HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  程永華駐日大使「最近はいろいろと雑音が聞こえてくる。国民感情の対立をあおるような、挑発しようということが感じられる」都の尖閣購入に不快感、石原都知事が国会で吠えた!「強盗から尖閣諸島だれが守るんだ」
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、中共大使が感情対立をあおるような挑発が感じられると発言したことはご存知だと考えます。
 
 
中国大使「感情対立あおる挑発」 日中関係で講演-
 
中国の程永華駐日大使は12日、日中国交正常化40周年を記念して札幌市で開かれた会合で講演し、日中関係について「最近はいろいろと雑音が聞こえてくる。国民感情の対立をあおるような、挑発しようということが感じられる」と述べた。東京都の石原慎太郎知事が進める沖縄県・尖閣諸島購入計画を念頭に不快感を示したとみられる。また「本当の中日友好、国益はどこにあるのか。冷静な認識で対応していただきたい」と強調。
共同通信
http://news.infoseek.co.jp/article/12kyodo2012061201001851
 
 
>「最近はいろいろと雑音が聞こえてくる。国民感情の対立をあおるような、挑発しようということが感じられる」
 
>「本当の中日友好、国益はどこにあるのか。冷静な認識で対応していただきたい」
 
お前が言うな!
 
私は本ブログで記事にしましたが、程永華駐日大使は「世界ウイグル会議」の日本開催で、与野党の国会議員に恫喝とも受け取れる抗議文を送り付けました。
 
 
程永華駐日大使は、「創価大学」のOBです。
 

 
「池田大作」創価学会名誉会長が中国から貰った「駐日大使」というお年玉 (週刊新潮2010年1月21日号)
 
 
中共は、1972年の日中国交正常化の地ならしを行った池田大作を、「井戸を掘った功労者」と評価しています。
 
中共は、池田大作を強い力を持った政治家と位置付けて、胡錦濤と池田大作は3回も会談をした旧知の仲です。
 

 
2008年5月8日、池田大作創価学会名誉会長と中共の胡錦濤国家主席
 
 
現在のマスコミは創価学会に支配されていますが、まだ支配される前、例えば、昭和32年のニュースでは創価学会の巨悪を報道していました。
 
昭和32年のニュース/創価学会の折伏(勧誘)の様子(動画)
 
 
動画の2分11秒辺りに、選挙違反で検挙された、若き日の池田大作(ジープから降りる白いシャツ)らしき姿が映っています。
 
この時、池田大作は取り調べの刑事から「こら朝鮮!」と怒鳴られたことが忘れられないと言われています。
 
そして、創価学会の青年部は、「勉強できる者は検事になれ、それ以外は警官になれ」というコースが決められたと言われています。
 
程永華による対日強硬発言は、外務省の中でも、「大鳳会(おおとりかい)」という、中共を親と慕う「創価学会」の池田大作信者の集まりが元凶です。
 
2008年6月の聖教新聞は第一面に、ブラジルへの日本人移住100周年を慶祝する記念式典にご臨席された皇太子殿下と、池田博正SGI副会長の写真を掲載しました。
 
宮内庁は承知していなかったとしましたが、創価学会による皇室の利用を企てたのは、外務省のサンパウロ新総領事で「創価大学」の一期生だと言われています。
 

 
 
程永華駐日大使が、感情対立をあおるような挑発が感じられると発言したのは6月12日です。
 
6月11日の衆院決算行政監視委員会の参考人招致で、石原都知事が意見を述べました。
 
程永華駐日大使は、前日の石原都知事の発言を受けて、東京都の尖閣諸島購入計画に不快感を示したのです。
 
石原都知事が国会で吠えた!「強盗から尖閣諸島だれが守るんだ」

「(中国は)お前の家に強盗に入るぞと宣言したんだ。いったい誰がこの島を守るんですか」

衆院決算行政監視委員会はきのう11日(2012年6月)、尖閣諸島の購入計画を進めている石原東京都知事を参考人として呼び、購入の意図や予定を聞いた。

「相当吠えましたね」(小倉智昭キャスター)

「東京都がやるのは筋違いだよ。政府にやってもらいたいよ」

「(中国は)日本の実効支配をとにかく破壊するために、もっと果敢な行動に出ると…。これはね、いよいよお前の家に強盗に入るぞということを宣言したんだ。いったい誰がこの島を守るんですか。政府にやってもらいたいよ。東京がやるのは筋違いだというが、筋違いだよ。筋違いだけどやらざるを得ないじゃないですか。強盗に入るぞと宣言されながら、戸締りをしない国が世界中どこにあるんですか」

