HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国に沙也可の足跡伝える「達城韓日友好館」完成、和歌山市長らが出席、秀吉軍は朝鮮民衆に解放軍として迎え入れられ激戦もないのに「沙也可」(金忠善)が出兵へ疑問をもち投降することはない、日本の武将は嘘だ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、 和歌山市 長らが訪韓して沙也可の足跡を紹介する施設完成に出席するのはご存知だと考えます。
 
韓国に沙也可の足跡伝える韓日友好館オープン
 
紀北地域で活躍した戦国時代の鉄砲集団・雑賀衆ゆかりの人物との説がある沙也可(さやか)の足跡などを紹介する施設「達城(たるそん)韓日友好館」が、韓国の大邱(てぐ)広域市達城郡に完成する。 県と和歌山市は展示物を提供し、5月3日のオープニングセレモニーには大橋建一市長をはじめ同市代表団が出席する。

 沙也可は、豊臣秀吉による朝鮮出兵で加藤清正の配下として出陣したが、朝鮮側に投降し、火縄銃の技術を伝えて日本軍と戦った。その功績により朝鮮王から金忠善(きむちゅんそん)の名を賜ったとされ、韓国では英雄視されている。達城郡は沙也可の末裔(まつえい)が数多く暮らしている。

 市観光課などによると、同館は沙也可の足跡をたどりながら韓国の歴史や地域の紹介を行うとともに、日韓の相互理解と友好を深める目的で建設された。
 延床面積943平方㍍の施設の2階部分は、 和歌山を中心に日本文化の紹介を行うコーナーとなる。 同市からは大谷古墳出土の馬冑(うまかぶと)の複製、徳川吉宗が描いた馬の絵の複製、和歌山城西の丸の図、天守閣の写真、雛人形一式、観光紹介パネルなどを提供する。

 大橋市長ら代表団は5月1~4日の日程で訪韓し、セレモニー出席の他、現地のメディアや旅行会社などに和歌山の観光PRを行う。
 代表団に加え、大邱広域市との文化交流を進めてきた「雑賀衆・沙也可で街おこしの会」(辻健会長)をはじめ、民間の訪問団もセレモニーに出席する。
 辻会長は「友好館が完成すれば、韓国から和歌山市を訪れる観光客も増える。 受け入れ体制を早く整備したい」と話しており、沙也可ゆかりの地のマップ作成や韓国語が話せる語り部の養成などを計画している。
(わかやま新報)
http://www.wakayamashimpo.co.jp/2012/04/20120429_12365.html
 
>戦国時代の鉄砲集団・雑賀衆ゆかりの人物との説がある沙也可(さやか)の足跡などを紹介する施設「達城(たるそん)韓日友好館」が、韓国の大邱(てぐ)広域市達城郡に完成する
 
沙也可(さやか)が日韓友好ねぇ(_)!!
 
沙也可については和歌山の雑賀衆=雑賀説だけではなくて、岡本越後守説・原田信種説という「仮説」もあります。
 
韓国で沙也可とは、「金忠善(キム・チュンソン)」将軍と呼んでいる、反日の英雄のことです。
 
韓国の達城郡には沙也可の子孫という約150人が住む集落があります。
 
2009年に李明博大統領は、この地区を日韓友好のシンボルとして観光開発の予算を計上していたので、「達城韓日友好館」が完成しました。
 

 
 
>県と 和歌山市 は展示物を提供し、5月3日のオープニングセレモニーには大橋建一市長をはじめ同市代表団が出席する
 
血税でゴールデンウィークに訪韓かぁ(ーー;)
 
私は本ブログの記事で、親中・親韓派の売国議員、二階俊博を批判しましたが、二階の地元・和歌山は南紀グリーンピア・日本航空社宅用地問題がありました。
 
2010年に和歌山では、関西の日光とも称される、東照大権現(徳川家康)・南龍大神(徳川頼宣)を祀る「紀州東照宮」に、韓国が反日の英雄としている、「沙也可」(金忠善将軍)の顕彰碑が建立されました。
 

