HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  「平清盛」視聴率12・6%今年ワースト更新「武蔵」以来9年ぶり12%、4月1日キリンチャレンジカップサッカー2012なでしこJAPAN vsアメリカ・世界フィギュアスケート世界選手権2012女子フリー
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、大河ドラマ「平清盛」第12回の視聴率が12・6%でワースト記録を更新したのはご存知だと考えます。

「平清盛」視聴率12・6% 今年ワーストを更新

25日に放送されたNHK大河ドラマ「平清盛」(第12回)の視聴率が、関東地区で前回より0・6ポイント減の12・6%で、今年ワーストを更新したことが26日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 昨年放送の「江~姫たちの戦国~」は、13・1%(8月14日)がワーストだった。大河ドラマの視聴率が12%台まで落ち込んだのは03年「武蔵」以来、9年ぶり。
(デイリースポーツ)抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120326-00000048-dal-ent

>NHK大河ドラマ「平清盛」(第12回)の視聴率が、関東地区で前回より0・6ポイント減の12・6%で、今年ワーストを更新した

今週はワースト更新報道が、キタキタ━(゚∀゚)━━ッ!!、先週のワースト記録更新はマスコミ報道がなかったので、私が調べて本ブログの記事にしましたが、ついに12%台とは^^、しかも、放送開始からまだ第12回です。

>昨年放送の「江~姫たちの戦国~」は、13・1%(8月14日)がワーストだった

1963年度から始まった大河ドラマでワースト6タイの惨敗だった、昨年度「江~姫たちの戦国~」の視聴率13%台は、第31回(8月14日放送)の1度だけでしたが、すでに「平清盛」は3度ですし、第12回での12%台は酷すぎます。

>大河ドラマの視聴率が12%台まで落ち込んだのは03年「武蔵」以来、9年ぶり

大変だ^^、2003年度「武蔵-MUSASHI-」は、歴代大河ドラマのワースト3で、視聴率12%台は、第32回の12・9%、第47回の12・8%ですから、第12回で12・3%の「平清盛」は、もう単回視聴率ワースト2位です。

武蔵(2003年)~平清盛(2012年) 単回視聴率ワースト

11.9% 武蔵  37「巌流島への道」
12.6% 平清盛 12「宿命の再会」 ←NEW!!
12.8% 武蔵  47「涙の別離」
12.9% 武蔵  32「武蔵の決意」
13.1% 江~姫たちの戦国 31「秀吉死す」
13.1% 武蔵  34「対決! 夢想流」
13.1% 武蔵  43「武蔵村の危機」
13.2% 平清盛 11「「もののけの涙」 ←
13.3% 平清盛  6「西海の海賊王」  ←
13.4% 平清盛 9「二人のはみだし者」←

年間 武蔵16.7%、平清盛15,3%※暫定

NHKは「平清盛」の公式サイトに皇室を、王家・王と表記したことに抗議が殺到して書き換えましたが、やはり、初回視聴率は17・3%、歴代大河ドラマでワースト3、ワースト1の1989年度「春日局」以降での最低視聴率スタートでした。

「王家」・「王家の犬」を連呼して皇室を侮辱している平清盛ですが、視聴率が13%台の第6回13・3%、第9回13・4%、第11回13・2%、ついに12%台の第12回も酷い内容でしたから視聴者離れ加速です。

第6回のサブタイトルは「西海の海賊王」で、海賊の兎丸が清盛に「俺は海賊王になる!」・「王家の犬が!」といいましたが、皇室を王家と連呼しているNHKは、皇室と海賊とを同じ扱いにして侮辱しました。



兎丸「俺は海賊王になる!」「王家の犬が!」

第9回は「二人のはみだし者」で、雅仁親王(後の後白河天皇)が初登場しましたが、NHKは「平清盛」の公式サイトで後白河天皇を、「王になるはずのない男が、この国最強の王になった」と、王と侮辱していました。



雅仁親王(後の後白河天皇)

