱れいて、足の踏み場もなく潔癖な人は一目その不潔さと臭気の酷さに驚くのである。・・・(中略)・・・
 
現に、この国(韓国)の中央都会である京城(ソウル)のような「韓国の帝都」と言われる都市でさえ至る所に人糞や牛馬糞を見ないことはなく、辺りに漂う恐ろしいほどの臭気は人の鼻を襲い目を顰めない人はいない。
 
さらに京城市内(ソウル市内)を流れている川には、そこに隣接する各家々から排せつされる糞尿が混じり、川の水は黄色に染まり、ドロドロとなっているなど目も当てられない光景であるが、韓国人はその水を洗濯に使っている。全く持ってとんでもない話である。毎年夏期になると京城(ソウル)では伝染病が流行し、その伝染病にかかる患者の殆どが韓国人であり、大流行時には何千人もの患者を出すことも珍しくはない・・・」
 
日本は、江戸幕府が1694年に全国に発行した「慶安御触書」で、便所を母屋近くや家の隅々に造り、屋根付きの公衆トイレを造るように指示をしました。
 
江戸時代に来日した外国人の記録にも「路傍の公衆便所に感嘆した」とあるなど、日本は世界的に最も清潔な国でした。
 
明治時代に来日した学者E・モースは、日本の住まいについて「便所といえど日本家屋では芸術的感性ある職人がこれに注意を払っている」という記録を残しています。
 

 
1910年(明治43年)8月22日(調印日:公布29日)、日本と韓国は、「日韓併合条約」(韓国併合ニ関スル条約)を締結しました。
 
日韓併合により日本は、現在の試算で約20兆円もの莫大な資金を朝鮮半島に投入し、朝鮮の近代化に尽力をしました。
 
朝鮮は、日本統治前とは比べられないほど、医療・教育・生活などの水準が高まりました。
 
しかし、1920~30年代になっても朝鮮人が糞尿を垂れ流すことは完全に改善されず、朝鮮総督府は「便所」との戦争を宣言しました。
 
1920年代、朝鮮では人口が増加し郊外地域が産業化されたので、悪臭と不衛生な糞尿問題について朝鮮に居住している外国人や日本人が問題視していました。
 
1930年代に朝鮮総督府は「朝鮮市街地計画令」の中で、「居住用建物敷地内にお手洗いを設置するように」と指示をしました。
 
 

 
しかし、朝鮮人の衛生観念不足から改善されないので、朝鮮総督府は居住用のトイレだけではなく、ソウル中心の鍾路(チョンノ)など商業地区の衛生管理を進めました。
 
1932年7月に鍾路警察署は、鍾路大路の1535戸の商店にトイレがないことを調査・確認して、1カ月以内に設置するように指示しました。
 
8月31日に警察は、トイレを設置しなかった735戸の商店を摘発し、厳罰に処するという最後通告をした結果、1カ月間に全ての商店がトイレを作り住宅街も近代化されました。
 
 

 
現在の韓国には、台所にトイレを設置している家庭もあり、日本人には理解に苦しむトイレやトイレの看板があります。
 
 

 

 

 

 

 
    告知
 
 
ヘイトスピーチ・排外主義の批判を乗り越えて目指すもの

韓国において唯一「反韓極右団体」と名指しされ、内外で大反響を呼んでいる市民団体「在日特権を許さない市民の会」をはじめ、国内最大の保守系運動となった行動する保守運動参加各団体が勢ぞろいして東京総決起集会を開催します。皆さま奮ってご参加ください。

開催日時】
平成25年6月1日(土) 12:00開場 12:30開始
【開催場所】
スクエア荏原(荏原平塚総合区民会館)1階
ひらつかホール
【最寄駅】
東急目黒線 武蔵小山駅  徒歩10分
 
韓国人が靖国神社で放尿しネットで自慢しましたが、対馬の「仏像」を盗んで返さないのが韓国人であり、日本政府は韓国人の入国審査を厳しくするべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国人についてご考慮下さい。
 
反日韓国人を入国させるな!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。