HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国警察庁長官が女性拉致強姦・バラバラ殺人事件で引責辞任表明、警察「夫婦げんかのようだ」、目撃者「よくある夫婦げんかに見えた」、GW人気渡航先ランキング1位ソウル、日本人は危険な韓国へ行くのをやめろ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国警察庁長官が女性拉致強姦・バラバラ殺人事件で引責辞任を表明したのはご存知だと考えます。
 
韓国警察庁長官、引責辞任=女性拉致・殺害でずさん捜査
 
【ソウル時事】韓国の20代女性が男に拉致、暴行された上に殺害、バラバラにされた事件をめぐり、警察のずさんな捜査が国民に大きな衝撃を与えている。被害者が警察に緊急通報したにもかかわらず、お粗末な対応のために救出できなかったことに加え、不祥事の隠蔽(いんぺい)を図ったことに非難が集中。趙顯五警察庁長官は9日、責任を取って辞任を表明した。

 事件発生は1日夜。ソウル近郊の水原市で、帰宅途中の女性が40代の中国人の男に拉致され、男の自宅で暴行を受け、2日早朝に殺害された。同日昼前に踏み込んだ警察が、女性の遺体を解体していた男を逮捕した。

 韓国メディアによると、被害者は1日夜、男がトイレに行ったすきに、112番(日本の110番に相当)に通報。「性的暴行を受けている」と訴え、拉致された場所の情報を伝えたが、現場の警察官に正しく指示が届かず、公園や学校運動場など見当違いの場所を捜索。「夜間の聞き込みは住民の迷惑になる」として十分な捜査を行わなかったとも指摘されている。

 通報電話は7分半以上にわたり、男に殴られる女性の悲鳴などが続いたが、「112申告センター」では「夫婦げんかのようだ」と深刻さを理解しない声も上がったという。
 さらに、警察が「通報はわずか15秒」「通報内容に場所の情報がなかった」などと虚偽の発表を行ったことも、世論の怒りの火に油を注いだ。
時事通信
 
20代女性が男に拉致、暴行された上に殺害、バラバラにされた事件をめぐり、警察のずさんな捜査が国民に大きな衝撃を与えている
 
>趙顯五警察庁長官は9日、責任を取って辞任を表明
 
日本のテレビは朝から晩まで、韓国芸能人・韓国料理など韓流ゴリ押しですが、多くの日本人が観光旅行などで韓国を訪れているのに、「女性拉致強姦・バラバラ殺人事件」をほとんど取り上げません。
 
日本でもバラバラ殺人事件が起きたことはありますし、警察の不祥事もありますが、警察庁長官が引責辞任をする事件が起きれば、来日する韓国人も多いので、韓国メディアはトップニュースで報道するはずです。
 
>事件発生は1日夜。ソウル近郊の水原市で、帰宅途中の女性が40代の中国人の男に拉致され、男の自宅で暴行を受け、2日早朝に殺害された。同日昼前に踏み込んだ警察が、女性の遺体を解体していた男を逮捕した
 
帰宅途中の女性を拉致・強姦、殺害後に遺体をバラバラにした容疑者は、2007年に韓国に入国した中共の「朝鮮族」です。
 
容疑者は警察の取り調べで、女性を拉致した状況を、「酒に酔って女性と肩がぶつかり、言いがかりをつけた」と供述しています。
 
>被害者は1日夜、男がトイレに行ったすきに、112番(日本の110番に相当)に通報。「性的暴行を受けている」と訴え、拉致された場所の情報を伝えた
 
帰宅途中に拉致された女性は、「性的暴行を受けている」と悲鳴で112番通報センター(日本の110番)に通報をして、1分20秒の間に拉致された現場の説明をしました。
 
112通報センターで女性の通報を受けた警察官は、「性的暴行の被害に遭っているんですね?」・「犯人は知っている人間ですか?」などと、他人事のように尋ねる対応をしました。
 
容疑者の暴行によって女性の通報が不可能になった後も、電話からは6分20秒にわたって女性の悲鳴が続いて、112通報センターに勤務していた約20人の担当者は、女性が性的暴行を受けている壮絶な状況を把握していました。
 
ところが、112通報センターの警察官たちは、「場所がはっきりしない」・「男の声が聞こえるが、夫婦げんかみたいだ」などと言い放って、性的暴行の被害を訴えていた女性の、通報の内容をも否定する態度を取りました。
 
被害者の遺族は韓国メディアに、「112に通報したときの録音記録を聞くと、警察はまるで他人事のように対応していた。もし自分の実の妹から通報を受けたとしたら、警察は同じような態度を取っていただろうか」と語っています。
 
>現場の警察官に正しく指示が届かず、公園や学校運動場など見当違いの場所を捜索。「夜間の聞き込みは住民の迷惑になる」として十分な捜査を行わなかった
 
初動段階で出動した警察官は5~6人だけで、捜査員35人が投入されたのは通報から4時間後でした。
 
場所を特定していたのに13時間も犯人を逮捕できなかった結果、女性は殺害されて遺体がバラバラに切断された状態で発見されました。
 
112番通報センターの担当者は、女性の通報から5分後に通報に使用した携帯電話の基地局を確認して、推定した犯行現場の範囲を現場の捜査官に指示をしても、捜査班長は無視したと説明しています。
 
