HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  「ムルデカ(独立)」・昭和天皇の大御心を果たしてインドネシアの独立の礎となった日本軍将兵は美徳ある日本の武士道精神だ、オランダの350年の植民地支配から開放した大東亜戦争の真実、「ジョヨボヨ王の予言」
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、インドネシア共和国はご存知だと考えます。
 
インドネシアには、古くから伝わる「ジョヨボヨ王の予言」(12世紀前半、東ジャワのクディリ王国のジョヨボヨ王が書き記したバラタユダの一説)、という伝承がありました。
 
「我らが王国は、白い人びとに支配される。彼らは離れたところから攻撃する魔法の杖を持っている。この白い人の支配は長く続くが、空から黄色い人びとがやってきて白い人を駆逐する。この黄色い人びとがいるのは、ジャゴン(トウモロコシ)が育つのと同じくらいの期間だ」
 
1602年のオランダ東インド会社設立頃より、350年間に渡ってインドネシアはオランダの植民地にされました。
 
1930年前後からインドネシアにも独立を希求する民族運動が発生しましたが、オランダはこれを厳しく弾圧して徹底した愚民政策で、インドネシア全土を植民地支配しました。
 
多数の部族を互いに敵対させて、オランダ人に従順な一部の部族を警官とし、経済は華僑を利用して、統一言語ができると抵抗運動がおきるので部族間の言葉はそのままにさせました。
 
道ばたで3人以上のインドネシア人が話していると、処罰するほどの徹底した奴隷支配でした。
 
1941年、日本がアジア開放のために大東亜戦争を開戦すると、インドネシアにも日本軍がやってくるらしいという噂が流れ始めました。
 
ある日、インドネシア人が爆音に空を見上げると、空にはいくつもの白い花が咲き戦士達が降下して、これが空の神兵と呼ばれる日本軍の落下傘兵でした。
 
これこそがジョヨボヨ王の予言にある「空からの黄色い人々ではないか!」と、 インドネシア人は驚き、そして日本軍を歓迎して協力をしました。
 
1942年1月11日、日本軍はセレベス島のナドへの攻撃を皮切りにジャワ島を目指し、スマトラ島では幽閉されていたスカルノ、ハッタ、シャフリールら、当時のインドネシアの代表的な指導者を解放しました。
 
今村均中将率いる陸軍16軍は3月1日にジャワに上陸、わずか9日間でオランダ軍を降伏させました。
 
インドネシア人は、自分たちを350年も支配して来た白い人びとを、わずか9日間で駆逐してしまった黄色い人びとが現実となり、これはまさにジョヨボヨ王の予言の実現であることを知ると共に、白人が決して全能の神ではなく、アジア人が彼らの奴隷ではないことを確信しました。
 
その後、インドネシアは日本軍政の支配下に置かれ、国名は蘭印からインドネシアに、オランダ名だった首都バタヴィアは、古インドネシア王国のジャヤカルタに倣ってジャカルタに改称されました。
 
オランダ語の廃止、新しくインドネシア語(当時はジャワ語の分かる日本人がいなかったので、特務機関で学習されていたマレー語を採用)が作られました。
 
日本は、将来のインドネシア独立の方針を推し進め、インドネシア人の若者による「郷土防衛義勇軍」(PETA)を組織し、日本軍式の軍事教練を施しました。
 
このPETAはインドネシア独立戦争の中心戦力となり、後のインドネシア国軍の母体となったので、今でもPETA出身の軍高官は、「日本精神のおかげでオランダに立ち向かうことができた」と語っています。
 
日本は、1945年3月にインドネシアの独立準備委員会を発足し、8月19日にスカルノ、ハッタ、ラジマンによって、独立宣言をするという方針を決定・承認していました。
 
8月15日に日本は大東亜戦争終を終結、日本の軍政は3年半と、これもジョヨボヨ王の予言にある、トウモロコシが育つまでの期間と同じでした。
 
8月17日、後の初代大統領スカルノによって独立宣言文が読まれましたが、この宣言文の日付は「17805(05年8月17日)」と、西暦ではなく日本の「皇紀」で書かれています。
 

 
 
日本軍はポツダム宣言受諾以降、連合軍が来るまで現地の治安維持と、武器の管理を命じられていましたが、秘密裏に武器を流すなどして自らが育てたPETAを支援しました。
 
武器庫の番をしていた日本軍兵士が暴徒化したインドネシア人に殺された時、自らの血で「インドネシアの独立に栄光あれ」と壁に書いて息絶え、このような日本軍将兵の姿勢はインドネシア人に衝撃を与えました。
 
インドネシアの独立を認めずに、再びインドネシアを植民地支配するために、イギリス軍とオランダ軍が侵略してきました。
 
日本の統治によってインドネシア人は猫から虎に変わり、そして、2000人以上の日本軍将兵は現地に残ってPETAと運命を共にし、4年にも及ぶ独立戦争を戦い抜いたのです。
 
残った日本軍将兵の動機は様々でしょう。
 
彼らは玉音放送における、「朕ハ帝國ト共ニ終始東亞ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ對シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス」(私は日本と共に、終始東アジアの解放に協力してくれた諸盟邦に対してすまなく思う)との、昭和天皇の大御心を代わりに果たして、インドネシアの独立の礎となったのです。
 
