HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  日本テレビPAC3輸送取材を下請け制作会社委託でタクシーにトラックが追突して運転手死亡、2010年記者ら2人遭難死、韓流捏造「なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付」「ぐるナイ韓国ゴチ!」
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


 
 

←最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、PAC3を取材中のタクシーにトラックが追突してタクシー運転手が死亡したのはご存知だと考えます。

PAC3取材中、2人死傷=名神高速で追突事故―大津

31日午前0時ごろ、大津市の名神高速道路で、停車していたタクシーに大型トラックが追突した。タクシーには、沖縄県に配備する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を取材していた日本テレビの下請け制作会社社員とタクシー運転手2人の計3人が乗っており、タクシー運転手谷田幸生さん(41)=東京都墨田区向島=が死亡、男性社員(28)が軽傷を負った。

 滋賀県警高速隊によると、谷田さんは運転手の交代要員として、後部座席に乗っていた。

 現場は片側2車線で、走行車線を走っていたタクシーが、大津インターチェンジから本線に合流する加速車線で停車したところに、走行車線を走っていたトラックが追突したという。
(時事通信)
 
>タクシーには、沖縄県に配備する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を取材していた日本テレビの下請け制作会社社員とタクシー運転手2人の計3人が乗っており、タクシー運転手谷田幸生さん(41)=東京都墨田区向島=が死亡
 
>谷田さんは運転手の交代要員として、後部座席に乗っていた
 
まだ41歳とは・・・、京都新聞は、 大津市 の名神高速道路で大型トラックに追突されたタクシーは、東京都の山陽自動車交通のタクシー(黒塗ハイヤー)と報道していましたが、亡くなった谷田幸生さんの御冥福をお祈りいたします。
 
取材をしていたのは、日本テレビが報道番組の取材を委託している番組制作会社のディレクター(28歳)で、同社がチャーターしたタクシーでPAC3を三重県から広島県へ輸送している自衛隊のトレーラーを追跡取材していました。
 
>現場は片側2車線で、走行車線を走っていたタクシーが、大津インターチェンジから本線に合流する加速車線で停車したところに、走行車線を走っていたトラックが追突したという
 
大津サービスエリアに入った自衛隊のトレーラーが出てくるのを待つために、タクシーは停車していましたが、滋賀県警高速道路交通警察隊は、停車は通常認められていない車線としていますし、タクシー運転手ならわかっていたはずです。
 

 

つまり、日本テレビは自衛隊のPAC3輸送取材を下請け制作会社に委託して、ディレクターは三重県から広島県へ輸送するトレーラーの追跡取材のためだけに、東京からタクシーに乗車して運転手2人に交代で運転させたことになります。
 
山陽自動車交通にすれば上客ですし、タクシー運転手は会社のお得意様には逆らえないのですから、ディレクターから待てと指示されればどこでも停車するので、日本テレビの取材のために谷田さんは事故に巻き込まれたことになります。
 

 
マスコミは取材のためには道交法違反もしていて、例えば、フジテレビが昨年8月19日に放送した報道番組「スーパーニュース」は、フジテレビの記者が水戸インターチェンジで増え続ける高速道路悪用トラックの追跡取材をしました。
 
トラックの追跡取材をしていたフジテレビ社員は、目の前は赤信号と分かっていたのに、「いっちゃお、いっしゃお」と取材車の運転手に言って左折したことを「スーパーニュース」で放送したので、信号無視の道交法違反が発覚しました。
 

 
法的に日本テレビのPAC3輸送追跡取材の事故は、タクシーに追突したトラック運転手が起こした事故になりますが、日本テレビも責任はあると考えるべきですし、日本テレビは無謀な取材で社員が事故死しています。
 
2010年に、埼玉県警の取材自粛要請に応じないで、日本テレビの記者ら2人が墜落ヘリの取材中に遭難死しましたが、遭難時にTシャツにジャージー姿だったことを、日本テレビは「不適切な服装とは考えていない」などとしました。
 
日本テレビの記者ら2人のガイドは、8月1日の会見で、「前日(7月30日)夜に記者の装備をチェックして、不十分だと思った。2人と出会って服装などを見た時から、(墜落)現場まで行くのは無理だと思った」などと振り返りました。
 

 
さて、日本テレビも韓流ゴリ押しですが、フジテレビと違うのはドラマで、地上波に韓流ドラマのレギュラー放送枠がない日本テレビは、「海外ドラマに1枠与えるくらいなら、自局の制作者がドラマを作る機会を増やしたい」としています。
 
昨年9月26日に日本テレビの小杉取締役は、韓流ドラマについて「現時点では地上波で放送するソフトはないと判断しています。私どもが製作しているドラマの方が、パワーがあると考えています」と発言したことが、証明されました。
 
昨年秋ドラマの松島奈々子主演「家政婦のミタ」は、平日のゴールデン放送でしたが、最終回視聴率は40・0%、21世紀初の40%ドラマになって、現在の調査方法になった1977年以降の民放ドラマで歴代5位タイになりました。
 

 
日本テレビは2011年の年間視聴率三冠王になって、フジテレビから8年ぶりに奪還しましたが、2010年のフジと2011年の日テレの年間視聴率を比較してわかるように、日テレが上昇したのではなくて、フジが下降したからです。
 
