HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  杉本彩「韓国はイケメンが多いって?どこが?幻想でしょ」-女性から賛同の声、フジテレビ「世界フィギュア2012女子SP大転倒とも言える低視聴率の原因がよくわかりません」・日本テレビ11年度平均視聴率3冠
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、杉本彩がラジオ番組で韓国はイケメンが多いという説を幻想と切り捨てたのはご存知だと考えます。

杉本彩「韓国はイケメンが多いって? どこが? 幻想でしょ」 -女性から賛同の声

 昨今の韓流ブームに物申す
 
美しいプロポーションと潔いオンナっぷりで、同性から絶大な支持を得ている杉本彩。そんな彼女が昨今の韓流ブームに物申した。
 
 杉本が韓流ブームについての発言を行なったのは、ラジオ番組『わけあり女子会.com』でのこと。リスナーから共演のKABA.ちゃんに宛てた「韓国のイケメン情報を教えてください」という質問に対し、彼女はこう言い放ったのだ。
「てかさぁ・・・そんなにいないでしょ。この間、テレビでそういうのやってたのよ。韓国のココに行ったら素敵なイケメン男子がいてとか、そういのやってたんだけど、どこがですか!?えェェェ!?みたいな」
 
 さらに、共演者に「彩さんが韓流のイメージってないんですけど」と話を振られると、「う~ん、見ないね。映画は何本か観たことあるけど、ドラマはない」とキッパリ。続けて「韓流アイドルはどうか」と水を向けられると、「興味ないかなぁ。チンプンカンプン。違いがわからない」と述べたうえで、
「てか、もともと韓国にさ、美男子が多いって認識ないからね。幻想じゃない」
 
と、どこからか湧いた「韓国はイケメンが多い」という説を“幻想”と切り捨てた。
 
 女性側からの賛同多く
 これまで韓流ブームを表立って批判したのは、高岡蒼佑を筆頭に、ほとんどが男性。それだけに杉本の今回の発言は大きな注目を集め、ネットでは様々な意見があがっている。以下は、その一部。
・これは悪口でもなんでもなく、彩さんの本音だよね。多くの人が韓国のイケメンってフレーズに違和感感じてるよ
・これが普通の日本人女性の感想だと思う
・まっさらな状態で観た時にキモイと理屈抜きに感じるモノは、押し売りされると拒絶反応が増していく
・芸能人やら女子アナがカッコいいカッコいい言うから、よく見ないでカッコいいと思っちゃうんだよね。今は薄顔で細い目の顔の男がカッコいい流れなんだ、と価値観を刷り込まれている
・韓流にはまってるママ友なんて見たことない
・うちの夫に「韓流スターみたいって言われたら嬉しい?」って聞いたら「言われる世代による。若い世代に言われたらビミョー」って言ってた
・「韓流スターみたい」っていうのは、遠まわしな嫌味だと思ってる
“韓国=イケメン”という図式に疑問を感じている女性も多いようで、杉本の発言に賛同する意見が目立った。また一方で、「潰されないで欲しい」など、彼女の今後を心配する声もあった。
(サーチナ)
 
>リスナーから共演のKABA.ちゃんに宛てた「韓国のイケメン情報を教えてください」という質問に対し、彼女はこう言い放ったのだ
 
>「てかさぁ・・・そんなにいないでしょ。この間、テレビでそういうのやってたのよ。韓国のココに行ったら素敵なイケメン男子がいてとか、そういのやってたんだけど、どこがですか!?えェェェ!?みたいな」
 
杉本彩にあっぱれ~^^、民放各局は情報番組で、大久保では日本人女性がイケメンの韓国人男性に憧れているなどと放送していますが、紹介する店員はイケメンではありませんし、なぜ韓国は整形大国なの?、を考えれば結論は出ています。
 


 


 

 
杉本彩はラジオで「韓国のココに行ったら素敵なイケメン男がいて」などと発言したので、杉本彩は、フジテレビが昨年12月18日の「Mr.サンデー」で放送した、「急増!韓国女子会旅行 イケメン探し&ウォン安女子」を見たのでしょう。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
>「韓流アイドルはどうか」と水を向けられると、「興味ないかなぁ。チンプンカンプン。違いがわからない」と述べたうえで
 
>「てか、もともと韓国にさ、美男子が多いって認識ないからね。幻想じゃない」
 
>どこからか湧いた「韓国はイケメンが多い」という説を“幻想”と切り捨てた
 
杉本彩にあっぱれ~^^、電通支配のマスコミが韓国からの出稼ぎ芸能人など、韓国人男性はイケメンだとゴリ押ししていますが、例えば、チャン・グンソクに人気がないこと考えても、現実ではなくて“幻想”だと証明されています。
 
昨年7月18日にチャン・グンソクが出演した、フジテレビ「SMAP×SMAP」の視聴率は「13・8%」、日本テレビ「はじめてのおつかい!夏の大冒険スペシャル」の視聴率は「18・1%」、韓流スターは素人のチビッ子たちに惨敗でした。
 

 
昨年6~7月の「SMAP×SMAP」の視聴率は、「レディー・ガガ」(18・3%)、子役の「芦田愛菜&鈴木福」(17・5%)、お笑い芸人らの「あき竹城・シルク・磯野貴理・久本雅美」(14・2%)で、チャン・グンソクは惨敗でした。
 
