HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  フジテレビ「抗議デモ本」がクリーンヒット“韓流押し”フジへの拒絶反応深刻化、9日「HEY!HEY!HEY!」90年代以降のカラオケランキングでKARA「ミスター」が日本のカラオケ1位に、視聴率P帯3位
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、フジテレビ抗議デモを描いたドキュメント本はご存知だと考えます。
 
「抗議デモ本」がクリーンヒット “韓流押し”フジへの拒絶反応深刻化
 
フジテレビに対するデモ攻撃を、克明に描いたドキュメント本が予想外に売れている。
 『フジテレビデモに行ってみた! 大手マスコミが一切報道できなかったネトデモの全記録』(青林堂)で、著者はライターでアニメ評論家でもある古谷ツネヒラ氏。
 1月に発売され、2月から3月にかけてアマゾン・の「本部門」では2000位台に入り、しばらく落ちることはなかった。まずまずのヒットといっていい。
 内容は『韓流ゴリ押し反対デモの「その時」』、『フジテレビは一体何をしたのか』などのほか、デモ参加者へのインタビューなども掲載されている。

 こうした本が売れている現象は、何を意味するのか。
 それは「韓流押し」を続けるフジの居直り、横柄さに反発する視聴者がいかに多いかを表しているといってよかろう。つまり、デモには行きたかったが、参加できなかったアンチが、同時体験したいためにその本を買ったと見ていい。
 また、国益に反する動きをしているフジに対する拒絶反応が蔓延しているともいえる。
 本を買うことで著者の意見に賛同するとともに、フジの姿勢を問う拒絶派が大勢いるというわけだ。

 経済産業省は現在、日本の文化を海外に輸出するクール・ジャパン運動を展開しているが、フジの行動はそれに逆行している。韓国政府の言いなりになって、韓国の音楽や映画ばかり輸入し、これには多くの日本人がクビを傾げている。
 「国家をあげてのクール・ジャパン運動に協力しないとはどういうことでしょうか。4月に入ってからは『とくダネ!』等に韓国のグループ・ビッグバンを出すなどフジはあまりにも韓国カラーに染まっています。どこの国のテレビ局なのか、と疑問に思っている視聴者は多い。だからフジは観ない、という人が急増している。その結果、視聴率戦争で、年間・年度と2部門において日テレに三冠王を持っていかれた。当然の結果でしょう」(テレビ関係者)

 もっともフジは「韓流ドラマは視聴率が取れるし、韓流出身のアーティストは人気があるので放送しているだけ。単にビジネス優先にすぎない」とどこ吹く風。
 だが、デモを起こされることがどういうことかを真摯にとらえるべきだ。
 フジ・バッシングはまだまだ続く。
提供:週刊実話
http://news.livedoor.com/article/detail/6468284/
 
>フジテレビに対するデモ攻撃を、克明に描いたドキュメント本が予想外に売れている
 
デモ攻撃?、フジテレビへの抗議デモは、東京だけではなく全国各地で行われています。
 
>それは「韓流押し」を続けるフジの居直り、横柄さに反発する視聴者がいかに多いかを表しているといってよかろう。つまり、デモには行きたかったが、参加できなかったアンチが、同時体験したいためにその本を買ったと見ていい
 
>本を買うことで著者の意見に賛同するとともに、フジの姿勢を問う拒絶派が大勢いるというわけだ
 
電通支配のマスコミは宣伝をしない、「抗議デモ本」が予想外に売れているのは、それだけフジテレビの韓流・偏向報道が酷いという国民が多いからです。
 

 
>フジはあまりにも韓国カラーに染まっています。どこの国のテレビ局なのか、と疑問に思っている視聴者は多い
 
韓国を喜ばすだけの、国籍不明のテレビ局です。
 
9日放送の「HEY!HEY!HEY!」が発表した、90年代以降のカラオケランキングで、KARAの「ミスター」が日本のカラオケで1位になったことを、韓国メディアが取り上げています。
 
KARAの「ミスター」 日本でカラオケ1位に

韓国の女性5人組の歌手グループ、KARAの日本デビューシングル「ミスター」が、日本のカラオケランキングで1位になりました。
ヒップダンスで知られるKARAの「ミスター」は、9日に放送されたフジテレビの『HEY!HEY!HEY!』が発表した90年代以降のカラオケランキングで、堂々1位を飾りました。
KARAは今月中旬から日本の5つの都市をはじめ、中国、香港、台湾、タイなどアジア6~7カ国をまわるアジアツアーに入ります。
KBS
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Cu_detail.htm?No=43261
 
フジテレビでは、「90年代以降のカラオケランキング」でKARAの「ミスター」が1位になりましたが、これまでフジテレビが発表するランキングは他の調査結果と異なることは有名です。
 
