HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国関税庁「人肉カプセル」の密輸防止策強化を発表、韓国人から人肉を摂取するという文化を根絶しない限り根本的な解決にならない、中共の「人肉食文化」画像は心臓の弱い方・食事前後の方などは見ないように注意を
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国関税庁が「人肉カプセル」の密輸防止策を強化すると発表したのはご存知だと考えます。
 
「人肉カプセル」後絶たず=密輸防止策を強化―韓国
 
【ソウル時事】死産の赤ん坊の肉を乾燥させてつくった粉末入りカプセルが中国から韓国に密輸入される事件が後を絶たない。韓国関税庁は7日までに、粉末の検査強化など対策を発表した。
 「人肉カプセル」の密輸入は昨年7月、韓国メディアの報道で表面化。滋養強壮薬として朝鮮族の中国人が直接持ち込んだり、国際郵便で密輸入し自分たちで服用したりするケースがほとんどだが、一部は漢方薬市場に出回ったとみられる。

 韓国当局はこれまでに35人を摘発し、カプセル約1万7000錠を押収した。中国吉林省延辺朝鮮族自治州の延吉や吉林市のほか、青島、天津からも持ち込まれていた。今年も15人が摘発されている。
 韓国メディアによると、延辺の産婦人科の薬剤師は、自宅で人肉カプセルをつくっている様子を取材陣に公開した。

 韓国当局の検査では、保存状態が劣悪なため腐敗して雑菌が繁殖したり、耐性のあるバクテリアが混入したりしていた例もあった。関税庁は人体に致命的な影響が及ぶ恐れがあるとして、注意を呼び掛けている。
 色やにおいを変えるために植物性の生薬と混ぜたり、正規の医薬品の箱の中に入れたりと、偽装も巧妙化しているという。関税庁は成分表記のない粉末を全て開封検査するなど、取り締まりを強化する。
時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120507-00000056-jij-int
 
>死産の赤ん坊の肉を乾燥させてつくった粉末入りカプセルが中国から韓国に密輸入される事件が後を絶たない。韓国関税庁は7日までに、粉末の検査強化など対策を発表した
 
やはり韓国では「人肉カプセル」の密輸入事件が続いていたのか(――;)
 
韓国関税庁が「人肉カプセル」の密輸防止策を強化すると発表したことは、韓流ゴリ押しのテレビ局も報道しましたが、正確な報道ではありません。
 
「人肉カプセル」が中共から韓国に密輸入される事件が続いているということは、それだけ韓国人に「人肉カプセル」の需要があるということです。
 
韓国関税庁が「人肉カプセル」の密輸防止策を強化しても、韓国人から人肉を摂取するという文化を根絶しない限りは、根本的な解決にはなりません。
 
「人肉カプセル」とは、死産の乳児らの人肉を材料にした粉末カプセルのことです。
 
主に、中共の吉林省延辺朝鮮族自治州にあるカプセル製造業者によって製造されています。
 
2011年に韓国の月刊誌「新東亜」(8月号)が、「人肉カプセル」が中共から持ち込まれて、薬としてソウルの市場などで密売されていると報じました。
 
中共とソウルで入手した「人肉カプセル」を、韓国国立科学捜査研究所が成分分析をした結果、人間の遺伝子と塩基配列が99%一致しました。
 
また、男性の染色体も確認されたので、女性の胎盤でないことが判明しました。
 
韓国で「人肉カプセル」は、漢方薬業者を経て市場で「最高の滋養強壮剤」として、100個80万ウォン(約6万円)で密売されていました。
 
「人肉カプセル」の密輸事件発覚後、韓国関税庁が密輸取り締まりを強化して、中共でも「人肉カプセル」の関連業者の一斉取り締まりを実施しました。
 
しかし、韓国関税庁が発表した内容によると、昨年8月から今年3月までの摘発は35人もいて、押収は1万7400錠もあるのですから、今でも韓国では「人肉カプセル」が流通しています。
 
>韓国当局の検査では、保存状態が劣悪なため腐敗して雑菌が繁殖したり、耐性のあるバクテリアが混入したりしていた例もあった。関税庁は人体に致命的な影響が及ぶ恐れがあるとして、注意を呼び掛けている
 
日本人も危険ではないのか?
 
在日中共人が「人肉カプセル」を日本に密輸入していることや、韓国で密売されている「人肉カプセル」を、在日韓国人が日本に持ち込んでいる可能性もあります。
 
>色やにおいを変えるために植物性の生薬と混ぜたり、正規の医薬品の箱の中に入れたりと、偽装も巧妙化しているという
 
密輸方法も巧妙になっていますが、中共から「人肉カプセル」が韓国に密輸される方法は、旅行の携帯品や国際郵便です。
 
韓国で摘発された35件のうち、携帯品として持ち込まれたケースは29件(1万1430錠)、国際郵便は6件(6021錠)でした。
 
日本も、中共からの国際郵便や、中共人が入国するときに、荷物の中に成分が分からない薬や粉末があった場合は検査をすべきです。
 

 

 
中共には、文化として唐の時代から20世紀まで、平時でも人肉を食べるという、「人肉食文化」があります。
 
日本でも、飢餓状態に追い込まれて生きるために、死んだ人の肉を食べざるを得なかったという歴史の記録はありますが、「人肉食文化」ではありません。
 
中共の「人肉食文化」について、人肉の画像はブログ提供会社から削除されるので、イメージの画像を使います。
 
 

 
 
