HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国メディアが明治神宮に参拝する韓国人を「けしからん」と問題視、韓国人は韓帝国の初代皇帝「高宗」と第2代皇帝「純宗」の日韓併合前後の写真を見て明治天皇へ感謝しろ、「王の位牌がある明治神宮」も存在しない
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国メディアが明治神宮に参拝する韓国人を問題視している報道はご存知だと考えます。
 
 
明治神宮に参拝する韓国人「けしからん」、韓国メディアが問題視
 
韓国の複数のメディアは30日、日本を訪れた韓国人旅行者が明治神宮にお金を払って参拝していると、自国民の行動を問題視する記事を報じた。

明治神宮は、日本の近代化に大きな影響を与えた明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする神宮で、1920年に創建された。最近では多くの外国人観光客が訪れる東京の観光名所となり、ハングルで書かれた絵馬が掛けられているのも珍しくない。

しかし、記事は「日本人にとっては神聖な場所だが、明治天皇は朝鮮を侵略し、韓国人に大きな被害をもたらした張本人である」と主張。韓国人の参拝を批判した。

  明治神宮の絵馬は1枚1000円という。韓国メディアは、「歴史を知っているなら、絵馬にお金を出して願いを書いたり、本殿に金銭を投じてお祈りする行為は、わが国の国民情緒にそぐわない」と指摘。東京で留学生活を送るある韓国人学生も、「韓国を侵略した王の位牌がある明治神宮でお祈りするのはとんでもない行為だ」と話したという。
サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0531&f=national_0531_066.shtml
 
>韓国の複数のメディアは30日、日本を訪れた韓国人旅行者が明治神宮にお金を払って参拝していると、自国民の行動を問題視する記事を報じた
 
まず、明治神宮の正式な表記は、「宮」の「呂」の中間の線が入らない「明治神」ですが、本記事では「宮」で書かせて頂きます。
 

 
観光地では、韓国人観光客のマナーの悪さが問題になっていますが、悪戯も多いので明治神宮も危険です。
 

 

 
>明治神宮は、日本の近代化に大きな影響を与えた明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする神宮で、1920年に創建された
 
韓国人は天皇陛下を日王と呼んでいますが、韓国メディアは、明治天皇と昭憲皇太后のことを、「明治日王夫婦」と報道しています。
 
>ハングルで書かれた絵馬が掛けられているのも珍しくない
 
毎年多くの韓国人観光客が訪れている長崎県「対馬」の神社のように、絵馬には、対馬や日本を韓国領と書いている可能性もあります。
 

 
>「日本人にとっては神聖な場所だが、明治天皇は朝鮮を侵略し、韓国人に大きな被害をもたらした張本人である」
 
韓国メディアは、本ブログ5月31の記事で取り上げた、第二次日韓協約から日韓併合条約までを捏造して、「明治日王は朝鮮侵略の元凶」と報道しています。
 
韓国人は、明治天皇に感謝することが日韓併合の史実です。
 
韓国は、日清戦争後の下関条約により、清の属国から独立ができました。
 
韓国人は、大韓帝国の初代皇帝「高宗」と、第2代皇帝「純宗」の日韓併合前の写真を見るべきです。

 

大韓帝国初代皇帝「高宗」(李氏朝鮮第26代国王)
 

第2代皇帝「純宗」(李氏朝鮮第27代国王)
 
日韓併合後に、大日本帝国皇族として徳寿宮李太王、昌徳宮李王と称した写真と比較すれば、みすぼらしい身なりだったことは明白です。
 
 

徳寿宮李太王(高宗)
 

昌徳宮李王(純宗)
 
日韓併合前までの朝鮮人は、糞を垂れ流す犬同然の生活をしていました。
 
朝鮮が不衛生だったことは、英国人のイザベラ・バード(ビショップ夫人)も旅行記を書き残しています。

 
ビショップ夫人著「30年前の朝鮮」より
 
「市民は地上に瓦または藁を並べた平屋の下に潜り込んで生活している。いや不潔な道路に蠢動していると形容した方が良いだろうか。その道路は広くても二頭の馬が並べるほどではない。狭いところで大きな荷物を担いだ人が通ると、それだけで往来を塞いでしまうほどである。道路のはしには悪臭が辺り一面臭ってくる溝があり、路面は埃まみれの半分裸の子供達と、猛悪な犬とによって占領されている。」
「下水道は、市内の汚水を昼夜絶え間なく城外へと排せつしている。そのため、下水道の泥は真っ黒で、遙かな昔からの汚水によって染められ悪臭を空気中に放散して旅人を悩ましている。」
「ソウルは汚いことと臭いことでは世界一である。」
 
 

 
 
日本は、1907年の第三次日韓協約締結から、韓国の内政も監督しています。
 
当時の日本の朝鮮半島への財政負担をみても、搾取ではなく莫大な支出です。
 
日本の朝鮮半島への財政負担(崔基鎬著『日韓併合韓民族を救った「日帝36年」の真実』より)

