HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国の元挺身隊の韓国人女性らが韓国で三菱重工を提訴、5月24日に韓国最高裁で大東亜戦争当時に強制徴用されて三菱重工業と新日本製鉄に損害賠償などを求めた韓国人元労働者2名の来日時期に日本内地で徴用はない
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、元挺身隊の韓国人女性らが韓国で三菱重工を提訴するという報道はご存知だと考えます。
 
 
<韓国>元挺身隊女性ら三菱重工提訴へ ハンギョレ新聞報道
 
【ソウル澤田克己】26日付韓国紙・ハンギョレ新聞は、戦時中に勤労挺身(ていしん)隊として三菱重工業名古屋航空製作所(当時)などで働いた韓国人女性(84)ら9人が来月、未払い賃金など1人当たり1億ウォン(約670万円)の支払いを求める損害賠償訴訟を韓国で起こすと報じた。韓国最高裁が24日、元徴用工の個人請求権を認める判決を下したことを受けての動きで、今後もこうした訴訟が相次ぐ可能性が高い。

 同紙によると、女性らは日本でも99年に日本政府と三菱重工業を相手取って訴訟を起こしたが、08年に最高裁で敗訴が確定している。日本の裁判では65年の日韓請求権協定で個人請求権も消滅したとして訴えが認められなかった。韓国政府も同じ見解を取ってきたが、韓国最高裁の24日の判決は「個人請求権は消滅していない」という初判断を下した。

 支援団体は来月5日、東京で、三菱重工業側と損害賠償交渉を行う予定だという。日本での敗訴確定後、これまで同社と15回の交渉を行ってきたが、進展はなかったという。
毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120526-00000030-mai-kr
 
 
>勤労挺身(ていしん)隊として三菱重工業名古屋航空製作所(当時)などで働いた韓国人女性(84)ら9人が来月、未払い賃金など1人当たり1億ウォン(約670万円)の支払いを求める損害賠償訴訟を韓国で起こす
 
早いな(――;)
 
5月24日の韓国最高裁(大法院)の判決により、早速、三菱重工業へ損害賠償訴訟を起こすのですから、日本に金をたかり続ける韓国人らしいです。
 
>韓国最高裁が24日、元徴用工の個人請求権を認める判決を下したことを受けての動きで、今後もこうした訴訟が相次ぐ可能性が高い
 
韓国メディアは、日本の植民地時代に「強制徴用」された被害者と報道をしています。
 
5月24日に韓国最高裁で、大東亜戦争当時に徴用された韓国人元労働者らが、三菱重工業と新日本製鉄に損害賠償などを求めた裁判の上告審がありました。
 
韓国最高裁は、1965年の日韓請求権協定について、「個人の請求権は消滅していない」として、「両社は被害者に賠償すべき」という判決を下しました。
 
韓国最高裁の判決は、日本軍従軍慰安婦という日本軍人相手の売春婦の裁判の際と同じで、1965年の日韓請求権協定を否定するものです。
 
また、欧米諸国や日本では、国内法よりも条約の方が上位だということを、韓国最高裁は理解できていません、
 
韓国メディアは、「強制徴用被害者が賠償金を受け取るために、両社が韓国国内に保有する資産をいったん仮差し押さえした上で、強制執行するしかない」と報道をしています。
 
また、「三菱重工業は韓国に100%出資している支社があり、新日本製鉄はポスコの株式を5%保有しているが、仮差し押さえの対象となるかは難しい」という報道もしています。
 
韓国は、日本企業に強制徴用されたと韓国政府に申し出た被害者は14万人で、強制徴用に関わった日本企業は、三井、住友、麻生炭鉱など317社としています。
 
息を吐くように嘘をつくのが韓国人です。
 
今回の韓国最高裁で、新日本製鉄への損害賠償訴訟の原告の2名も嘘をついています。
 
原告の「ヨ・ウンテク」と「シン・チョンス」が、韓国メディアで語っている内容とは、「徴用」された韓国人元労働者ではありません。
 
2人は、「大阪の製鉄所で2年間訓練を行った後、朝鮮半島の製鉄所で技術者として働ける」という日本製鉄(新日本製鉄)の広告を見て日本へきました。
 
日本製鉄の工場へ到着すると、日本人の巡査たちが突然「徴用状」を突き付けて、就職のため日本に渡ったはずが強制的に奴隷にされたとしています。
 
日本製鉄強制徴用 被害者 86 シン・チョンス氏の話
 
2年間の地獄…67年間の恨(ハン)15年間の法廷闘争…やっと光が
 
この2人は、1943年9月10日に大阪の工場に到着したとしていますが、この時期に朝鮮人が徴用されたという歴史的事実はないのです。
 
 

 
1910年に「日韓併合条約」(韓国併合ニ関スル条約)締結して、貧しさを極める朝鮮から豊かな日本に渡ってくる朝鮮人が激増しました。
 
昭和2年には約16万5千で、昭和13年には約79万9千人に達しました。
 

 
昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、昭和20年には約200万人に増加しました。
 
増加した100万人のうち、70万人は自分から職を求めてきた個別渡航者と、日本で生まれた者です。
 
残りの30万人も、工鉱業・土木事業などの募集に応じた者で、強制連行はありませんでした。
 
1938年の「国家総動員法」に基づき、朝鮮では1939年に「朝鮮人労働者募集要項」(民募集方式)がありました。
 
これは、炭鉱や鉱山など日本内地の事業主が、厚生省と朝鮮総督府の許可を受けて労務者を募集して、応じた人たちが内地に渡航するという、朝鮮人の自由意志でした。
 
1942年に「朝鮮人内地移住斡旋要綱」(官斡旋方式)がありましたが、これも同様に、朝鮮人の自由意志でした。
 
1939年に「国民徴用令」(徴用方式)は、日本内地で実施されて、日本国民は徴用に応じる義務がありましたが、朝鮮人は免除されていました。
 
また、朝鮮への国民徴用令の適用はさしひかえて、1944年9月に朝鮮で徴用が行なわれましたが、翌年3月までのわずか7ヶ月だけでした。
 

 
 
