HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  仁親王殿下薨去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。皇族には「皇族費」として当主1人につき3050万円が支払われても使途は人件費が大半を占めて医療保険がないので最初に癌になった時も自己負担されていた
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、寛仁親王殿下が薨去されたことはご存知だと考えます。
 
寛仁親王殿下ご逝去 66歳
 
三笠宮家の長男で、天皇陛下のいとこにあたる寛仁親王殿下が6日午後3時35分、入院先の東京都千代田区の杏雲堂病院で逝去された。66歳、皇位継承順位は第6位であられた。障害者福祉などに心血を注がれる一方、気さくなお人柄で国民から「ヒゲの殿下」と親しまれた。一般のご葬儀にあたる「斂葬(れんそう)の儀」は、東京都文京区の豊島岡墓地で執り行われるとみられる。

 寛仁さまは平成3年以降、がんの治療を受け、今年1月にも下咽頭から口腔のがんを切除する手術を受けられた。3月2日にのどの軟骨を切除する手術を受けたが、今月1日、口内から出血がみられた。5日に腎臓や呼吸器系の機能にともない意識レベルも低下し治療が続けられていた。

 寛仁さまは昭和21年1月5日、昭和天皇の末弟、三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下の長男としてご誕生。学習院大学法学部を経て、戦後、皇族としては初めての海外留学で英オックスフォード大学に学ばれた。

 大変なスキー好きとして知られ、スキーを通じて身障者や青少年の福祉などに取り組まれた。

 55年11月、故吉田茂元首相の孫にあたる信子さまとご結婚。長女の彬子(あきこ)さまと二女、瑶子(ようこ)さまをもうけられた。麻生太郎元首相は信子さまの実兄。

 昭和57年には「社会福祉活動に専念したい」などと皇籍離脱を申し出られたこともあった。平成3年にがんを患った際に病名を公表し、がん告知の議論にも一石を投じられた。
産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120606-00000569-san-soci
 
 
仁親王殿下薨去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。
 
女系天皇に反対されていた仁親王殿下が薨去されたことは、今後、女性宮家の創設にも影響があると考えられます。
 
まず、ネットの掲示板には、仁親王殿下に対して、母親が生活保護を受給していた河本準一と同じように扱う内容の不敬な書き込みがあります。
 
左翼・在日など反日勢力の輩でしょうが、宮内庁予算を理解していない人もいるのでしょう。
 
天皇陛下と皇族には、宮内庁費と、宮廷費・内廷費・皇族費があります。
 
 
宮内庁の予算約170億円 天皇家のプライベート予算約3億円

宮内庁には平成23年度予算で、170億8158万円の予算がついた。うち宮内庁費は107億8557万円。残りが宮廷費、内廷費、皇族費となる。皇室を支える“財布”の中身とは。以下に解説する。

【宮廷費】宮内庁が管理する皇室の公的活動費。宮中晩餐会や園遊会、行幸啓や外国訪問などに使われる。56億8378万円。
【内廷費】御手元金として支出される天皇家(天皇・皇后、皇太子一家)の日常費用などのプライベート予算。3億2400万円。
【皇族費】同じく御手元金として支出される各宮家の皇族の予算。平成23年度は当主1人につき3050万円など。2億8823万円。
*内廷費や皇族費は内廷職員や私的に雇用している職員の人件費としても使われている。

※宮内庁HPなどを元に作成
※参考資料:『知られざる皇室』(久能靖著、河出書房新社刊)、『皇室のすべて』(学研刊)ほか
※SAPIO2012年2月22日号
http://www.news-postseven.com/archives/20120213_87155.html
 
 
天皇陛下、皇后両陛下、皇太子殿下ご一家の方々が実際に自由に使えるお金とは、お一人あたり推定500万円程度しかないと言われています。
 
皇族には「皇族費」として、当主1人につき3050万円の歳費が支払われていますが、人件費だけで半分を占めています。
 
寛仁親王殿下は、皇族には医療保険がないので、最初に癌になった時の医療費も自己負担されていました。
 
 

 
 
天皇さま その血の重み
 
なぜ私は女系天皇に反対なのか
わずか一年の議論で決定
これは皇室伝統の破壊ではないか
 
寛仁親王殿下
聞き手 櫻井 よしこ(ジャーナリスト)
 
皇族であることは重荷か
 
()
 
櫻井 先ほどご自身のご病気のお話が出ました。下世話なことをおうかがいしますが、皇族方には医療保険がないというのは本当ですか。
 
寛仁親王 ありませんよ。
 
櫻井 では、ご病気になられた時はどうされるのですか。
 
寛仁親王 自腹を切るしかありません。
 
櫻井 宮内庁病院は、皇族方の病院ではないのですか。
 
寛仁親王 宮内庁病院は、基本的に宮内庁職員のために作った共済病院のようなものです。もちろん、病院の中には皇族病棟がありますが、これは両陛下を想定したもので、大きな部屋が二つ。私も一度入ったことがありますが、どうしても使わせていただくという感じがします。また、癌とか大きな病気の場合は、どうしても国立がんセンターなどの大病院に行かざるをえません。陛下が前立腺癌になられた時も、東大病院に行かれましたね。
 
櫻井 保険なしでは費用が大変ですね。
 
寛仁親王 最初に癌になった時は、自分で払っていました。すると、それを知った宮内庁長官が、「えっ?」とか言いまして(笑)、それは大変だろうと、癌に関してだけは宮内庁が負担してくれるようになりました。
 
