HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  第2部スタート!2012年NHK大河ドラマ「平清盛」第17話は13・9%、連休中は視聴率が下降する第1のXデーだった、第2部スタートに期待をした視聴者が多かったのか?、ワーストから2・6ポイントも上昇
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある良識ある日本国民の皆様には、大河ドラマ「平清盛」第17回の視聴率が13・9%だったのはご存知だと考えます。
 
第2部スタート!2012年NHK大河ドラマ「平清盛」 第17話は13・9%
 
松山ケンイチ(27)主演の2012年NHK大河ドラマ「平清盛」(日曜後8・00)の第17話が29日に放送され、平均視聴率が13・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが1日、分かった。

 「平氏の棟梁(とうりょう)」と題された第17話は、1153年、弟・家盛(大東駿介・26)、父・忠盛(中井)の死を経て、ついに清盛(松山)は平氏の棟りょうとなる。清盛は仕事を引き継いでいくが、忠盛が残した功績は計り知れず、棟りょうとしての自分の器に不安を感じ始める。また、先妻・明子の子である重盛(平岡拓真・14)、基盛(末岡拓人)と、現在の妻・時子(深田)の子である清三郎、清四郎は、それぞれの境遇にわだかまりを感じる年頃になってきていた。一方、母・宗子(和久井)も出家し、池禅尼となり、新たな体制を築いた平氏一門であったが、不安を抱えた船出となった。そんな平氏一門を見かねた家成(佐藤二朗・42)は、新たな棟梁となった清盛を朝廷にお披露目するため、歌会を催し、そこで清盛に歌を一首詠ませようと画策するが…という展開だった。
(スポニチ)抜粋
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/drama/taiga/2012/index.html
 
 
>「平清盛」(日曜後8・00)の第17話が29日に放送され、平均視聴率が13・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった
 
えっ(@_@)
 
私は一ケタ台はなくても、過去のデーターから今回は歴代大河のワースト記録を更新すると考えて記事を書いていたので・・・(ー_ー)!!
 
昨夜も体調が悪い中で頑張って書いた・・・、ボツ記事になりました。
 
「平清盛」の第16回視聴率は11・3%でワーストタイでしたが、第2部スタートに期待をした視聴者が多かったのでしょうか(――;)
 
ネットの掲示板では、地震があったので「平清盛」は地震効果という声がありますが・・・
 
まさか2・6ポイントも上昇とは、驚きました。
 
「清盛」
117.3%
217.8
317.2
417.5
516.0
613.3
714.4
815.0
913.4
1014.7
1113.2
1212.6
1311.3
1413.7
15回12.7
第16回11.3
第1713.9 (2部スタート)
年間14.5%※暫定
 
ネットでは、「平清盛」の視聴率の1ケタ予想が話題になっていますが、ゴールデンウィークが始まった4月29日は第1のXデーでした。
 
平清盛、一桁予想

17回 4月29日 ◎(連休中日・GW開始)
18回 5月 6日 ○(GW最終日)
20回 5月20日 △(女子バレーボール最終予選2日目)
21回 5月27日 △(女子バレーボール最終予選7日目)
※6月から保元の乱後のため、メインキャスト退場
22回 6月 3日 ◎(W杯最終予選+男子バレーボール最終予選2日目)
23回 6月10日 △(男子バレーボール最終予選7日目)
27回 7月15日 ○(連休中日)
 
実際に、連休中は在宅率が低くなるので、これまで4年間の大河ドラマを調べても、連休中の視聴率は2~3ポイントも下降していました。
 
GWの下げ幅

篤姫 (-2.2)
4/27 23.1%
5/*4 20.9% 四連休2日目

天地人(-3.4)
4/26 20.1%
5/*3 16.7% 五連休3日目

龍馬伝(-3.4)
4/25 21.8%
5/*2 18.4% 五連休2日目

江 (-2.1)
4/24 18.0%
5/*1 15.9% 三連休3日目
 
 
直近データーから計算をしても、「平清盛」は10%台にはなっていたはずです。
 
 
2002年度「利家とまつ」から「平清盛」までの大河ドラマ10年で、すでに「平清盛」は単回の視聴率でワースト1です。
 
利家とまつ(2002年)~平清盛(2012年)

大河単回 13・0%以下
11.3% 平清盛♯16「さらば父上」※←
11.3% 平清盛♯13「祇園乱闘事件」※ ←
11.9% 武蔵♯37「巌流島への道」
12.6% 平清盛♯12「宿命の再会」※
12.7% 平清盛♯15「嵐の中の一門」※
12.8% 武蔵♯47「涙の別離」
12.9% 武蔵♯32「武蔵の決意」
 
NHK広報局によると、大河ドラマの歴代最低視聴率は1994年度「花の乱」での、8月14日放送回の10・1%です。
 
「花の乱」は、第20回で10・1%でしたから、第13回までで11・3%を記録した「平清盛」は、大河ドラマの歴代最低視聴率を更新する可能性は高いです。
 
単回視聴率・大河ワースト記録

10.1% 「花の乱」の最低視聴率(第20回・8月14日に記録)
11.3% 「清盛」の最低視聴率  (第13回:16回)※暫定
 
 
「平清盛」の第17回までの視聴率は、1963年度から始まった歴代大河ドラマの年間視聴率で、ワースト2の「竜馬がゆく」(1968年度)と並んでいます。
 
大河ドラマ平均視聴率最低ランキング (全話の平均)
 
