HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  「日本は加害者、韓国は被害者」=慰安婦問題で対応要求―李大統領、慰安婦問題は日韓基本条約締結で解決済み、韓国の国内問題で人道主義的な措置を取るのは韓国政府だ、「李容洙」(イ・ヨンス)の嘘だらけの証言!
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国の李明博大統領が「日本は加害者」として従軍慰安婦問題の対応を要求したのはご存知だと考えます。
 
 
「日本は加害者」=慰安婦問題で対応要求―韓国大統領
 
【ソウル時事】韓国の李明博大統領は11日、韓国メディアなどとのインタビューで、旧日本軍の従軍慰安婦問題に関し「日本は加害者として被害者らに人道的措置を必ず取らねばならない」と強調した。聯合ニュースが報じた。

 李大統領は「韓日関係を非常に直接的に表現すると、日本は加害者で韓国は被害者の立場だ」と指摘。「昨年12月、京都で野田佳彦首相と会った時も(慰安婦問題で)いろいろと提案したのに、国内の政治問題のためか一歩も進展がない。法律的なことでなくとも、人道主義的な措置を必ず取らねばならない」と語った。

 韓国政府は慰安婦問題について、交渉努力をしないのは違憲とした昨年8月の憲法裁の初判断を踏まえ、日本側に対応を求めてきた。李大統領の発言の背景には、来年2月の自身の任期切れを控え、問題が進展しないことへのいら立ちもあるとみられる。
時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120611-00000156-jij-int
 
 
>旧日本軍の従軍慰安婦問題に関し「日本は加害者として被害者らに人道的措置を必ず取らねばならない」
 
李明博は、資料を基に従軍慰安婦が存在した事実を証明すべきだ!
 
日本政府・日本軍が、慰安婦を強制連行したことや慰安所を設置したことはありません。
 
また、従軍看護婦や従軍記者のように、慰安婦を軍属扱いしたこともありません。
 
そもそも、大東亜戦争当時に「従軍慰安婦」という呼称すら存在しませんでした。
 
大東亜戦争当時、陸軍大将の俸給は年間約6600円(月給550円)で、二等兵は年間約180円(月給15円)でした。
 
1944年頃、九州の炭坑での朝鮮人の月収は150~180円で、巡査の月給は45円、大卒事務系初任給は75円でした。
 
1944年頃、韓国での慰安婦募集広告には、「月給300円以上。3000円まで借金が可能。」とあります。
 

 
 
現在の貨幣価値にすると、慰安婦の月給は133万円以上で、1330万円もの借金が可能でした。
 
ビルマで慰安婦をしていた「文玉珠」(朝鮮人)は、「文原玉珠」名義で野戦郵便局に貯金をしていました。
 
そして、慰安婦時代の2年半の間に貯めた郵便貯金「2万6145円」を、平成4年(1992年)に日本の郵便局を訪れて返還要求しました。
 

 
文玉珠は、貯金から5000円を朝鮮の大邱の実家に送金して、わずか2年半で陸軍大将の4年分の年収、現在の貨幣価値で約6000万円もの貯金をしました。
 
つまり、日本政府・日本軍に強制されたという従軍慰安婦ではありません。
 
同じ朝鮮人に騙される・誘拐されるなど、犯罪により慰安婦になった朝鮮人女性はいましたが、日本政府・日本軍による従軍慰安婦は存在しません。
 
韓国には元慰安婦の証言しかありませんが、従軍慰安婦という名の日本軍人相手の韓国人売春婦は、証言が変わる大嘘つきしかいません。
 
韓国の元慰安婦、イ・ヨンスらは訪米して、昨年12月16日(現地時間)、ニューヨークの日本国連代表部に、「日本政府が日本軍慰安婦を公式に認定して謝罪せよ」という請願書を手渡しました。
 

 
 
イ・ヨンスらは、米国パラセイズ・パーク市の図書館に設置されている「日本軍従軍慰安婦の碑」(キリム碑)にも行きました。
 

米ニュージャージー州パラセイズ・パーク市公立図書館にある「日本軍従軍慰安婦の碑」(キリム碑)
 
1930年代から45年まで日本帝国主義の軍隊に踏みにじられた20万人の女性と少女を称える
慰安婦とされた人々は想像することも出来ない残酷な人権侵害にあった
私たちは人類に対するこの残虐な犯罪を決して忘れてはいけない
 
「李容洙」(イ・ヨンス)の嘘だらけの証言!
 
1.1993「写真記録 やぶられた沈黙」では、1944年夏、友達が家に誘いに来てついて行くと、軍服みたいな服を着た男がおり、ワンピースと赤い靴をもらって感激してついて行く。
 
2.1993・10「証言 強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち」では、一九四四年、私が満十六歳の秋のことです。川のほとりで見かけた日本人の男の人が立っていました。国民服に戦闘帽をかぶっていました。赤いワンピースと革靴の入った包みをもらって、幼心にどんなにうれしかったかわかりません。もう他のことは考えもしないで即座についていくことにしました。
 
3.英文中国日報(1998・.8・23)では、1944年のある夜、韓国の故郷から日本軍により誘拐され、日本軍の性奴隷として足かけ3年間従事慰安所に送られた時は、わずか数え年16歳であった。
 
4.元「慰安婦」へ補償を~日本共産党との会合 (2002・6・26)では、14歳で銃剣をつき付けられて連れてこられたこと、拒むと殴られ、電気による拷問を受けて死にかけたことなどを話した。
 