昨年8月18日、「東京MX」の生放送番組「5時に夢中!」で、「チャン・グンソクは好きですか?」の視聴者生アンケートをしましたが、好き357票、嫌い481票、興味がない2234票と、好きの回答は11,6%しかなくて、チャン・グンソク人気はありません。
 

 
1月21日公開、チャン・グンソクの主演映画「きみはペット」の映画観客動員ランキングは、初週6位・2週目9位へ転落、3週目はついにベスト10ランキング外で、公開日が同じだった「ALWAYS 三丁目の夕日’64」が1位ですからチャン・グンソク人気はありません。
 
>“韓国=イケメン”という図式に疑問を感じている女性も多いようで、杉本の発言に賛同する意見が目立った。また一方で、「潰されないで欲しい」など、彼女の今後を心配する声もあった
 
これが普通の日本人女性の考えですし、杉本彩は事実を述べただけですが、昨年7月23日に高岡蒼佑(蒼甫を改名)は、ツイッターでフジテレビ批判をしたことで、所属事務所から事実上解雇されて妻の宮崎あおいと離婚になりました。
 

 
さて、電通支配で韓流ゴリ押しのフジテレビの社員が、世界フィギュア2012女子SPの視聴率が出てショックを受けたと、大転倒とも言える低視聴率になった原因がよくわかりませんと、頭の悪いことをブログ記事にしています。
 
大塚キャスターの声に涙

ところで、昨夜の「世界フィギュア2012女子ショートプログラム」の放送は21:30からだったのですが、その視聴率が出てショックを受けました。

昨夜の「アスレチックス対マリナーズ戦」よりも少し良い12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区の世帯視聴率)だったのです。

昨年の「女子SP」は27.8%だったし、一昨年も19.9%だったので、大転倒とも言える低視聴率です。

例年より少し放送開始時間が遅いからでしょうか? いつもと違って普通の平日だからでしょうか? 原因はよくわかりませんが、今後の数字がちょっと不安です。
(清水Pは見た!)抜粋
 
 
私は本ブログの本日の記事で、NHK大河ドラマ「平清盛」の視聴率がワースト記録を更新したことを書き記しましたが、NHKの職員もフジテレビの社員も、番組が低視聴率になっている原因がわかっていないのですから呆れ果てます。
 
これまでフジテレビは浅田真央を侮辱して、君が代・表彰式などをカットして放送しているから視聴者離れになっていて、昨年4月30日にモスクワで開催されたフィギュアスケート世界選手権大会で、安藤美姫が世界女王になりました。
 
このフィギュアスケート世界選手権大会は、東日本大震災で東京開催ができなくなったので、代替開催になったロシアは日本に配慮して、日本のゴールデンタイムに合わせてプログラムを組み、氷上の日の丸、日本に捧げる詩も贈りました。
 

 
 

 
しかし、独占中継をしていたフジテレビは地上波で、これらロシアが震災の日本、日本人を励ますために行った、応援の演出を全てカットして、替わりに、「足りないのはキムヨナという要素特集」を放送しました。
 

 
2008年3月にフジテレビは、フィギュアスケートの世界女王になった浅田真央が生出演した番組でのインタビューに、浅田真央が転倒したシーンの特大パネルを作成して、浅田真央の目の前に設置してインタビューを行いました。
 
しかも、フジテレビが作成した浅田真央の転倒シーンの特大パネルは、足を短く加工したものでした。
 

 
フジテレビは、2009年4月14日~6月23日まで放送したドラマ「アタシんちの男子」の中で、「吉田真央」の名札を付けた藁人形が写された直後、「吉」の字を隠して「田真央」をアップに、「吉田真央」の藁人形に五寸釘が打ち込まれるシーンがありました。
 
そして、藁人形に付けた名札は「真央」とアップで映って、握りつぶされていく酷いシーンを放送しました。
 

 
2010年の世界選手権SPの浅田真央の演技を、BSで荒川静香が「この高さも充分で、素晴らしいトリプルアクセルに加えてジャンプだけではなくて全ての面が今日は完璧に、パーフェクトだったんじゃないかと思います」と解説した部分を、地上波で消して放送しました。
 
こんなフジテレビが自滅しただけですが、日本テレビは2011年の年間視聴率三冠王になって、フジテレビから8年ぶりに奪還したことに続いて、9年ぶりに2011年度の視聴率三冠王にもなりました。

<日本テレビ>11年度平均視聴率で3冠 「ミタ」などで

日本テレビは2日、11年度の平均視聴率で02年度以来9年ぶりの3冠を達成したと発表した。平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は、全日(午前6時~翌日午前0時)が8%、ゴールデンタイム(午後7~10時)とプライムタイム(同7~11時)はともに12.7%で、在京テレビ局のトップだった。好調だったドラマ「家政婦のミタ」などが数字を押し上げたという。

 10年度まで7年連続3冠王だったフジテレビは、全日で同率首位となった。

 日本テレビは11年の年間視聴率でも8年ぶりの3冠王となっている。
 
杉本彩がラジオ番組で、韓国はイケメン説を幻想と切り捨てたことに女性から賛同の声がありますが、これが普通の日本人女性の考えですし、フジ社員は「世界フィギュア女子の大転倒とも言える低視聴率の原因がわかりません」と寝言を言っています。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国イケメン幻想についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキングhttp://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。