2011年2月18日の「笑っていいとも!」では、女性の「好きな鍋料理は?」で20代から60代までの全世代の女性で、1位はキムチ鍋と放送しました。
 

 
しかし、民間企業が同時期に行ったと考えられる「鍋料理について」のアンケート調査結果で、キムチ鍋が1位は20代だけでした。
 
2011年2月28日の「笑っていいとも!」では、ビザハットの「売り上げ人気メニューは?」で、1位は韓国のプルコギピザと放送しました。
 

 
しかし、ピザハットのサイトで調べると、韓国系の店が多い 新宿区 でさえ、「特うまプルコギ」はベスト10に入っていませんでした。
 
2011年81日の「笑っていいとも!」では、「すき家の人気牛丼メニューは?」で、「キムチ牛丼」は8位と放送しました。
 

 
しかし、2011年7月11日に放送された「お試しかっ!」で、すき屋の人気メニューベスト10に、「キムチ牛丼」は入っていませんでした。
 
フジテレビは、KARAの「ミスター」を1位だと発表しましたが、他のカラオケランキングの結果でKARAの「ミスター」は1位になっていません。
 

 
フジテレビ4月9日放送「HEY!HEY!HEY!」カラオケランキング(90年代以降)

1位「ミスター」KARA
2位「ヘビーローテーション」AKB48
3位「残酷な天使のテーゼ」高橋洋子
4位「SHAKE」SMAP
5位「LOVEマシーン」モーニング娘。
6位「One Love」嵐
7位「夢見る少女じゃいられない」相川七瀬
8位「明日があるさ」Re:Japan
9位「さくらんぼ」大塚 愛
10位「ウィーアー!」きただにひろし
 
 
HEY!HEY!HEY!」放送日までの最新のカラオケランキングで、KARAの「ミスター」の1位はありません。
 
オリコン・カラオケランキング(4月9日付)

1位、ヘビーローテーション AKB48
2位、栄光の架橋 ゆず
3位、残酷な天使のテーゼ 高橋洋子
4位、愛、テキサス 山下智久
5位、キセキ GReeeeN
               
JOYSOUND・カラオケランキング(04/02~04/08)

1、千本桜WhiteFlame feat.初音ミク
2、残酷な天使のテーゼ高橋洋子
3、ヘビーローテーション《本人映像》AKB48
4、マトリョシカハチ
5、愛、テキサス山下智久
 
カラオケDAM(04/01~04/07)

1、ヘビーローテーション【本人出演】AKB48
2、愛、テキサス【本人出演】山下智久
3、残酷な天使のテーゼ高橋洋子
4、女々しくて【本人出演】ゴールデンボンバー
5、栄光の架橋【本人出演】ゆず
 
2011年の年間では、KARAより少女時代が上位の結果もあります。
 
うたウガ「UGA2011年間総合ランキング」

1位、ヘビーローテーション AKB48
2位、Gee 少女時代
3位、会いたかった AKB48
4位、ミスター KARA
5位、ありがとう いきものがかり
 
>だからフジは観ない、という人が急増している。その結果、視聴率戦争で、年間・年度と2部門において日テレに三冠王を持っていかれた。当然の結果でしょう
 
フジテレビは、2011年の年間・年度の視聴率三冠王を日本テレビに奪還されましたが、4月からのフジテレビの視聴率も酷い状況で、プライムタイムでテレビ朝日(EX)にも大きく負けています。
 
プライムタイム

4月2日(月)~4月8日(日)
     NTV     EX     CX
月  13.9%  12.5%   9.8%
火  12.5%  15.4%  14.1%
水  15.5%  12.4%  10.3%
木  13.7%  15.0%  11.6%
金  10.1%  14.3%  11.0%
土  15.7%  15.7%  10.4%
日  12.6%  10.0%  13.9%

4月9日(月)~4月12日(木)
     NTV     EX     CX
月  13.6%  13.1%  12.5%
火  13.4%  12.2%   8.5%
水  15.7%  11.7%  12.6%
木  10.9%  13.7%   9.6%

平均 13.4%  13.3%  11.3%
 
4月10日(19:00-21:54)の「カスペ!・答えは世界にきっとある!」は、平均視聴率が6・9%で、ゴールデンタイムに3時間も放送したのに、消費税程度の惨敗でした。
 
私は本ブログ4月6日の記事で取り上げた、松雪泰子主演の映画「フラガール」の設定と酷似している、フジテレビの新ドラマ「カエルの王女さま」の初回視聴率も酷かったです。
 

 
新ドラマ「カエルの王女さま」の初回視聴率は9・0%と1ケタのスタートで、フジテレビの木曜夜10時のドラマでは、2000年以降の最低記録になっています。
 
フジ「木10」初回視聴率ワースト10(2000年以降)

*9.0 カエルの王女さま ←New!(AKB出演)
*9.7 薔薇の十字架
10.6 それでも、生きてゆく
11.6 蜜の味
11.9 素直になれなくて
12.1 最後から二番目の恋
12.3 GOLD
12.4 恋愛偏差値
12.5 ありふれた奇跡
12.9 拝啓父上様
 
フジテレビは、花王枠で放送していた「韓流α」(15:52 - 16:50)を5月18日に復活させます。
 
復活第1作目の「最高の愛」で主演したチャ・スンウォンは、過去に「悪いことをするときは日本人と言うんだよな。必ずね」と発言をしていた韓国人です。
 

 
【下朝鮮】韓国人は悪いことをする時は「自分は日本人という」【低俗】(動画)
 
フジテレビの「HEY!HEY!HEY!」は、90年代以降のカラオケランキングで、KARAの「ミスター」が日本のカラオケで1位と放送しましたが、また、他の結果とは違います。
 
良識ある日本国民の皆様、フジテレビについてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。