HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  米在住日本人子供“無実の韓国人女性強姦した子孫”と白眼視、日本政府は河野談話などを撤回して従軍慰安婦は事実無根だと国際社会に声を大にして訴えるべきだ、大炎上させた朝日新聞も訂正と謝罪の報道をしろ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、従軍慰安婦問題で米在住日本人の子供たちが白眼視され始めている報道はご存知だと考えます。

米在住日本人子供“無実の韓国人女性強姦した子孫”と白眼視

ソウルの日本大使館前に反日団体によって「従軍慰安婦の碑」が建立されるという暴挙に、韓国人の苛烈さを見て取った日本人も多いだろう。だが、ソウルだけではなかった。彼らは韓国内だけでなく、アメリカでも同様の碑を建てていた。日本人を貶める反日運動は、より戦略的に全世界で展開されようとしているのだ。ジャーナリストの水間政憲氏が報告する。

 米国ニュージャージー州パラセイズ・パーク市の図書館に「日本軍従軍慰安婦の碑」が建立されたのは2010年10月23日。同碑除幕式の模様は、中央日報日本語版(2010年10月25日付)が伝えている。

〈西欧国家で日本軍慰安婦追悼の碑が地方政府承認の下で建てられたのは今回が初めてだ。(中略)この日の除幕式にはロタンド市長を含め、市議会および図書館関係者と同胞ら100人が出席した〉

 その大理石の碑には、「1930年代から45年まで日本帝国主義の軍隊に踏みにじられた20万人の女性と少女を称える」とか「慰安婦とされた人々は想像することも出来ない残酷な人権侵害にあった」と解説され、最後に「私たちは人類に対するこの残虐な犯罪を決して忘れてはいけない」と、慰安婦の姿と共に刻まれている。

 この問題は、米国市民を捏造歴史認識で洗脳する道具の役割を果たすだけでなく、米国に居住している邦人の名誉を著しく傷つけることになるのである。

 そもそも「従軍慰安婦問題」は『朝日ジャーナル』に88年5月から12月まで隔週で15回に亘って掲載された「日本国は朝鮮と朝鮮人に公式陳謝せよ」との意見広告からスタートし、同誌の記事になり、それが朝日新聞の社会面へと波及していった。だが、慰安婦の「強要・強制」を示す記録は一切無いのだ。

 しかし、パラセイズ・パーク図書館の碑を見た米国人は、間違いなく慰安婦が「強制」であったと誰もが思うだろう。すでに在米邦人の子供たちが、これら捏造歴史認識で「イジメ」にあっているとの情報が入ってきている。“無実の韓国人女性をレイプした日本人の子孫”として白眼視され始めているというのだ。
(SAPIO2012年2月22日号)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120217-00000007-pseven-int

>米国ニュージャージー州パラセイズ・パーク市の図書館に「日本軍従軍慰安婦の碑」が建立されたのは2010年10月23日

>「1930年代から45年まで日本帝国主義の軍隊に踏みにじられた20万人の女性と少女を称える」とか「慰安婦とされた人々は想像することも出来ない残酷な人権侵害にあった」と解説され、最後に「私たちは人類に対するこの残虐な犯罪を決して忘れてはいけない」

2009年から韓国人有権者センター(KAVC)の主導で、パラセイズ・パーク市で「日本軍従軍慰安婦の碑」(キリム碑)建立の運動が始まりましたが、当時は、多くの住民が特定民族の「追悼碑」を建てることに反対の立場でした。

しかし、街の人口約1万7千人に対して、韓国系米国人・韓国人が36%を占めるほど、全米で最も韓国人が居住している割合が高いことから、2010年に「日本軍従軍慰安婦の碑」(キリム碑)が設置されました。

大嘘つきで有名な韓国の元慰安婦、イ・ヨンスらは訪米して、昨年12月16日(現地時間)、ニューヨークの日本国連代表部に、「日本政府が日本軍慰安婦を公式に認定して謝罪せよ」という請願書を、日本国連代表部に手渡しました。