韓国メディアの取材で、1日の夜に女性を拉致した容疑者が警察の取り調べに対して、「被害者を連れ去った後、6時間にわたって監禁し、2日午前5時ごろに殺害した」と供述したことが分かっています。
 
112番通報センターが推定した犯行現場の範囲は、実際の犯行現場を含めて65戸ほどの人家なので、警察が動員した34人の捜査員がそれぞれ2世帯を捜索しただけでも、女性を救出できたことになります。
 
韓国メディアの取材に、犯行現場周辺の住民は、「警察は事件当夜にはほとんど聞き込みを行わず、聞き込みを始めたのは朝になってからだった」と話して、女性の遺族も警察が捜査を怠ったことを批判しています。
 
女性の弟は警察に対して、「建物の中にいるのなら、住民たちを全員起こしてでも、1軒1軒訪ねて捜し回るべきではないか!」と言うと、警察官は「夜遅いため、1軒1軒捜し回るのは現実的に困難だ」としたと語っています。
 
女性の姉はパトカーの中で警察官2人が寝ていたので、「ここで寝ていないで、妹を捜さなければ!」と言うと、警察官は「今、外で一生懸命捜しているから心配するな」と答えて眠ってしまったと語っています。
 
女性が連れ去られる場面を目撃した住人は、知人に「(女性)私が悪かった。助けてほしいと叫んでいたが、容疑者はそのまま連れていった。よくある夫婦げんかに見えた。女性が不倫して夫に見つかったのだと思った」と話しています。
 
つまり韓国という国は、警察は拉致された女性が「性的暴行を受けている」と通報をしても、「夫婦げんかのようだ」と十分な捜査を行わなかったことを隠蔽して、目撃者も「よくある夫婦げんかに見えた」と話すような国なのです。
 

 
韓国の性犯罪率の高さは有名で、世界のレイプ発生数ランキング1位は南アメリカ、アジアのレイプ発生数ランキング1位は韓国(参考:NATIONMASTER)ですが、これは現行犯・被害届での性犯罪率と考えられます。
 
韓国で発生する強姦など性犯罪は、2007年の1年間で人口1万人当たり3・16件発生、米国は1万人当たり3・09件、韓国は被害者が周囲を気にして被害届を出すのは米国よりも少ないと予想されるので、実際は米国以上の発生率と考えられます。
 
韓国の検察庁で捜査を受けた性犯罪者は、2010年に2万1116人、性犯罪は1日約60件発生、小中高生による学生間の性犯罪事件は、2010年7月までで90件、2日に1件発生、親族による親族間性暴行犯罪は、2010年468件、1日1件以上発生しています。
 
韓国最高検査庁が発刊した「2011年犯罪分析」によると、2010年1年間の性犯罪は1日平均54.6件発生、13歳未満の児童が被害に遭った性犯罪は1日平均3.2件発生、性犯罪事件数がもっとも多い地域はソウルです。
 
韓国旅行は危険で、昨年9月27日放送のフジテレビ「笑っていいとも!」に出演した皆藤愛子が、韓国旅行で母親と一緒にタクシーに乗った時、行き先とは全然違う暗い所へ連れて行かれて、「ちょっと怖くて降りました」と発言しました。
 

 
親韓・韓国通として韓国ドラマなどにも出演している女優の黒田福美は、2002年に出演したテレビ朝日「徹子の部屋」で、韓国でレイプ未遂に遭った事を明かしました。
 

 
4月3日に株式会社エイチ・アイ・エスは、今年のゴールデンウィーク(4月27日~5月6日出発)の予約状況から、海外旅行動向のレポートを発表しましたが、今年も、シティ編・総合ランキングの1位は韓国のソウルです。
 

 
人気渡航先ランキング(カッコは前々年の順位)

《シティ編》
 1位 ソウル (1位)
 2位 台北 (2位)
 3位 バンコク(4位)

《総合ランキング》
 1位 ソウル(1位)
 2位 ホノルル(2位)
 3位 台北 (4位)
 
 
危険な韓国へ旅行をする日本人が増えているのは、韓流ゴリ押しのマスコミが、韓国は反日国家・強姦大国・性犯罪大国だと情報隠蔽をしているからで、例えば、フジテレビの女子アナウンサーは韓国旅行を願望しています。
 

 
2010年12月13日めざにゅ~「アナ★バン!大感謝祭」~Q来年の目標は? 
椿原慶子アナ「加藤アナと韓国旅行に行きたい」
 
 
 

 
加藤綾子アナ「椿原アナと韓国料理を(もちろん韓国で)食べつくしたい!!」
 
韓国は、女性が「性的暴行を受けている」と警察に通報をしても、「夫婦げんかのようだ」と十分な捜査を行わなかったことを隠蔽して、目撃者も「よくある夫婦げんかに見えた」と話すような国で、日本人は危険な韓国旅行をやめるべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国旅行についてご考慮下さい。
 
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。