HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国の反日団体「日本の妄言と妄動に対して、国交断絶のステップを踏んでも強く対処すべき」と韓国政府へ要求、竹島不法占拠の韓国へ経済制裁を、竹島問題:日の丸や野田首相の顔写真を燃やして激しく抗議=韓国
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 

 ←最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
良識ある日本国民の皆様には、高校教科書竹島記述で韓国の反日団体が韓国政府に国交断絶すべきと要求したのはご存知だと考えます。
 
竹島問題日の丸や野田首相の顔写真を燃やして激しく抗議=韓国
 
日本の文部科学省は27日、来年の春から使用される高校教科書の検定結果を発表した。小学校と中学校に次いで、高校教科書でも竹島(韓国名:独島)を日本の領土と記述するものが増加した。

 日本での状況を受け、韓国の保守右派の市民団体が28日と29日の両日、ソウルの日本大使館前で記者会見を開催し、日の丸や野田首相の写真、日本の教科書を燃やすなどして、日本政府に対して強く抗議した。複数の韓国メディアが報じた。

 韓国メディアは、「保守右派団体、日本の『独島野望』に強い怒り」「日本は反省せよ」と題し、日本が竹島を日本の領土だと記述した高校の教科書を通過させたため、10以上の保守右派の市民団体が、ソウルの日本大使館前で激しい怒りを表出したと伝えた。

 これらの団体は「日本のこのような行動は、韓国を無視する仕打ちであり、韓国の主権に真っ向から挑発する行為でもある。日本の野蛮な行動に私たちの政府と国民は怒っていることを日本は知るべきだ」として、今回の教科書の記述に対して、強い怒りを示した。

 一方、韓国政府と政界に対しても、断固たる措置をとることを求めた。「政府と与野党はこれ以上の政争を中止し、韓国の主権に挑戦し、私たちの固有の領土を強奪しようとする日本の妄言と妄動に対して、国交断絶のステップを踏んでも強く対処すべき」と要求した。
(サーチナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000018-scn-kr
 
 
>小学校と中学校に次いで、高校教科書でも竹島(韓国名:独島)を日本の領土と記述するものが増加した
 
私は本ブログ3月28日の記事にしましたが、27日に文科省が竹島を記述した高校教科書検定結果公表の直後に、韓国外交通商部が抗議声明を出して、在韓日本大使館の倉井公使を呼んで抗議をした、韓国政府の日本への内政干渉です。
 
>韓国の保守右派の市民団体が28日と29日の両日、ソウルの日本大使館前で記者会見を開催し、日の丸や野田首相の写真、日本の教科書を燃やすなどして、日本政府に対して強く抗議した
 
韓国人は、他国の国旗を燃やすということが国際常識に欠ける愚かな行為だと理解できませんし、国旗毀損を犯罪として検挙しないのが韓国政府ですが、野田首相への批判は別にして、日本の首相の写真を燃やしたことに抗議すべきです。
 

 

 

 

 
これまで韓国の反日抗議では、日本の国旗の日の丸を燃やす、日本の国鳥のキジを殺すなど、2008年7月の新学習指導要領の解説書で竹島に触れた問題では、国賊売国奴の福田康夫首相と一緒に、天皇陛下の御真影まで燃やしています。
 

 

 

 

 
>「日本のこのような行動は、韓国を無視する仕打ちであり、韓国の主権に真っ向から挑発する行為でもある。日本の野蛮な行動に私たちの政府と国民は怒っていることを日本は知るべきだ」
 
今年は在日本韓国大使が帰国しないのか^^、2009年7月15日に、竹島について中学校の新学習指導要領の解説書記述問題では、韓国の権哲賢在日大使は韓国政府の指示で、日本政府への抗議の意志表示として一時帰国をしました。
 
韓国の権哲賢在日大使は、羽田空港で記者団に対して「簡単には戻ってこない。大変失望した。日本は本当に近くて遠い国だ」と、語気を強めて日本政府を批判しましたが、10日ほどで帰任したので、プチ家出だと笑いものになりました。
 

      権哲賢在日本韓国大使(2011年まで)
 
>「政府と与野党はこれ以上の政争を中止し、韓国の主権に挑戦し、私たちの固有の領土を強奪しようとする日本の妄言と妄動に対して、国交断絶のステップを踏んでも強く対処すべき」
 
寝言は寝ていえ!、竹島は日本固有領土で、韓国が火事場泥棒をして不法占拠をしているのが事実ですが、「国交断絶のステップを踏んでも強く対処すべき」とは、韓国政府が過ちを認めて竹島を返還するように、日本政府がすべきことです。
 
日本政府は竹島という固有領土を、韓国政府が不法占拠しているだけでも国交断絶すべきですが、日本政府が韓国政府と国交断絶をする状況になっていることは、これまでの韓国の異常な反日抗議を考えれば当然で、一部を取り上げます。
 
