HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  猫ひろし五輪出場に国際陸連が資格疑問視、三渡洲アデミール「帰化するならその国に骨を埋めてもよいという気持ちで帰化すべき。代表選手になりたいだけならやめておいた方がいい。」日本は帰化条件を厳格化すべき
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、国際陸連がロンドン五輪男子マラソン代表に選ばれた猫ひろしの参加資格を疑問視しているのはご存知だと考えます。
 
 
猫ひろし五輪出場に国際陸連が“待った”…国籍変更の規定で資格疑問視
 
昨年10月にカンボジア国籍を取得して論権五輪男子マラソン代表に選ばれたタレントの猫ひろし=本名・瀧沢邦明さん=に対し、国際陸上競技連盟が資格を疑問視し、カンボジア陸連などに説明を求めていることについて12日、猫ひろしの所属事務所は同日夜、「全く知らなかった。(マスコミからの)問い合わせで初めて知った」と驚きを隠せなかった。

 国際陸連の国籍変更の規定は、国籍取得後1年が経過していない場合は(1)連続した1年の居住実績(2)国際陸連理事会による特例承認‐のいずれかが必要。しかし、特例で承認を受けるには、説得力のある理由が見つからず、もう一つの連続した1年の居住実績がない可能性が高い。

 猫は現在日本でトレーニングを積んでおり、5月中旬にカンボジアに渡る予定だった。所属事務所は「(カンボジア陸連から)正式なことを言われるまで、待つしかない」とコメントした。

 また12日発売の一部週刊誌が五輪切符をめぐり、「ライバル選手に“買収金”が手渡された」と報じていることに、事務所は「買収なんてつもりはないし、ありえません」とコメントした。

 猫は国籍変更に対する批判について、五輪代表決定直後の3月26日の会見で「厳しいご意見をいただくのも当然。批判している方が間違っているとも言えません」と話し、「でも僕は、やると決めたので」と決意を表明。五輪後もカンボジア国籍のままでいることを明言していた。
デイリースポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120413-00000000-dal-ent
 
 
※北朝鮮がミサイル発射、そして失敗という報道がされたので、この記事は簡単にさせて頂き、後で加筆・修正します。
 
>昨年10月にカンボジア国籍を取得して論権五輪男子マラソン代表に選ばれたタレントの猫ひろし=本名・瀧沢邦明さん=に対し、国際陸上競技連盟が資格を疑問視し、カンボジア陸連などに説明を求めている
 
日本の恥だ!、猫ひろしはロンドン五輪を辞退して、一生カンボジア国籍でいるべきです。
 
ネットでは、「猫ひろしにオリンピック出場を辞退させよう!」という呼びかけが拡大している状況ですから、今朝の情報番組でも報道された、国際陸連が国籍変更の規定で参加資格を疑問視していることなどが話題になっています。
 
>猫ひろしの所属事務所は同日夜、「全く知らなかった。(マスコミからの)問い合わせで初めて知った」と驚きを隠せなかった
 
ネットでは「猫ひろし」は創価学会員だと批判の声もありますが、猫ひろしの所属事務所は「WAHAHA本舗」ですから、創価学会の芸術部副部長の久本雅美がいます。
 
 

 
12日発売の一部週刊誌が五輪切符をめぐり、「ライバル選手に“買収金”が手渡された」と報じていることに、事務所は「買収なんてつもりはないし、ありえません」とコメントした
 
テレビは「猫ひろし」について、カンボジアから五輪出場の打診を受けたので、カンボジア国籍を取得したうえで選考レースに臨んだなどの経緯を報道しています。
 
つまり、猫ひろしはカンボジアの提案に応えたということになっています。
 
しかし、週刊誌では「猫ひろし」が五輪男子マラソン代表を金で買ったなど買収疑惑の記事を掲載しています。
 

 
カンボジアの国籍取得には様々な条件が設けられていますが、猫ひろしの場合は、主な条件を充たしていません。
 
つまり、カンボジアに金銭を渡している可能は否定できないのですから、マラソン代表買収疑惑の声が多いのは当然でしょう。
 
<主な条件>
1、同国に7年以上継続して居住し、クメール語、歴史を理解していること。
2、カンボジア国籍を持つ者と3年以上婚姻関係がある。

<そのほか>
3、カンボジアの産業に約2500万円の投資、もしくは同国に約2000万円を現金で寄付した場合。
4、同国に特別な功績や利益をもたらすとみなされた場合。
※上記3、4に関しては1と2は免除される。
 
これまで朝鮮学校無償化問題などで正論を述べている、エジプト人タレントのフィフィさんも、「その国の人間が喜ばない事をするもんじゃない」と、猫ひろしを痛烈に批判して注目を集めています。
 
 

 
私は、国際陸連が「猫ひろし」の参加資格を疑問視しているので、カンボジア陸連などの説明、最終決定を待ってから記事にしますが、堀江(ホリエモン)などの関係は画像を見て下さい。
 

 
猫ひろしオリンピック挑戦企画~関係図(右下クリックで拡大できます)
 
今回の「猫ひろし」の問題で考えることは、日本の帰化条件の厳格化です。
 
2011年1月に日本が優勝した「アジアカップ2011」のオーストラリアとの決勝戦で、決勝ゴールを決めた日本代表の李忠成は、2007年に日本に帰化した在日韓国人4世です。
 