 
 
「沙也可」とは、「文禄の役」で二番隊を率いた加藤清正の先鋒武将として、朝鮮に渡った直後に出兵への疑問をもち、3千人の兵を連れて朝鮮に投降したとされています。
 
「沙也可」は投降した朝鮮に鉄砲の技術などを伝えて、朝鮮軍に加わって日本軍を撃退した後に、朝鮮に帰化した「李王朝の将軍」とされていて、韓国の歴史教科書も記述しています。
 

 
 
豊臣秀吉の朝鮮出兵時の軍資料には、「沙也可」に該当する武将の存在は特定出来ていませんし、「沙也可」という人物の真相を記した資料などもありません。
 
加藤清正の総勢1万人の軍勢うち、3千もの兵を率いた武将であれば、有力家臣の引率数になるのですが、日本側の資料には、そのような武将の投降例が一例も残されていません。
 
1970年代に司馬遼太郎が、紀行文「街道をゆく」の中で、「沙也可」は「左衛門」という日本名の音に当て字したものではないかと推測しました。
 
しかし、沙也可が書き残したとされる「慕夏堂文集」では、沙也可の本姓を沙氏と称して、名を也可としているので違います。
 
司馬遼太郎は沙也可を「サヤカ」と読み、「沙也門(サエモン)」に違いない、と想像を逞しくしている。ところが『慕夏堂文集』では、沙也可の本姓を沙氏と称し、名を也可としているのだ。さらに、沙也可が日本から懐中してきたと称する辛卯式戸籍には、次のように記されていた。

行小僕尹 沙也可古夫楽只二十一
父小射尹 益
祖大僕射尹 沃國
曽祖小射尹 <沃、シタ金>
外祖大公耶射尹 平秀<百百>
妻徐英娘古夫楽只二十
妻平正娘古夫楽只十八

だがこの戸籍の存在は、かえって沙也可が日本人でなかった証となる。当時の日本に戸籍制度はなく、「辛卯式戸籍」の書式は朝鮮流そのものだからだ。それに、沙氏は朝鮮の姓で、『宣祖実録」にも「沙火同なる者あり。我が国珍島の人也」等と見えている。

「捏造された沙也可の事跡」下條正男
 
 
「慕夏堂文集」は、朝鮮的価値観(明に対する態度など)と儒教的素養が顕著で、日本で生まれ育った武将が書いたとは思えないために、金忠善の子孫が先祖顕彰の為に書いたとしか考えられません。
 
「慕夏堂文集」の発見者である沙也可の六世の孫と称する金漢祚が、沙也可の事跡や遺稿をまとめて刊行した際、青柳南冥、河合弘民、内藤湖南等が偽書であることを証明しています。
 
朝鮮総督府の調査でも「慕夏堂文集」は、日本人が書いたものではないと調査結果が出されて、沙也可は日本人ではないとしています。
 
 
韓国は、豊臣秀吉の朝鮮出兵について、日本に侵略された犠牲者の立場と教育をしていますが、日本も同様で、「沙也可」についても教育をしています。
 

 
朝鮮側に投降した日本武将~沙也可という名の日本人
 
当時の朝鮮は明の属国で、文禄の役で豊臣秀吉軍は、李氏朝鮮の支配階級に虐げられていた朝鮮民衆の解放軍として迎え入れられました。
 
秀吉軍は、釜山上陸からわずか二十日間で首都・漢城を陥落したのは朝鮮民衆が支援をしたからですし、多数の朝鮮民衆が秀吉軍に従軍したので、激戦にもなりませんでした。
 

 
実際に秀吉軍が戦った相手とは、明軍と、明の支援を受けた朝鮮の支配階級軍でした。
 
 
李氏朝鮮の支配勢力(第14代王宣祖と両班ら)の圧政からの解放を願っていた朝鮮の民衆が、支配をアジア広域に広げようとした秀吉の政策と利害が一致したので、秀吉軍と朝鮮民衆が、明軍と朝鮮支配階級軍と戦ったのが史実です。
 