第11回は「もののけの涙」で、病死した妻の明子の枕元で泣きわめいた平清盛が、僧たちが祈祷している部屋に駆け込んでは、僧たちを殴る蹴る、刀を抜く乱暴を描いて、こうして皇室の血統を「物の怪の血」と侮辱しました。



清盛は僧たちが祈祷している部屋に駆け込んで、殴る蹴る、刀を抜く

第12回は「宿命の再会」で、韓国ドラマのようなキムチ悪いシーンがあって、源義朝が「二人の子がおるが、俺の嫡男を産め!、おなごは愛しい男の役に立てば良い」と言うと、由良姫は「ずっと義朝様を、お待ちしておりました」と抱き合いました。







前回で病死した、妻の明子の親友の時子に、平清盛が「もうそなたで良い。俺の妻になれ!」といきなり求婚すると、時子は「あんまりでございます。どこまでも光らない君!」と怒りながらも、清盛の胸に飛び込み抱き合いました。







大河ドラマの個人視聴率、年代(男・女)別でもわかるように、大河ドラマは基本的に50歳以上の視聴者が多いのですが、平清盛はこの世代の視聴率も低いですし、他の世代でも低いのは、歴史ファンも見放しているからでしょう。

個人視聴率の区分用語

KID=男女4~12歳 TEN=男女13~19歳
M1=男性20~34歳 M2=男性35~49歳 M3=男性50歳以上
F1=女性20~34歳  F2=女性35~49歳 F3=女性50歳以上

世帯 KID  TEN  *M1 *M2  *M3 *F1  *F2 *F3
--------------
29.2 *6.0 *7.6 *4.5 *8.4 28.0 *7.8 17.1 28.5 48(2008/11/30) 篤姫「無血開城」
22.3 *4.8 *2.8 *3.6 *8.6 22.2 *7.2 *9.4 24.5 08(2010/02/21) 龍馬伝「弥太郎の涙」
21.7 *2.2 *6.2 *1.6 *7.0 20.7 *5.2 *9.6 23.0 01(2011/01/09) 江 「湖国の姫」
17.8 *2.9 *3.7 *1.9 *6.8 19.7 *2.8 *5.8 15.7 02(2012/01/15) 平清盛「無頼の高平太」

「平清盛」は王家の問題だけではなくて、兵庫県知事が、「鮮やかさがなく、薄汚れた画面ではチャンネルを回す気にはならないというのが第一印象」などと批判したように、一般視聴者も画面が汚すぎて不愉快だと見ないのでしょう。




2008年度「篤姫」の制作費は、1話で5、910万円でしたが、「平清盛」の制作費は、これまでの大河ドラマで最高額の1話で6000万円以上といわれるので、これでは受信料泥棒です。

制作費が過去最高額の30億円以上になる「平清盛」の平均視聴率は、1994年度の「花の乱」(4~12月)を抜いて、歴代大河ドラマのワースト1になる可能性もあります。




次回の「平清盛」の視聴率は^^、4月1日は、TBS「キリンチャレンジカップサッカー2012 なでしこJAPAN vsアメリカ」、フジテレビ「世界フィギュアスケート世界選手権2012女子フリースケーティング」ですから楽しみです。







NHKは「平清盛」初回放送から、皇室を「王家」と連呼して、皇室の血統を「物の怪の血」と呼んでいますが、韓国人が天皇陛下を「日王」と侮辱することと同じで、皇帝のいた中共の飼い犬NHKは天皇陛下(emperor)>王(king)にしています。

平均年収1500万の受信料貴族のNHKは、スポンサー(国民)から抗議を受けるような「平清盛」を製作したのが間違いで、「平清盛」を打ち切って過去の大河ドラマの再放送をしたほうが高視聴率・低予算になります。

「平清盛」第12回の平均視聴率は12・6%でワースト記録更新ですが、「武蔵」以来9年ぶりの12%台は単回ワースト2位で、皇室を王家と侮辱しているNHKは受信料泥棒です。

良識ある日本国民の皆様、平清盛についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===


「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。