1909年10月26日に、初代内閣総理大臣、初代韓国統監だった伊藤博文(当時は枢密院議長)を、安重根が暗殺したことは、日本側の日韓併合慎重派の重鎮を一人失ったことで、韓国内の併合推進派に併合推進の口実を与えました。
 
韓国人は、ハルビン駅で伊藤博文を暗殺した安重根を「反日の英雄」(義士)にしていますが、テロリストを英雄にするのが韓国ですし、安重根は日韓併合に慎重派だった伊藤博文を暗殺したのですから、韓国にとっては国賊なのが真実です。
 

 
韓国人は、日韓併合を進めてしまったマヌケなテロリストの安重根を反日の英雄にしていることこそ、日韓の歴史の真実を知らないからで、テロリストを英雄にしていることも、先進国ではあり得ないことだと理解していません。
 
韓国人は、サッカー代表による日本対韓国の親善試合などでも、日本の初代内閣総理大臣の伊藤博文を暗殺した、テロリストの安重根を韓国チームの応援に使っていて、取り締まりもしないで認めている韓国政府とは国交断絶すべきです。
 

 

 
2011年10月26日に、安義士義挙第102周年記念式を行って、安重根が拳銃を持って伊藤博文を暗殺するモニュメントを公開しましたが、日本の初代総理を暗殺した日にその状況を公開して祝った、韓国とは国交断絶すべきです。
 

 
日韓併合時3・1独立運動の3月1日に、安重根精神の継承実践を確認する、第5回安重根平和マラソンを開催して、1500人余りの韓国人がマラソンに参加しましたが、テロリストを平和マラソンにする韓国とは国交断絶すべきです。
 

 

 

 
2010年7月7日、重家駐韓日本大使がソウル市内で講演中に、「私たちの広場、独島守護」という反日団体の代表に、コンクリート塊2個を投げ付けられて、外務省書記官が全治1週間の怪我を負った、日本大使襲撃事件が起きました。
 

 
反日団体の韓国人は裁判で、竹島表記を削除してくれという文書を渡すためだと言いましたが、韓国の警備側は阻止もしていませんし、日本大使を狙ってコンクリート塊を投石して、最後に「あいつ(日本大使)を殺せ」と叫んでいました。
 
 
2010年に韓国人は、米国ニュージャージー州パラセイズ・パーク市に、「日本軍従軍慰安婦の碑」」(キリム碑)を建立して、米在住の日本人の子供たちが、無実の韓国人女性を強姦した子孫と白眼視されています。
 

 
昨年12月に、韓国人がソウルの日本大使館前に慰安婦像を設置しましたが、日本政府の撤去要請に対して、韓国政府は「誠意ある措置がなければ第2、第3の像が建つ」と撤去要請を一蹴しました。
 

 
昨年8月1日に新藤義孝衆議院議員、稲田朋美衆議院議員、佐藤正久参議院議員は、竹島に近い鬱陵島を視察するために韓国を訪問しましたが、韓国政府は「公共の安全を害する」として、日本の国会議員の入国を拒否しました。
 

 
新藤議員らがソウルの金浦空港で入国拒否された時、韓国人は金浦空港に、自民党3議員の写真を貼った棺桶まで持ち込んで、「殺してやる!」と抗議しましたが、写真を貼った棺桶を持ち込んだだけでも国会議員への殺害予告です。
 

 

 
昨年3月11日の東日本大震災の翌日に、韓国の「中央日報」(写真上)と「ソウル新聞」(写真下)は、3月12日付の1面に「日本沈没」の4文字を大きく記載して、文字の背景には、津波に飲み込まれて壊滅した街の写真を掲載しました。
 

 
昨年9月27日に韓国全州で行われた、サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ2011の「セレッソ大阪」対「全北現代」の試合で、韓国のサポーターが「日本の大地震をお祝い(し)ます」という横断幕を掲げて、日本を侮辱しました。
 

 
東日本大震災から1年を迎えた、震災追悼の日の3月11日を狙って、韓国人が「日本人の皆さん、地震で死んで下さい」という動画をアップして日本と日本国民を侮辱しましたが、韓国人は「現代の安重根義士だ!」と賞賛をしました。
 

 
韓国は、1997年、2008年、2011年と、わずか14年間に3回も経済危機になって、その度に日本が支援をしても感謝もしないで恩を仇で返すだけで、韓国人が国交断絶を韓国政府に要求したのですから日本政府も断行すべきです
 
韓国の反日団体が国交断絶を韓国政府に要求しましたが、日本政府は韓国へ経済制裁をすべきで、部材などの輸出禁止・韓国芸能人など就労者の入国不許可、韓国への渡航禁止で締め上げるべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。