HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  在日実名報道「日本人なら何人も殺そうと思った」在日韓国人の康桂善(通名=田仲)生野の自宅マンションで待ち伏せ、韓国人大阪生野連続通り魔事件「1か月で忘れられる程度の事件」と『Wikipedia』で削除
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、時事通信が大阪・生野連続通り魔事件の韓国籍容疑者を「康桂善」と実名報道したことはご存知だと考えます。
 
別の殺人未遂容疑で再逮捕=2人刺傷事件-大阪府警

 大阪市生野区で5月、男女2人が刺され重傷を負った事件で、大阪府警捜査1課は12日、自宅マンション内で新聞配達員を刺したとして、殺人未遂容疑で、無職の康(日本名=田仲)桂善容疑者(31)=韓国籍=を再逮捕した。同課によると、黙秘しているという。

 逮捕容疑は、5月22日午前5時15分ごろ、生野区新今里の自宅マンション1階で新聞配達員の男性(61)を待ち伏せ、エレベーター内に入ったところを無言で刺し、腹や顔などにけがをさせた疑い。

 同課によると、康容疑者はその後、約150メートル離れた商店街の路上に移動。ビル清掃員の女性(63)に「日本人か」と尋ねて刺したとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕され、「日本人なら何人も殺そうと思った」と供述していた。大阪地検は12日、同容疑について処分保留とし、精神状態を調べるため近く鑑定留置する。
2013/06/12 時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013061200697
 
>大阪府警捜査1課は12日、自宅マンション内で新聞配達員を刺したとして、殺人未遂容疑で、無職の康(日本名=田仲)桂善容疑者(31)=韓国籍=を再逮捕した
 
現時点で、韓国籍の「康桂善」と実名報道をしているのは時事通信だけです。
 
 

 
5月22日早朝、 大阪市生野区で無職の「康桂善」に、新聞配達員の川口修一さんとビル清掃業の越智美智子さんが刃物で刺され重傷を負いました。
 
「康桂善」は自宅マンション1階で、川口さんを待ち伏せて、エレベーター内に入ったところを無言で刃物で刺しました。
   
「康桂善」は越智さんに「お前、日本人か?」と尋ね、越智さんが「そうだ」と答えると「康桂善」は刃物を取り出して刺しました。
 
「康桂善」は越智さんを刃物で刺したところを、通報を受けた警察官に発見され、殺人未遂の現行犯で逮捕されました。
 
 

 
韓国籍の「康桂善」が現行犯逮捕された時も、マスコミは「康桂善」という実名報道をしませんでした。
 
テレビ主要各局は「康桂善」について、日本テレビは「田仲桂善」と通名(偽名)報道をし、その後は「韓国籍の男」と報道しました。
 
TBS、フジテレビ、テレビ朝日は「韓国籍の男」と報道しました。
 
    ニュース画像と番組が違う可能性があります。
 

 


日テレnews every. 2013-05-22() 16:5319:00
「日本人か」刃物男逮捕

大阪市生野区で男女2人が次々と刺される事件が起き、31歳の韓国籍の男が

現行犯逮捕された。
 

TBSNスタ 2013-05-22() 16:5319:00
31
歳男 殺人未遂容疑で逮捕 大阪市 男女刺され重傷

きょう午前520分ごろ、 大阪市 生野区 の路上で男女2人が男に包丁で刺され重傷を負った。容疑者は韓国籍の無職の男で殺人未遂の現行犯で逮捕。
 

フジFNNスーパーニュース 2013-05-22() 16:3019:00
連続通り魔を逮捕 「日本人を殺す」襲撃
大阪・ 生野区 で新聞配達員の男性が包丁で刺される事件が発生。
近くではビル清掃業の女性も刺されており、警察は韓国籍の無職の男を