● 中国人は人肉を食べることを楽しんできた

だが中国人は違う。あきらかに人肉を食べることを楽しんできた。人肉食、人相食、夫食婦、婦食夫、易子而食(親がお互いに子供を交換して食べる)こういう記録が中国の史書の随所に見いだされる。あの春秋戦国の覇王桓公は子供の丸蒸しを料理として賞味した。宋代には人肉料理のメニューさえある。そのころ食肉用の人間は「両脚羊」と呼ばれていた。

1984年、台湾近郊で炭鉱事故がおこり、ただ一人生き残った炭坑夫は生き残るために人肉を食べた。 そして「息の切わた人間の肉はおいしくない。やはり生きている人間の肉はうまかった」と発言して大きなニュースになった。人を食べたからではない。どれが美味しかったという点でだ。それについて台湾大学の教授が人肉と牛肉と豚肉のいずれが、より栄養価が高くうまいかを新聞紙上でコメントした。このことは如実に中国の社会常識として現在でも人肉は食用たりうることを物語っている。(封神演義  安能 務氏より)

つまり中国にとって人間を食べるという行為は飢餓をしのぐのためではなく、食文化の一つなのだ。

 ● 漢方では人体を薬として使う

こういった文化を持つ中国人にとって人体は賞味すべき料理の材料のみならず薬の材料でもある。胎盤を火であぶって乾燥させ粉末にして元気を出す薬として使う。これを紫河車(しかしゃ)という。また人間の毛髪を黒焼きにして血止めに使う。乱髪霜)と呼ぶ。これらの漢方薬は特殊な薬ではなく、普通 に使われる薬にすぎない。

中国人には目が悪ければ目を、肝臓が悪ければ肝臓を食べる習慣がある。同じ肝臓なら人間の肝臓がよい。だから文化大革命の混乱期には多くの人が殺され臓器が食ペられた。臓器の取りだし方まで解説した本もある。肝臓を取り出すためにわざわざ人を解剖する必要はない。肋骨の下にナイフで切り込み入れ、屍の胸を足で蹴ると肝臓が飛び出るという。

こんな中国人の強烈な享楽的、現実的パワーには驚きを禁じえないが、この貪欲な好奇心が漢方薬を発展させる原動力になってきたこともまた間違いない。
「中国人は人肉を食べることを楽しんできた」抜粋
 
 
中共では、乳児や子供の誘拐や人身売買も多いですが、例えば、肝臓が悪ければ肝臓を食べるという習慣があるので、臓器などを狙った犯罪も起きています。
 
 

 
 
遺体で発見された行方不明の中学生、臓器窃取の疑い=中国広州

 【大紀元日本6月14日】中国国内で、行方不明の中学生が全身の皮膚、肉、臓器がないまま遺体で発見される事件が発生した。

 広州市黄埔区石化中学一年生・周小龍君が行方不明になったのは5月21日。自宅の黄埔区姫堂村から学校までは、自転車で約40分かかる。遺体の発見場所は比較的辺鄙で、周小龍君の通学路から約600メートル離れている。

 周君が行方不明になって9日後の5月30日午後5時30分、村付近の山で未成年者の遺体が発見された。全身の皮膚、肉組織、臓器がほとんど無くなり、骨とわずかの毛髪しか残っていない。しかし、学校の制服はきちんと着ており、現場に周君のバック、自転車などが残されていた。その後、DNA検査の結果、遺体は周君であると確定した。

 周君の両親は市場で野菜売りし、生計を立てている。裕福な家庭環境でないため、金目当ての誘拐の可能性は低いとみられる。

 去年、ネットでは、北京市でホームレスの男性が腰部に大きな穴が開いた状態の遺体で発見されたとの情報が伝えられ、臓器が抜き取られたのではとの説が囁かれていた。今回の周君の事件についても、このような可能性が示唆されている。
大紀元
http://www.epochtimes.jp/jp/2008/06/html/d27262.html
 
 

 
 
中国、男性頭部をスープで煮込み娘に与えた女が有罪に

【6月23日 AFP】中国・四川(Sichuan)省で、人の頭部を煮込んだスープを飲ませれば娘の精神疾患が治ると信じて男性を殺害した女が、執行猶予付きの実刑判決を言い渡された。地元紙Chengdu Commercial Newspaperが23日、伝えた。

 同紙によると、四川省南西部出身のLin Zongxiu被告は2008年に、男性の頭部で作ったスープを飲ませれば、娘が長年患ってきた精神疾患が治るという話を聞いたという。

 Lin被告と夫は前年12月、別の男に協力を依頼。男は、酒に酔った76歳の通行人の男性を殴って気絶させて、頭部を切り落とした。

 そして、夫婦は被害者の頭部と鴨で作ったスープを25歳の娘に飲ませたという。

 地元裁判所は22日、殺人の罪で、実行犯の男に対し執行猶予2年付きの死刑判決を言い渡した。また、被害者が着用していた血まみれの衣服や靴など証拠品を隠滅した罪で、Lin被告は有罪判決を言い渡された。

 執行猶予付きの死刑判決は、執行猶予の2年間のうちに別の犯罪をおかさなければ、無期懲役に減刑される可能性が高い。
AFPBBニュース
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2614401/4296248
 
 
中共で赤ん坊を食べるという人肉食文化について、下記のリンク先に調理法など複数の画像があります。
 
とても残酷な画像ですから、心臓の弱い方・食事前後の方・妊婦の方などは見ないようにご注意下さい。
 

 

 
胎児スープ
 
 
 
人食い人種
 
 
韓国関税庁が「人肉カプセル」の密輸防止策強化をしても、韓国人から人肉を摂取するという文化を根絶しない限り根本的な解決になりませんし、日本は中共からの航空郵便や中共人の入国検査を強化すべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、中共製の人肉カプセルについてご考慮下さい。
 
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。