快進撃の背景には日本軍を解放軍として迎えた朝鮮民衆の支援もあったのだ。
「秀吉が勝てなかった朝鮮武将」貫井正之

『宣祖実録』によれば、「人心怨叛し、倭と同心」するような社会状況の中で、明軍が朝鮮軍支援にかけつけてみると、「斬る所の首級半ば皆朝鮮の民」といったふうだったという。
また、江戸時代末期に日本で書かれた『征韓偉略』によれば、秀吉の軍隊が京城に入城した時、兵士の半ばは朝鮮の民であったという。
また、韓国の教科書には「文化財の被害も大きかった。景福宮が焼け、実録を保管した書庫が消失した」と書かれているが、火をつけたのは朝鮮の民であり、秀吉の軍隊が京城に入る前に、既にそれらの建物は焼け落ちていたのである。
宣祖の京城脱出と同時に、日頃から怨念を抱いていた民衆が略奪・放火をほしいままにしたのであり、「虐げられた朝鮮の民衆にとって、外敵の侵入はまさに解放軍の到来と映った」との指摘すらある。
「日韓・歴史克服への道」下條正男
 
つまり、秀吉軍は朝鮮民衆に解放軍として迎え入れられ、朝鮮民衆が秀吉軍に従軍して激戦もなかったのに、「沙也可」という武将が出兵への疑問をもち、3千もの兵を連れて朝鮮に投降することはありえないのです。
 
朝鮮時代には、先祖を顕彰するため先人の文集が盛んに編纂され、しばしば過去が美化され潤色がなされた。1797年、金漢祚が『慕夏堂文集』を編纂した際も例外ではない。

その際は、有力者に序文などを寄せてもらい、権威付けするのが通例であった。『慕夏堂文集』では、1669年に清道郡守の愈<木偏に必>が墓碣を書くと、1759年、徐宗<人偏に及>が愈<木偏に必>の記事を踏襲して譜序を書いたことになっている。さらに邑誌では「其事蹟は」、「徐宗<人偏に及>の撰する所の金氏の譜序に載せり」として、徐宗<人偏に及>の譜序が典拠となっていた。

 いったん歴史像が確立すると、先人の文章は後人の模範となり、後人はそこに新たな歴史を継ぎ足していくのである。その中で、鉄砲や火薬、朝鮮に帰順した事跡は、史実かどうかよりも伝説そのものが称賛の対象となった。

 さらに文集が再刊される時には、時の学者等が美辞麗句を連ね、そこには必ず鉄砲や火薬の事跡が登場した。重要なのは歴史の事実ではなく、朝鮮に貢献したという美談だからだ。

 この『慕夏堂文集」が1907年に再刊された動機も、電線敷設に際し、壬辰の功臣、金忠善(沙也可)の子孫は役費や雑役を免除すべきである、と主張するためであった。その時、『慕夏堂文集』は、格好の証拠であった。
「捏造された沙也可の事跡」下條正男
 
正体不明の「沙也可」については、朝鮮の「李朝実録」宣祖30年(1597年)の4行目に、「僉知(官名)沙也可」とあるだけで、日本の武将、日本人だという証明は一つもありません。
 

 
僉知(官名)沙也可
 
韓国が反日の英雄にしている金忠善の「達城韓日友好館」完成に、血税で出席する 和歌山市 長らは非常識です。
 
秀吉軍は朝鮮民衆に解放軍として迎え入れられ激戦もなかったので、「沙也可」が出兵へ疑問をもち投降することはあり得ませんし、仮に「沙也可」が日本人だとしても逃亡兵で日本の武将も嘘です。
 
良識ある日本国民の皆様、「沙也可」についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。