殺人未遂の現行犯で逮捕した。
 

テレ朝・スーパーJチャンネル 2013-05-22() 16:5319:00
男女刺傷…意味不明な供述も 「日本人なら何人も殺そうと」

大阪市 生野区 の路上で、男女二人が次々と刺された。逮捕された韓国籍の男は、日本人なら何人も殺そうと思ったと供述。
 
しかも通名(偽名)報道を繰り返しているNHKは、NHK大阪のローカル枠でしか報道しなかったようです。
 
97:名無しさん@13周年:2013/05/22() 20:47

NHK
大阪局ローカル枠きた
 
見出し「31歳無職の男を殺人未遂容疑で逮捕」

・韓国籍の無職の男(31)をその場で逮捕

・面識はなし

・日本人を何人も殺そうと思った
 
 
そして翌日の23日より、NHK・民放各局は「康桂善」の連続殺人未遂事件を報道していません。
 
>同課によると、黙秘しているという
 
ふざけるな!
 
大阪府警生野署捜査本部によると、韓国人容疑者は当初、「透明人間が自分の中に入ってきた」などと意味不明の供述を繰り返していました。
 
しかし、弁護人の選定にあたっては「日本人は嫌だ」と主張しています。
 
産経新聞の初報(5月22日午前)は、犯人の韓国籍の男について「精神科への通院歴がある」と報道しました。
 
 

 
また、「在日が何らかの犯罪に手を染める時には、事前に精神科に通院したり入院したりしてから犯行に及ぶケースが多い」と記事にしたブログもありました。
 
ブログ「保守への覚醒」転載
 
在日が何らかの犯罪に手を染める時には、事前に精神科に通院したり入院したりしてから犯行に及ぶケースが多い。日本の刑法の弱点を突く作戦のようだが、在日社会では一つの知恵として定着しているとさえ言われている。

「日本人なら何人も殺そうと思った!」との供述は、在日韓国人が日本人だけを無差別に狙った在日テロである。「統合失調症」とかの言い逃れで許される事件では無い。
 
「康桂善」は逮捕されたときに大阪府警生野署の取調べで、「生粋の日本人なら何人も殺そうと思いました」と供述をしていたのです。
 
大阪市生野区といえば、全国の地域(都道府県と市区町村)で、全人口に占める韓国・朝鮮人の居住者の比率がダントツの1位の地域です。
 
全国の計1802地域を対象とする韓国人・朝鮮人比率の地域ランキングで、1位は 大阪市生野区 15.486%であり、6人に1人が韓国・朝鮮人です。
 
 
順位  自治体名  韓国人・朝鮮人比率 韓国人・朝鮮人  人口総数 
                                              Å÷B      2010(A)    2010(B)
1
大阪市生野区(大阪府) 15.486   20,753   134,009

2
大阪市東成区(大阪府)  5.667    4,547    80,231
3
神戸市長田区(兵庫県)  4.633    4,708   101,624
 

 
つまり、石を投げれば在日韓国・朝鮮人に当たるような地域なので、「康桂善」は越智さんに「お前は日本人か?」と確かめたのです。
 
それを「康桂善」は、在日韓国人弁護士と手を組み、事件当時の「康桂善」を「心神喪失」状態だったとして無罪を勝ち取るつもりです。
 
>大阪地検は12日、同容疑について処分保留とし、精神状態を調べるため近く鑑定留置する
 
大阪地検は12日、越智美智子さんに対する殺人未遂と銃刀法違反容疑について「康桂善」を「処分保留」としました。
 

拘置していた被疑者に犯罪の嫌疑が認められないか、不十分である場合に釈放すること。起訴、不起訴の判断はされずに被疑者を釈放する。検察が被疑者を勾留できる期間は最大23日であり、この勾留期限までに起訴、不起訴を決定できない場合に処分保留となるが、起訴できる新たな証拠が見つかった場合には、再逮捕される可能性がある。
なお、起訴猶予とは犯罪の事実がありながらも、犯罪後の情況によって起訴しないことであり、事実上不起訴と同様のものとなっている。それに対して処分保留は、以後再び逮捕される可能性を残している。
 
そして大阪地検は川口修一さんに対する殺人未遂容疑で再逮捕した「康桂善」を、刑事訴訟法第167条に基づき「鑑定留置」します。
 
 
被疑者・被告人の心神・身体について鑑定が必要な場合に、期間を定めて被疑者・被告人を病院等の施設に留置すること。刑事訴訟法の規定に基づいて、裁判所がその職権または検察官の請求に基づいて行う処分。
 