「2010年 年間視聴率」
1位、フジテレビ
ゴールデン(19-22) 13.0%
プライム(19-23)  12.9%
全日(6-24)     8.3%

「2011年 年間視聴率」
1位、日本テレビ
ゴールデン(19-22) 12.6%
プライム(19-23)  12.6%
全日(6-24)      8.0
 
しかし、日本テレビは情報番組などで韓流ごり押しをしていて、今年に入って特に酷い番組は、1月24日放送の「なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付」と、3月22日放送の「ぐるナイ韓国ゴチ!」の韓流捏造です。
 
1月24日放送の「なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付」での、「韓流好きが多い国ランキング」では、日本は45か国中15位になって、なんと、日本人の50.0%を韓流好きにしていましたが、酷すぎる捏造です。
 

 

 
「韓流好きが多い国ランキング」で、1位になったフィリピンではなんと99.1%も韓流好きになっていますし、16位のフランスでは、「フランス(そんな世界的な・・・)韓流ブームを象徴するある事件が起きた!」と放送しました。
 

 
フランスで、「少女時代などのライブチケットを求めルーヴル美術館の前でデモが起きた!」として、「(予想をはるかに超えるファン達の熱気に)主催者側が追加公演を決め話題となった!」と放送しましたが、これも酷すぎる捏造です。
 

 

 
フランスでのデモは、韓国人スタッフらが集めた現地の人たちにデモの動きを指示するなど、韓国側の「やらせデモ」だったことがYouTubeにアップされた動画から判明していますし、すでに昨年、日本のネットで話題になっていました。
 
韓国がフランスで韓流を捏造 でもばれる(動画)
 
 
「たった80人で"欧州でも大人気"?」K-POPのブーム捏造に韓国本土からも批判噴出中
 
「実は、このデモも韓国側のヤラセ説が根強いんです。デモの様子が動画サイトのYouTubeにアップされているのですが、これを見ると韓国人スタッフらが集まった現地の少数のファンたちにデモの動きを指示していることが分かります。実際、パリやロンドンの大手CDショップに行ってもK-POPアーティストのCDなんて置いていないし、人気があるといっても一部マニアの間だけですよ。そう考えると、KOTRAのアンケート調査とやらも胡散臭いですけどね(笑)」(韓国のエンタメ事情に詳しい音楽ライター)
 
「実は、こうしたゴリ押しには当の韓国人からも批判があるんです。韓国の芸能産業研究所所長のチャン・ギュスという人が、『K-POPが欧州を席巻しているという話はひどい誇張。実際にお金を支払って音楽を購入・消費するのではなく、欧州在住の一部のアジア系の人たちが派手なダンスと容貌が強調された消耗性の流行であるK-POPYouTubeなどを通じて無料で楽しんでいるだけ』と指摘しています」(前出・音楽ライター)
  
 自国人にも見破られているK-POPブームゴリ押しの実態。未だにダマされ続けている日本の韓流ファンは、よっぽどおめでたいということなのか。
(日刊サイゾー)抜粋
 
3月22日に放送した「ぐるナイ韓国ゴチ!No,1俳優&美女の弾丸スペシャル!!」の出演者たちが、韓国で評判の超高級韓国料理店「シファダム」で食事をしましたが、出てきた料理の内容が「酷かった」と話題になりました。
 
料理の値段が出演者の予想よりも正解のほうが高いことや、盆栽のような器、土の上の葉に置いてある朝鮮人参、土の上に置いてあるドリンク剤容器?、器が植木鉢、何にでも花を入れて野菜や果物の飾り切りがないなど、酷い料理でした。
 
 

 
 

 

 

 
「キムチとパスタが会った時」の値段の正解は4000円でしたが、「シファダム」のHPメニューでは2万ウォン(1ウォン=0.07円)なので、約1400円の料理を「ぐるナイ韓国ゴチ!」は4000円にして、高級料理と捏造しました。
 

 

シファダムHP「キムチがパスタに出会った時」(キムチクリームソースパスタ)20.000ウォ
 
3月21日にゼータ・ブリッジは、2月度における民放キー局の「テレビCMオンラインランキング」(放送回数順位)を発表しましたが、CMの放送回数が最も多かった企業・団体で、フジテレビのメインスポンサー「花王」は4位でした。
 

 
昨年7~12月まで1位だった花王は、昨年も年明けに数を減らして、春以降は急増傾向ですから順位は上がるでしょうが、2月のCM出稿を民放キー局ごとに分けると、やはり日本テレビ・フジテレビへのCM出稿が突出していました。
 

 
日本テレビは2011年年間視聴率三冠王になりましたが、三冠王になるとスポットCMの収入が300億円も得られると言われていますし、公共の電波を使って宣伝をした「副業」でも儲けています。
 
民放キー局の2012年3月期決算(通期)予想は、震災の影響など微塵も感じさせない好業績で、日本テレビは3005億円の売り上げを見込み、経常利益は340億円と、歴代2位の数字になっています。
 
収益を支えている「副業」ですが、日本テレビの場合は、ドラマ「家政婦のミタ」の番組内で、主人公が使用したバッグなど、劇中アイテムを自社ホームページ特設コーナーで販売する、ドラマ連動型通販ビジネスです。
 

 
国民共有の財産である公共の電波を安値で使用して、CM広告収入だけではなく副業でも儲けるテレビ局は、取材は下請け制作会社に委託しているのですから、マスゴミと呼ばれるのです。
 
日本テレビがPAC3輸送取材を下請け制作会社に委託して、タクシーにトラックが追突して運転手が死亡しましたが、2010年にも記者ら2人が遭難死していますし、「なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付」「ぐるナイ韓国ゴチ!」は韓流捏造番組です。
 
良識ある日本国民の皆様、日本テレビについてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。