日本内地にいる朝鮮人に、国民徴用令の適用を実施したのは、1944年9月から、大東亜戦争終結の1945年8月までです。
 
そもそも、当時の朝鮮人は日本国民ですから、日本国民と、日本国民だった台湾人と同じで、徴用に応じる義務がありました。
 

徴用令書(従事すべき場所や期間、出頭すべき日時など記載)
 
 
つまり、2人の韓国人が日本に到着した1943年9月は、日本内地の朝鮮人は国民徴用令が免除されていた時期なので、徴用されるはずがありません。
 
 
1944年頃の九州の炭坑では、朝鮮人の月収は150~180円と高給でした。
 
当時の巡査の月給(45円)の3~4倍で、大卒事務系初任給(75円)の2倍以上でした。
 
この2人の韓国人は、自由意志で日本へ出稼ぎに来た労働者です。
 
>日本の裁判では65年の日韓請求権協定で個人請求権も消滅したとして訴えが認められなかった。韓国政府も同じ見解を取ってきた
 
日本と韓国は、1965年に「日韓基本条約」並びに、「日韓請求権並びに経済協力協定」(財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定)を締結しました。
 

 
 
日韓請求権並びに経済協力協定の第二条、「両国民の間の請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決された」と合意をして、両国は確認しています。
 

 
 
日本政府は、韓国政府からも、韓国人の徴用者からも、賠償請求を受ける義務はありません。
 
日韓基本条約締結時に、日本は韓国に対して個人への直接補償を提案しましたが、韓国側が拒否しました。
 
韓国政府が、韓国人への個別補償をすると決めたのですから、韓国人徴用者への補償義務とは韓国政府にあります。
 

 
 
韓国政府は、従軍慰安婦・サハリン残留韓国人・韓国人被爆者を、日韓基本条約の交渉時に被害が認識されていなかったとして請求権があると主張しています。
 
大東亜戦争終結の直前、1945年8月9日にロシア(ソ連)が日本の領土に侵略を開始し、南樺太を占領して、現在も不法占拠しています。
 
韓国は戦後、南樺太に居住していた韓国人が約4万3千人だったことを考慮すると、強制徴用された韓国人は最大3万人に達すると主張しています。
 

2007年に韓国の予備調査で発見された、サハリン強制連行被害者(真実は出稼ぎ労働者)の墓
 
南樺太は日本内地よりも給料が高かったために、ほとんどが自由意志で渡った韓国人です。
 
サハリン残留韓国人で、昭和33年に日本へ帰還した朴魯学氏も、昭和18年に朝鮮で理髪師をしていて、新聞広告で見た「樺太人造石油」の募集に応じたとしています。
 
給料は、理髪師の3倍以上だったと認めています。
 
朴氏は数年の間に、家が1軒建つほどの金を故郷(韓国)の家族に送金しています。
 
妻の和子さんによると、朴氏は戦後に「強制連行」を主張する仲間たちに対して「そうじゃなかっただろう」と、たしなめたと述べています。
 
ロシア(ソ連)は、樺太に留まった韓国人の労働力が石炭・水産業などに重要な役目を果たしていたために、事業運営の継統を望んだのです。
 
サハリンに居住していた韓国人4万3千人は、戦後にロシア(ソ連)や北朝鮮から派遣労働者として、サハリンに渡った約2万人の朝鮮族を加えた人数です。
 
戦後に「北朝鮮」などから渡った労働者が含まれているのですから、日本から強制動員された韓国人最大3万人は、韓国による捏造です。
 
サハリン残留韓国人の問題は、ロシア(ソ連)が労働力を必要とした方針や北朝鮮との関係など、韓国とロシアとの問題で、日本に関係はありません。
 
サハリン韓国人残留問題には「旧社会党」と、民主党の「仙石由人」議員の友人の高木健一弁護士が深くかかわって来ました。
 
高木弁護士らは、安保闘争の延長の反政府運動として利用して、「韓国人の帰る自由を奪ったのは日本で、帰国させる責任も日本にある」としたのです。
 
日本政府は、サハリン残留韓国人に「法的責任はない」という立場でした。
 
しかし、自社連立の「村山内閣」は人道的支援として、平成7年以降にソウル郊外にサハリン帰国者のために500戸のアパートが建設されました。
 
そして、戦後に渡った「北朝鮮」の出稼ぎ労働者まで入居しています。
 

2000年に日本が建設費約27億円を出して建設した、韓国のソウルから電車で約1時間の安山市にある、サハリン永住帰国者約1000人が住む「故郷の村」
 
村山政権後も人道的支援として、サハリン残留韓国人に日本政府が拠出してきた日本国民の血税は、すでに2007年の時点で約70億円になっていました。
 
5月24日に韓国最高裁で、大東亜戦争当時に強制徴用されたとして、三菱重工業と新日本製鉄に損害賠償などを求めた原告の韓国人元労働者2名が、来日した時期に日本内地で徴用は行われていませんでした。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国についてご考慮下さい。
 
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。