HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  都慰霊堂に訪れた滋賀の中学生、関東大震災時の「朝鮮人狩り」などの歴史を在日コリアンから学ぶ、近江八幡市立八幡西中学校3年3組の担任教師は日教組か全教か、史実を教えない教育界に巣くう反日左翼は駆除すべき
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、滋賀の中学生が関東大震災時の朝鮮人狩りを学んだのはご存知だと考えます。
 
関東大震災の歴史在日コリアンに学ぶ 滋賀の中学生、都慰霊堂で
 
都内へ修学旅行中の滋賀県・近江八幡市立八幡西中学校の3年3組の生徒たちが8日、都慰霊堂(墨田区横網)を訪れ、関東大震災時の朝鮮人虐殺など、大震災の歴史を学んだ。

 生徒に説明したのは、在日コリアン3世で朝鮮大学校(小平市)理工学部2年、金華暎(キムファヨン)さん(19)。人権教育に力を入れる八幡西中は、地元の朝鮮学校を通じて東京での案内役の紹介を依頼。歴史ツアーのガイド経験を持つ金さんが、大学校から推薦された。

 都慰霊堂には、関東大震災と東京大空襲、計16万3000の遺骨を安置。敷地の横網町公園内に、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑もある。生徒ら約40人は慰霊堂で担当者の説明を受け、朝鮮人犠牲者追悼碑に黙とう。再び慰霊堂に戻り、金さんの解説を聞いた。

 金さんは「関東大震災で『朝鮮人が暴動を起こした』というデマが流れ『朝鮮人狩り』も行われた。『十五円五十銭』をきちんと発音できないと朝鮮人とみなされ、日本人も殺された」と解説。現在もさまざまな在日コリアン差別があると話し、「みなさんと会えて幸せ。私ももっと学びたいので、みなさんもしっかり勉強してください」と呼び掛けた。

 女子生徒は「殺された朝鮮人がどれだけ苦しかったか、今も差別があるのはおかしいと思う」と話した。 
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20120609/CK2012060902000108.html
 
 
>滋賀県・ 近江八幡市 立八幡西中学校の3年3組の生徒たちが8日、都慰霊堂( 墨田区横網 )を訪れ、関東大震災時の朝鮮人虐殺など、大震災の歴史を学んだ
 
>生徒に説明したのは、在日コリアン3世で朝鮮大学校( 小平市 )理工学部2年、金華暎(キムファヨン)さん
 
朝鮮大学校の在日朝鮮人から、修学旅行中の中学生が朝鮮人虐殺を学ぶとは(――;)
 
明日の日本を担う子供たちには、反日勢力が捏造した歴史ではなく、史実のみを教育すべきです。
 
私は本ブログ6月3日の記事で資料も添えて述べましたが、関東大震災時に朝鮮人の大量虐殺はありませんでした。
 
自警団が、朝鮮人テロリスト集団と戦った過程で、巻き添えになって殺害された一般の朝鮮人犠牲者がいただけです。
 
>人権教育に力を入れる八幡西中は、地元の朝鮮学校を通じて東京での案内役の紹介を依頼
 
どうして3年3組の生徒だけが、朝鮮人虐殺を学んだのでしょうか?
 
八幡西中学校として依頼したのであれば、修学旅行の生徒全員が、 墨田区 にある都慰霊堂を訪れるはずです。
 
八幡西中学校の修学旅行の日程を調べましたが、昨年の修学旅行は第1日目に「クラス別の体験」という単独学習になっています。
 
 
修学旅行 201161日~3
 
修学旅行に行きました。
 
6月1日~3日 2泊3日の行程で「東京・伊豆方面」の修学旅行を実施しました。
 
第1日目 学校から出発。近江八幡はあいにくの雨模様でしたが、東京は傘いらず。
クラス別の体験に出発しました。
 
第2日目 この日はあいにくの雨でしたが、東京ティズニーリゾート(ランド・シー)に出かけました。
雨模様だったことが幸いして、アトラクションの待ち時間は思ったより短く、思う存分楽しみました。
夜は伊豆のペンションで過ごしました。
 
最終日   シュノーケリングやシルバーアクセサリ-づくりなど、希望別で体験をしました。
たっぷりのお土産話と思い出を抱え、無事近江八幡に戻りました。
 
 
3年3組の担任教師が、地元の朝鮮学校を通じて朝鮮大学校に依頼して、「クラス別の体験」にした可能性もあります。
 
このような教員は他にもいて、本ブログ2011年の記事にしましたが、神奈川県立高校の教員は生徒にハングルを教えて、朝鮮人虐殺現場の見学を企画しました。
 
神奈川県立高校の教職員は、日教組傘下の神高教に加盟していました。
 
近江八幡市立八幡西中学校3年3組の担任教師も、日教組か全教に加盟しているでしょう。
 
滋賀県には、日本教職員組合(日教組)傘下の、滋賀県教職員組合(滋賀県教組)があります。
 
また、全日本教職員組合(全教)傘下の、全教滋賀教職員組合もあります。
 
文科省が大学と高専を除いた常勤教職員約102万8000人を対象に実施した調査によると、2011年10月時点で教職員団体の加入率は40,2%です。
 
日教組の加入者は26万9498人で、組織率が26,2%になっていて、2011年度の新採用者の加入率は17,7%です。
 

 
日教組の加入率は減少を続けていますが、公立学校の教職員のうち、4人に1人は日教組の教職員で、新採用の若い教職員も6人に1人が日教組です。
 
また、全日本教職員組合(全教)は約5万5千人で、組織率は5,3%になっています。
 
日教組と全教を合わせると、公立学校の教職員のうち、3人に1人は赤い思想の悪魔教師です。
 
>歴史ツアーのガイド経験を持つ金さんが、大学校から推薦された
 
朝鮮大学校理工学部2年の金華暎は、朝鮮高校時代から、日本の中学生を対象にガイドをしています。
 
朝鮮新報が写真入で記事にしているので、在日社会のエリートなのでしょう。
 
 
同胞の歴史をガイド
 


東京中高・高級部3年生 金華暎さん

5月16日、東京・墨田地域の同胞たちの歴史探訪ウォーキングで、「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑」がある横網町公園のガイドを務めた。「歴史は、一つの間違いが史実を変えてしまうので、正確な知識を持ち、一言一言注意深く語るよう心がけている」。