石原の怒りの矛先は2010年9月に尖閣諸島で起きた中国漁船衝突事件の政府対応にも向けられた。

「この船長を捕まえてね、即時釈放でしょう。誰が釈放したんですか。沖縄の地検の検事?冗談じゃない、外務省でしょう。石垣島の空港を夜中の3時に開けさせてですよ、あの船長を向こうのある高官が特別機で迎えに来て、空港の使用料を1円も払わずに連れて帰って、(船長は)英雄扱い。こんなバカな目に晒される国がどこにあるんですか。あなたたちの責任だよ!」

尖閣購入に慎重論の丹羽大使「速やかに更迭すべき」

新聞報道によると、石原は英国新聞のインタビューで「(尖閣諸島の購入は)日中関係に重大な危機を招く」と発言した丹羽宇一郎駐中国大使にも触れ、「政府の見解と違う発言をする大使を置いておく必要はない。速やかに更迭すべきだ」と切って捨てたという。政府は日中国交正常化40周年の節目を理由に、丹羽大使を交代させる考えはないというが、何かと言い訳の理由を見つけては中国側に刺激を与えることを避けてきた政府の弱腰。その弱腰を見透かすように振る舞う中国の傲慢な姿勢にこのままでは歯止めが効かなくなる。

J-CASTテレビウォッチ
http://news.livedoor.com/article/detail/6649889/
 

 
 
都の尖閣購入計画を批判している親中マスコミに騙されている国民もいますが、真実は違います。
 
石原都知事は、都が購入する尖閣3島(4島)の国有化を否定していません。
 
都知事は、「飛行場や港(建設)は国がやることだ」と述べています。
 
また、外務省の批判も述べていましたが、本ブログ4月25日の記事で、石原都知事の米国での講演の一部を文字お越した内容と同じです。
 
画像はブログ「銀色の侍魂」様より
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
批判される立場は、中共に土下座外交をして尖閣諸島の実行支配を強化できない政府のほうです。
 
民主党政権が尖閣衝突事件で、逮捕した中共人船長を起訴もしないで釈放をした対中国辱外交により、強制起訴も控訴棄却で船長は無罪確定になりました。
 

 

 

 
野田佳彦首相は12日の衆院予算委員会で、丹羽宇一郎駐大使について、自民党などの更迭要求に応じない考えを示しました。
 

 

 

 
私のブログへ御来訪下さる方より、「政府、与野党、外務省に大使失格の丹羽宇一郎の更迭を求める声を届けよう!」という呼びかけを頂戴しました。

 
大使の正式名称は「特命全権大使」で、丹羽宇一郎は天皇陛下の認証を受けた立場にいます。
 
国際社会で、丹羽宇一郎が海外メディアで発言したことは、個人的見解にならないので、「注意」で済ませることではありません。
 
石原都知事は12日の都議会本会議で、都保有の海洋調査用の船を使って尖閣諸島の現地調査を行う考えを明らかにしました。
 
調査時期や国への許可申請は、「(地権者との交渉で)ある形がまとまってから」としています。
 
政府・与野党に、丹羽大使の更迭と、都の上陸を許可するように声を届けましょう。
 
「首相官邸・ご意見募集」

 
「民主党・ご意見・ご感想」
 
「自民党・ご意見」
 
「公明党・ご意見・ご要望」
 
「みんなの党・ご意見」
 
「たちあがれ日本・ご意見・ご要望」
 
「各府省への政策に関する意見・要望」
 
 
4月27日に開設した「東京都尖閣諸島寄附金」の口座への入金は、6月11日現在で7万7882件、11億1991万983円にもなっています。
 
6月4日に開設した「 石垣市 尖閣諸島寄附金」の口座への入金は、6月12日現在で121件、169万423円になっています。
 
「東京都尖閣諸島寄附金」は、ゆうちょ銀行にも口座を開設しました。
 
今後も、1192円(いい国)や559円(護国)でもよいのですから、寄付を継続しましょう。
 
東京都尖閣諸島寄附金について
 
みずほ銀行 東京都庁出張所(店番号777)
口座名「東京都尖閣諸島寄附金」
普通預金 口座番号 1053860
 
ゆうちょ銀行
口座記号番号 00110-9-386056
加入者名「東京都尖閣諸島寄附金」
 
(東京都知事局ホームページ)
 
 
 
石垣市尖閣諸島寄附金について
 
口座名「 石垣市 尖閣諸島寄附金」
琉球銀行  八重山支店(店番号703)普通預金 口座番号881110
沖縄銀行  八重山支店(店番号601)普通預金 口座番号1789762
海邦銀行  八重山支店(店番号080)普通預金 口座番号0741362
ゆうちょ銀行 {口座開設(6月中旬予定)に向けて、準備を進めています。}
 
( 沖縄県石垣市 企画部すぐやる課)
 
程永華駐日大使が都の尖閣購入に不快感を示しましたが、中共が嫌がることこそ日本の国益で、石原都知事の「強盗から尖閣諸島だれが守るんだ」は真実の声です。
 
良識ある日本国民の皆様、尖閣諸島についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。