5.「消せない記憶」~京都での市民集会李容珠 (2004・12・4)では、1944年、16歳の時に「軍服みたいな服を着た男」に連行され、台湾へ。日本軍「慰安婦」としての生活を3年間強制された。
 
6.京都新聞(2004・12・5)では、16歳でわけが分からないまま連行され、1944年ごろ、旧日本軍に拉致され、台湾で約3年間従軍慰安婦として過ごした。
 
7.証言集会~同志社大学(2005・4・21)では、女性が片手で私の肩を抱いて、もうひとつの手で口を塞いで私を連れて行きました。その時、私は韓国の年齢で16歳でした。
 
8.朝日新聞(2005・8・11)では、韓国の大邱から15歳ごろ連行された。
 
9.埼玉上田知事発言に元慰安婦が抗議(JanJan 2006・10・13)では、15歳で韓国・大邱の家から軍人に拉致され、台湾まで連れ去られ、敗戦で解放されるまでの3年間の経過を証言した。
 
10.中央日報「米議会で初の‘慰安婦聴聞会’韓国・オランダ人女性3人が証言」(2007・2・16)では、1944年の16歳の時に台湾に慰安婦として連行された。
 
11.イヨンスさいたま公聴会(2007・2・23)では、15歳の時、家で寝ているとき小窓をたたく音に目を覚まして。
 
12.JANJAN「米公聴会でも証言した李容洙さんが、埼玉で再び「証言・告発」(2007・2・26)では、15歳のとき、小銃で脅され、大連から、台湾に連行され新竹海軍慰安所で特攻隊員の慰安婦とされた。
 
 
上記は、「李容洙」(イ・ヨンス)の証言の一部ですが、共通しているのは1944年だけです。
 
慰安婦になった状況や、年齢も14歳から16歳と違っています。
 
当初は、1944年の秋から3年間慰安婦として生活をしたとの証言でした。
 
しかし、3年間の慰安婦をしたのであれば、大東亜戦争終結後も従軍慰安婦を続けたことになります。
 
2007年2月23日に埼玉で行われた、「イ・ヨンスさんのお話を聞く会」の配布資料では、「戦後も慰安婦を続けたのは嘘だ!」と非難されたので、1年弱と訂正をしました。
 

 
 
>「韓日関係を非常に直接的に表現すると、日本は加害者で韓国は被害者の立場だ」
 
李明博は、また「日本はドイツに学べ」と言わないのか?
 
私は本ブログ5月31日の記事にしましたが、韓国は、日韓併合より大東亜戦争終結までの日本を加害者に仕立て上げて、韓国を被害者にしています。
 
 
>法律的なことでなくとも、人道主義的な措置を必ず取らねばならない
 
李明博は、自分の発言を理解しているのか?
 
韓国の大統領が、「法律的なことでなくとも」と発言をしたのですから、慰安婦問題は日韓基本条約で解決していると認めたことになります。
 
慰安婦問題は、韓国の国内問題なのですから、人道主義的な措置を取る立場とは、韓国政府のことです。
 
日本と韓国は、1965年に「日韓基本条約」並びに「日韓請求権並びに経済協力協定」(財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定)を締結しています。
 
日韓請求権並びに経済協力協定の第二条、「両国民の間の請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決された」と合意・確認しているので、日本は韓国から慰安婦の賠償請求を受ける義務はありません。
 

 
 
日韓基本条約締結時に、日本は韓国に対して個人への直接補償を提案しましたが、韓国側が拒否をしました。
 
韓国政府が、韓国人への個別補償をすると決めたのですから、元慰安婦への補償義務は韓国政府にあります。
 

 
 
>李大統領の発言の背景には、来年2月の自身の任期切れを控え、問題が進展しないことへのいら立ちもあるとみられる
 
政権末期で焦っているだけですが、もう在日本韓国大使を召還することはできないのでしょう。
 
2009年7月15日、竹島について中学校の新学習指導要領の解説書記述問題で、権哲賢在日大使は韓国政府の指示で、日本政府への抗議の意志表示として一時帰国をしました。
 
権哲賢在日大使は羽田空港で記者団に対して、「簡単には戻ってこない。大変失望した。日本は本当に近くて遠い国だ」と、語気を強めて日本政府を批判しました。
 

 
 
しかし、権哲賢は10日ほどで帰任したので、「プチ家出」と笑いものになりました。
 
 
明治7年4月に日朝交渉に臨んでいた日本側代表が確認した、300年以上前(江戸時代)に朝鮮人が交易における日本人懐柔法の手引書があります。
 
「朝鮮人が日本人をあつかう6ヶ条の秘訣」(公文別録・朝鮮始末391頁に記載)
 
一、 遜辭 屈己接人辞氣温恭 (腰を低くして接する)
一、 哀乞 勢窮情迫望人見憐 (憐れみを誘う態度を取る)
一、 怨言 失志慷慨激出怒膓 (狂ったように怒る)
、恐喝 将加威脅先試嚇動 (威圧し脅す)
、閃弄 乗時幸會翻用機関 (あらゆる機会に乗じて翻弄する)
一、 変幻 情態無常眩惑難測 (ころころ態度を変えて惑わす)
 
仕事などで韓国人と付き合う方もいるでしょうが、現在でも韓国人が使う手口ですから、日本国民は覚えておくべきです。
 
韓国は、米国紙に従軍慰安婦問題の広告を掲載していましたが、韓国メディアは、米国で切手を発行したと報道しています。
 

 
日本軍従軍慰安婦は存在しませんし、慰安婦問題は日韓基本条約締結で解決済みで韓国の国内問題ですから、人道主義的な措置を取るのは韓国政府です。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。