櫻井 しかし、ご病気は癌だけではありませんね。
 
寛仁親王 私は昨年、心臓の不整脈を起こして慶応病院の循環器内科に通っていますし、娘たちも喘息の気味があって、これも慶応の小児科がいいというのでそこに通わせました。こういうのは全部、現金で払う。稼げども稼げどもわが暮らし楽にならざり、ですね(笑)。
 
櫻井 皇族方は民間のように自由に働くわけにもいきませんし、失礼ですが、歳費も年三千万円程度と決して大きな金額ではありませんね。
 
寛仁親王 たとえば、宮家にはお客さんが来た時にお茶やお菓子を運ぶ若い女性がいます。彼女たちを「侍女」と言いますが、私が歳費の中から雇っています。そういう人件費だけで歳費の半分は飛んでしまう。幸い私には講演料や印税などがありますから、娘たちに栄耀栄華とまではいかなくても、それなりの生活を送らせることができますが、それがなければ本当にぎりぎりの生活でしょうね。
 
櫻井 世間には皇族の方々は豊かで、ある意味で豪華な生活をされているというイメージがあります。
 
寛仁親王 それは戦前の話ですよ。父は幼少の頃、澄宮御殿というところに四十人以上の使用人にかしづかれて育ったそうですし、先帝陛下は御料林などの皇室財産を一切合財計算すると、世界で何番目かのお金持ちでした。しかし、それらはすべて戦後、没収されましたから。
(中略)
  
旧皇族復帰に違和感はない
 
寛仁親王 戦後、GHQの圧力で皇室弱体化のために皇籍を離脱させられた十一の宮家もあります。その後、後継者がなく絶家になってしまったところもありますが、今でも少なくとも八つの旧宮家には男系男子がいるのですから、宇多天皇のようにその方々にカムバックしていただくという手もあります。

これらの方々が昭和二十二年に皇籍離脱される時、当時の加藤進宮内府次長が、「万が一にも皇位を継ぐべきときが来るかもしれないとの御自覚の下で身をお慎しみになっていただきたい」と言っています。当時の人たちもそういうことは考えていた。しかし、GHQが睨みをきかせているし、その時は六人もの若い男系男子がいましたから、きっと大丈夫だろうという発想があった。しかし、今、それが危うくなってきたのです。

今、旧宮家には八方くらいの独身男子がいらっしゃるそうですから、全員というわけにはいかなくても、当主のご長男とか、何人かには皇籍に戻っていただいてもいいのではありませんか。これらの方々と今の天皇家との共通の祖先は南北朝時代の崇光天皇まで、六百年もさかのぼらなくてはならないと反対する人もいますが、二千六百六十五年の歴史からしますと、六百年くらいは十分に許容範囲です。

また、これらの宮様たちが六十年間も一般人の生活をなさってきたのだから、皇族に復帰することには違和感が国民にあるだろうとおっしゃる方がいます。しかし、「有識者会議」の結論では、女性天皇のお婿さんは皇族にするということです。まったく一般の方が天皇の夫になるほうが、よほど違和感があるのではないでしょうか。報告書は女性天皇の配偶者を「陛下」とお呼びするとしていますが、いくら立派で優秀な男性でも、ある日、突然、鈴木さんや山本さんや田中さんが陛下になったら、皆さん方も呼びづらいでしょうし、違和感も極め付きで大きいでしょう。

みなさんが意外とご存知ないのは、我々現職の皇族と旧宮家の方々はすごく近しく付き合ってきたことです。それは先帝様のご親戚の集まりである「菊栄親睦会」をベースとして、たとえばゴルフ好きが集まって会を作ったりしています。また、お正月や天皇誕生日には、皇族と旧皇族が全員、皇居に集まって両陛下に拝賀というご挨拶をします。最初に我々皇族がお辞儀をして、その後、旧皇族の方々が順番にご挨拶をしていく。ですから、我々にはまったく違和感などありません。
「文芸春秋」平成18年2月号抜粋
 

 
 
 
これまで125代のすべての天皇に共通していることとは、初代「神武天皇」の男系子孫ということです。
 
男系とは、天皇の父親が天皇、または天皇の血筋で、父親を遡っていけば、初代「神武天皇」に辿り着くことです。
 
第25代「武烈天皇」と第26代「継体天皇」とは10親等の隔たりはありますが、約200年以上遡っていけば、第15代「応神天皇」を同じくする、神武天皇の男系子孫になります。
 
約2700年継続している皇統は、「万世男系」で、皇位継承は皇統で万世男系を護持しています。
 
明治以前に女性天皇は存在しましたが、女系継承はありません。
 
第37代「斉明天皇」の夫は「舒明天皇」ですから、第38代「天智天皇」は男系継承です。
 
第43代「元明天皇」の夫、「草壁皇子」の父は「天武天皇」ですから、第44代「元正天皇」も男系継承です。
 

 
「女性宮家の創設」とは、いつの日か、「女系天皇」の容認になる可能性は否定できないのです。
 
約2700年継続している皇統は、男系による皇位継承を護持すべきです。
 
仁親王殿下薨去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。
 
良識ある日本国民の皆様、仁親王殿下薨去についてご考慮下さい。
 
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。