李忠成は、2004年に「U-19韓国代表チームの候補」に招集されましたが、韓国でのキャンプの際に「半チョッパル」(韓国は日本人をチョッパリ=豚の足と侮辱)など差別を受けて、韓国代表選手にも選ばれませんでした。
 
李忠成が、J1広島からイングランド2部リーグ、サウサンプトンへの移籍会見など、これまでの発言を考えると、日本人と言う自覚がないので日本国籍を与えたのは間違いでした。
 

 
李忠成(韓国系日本人)

「大舞台で得点し、世界に在日韓国人の可能性をアピールしたい。」
「五輪がなければ国籍変更していない。人生を変える大きな決断だった。」
「韓国代表で出たかったが選ばれなかったので、日本代表でもいいかなと。」
「在日同胞のためにがんばる。」
「韓国人、日本人ではなく、サッカー選手としてここにいる。」
「日本で生まれたが、母と父に韓国の文化を学び、朝鮮学校に通った。体の中に韓国人の血が流れているという事実を忘れてはいない。今は、日本の国家代表選手として活躍しているが、韓国人だという自負心をいつも胸に抱いている」
「日本代表として北朝鮮に乗り込むという複雑なことになったが、こうやって北朝鮮の地を踏めるのは光栄なこと。」
「日本人FWが海外で活躍した歴史がない。」「朴智星さんとかは活躍している。日本人としてというより、アジア人のFWとして活躍しなきゃというのがある。」
「サッカー選手としては、いつかKリーグ(韓国)でプレーしたい思いはある。自分の母国の言葉をしっかり話せるようになりたい気持ちが強いので」←NEW
 
 
三渡洲アデミールは、1995年に念願かなってようやく日本への帰化が認められると、名前をアデミール・サントスから三渡洲アデミールに改めて、帰化を考えていた三都主アレサンドロに「代表選手になりたいだけならやめておいた方がいい」とアドバイスしました。
 

 
 
三渡洲アデミール(ブラジル系日本人)
「帰化するならその国に骨を埋めてもよいという気持ちで帰化すべき。代表選手になりたいだけならやめておいた方がいい。」
 
私は本ブログでも書き記していますが、外国人参政権について、「参政権が欲しいなら帰化して日本国籍を取得すれば良い」・「帰化審査を緩和して日本国籍を取得し易くすべき」などの意見には反対で、国籍の安売りになるだけです。
 
日本は帰化条件を厳格化して、日本に忠誠心を誓う外国人へのみ帰化を認めるべきで、再度、「国籍の安売りを絶対に阻止しましょう!」と、メリーランド大学、エドワーズ博美講師の動画と、要点をご紹介します。

 
武道館反対集会 メリーランド大学講師 E.博美氏(動画)
 

 
 
このアメリカ帰化申請には5つの条件があります。

1つ目は、永住資格を取得後5年間居住すること。これはその国に住まずしてその国の文化は理解できないからです。

2つ目は、道徳的人格を備えた者であること。日本にも素行が善良であることという規定がありますが、アメリカは徹底しています。

過去5年に遡って、殺人、薬物所持、ギャンブルによる違法収入、売春、重婚といった具体的犯罪歴がないか、FBIが調査するのです。

3つ目は、読み、書き、話し、聴くといった英語能力で、英語能力なくしてアメリカを理解することはできないからです。

4つ目は、国旗に敬意を払い、国歌を歌い、戦没者に追悼に意を捧げることを始めとして、アメリカの歴史と文化、そして政府の仕組みに関する知識を取得することです。

これら4つがクリア出来て、最後に5つ目の忠誠宣言が行われます。

この宣言で、帰化申請をする外国人は、母国に対する忠誠を放棄し、もし要請があれば武器を持って合衆国軍の一員として戦うことを誓うのです。

母国とアメリカが一戦を交えることがあっても、アメリカ人として武器を持てるのか、こうした覚悟が無ければアメリカ人としても市民権、つまり国籍は与えられない、ということです。

たかだか250年の歴史しかない移民大国のアメリカでさえ、自国の歴史に誇りを持ち、国家への忠誠心、具体的には国防の義務と参政権はセットとして考え、国籍のバーゲンセール、安売りは絶対にしません。

2600年も連綿と続く日本が、日本人としての生活習慣や文化、日本語の能力、日本の歴史や政府の仕組みに関する知識の取得、そして日本に対する忠誠心を、なぜ新しく日本人になる人に要求出来ないのでしょうか。

日本が今なすべきは、国籍取得のハードルをもっと高くして、日本に忠誠心を尽くすことを誓う外国人にだけ、国籍を与えるように法律を改正することです。

歴史と伝統を誇るこの素晴らしい日本を守るために、外国人参政権付与法案と国籍の安売りを絶対に阻止しましょう。
 
 
日本は猫ひろしの問題で考えることは、日本は帰化条件を厳格化して、日本に忠誠心を尽くすことを誓う外国人にだけ国籍を与えるように法律を改正することです。
 
良識ある日本国民の皆様、帰化条件厳格化についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。