「康桂善」の心身鑑定結果により、大阪地検は越智美智子さんに対する殺人未遂と銃刀法違反容疑について「康桂善」の「再逮捕」を判断します。
 
それでも大阪地検は、川口さんと越智さんに対する殺人未遂容疑と銃刀法違反容疑で「康桂善」を起訴するでしょう。
 
「康桂善」の委任を受けた在日韓国人弁護士は法廷で、事件当時は心神喪失状態で「康桂善」を「精神疾患」として弁護を展開するでしょう。
 
しかし「康桂善」は、自宅マンション1階で川口さんを「待ち伏せ」して刃物で刺し、越智さんに「お前は日本人か?」と確かめてから刃物で刺したのです。
 
「康桂善」は逮捕当時に「生粋の日本人なら何人も殺そうと思いました」と供述しており、「精神疾患」ではありません。
 
大阪地裁の裁判で「康桂善」に実刑判決が下されなければ、韓国人が日本人の命を狙う第2第3の犯行が起きる可能性もあります。
 
「康桂善」による 生野区 連続通り魔事件は『Wikipedia』に掲載されていましたが、「1か月で忘れられる程度の事件」などという理由で管理者が削除しました。
 
韓国人による生野区連続通り魔事件のWikipedia項目が「ニュースサイトではなく事件の1つでしかない」という理由で削除



5月22日の早朝に起きた大阪市生野区の通り魔事件。相次いで60代の男性と女性が刺され「日本人を殺す」と供述。「日本人か?」と数回ほど訪ねそうだと答えると包丁で襲いだしたという。そんな事件が『Wikipedia』に掲載されたのだが、その項目が削除されてしまったのだ。

削除理由としては次の様な意見が挙がっている。

削除 衝撃的な事件ではありますが、特筆性の観点からは時事問題の一つでしかないように思えます。発生から間もないということもあり今現在は頻繁にメディアで取り上げられていますが、1ヶ月もすれば話題に上らなくなるのでは。ウィキペディアはニュースサイトではありません。
削除 時期尚早。ケースE「百科事典的な記事に成長する見込みなし」を、「見込みがあるかどうか現段階では判別不能」として適用。
削除 上記3名の方々の指摘に同意。また、被疑者の供述内容から、立項者による次のような編集がおこなわれているが、過剰な関連付けの感が強く、適切な編集とは言い難い。
削除 現時点では記事にするほどの特筆性を有しておらずケースEに該当すると考えられます。ただし、事象の発展により特筆性を有すると考えうる材料が生じた時点での再執筆には反対しません。
2013.06.11ガジェット通信抜粋
http://getnews.jp/archives/358261
 
 

殺人未遂罪200567日から2010125日まで一審判決刑罰別人数
※グラフの右下クリックで拡大できます。
 
●告知
 
 

 
日韓基本条約締結の日に訴える!
竹島強奪、天皇陛下侮辱、仏像を盗んで開き直り、靖国神社への放尿・放火、 生野区での日本人刺傷、原爆投下礼賛、世界中での慰安婦デモ拡散、国際条約を無視してとことんまで日本を貶める韓国を絶対に許すな!

反日韓国は敵国だ!
日韓通貨スワップ延長絶対阻止!
親韓議員は全員落選!
日韓国交断絶で日本の未来を勝ち取るぞ!

日時:平成25年6月22日(土曜日)
15時 集合 集会
16時 デモ行進出発
場所: 渋谷区 立宮下公園( 渋谷区神宮前6-20-10
主催:【日韓断交共闘委員会・帝都】
 
 
日本の法曹界には反日左翼が多く、自称人権派の弁護士や在日韓国人弁護士が「康桂善」の弁護をしますが、大阪地裁・高裁は「康桂善」を無期懲役とするべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、康桂善容疑者についてご考慮下さい。
 
日本人の命を狙った犯行を許すな!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。