1位 花の乱(1994) 14.1%
2位 竜馬がゆく(1968) 14.5%
暫定2位 平清盛(201214.5%
4位 武蔵(2003) 16.7%
5位 炎立つ(1993) 17.3%
 
>「平氏の棟梁(とうりょう)」と題された第17話は、1153年、弟・家盛(大東駿介・26)、父・忠盛(中井)の死を経て、ついに清盛(松山)は平氏の棟りょうとなる
 
>新たな棟梁となった清盛を朝廷にお披露目するため、歌会を催し、そこで清盛に歌を一首詠ませようと画策するが…という展開だった
 
第17回のサブタイトルは「平氏の棟梁」で、平氏の棟梁になった清盛のスタートです。
 
NHKがテコ入れしたのは、清盛の顔が少し綺麗になったことと、鳥羽法皇、崇徳上皇が集った歌会で詠んだ「家族愛」の企画くらいでした。
 

 

 
 
また、第15回で随一の美女に選ばれて入内した、武井咲が演じる「常盤御前」が、源義朝の子(義経)を宿していました。
 

 
 
「平清盛」の低視聴率の原因は、反日・反天皇プロデューサーが番組で、皇室を「王家」と連呼して、皇室の血統を「物の怪の血」と呼んでいることです。
 
平清盛が平氏の棟梁になった第2部スタートは第10回に次ぐ視聴率に上昇しましたが、皇室を侮辱し続けてきた第1部のシーンを簡単に振り返ります。
 
初回放送では、白河法皇は陰陽師のお告げなどから、白拍子(舞子)の間に産まれた実子の平清盛(平太)を殺害しようとして、母親の白拍子を殺害するシーンがありましたが、NHKは白河法皇を残虐に描きました。
 
 

 

 
 

 
頂戴したご意見~

嵯峨天皇治世下の弘仁9年(818年)に弘仁格が発布されてからの日本は、保元の乱が起こるまでの347年間、死刑が廃止されていた。白河法皇の治世は、この死刑が廃止されていた時代だった。
当時の日本は仏教原理主義国家を目指していた。またきわめて強固な怨霊信仰があった。
白河法皇は出家の身であり、しかも永久2年(1114)と天治2年(1125)に殺生禁断令を出すほど殺生を忌み嫌っていた。
 
NHKは「平清盛」のサイトで、白河法皇と璋子(待賢門院)を禁断の恋の関係としていますし、初回放送から何回も、伊東四朗が演じる白河法皇と、壇れいが演じる璋子(待賢門院)との男女関係のシーンを放送しました。
 

 

 
 
頂戴したご意見~

NHKは毎回毎回病的なまでに皇室のセックスの映像化に執着している
しかも近親相姦を視聴者に感じ取らせる台詞である
白河法皇(養父)と鳥羽天皇中宮璋子(養女)の不倫セックスを俗説に基づき、生々しく映像化。
中宮璋子:「父の君様」
白河法皇:「璋子。わしのかわいい娘よ。(白河法皇が璋子の胸元に手を入れながら、璋子を床に押し倒す)」
中宮璋子:「父の君様」

 
 
また、崇徳天皇(崇徳上皇)を演じている井浦新(旧芸名:ARATA)は、反日勢力が捏造した南京大虐殺を描いた映画「ジョン・ラーベ」に出演していました。
 

崇徳天皇(崇徳上皇)役、井浦新(旧芸名:ARATA)
 
頂戴したご意見~

「平清盛」のチーフプロデューサーである磯智明は日本人の感性を持っていない。
「崇徳天皇は天皇ではなく王だ」と磯智明は崇徳天皇を侮辱している。
映画「ジョン・ラーベ」に出演し、日本国と皇室を最大限陵辱したARATA を崇徳天皇にキャスティングするというのはもはや罰当たりの極致。
磯智明は崇徳天皇をいったいどこまで侮辱すれば気が済むのだ。
 
【磯智明】映画「ジョン・ラーベ」から売国奴香川照之出演シーン 1/2(動画)
 

 

ARATA(右)
 
 
第11回は「もののけの涙」でしたが、病死した妻の明子の枕元で泣きわめいた清盛が、僧たちが祈祷している部屋に駆け込んで、僧たちを殴る蹴る、刀を抜く乱暴を描きました。
 

 

 
こうして、皇室の血統を「物の怪の血」と侮辱しました。
 
第13回は「祇園闘乱事件」でしたが、鳥羽法皇が清盛に「神輿を射たときの如く、朕を射てみよ」という台詞に対して、清盛が弓矢を射るような、エアー弓矢パフォーマンスでした。
 

 

 
頂戴したご意見~

清盛が鳥羽法皇へ対して弓矢を射るような真似をした演出は、天皇、皇室を射抜くという、反天連や韓国人の願望を表現したとしか考えられない。
今までの大河にはない。演出家か脚本家の仕業である。
 
 
「平清盛」第17話視聴率は13・9%で、これまで連休中は視聴率が下降するので第1のXデーでしたが、第2部スタートに期待をした視聴者が多かったのか?、ワーストタイから2・6ポイントも上昇しました。
 
良識ある日本国民の皆様、平清盛についてご考慮下さい。
 

↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓

 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。