1.
併合前(保護国時代) 旧大韓帝国政府の歳入に計上
年度      日本の立替金   日本政府の直接支出    計
明治401907)  177万円     約2,500万円    2,700万円
明治411908)  526万円     約2,600万円    3,100万円
明治421909)  465万円     約1,600万円    2,100万円
明治431910)  260万円      2,242万円    2,500万円
          1,428万円     約9,000万円   1400万円
 
2.併合後(朝鮮総督府施政下) 大凡(おおよそ)、朝鮮の歳入の2/3を日本が負担
年度       公債・借入金   補充金   日本負担分計  朝鮮人自体の税金と印紙収入
明治441911) 1,000万円    1,235万円   2,235万円    1,330万円 
大正11912)  1,490万円    1,235万円   2,725万円    1,468万円 
大正21913)  1,110万円    1,000万円   2,110万円    1,562万円 
大正31914)   764万円     900万円    1,664万円    1,854万円 

上の表は日韓併合前後の韓国(併合後は朝鮮と呼称)の財政に対する日本側負担額を表したものですが、『第三次日韓協約』が締結された明治40年から日本が韓国を併合した明治43年迄のたった4年間に限ってみても、韓国政府の歳入に充当、計上された金額は約1400万円。
仮に当時の1円が現在の2万円に相当するとして計算すると・・・当時の約1400万円は現在の金額にして、凡(およ)そ21千億円!! 
然(しか)も、併合後も、公債や借入金、補充金の名目で日本本国政府から朝鮮総督府に対し、歳入の3分の2に相当する金額が補填(ほてん)されていたのです。
『日韓基本条約』に反する対日賠償請求権を日本が認めて困るのは韓国側だ!!~抜粋
 
日韓併合により日本は、現在の試算で約20兆円もの莫大な資金を朝鮮半島に投入して、朝鮮の近代化に尽力をしました。
 
朝鮮は、日本統治前とは比べられないほど、医療・教育・生活などの水準が高まりました。
 
日本による朝鮮への諸政策の結果、朝鮮では1920年~30年代のGDP平均成長率は約4%(1920年代の世界経済は2%以下・日本は3%強)まで高まりました。
 
朝鮮の1人当たりの国民所得は、1910年代の約40ドルから約80ドルまで倍増しました。
 
耕作地は、246万町から449万町まで拡大して、米の反当り収穫量は、0.5石から1.5石までと3倍増になりました。
 
朝鮮人の人口は、1300万人から2600万人に増加して、平均寿命は24歳から56歳まで延びました。
 
日本は、それまで朝鮮で続いていた、階級による身分差別の撤廃、両班による搾取・虐待から農民を救い、残酷な拷問や刑罰や一族の罪人連座法を廃止するなど、人権尊重の法治国家の基礎をつくりました。
 
日本は朝鮮へ学校教育制度を導入して、朝鮮総督府は小学校段階からハングルを教える教科書を用意し、日本が建てた5200校の小学校で朝鮮人に読み書きを教えました。

また、日本は朝鮮人から言葉を奪うどころか、朝鮮人が母国語の読み書きができるように文字を整備・普及をさせました。
 

 

 
85%の朝鮮人に、創氏改名を許可しました。
 
日本が委任統治時代の、1920年代のパラオの町並みの写真の右側にある店舗には、韓国人が日韓併合により奪われたと歴史を捏造している、ハングル文字の看板があります。
 

 
1920年代、朝鮮では人口が増加して、郊外地域が産業化されたので、悪臭と不衛生な糞尿問題について、朝鮮に居住している外国人や日本人が問題視していました。
 
しかし、朝鮮人の衛生観念不足から改善されないので、朝鮮総督府は居住用のトイレだけではなく、ソウル中心の鍾路(チョンノ)などの衛生管理を進めました。
 
1932年7月に鍾路警察署は、鍾路大路の1535戸の商店にトイレがないことを調査・確認して、1カ月以内に設置するように指示しました。
 
8月31日に警察は、トイレを設置しなかった735戸の商店を摘発して、厳罰に処するという最後通告をした結果、1カ月間に全ての商店がトイレを作り、住宅街も近代化されました。
 

 
>「歴史を知っているなら、絵馬にお金を出して願いを書いたり、本殿に金銭を投じてお祈りする行為は、わが国の国民情緒にそぐわない」
 
韓国メディアは、おみくじも駄目だと教えてやれ^^
 
明治神宮には、神社の多くにみられる「おみくじ」(吉凶など)は存在しません。
 
代わりに、明治神宮独自のおみくじを引き、明治天皇の御製や昭憲皇太后の御歌を「大御心おおみごころ)」として授かります。
 

 

 
 
>東京で留学生活を送るある韓国人学生も、「韓国を侵略した王の位牌がある明治神宮でお祈りするのはとんでもない行為だ」
 
日本に「王」^^
 
大河ドラマ「平清盛」で、皇室を「王家」としているNHKが喜ぶでしょう。
 
神社に「位牌」^^
 
このような認識で、韓国人は靖国神社のことも批判しています。
 
韓国メディアが明治神宮に参拝する韓国人を問題視していますが、「王の位牌がある明治神宮」は存在しません。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国人についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。