 横網町公園を案内したのは2回目。4月に日本の中学生を対象に解説をした。東京朝鮮人強制連行真相調査団メンバーの話や資料を基に、実際に足を運び見て書いて勉強した。

 「学んだことは、ただの知識として置いておくのではなく、実践に移してこそ意味があると思う」

 ガイドを通じて「歴史はアウトラインをなぞるだけでなく、深く掘り下げて学ばなければならない」と思うようになった。

 同胞たちの痛ましい過去を風化させないよう、生徒たちの手で広く伝えていきたいと考える。(裕)
[朝鮮新報 2010.6.7]
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2010/06/1006j0607-00002.htm
 
 
>金さんは「関東大震災で『朝鮮人が暴動を起こした』というデマが流れ『朝鮮人狩り』も行われた
 
朝鮮人が暴動を起こしたのは事実で、自警団は暴徒となって襲ってくる朝鮮人と戦っただけです。
 

 
 
本当に朝鮮人狩りという恐ろしいことが起きて、数千人もの朝鮮人が大虐殺されれば、日本に来て居住する朝鮮人は激減しているはずです。
 
日本内地で暮らす朝鮮人の人口は、関東大震災の大正12年は8万617人でした。
 
昭和2年には約16万5千で、昭和13年には約79万9千人に達しました。
 
昭和14年には約100万人で、昭和20年には約200万人に増加しました。
 
>『十五円五十銭』をきちんと発音できないと朝鮮人とみなされ、日本人も殺された」と解説
 
朝鮮人が暴徒化しなければ、日本人の犠牲者はでませんでした。
 
それに、部落解放同盟が差別と主張している、香川県の同和出身者が千葉県の自警団に殺害されたという、「福田村事件」の解説をしたのでしょう。
 
同和(部落解放同盟)、朝鮮学校(総連)と日教組は関係があります。
 
日教組に朝鮮総連
 
数年前、逗子で行われるはずの櫻井よしこ氏の講演会が日教組の横槍で中止になった経緯がある。K.S社長は櫻井氏の講演会を楽しみにしていただけに、中止に対して不満であった。彼は早速横浜の日教組に電話を入れ、高橋事務局長に抗議した。彼の質問に答えきれなくなった高橋氏は「今、朝鮮総連の人がいるから代わります」と言った。
 
朝鮮総連の某氏は従軍慰安婦、創氏改名、強制連行など、「過去の日本が犯した悪徳」をK.S社長に説いた。しかし歴史に詳しいK.S社長の反論に答えられず、今度は「同和の人に代わります」と言った。何故日教組に朝鮮総連や同和の人達がいるのか。K.S社長は驚きを隠せなかったと述懐する。
山本善心の週刊「木曜コラム」抜粋
 
 
>現在もさまざまな在日コリアン差別があると話し
 
>女子生徒は「殺された朝鮮人がどれだけ苦しかったか、今も差別があるのはおかしいと思う」と話した
 
子供たちは、こうして洗脳教育を受けているのです。
 
在日韓国・朝鮮人は差別ではなく、特権を勝ち取っているのが真実です。
 
一条校ではない朝鮮学校の生徒に対して、日本の高校や大学への進学が認められています。
 
2002年(平成14年度)に韓国政府の要請を受けて、大学入試センター試験の外国語科目に韓国語が認められています。
 
英語以外は、受験生のほとんどが在日外国人や留学経験者です。
 
在日韓国・朝鮮人が母国語(韓国語)の試験を受けるのは、外国語の試験ではなく国語の試験になるのですから、高得点になるのは当然です。
 
例えば、平成17年度の外国語試験、英語と韓国語では21点の得点差が出ました。
 

 
 
同じ教科の選択科目で平均点に20点以上の幅がある場合、社会や理科では15点内に収まるように得点調整がされるのに、外国語はされません。
 
文科省から大学としての認可を受けていない朝鮮大学校は、法律上は各種学校扱いです。
 
しかし、大半の私立大学と一部を除く国公立大学は、大学院・法科大学院の受験資格を認めています。
 
在日朝鮮人が本当に差別をされているのであれば、大東亜戦争終結後に朝鮮半島に戻っているはずです。
 
大東亜戦争終結後に帰国しなかった在日韓国・朝鮮人は「自由意志」で日本に居住しています。
 

 
 
また、戦後にも大量の朝鮮人が、日本へ密入国をしています。
 

 
 
滋賀県は衆院4、参院2議席の全てが民主党議員で、日教組は民主党の支持母体です。
 
滋賀の中学生が関東大震災時の「朝鮮人狩り」などを学びましたが、3年3組の担任教師は日教組か全教でしょうし、史実を教えない教育界に巣くう反日左翼は駆除すべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、反日教師についてご考慮下さい。
 
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。