1949年12月のハーグ円卓会議で、インドネシアはオランダからの独立を承認されましたが、インドネシア独立のために戦い散った日本軍将兵は1000人、英霊達の御霊はジャカルタにあるカリバタ国立英雄墓地に祀られています。
 

 
8月17日のインドネシア独立記念日には、毎年盛大な独立記念祭が行なわれて、インドネシアの人びとは日本の軍歌を歌いながら行進し、インドネシア国軍のパレードで使われているのは「PETAマーチ」です。
 
パレードのクライマックスにはインドネシア人の男女2名と、日本陸軍のふん装をした男性による3名で、インドネシアの国旗を掲揚します。
 
「郷土防衛義勇軍(PETA)マーチ」(斉藤守氏訳)
 
1、
アジア すでに敵に向かい 蜂起せり
己を捨てて 全力を尽くす 連合国を粉砕せんと
玉散ることもいとわず 進め進め 義勇軍
アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ
 
2、
古きアジア 不幸に苦しむ列しき圧制に 
幾世紀も忍ぶ 大日本 雄々しく立てり
アジアを救い 我らを守る 進め進め 義勇軍
アジアとインドネシアの英雄 清き東洋に幸あれ
 
 

 
スカルノ氏 インドネシア元大統領
 
「インドネシアの独立戦争では、約3,000名の日本兵がインドネシアの為に戦ってくれました。私たちはその『心』を大切にし、同じアジアの民族として伝えなければなりません。その『心』は日本とアジアばかりではなく、世界の平和にも繋がるのです。
 
ところが、インドネシアの独立で通じ合った日本の犠牲的精神を、今の日本の若い人達はほとんど知りません。残念でたまりません。私達の独立の為に戦ってくれた日本兵の事を、きちんと日本で語り継いでほしいと思います。
 
そしてインドネシアに来られたら、ジャカルタの英雄墓地に眠る日本兵の奥城にお詣りして下さい。その墓標には、みなイスラムの名前と日本人の名前が彫られています」
 
サンパス元復員軍人省長官
 
「特にインドネシアが感謝する事は、戦争が終わってから日本軍人約2000人が帰国せず、インドネシア国軍と共にオランダと戦い、独立に貢献してくれた事である。日本の戦死者は国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲章を贈っているが、それだけで済むものではない」
 
アラムシャ元第3副首相
 
「我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、350年間に亘り幾度か屍山血河の闘争を試みたがオランダの狡知なスパイ網と強靱な武力と苛酷な法律によって圧倒され壊滅されてしまった。それを日本軍が到来するや、たちまちにしてオランダの鉄鎖を断ち切ってくれた。インドネシア人が歓喜雀躍し感謝感激したのは当然である」
 
ブン・トモ氏 元情報相
 
「日本軍がアメリカ・オランダ・フランスを我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。我々は白人の弱体と醜態ぶりをみてアジア人全部が自信を持ち、独立は近いと知った。そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々がやらねばならなかった。それなのに全て日本に背負わせ日本を滅亡寸前まで追い込んでしまった。申し訳ない」
 
 

 
 
平成3年、日本傷病軍人会代表団がオランダを訪問した際、同国の傷病軍人代表と共に首都、アムステルダム市長主催の親善パーティに招待された時の市長の挨拶。
 
あなた方の日本国は先の大戦で負けて、私共のオランダは勝ったのに大敗をしました。今日の日本国は世界で一、二位を争う経済大国になりました。私達オランダは、その間、屈辱の連続。即ち、勝った筈なのに、貧乏国になってしまいました。
戦前は「アジア」に大きな植民地(オランダ領東インド(蘭印)=ほぼ現在のインドネシア)が有り、石油等の資源・産物で、本国は栄耀栄華を極めておりました。しかし今では、日本の九州と同じ広さの本国だけになってしまいました。
あなた方の日本国は、「アジア各地で侵略戦争を起こして申し訳ない。アジアの諸民族に大変迷惑をかけた」と、自らを蔑(さげす)み、ぺこぺこと謝罪していますが、これは間違いです。あなた方こそ、自らの血を流して、アジア民族を解放し、救い出すと言う人類最高の良い事をしたのです。
自分で悪者になっていますが、ここで歴史を振り返って真相を見つめる必要があるでしょう。本当は、私共白色人種が悪いのです。百年も二百年も前から、競って武力で東亜諸民族を征服し、自分の領土として勢力下に置いたのです。
植民地・属領にされて、永い間奴隷的に酷使されていた東亜諸民族を解放し、共に繁栄しようと、遠大崇高な理想を掲げて、大東亜共栄権樹立という旗印で立ち上がったのが、貴国日本だったはずでしょう。
本当に悪いのは、侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は戦いに敗れましたが、東亜の解放は実現しました。即(すなわ)ち、日本軍は戦勝国の全てをアジアから追放して終わったのです。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成しました。
日本の功績は偉大であり、血を流して戦ったあなた方こそ、最高の功労者です。自分を蔑む事を止(や)めて、堂々と胸を張って、その誇りを取り戻すべきであります。
「外国から見た大東亜戦争(太平洋戦争)の評価」抜粋
 
 
インドネシアの独立の礎となった日本軍将兵は美徳ある日本の武士道精神で、インドネシアをオランダによる350年の植民地支配から解放し、「ムルデカ(独立)」させたのが大東亜戦争の真実です。
 
良識ある日本国民の皆様、ムルデカ(独立)についてご考慮下さい。
 
 
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。