訪米したイ・ヨンスらが、「日本軍従軍慰安婦の碑」に行くと、日本軍に性奴隷として奉仕させられた数千人のアジアの女性と捕虜収容所で囚われの身で過ごした、などと紹介されて、「慰安所」が「捕虜収容所」にすり替えられました。

>「従軍慰安婦問題」は『朝日ジャーナル』に88年5月から12月まで隔週で15回に亘って掲載された「日本国は朝鮮と朝鮮人に公式陳謝せよ」との意見広告からスタートし、同誌の記事になり、それが朝日新聞の社会面へと波及していった

反日勢力と従軍慰安婦を捏造して、火をつけて、油を流したのが朝日新聞で、慰安婦狩りをしたと捏造した吉田清治の著書、「私の戦争犯罪 -- 朝鮮人強制連行」を1991年に報道するなど、1990年代に大炎上をさせました。

朝日新聞「従軍慰安婦」記事数の変動

年  件数  特記事項

1985   3  ソ連にゴルバチョフ書記長登場。
1986   3
1987   2
1988   4
1989   6  ベルリンの壁崩壊。
1990   8
1991  110  ソ連崩壊。
1992  622
1993  350
1994  296
1995  384
1996  450
1997  375
1998  76
http://www.akashic-record.com/jgi-a.html

朝日新聞の1991年8月11日付、植村記者のソウル発の記事で、「女子挺身隊」の名で戦場に強制連行された人が出てきたと、「女子挺身隊の戦場に連行され日本軍人相手に売春行為を強いられた朝鮮人従軍慰安婦のうち一人が名乗り出た」などと報じました。

名乗り出た元慰安婦、金学順は8月14日の記者会見で、「生活が苦しくなった母親によって14歳の時に、平壌のあるキーセン検番(日本でいう置屋)に売られていった。3年間の検番生活を終え初めての就職だと思って、検番の義父に連れていかれた所が、華北の日本軍300名余りがいる部隊の前だった」と語りました。

当時は、貧困な日本人にもあった、身売り話しですし、同じ朝鮮人に売られただけで、植村記者の記事にある「女子挺身隊」は、昭和18年9月に閣議決定されたものですから、金学順が17歳だった昭和14年には存在しない制度です。

植村記者は、日本政府に訴訟を起こした「太平洋戦争犠牲者遺族会」の女性幹部の娘と結婚しているので、義母からの情報提供で、事実に反した反日記事を書きました。




1996年のインタビューで吉田清治は、「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」と、韓国での慰安婦の強制連行を捏造だと認めました。




>だが、慰安婦の「強要・強制」を示す記録は一切無い

捏造した日本軍従軍慰安婦を認めたのが、1993年(平成5年)、宮澤喜一改造内閣の官房長官として、従軍慰安婦問題に関する日本政府の調査結果を報告した、「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」です。

当時の従軍慰安婦問題調査では、日本軍が慰安婦の強制連行を行なっていたとする書類資料は一切発見されなかったのですが、平成5年8月4日、韓国における元慰安婦からの聞き取り調査だけを根拠として、「河野談話」が出されました。




>米国人は、間違いなく慰安婦が「強制」であったと誰もが思うだろう。すでに在米邦人の子供たちが、これら捏造歴史認識で「イジメ」にあっているとの情報が入ってきている。“無実の韓国人女性をレイプした日本人の子孫”として白眼視され始めている

嘘を百回言えば真実になると考えるのが韓国人ですが、韓国は国連・米議会などにも人権問題として訴えてきたのですし、国際社会では声を大にした者が正論・真実とされることが多いのですから、日本政府は事実無根と声を大にすべきです。

まず、1993年「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」、外務省のサイトにもある、2001年「元慰安婦の方々に対する小泉内閣総理大臣の手紙」、2010年「菅内閣総理大臣談話」など、数々の売国談話を撤回すべきです。

米在住の日本人の子供たちが、無実の韓国人女性強姦した子孫と白眼視されていますが、日本政府は河野談話などを撤回して従軍慰安婦は事実無根だと、国際社会に声を大にして訴えるべきで、朝日新聞も訂正と謝罪の報道をすべきです。

良識ある日本国民の皆様、従軍慰安婦についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。