HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  秋山成勲が竹島領有権の質問に「ん~。 難しい問題ですね。自分的には元々誰の物でもないから、みんなの物じゃないですか!」と回答、日本は帰化条件を厳格化して日本に忠誠心を誓う外国人へのみ帰化を認めるべき
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、格闘技選手の秋山成勲が竹島はみんなのものと発言したのはご存知だと考えます。
 
 
秋山成勲、ツイッターでの「独島はみんなのもの」発言が物議=韓国
 
異種格闘技選手の秋山成勲さん(36)が17日、自身のツイッター上でフォロワーからの竹島(韓国名:独島)についての質問に答え、注目を集めた。韓国の複数のメディアが報じた。

韓国メディアは、「秋山成勲『独島はみんなのもの』発言が論議」「秋山成勲 『独島は日韓両方のもの』発言」などと題し、在日同胞の異種格闘技選手であるチュ・ソンフン(秋成勲・韓国名)が「独島は私たちすべてのもの」という発言で論議の俎上(そじょう)に上がったと伝えた。
 
  発端は、ある日本人のインターネットユーザーの「秋山さん、竹島は日本、韓国どちらの領土だとお考えですか?」との質問から始まった。これに対し秋山さんは「ん~。 難しい問題ですね。自分的には元々誰の物でもないから、みんなの物じゃないですか!」と答えた。

  この発言が伝えられると、韓国のネットユーザーから「独島が元々誰のでもないなんて不合理だ」「他の方法で答えることもできたのに」「独島は当然私たちの領土なのにどういうことなのか?」との非難が殺到した。

  一方で、一部のネットユーザーは「どのように答えても、悪口が返ってくるような質問」「日本国籍のチュ・ジフンに、われわれのような回答を望むのは酷だ」「彼は両国のファンを意識しないといけない」という、秋山さん自身の立場を考慮するような意見も見られた。

  韓国メディアは、在日同胞3世の父と韓国人の母の間に生まれた彼にとって、今回の独島に関する質問は明らかに答えるのが難しい問題であるとの見方を示した。18日午前現在、秋山さんの返答はすでに削除されている。
サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0618&f=national_0618_027.shtml
 
>異種格闘技選手の秋山成勲さん(36)が17日、自身のツイッター上でフォロワーからの竹島(韓国名:独島)についての質問に答え、注目を集めた
 
秋山成勲は韓国系日本人です。
 

 
 
秋山成勲は在日韓国人4世として、大学卒業後に韓国の市役所に勤務しながら、柔道の韓国代表としてオリンピック出場を目指しました。
 
しかし、韓国では在日韓国人だと差別を受けたので、韓国代表になることを断念して日本国籍を取得しました。
 
秋山成勲は、「柔道のために日本国籍を取りはしたが、私は永遠に韓国人だ」・「わが大韓民国最高」などと発言しているので、日本人という自覚はありません。
 
>「秋山さん、竹島は日本、韓国どちらの領土だとお考えですか?」との質問から始まった。これに対し秋山さんは「ん~。 難しい問題ですね。自分的には元々誰の物でもないから、みんなの物じゃないですか!」と答えた
 
鳩山かぁ^^
 

 
竹島の領有権について質問されているのに、みんなの物では答えになっていません。
 
>韓国のネットユーザーから「独島が元々誰のでもないなんて不合理だ」「他の方法で答えることもできたのに」「独島は当然私たちの領土なのにどういうことなのか?」との非難が殺到
 
こんな中途半端な答え方をすれば、韓国から非難されるのは当然です。
 
秋山成勲は、竹島は韓国の領土だと答えたかったはずですが、日本での活動に問題が生じると考えたのでしょう。
 
しかし、マスコミのインタビューではなくツイッターでの質問なのですから、答えなければ良かったのです。
 
秋山成勲は、これからも日本人として生きていくのであれば、韓国が竹島を奪う際に、日本人の血と涙が流れた真実を知るべきです。
 
韓国政府は、1952年4月のサンフランシスコ平和条約発効に先立ち、国際法を無視して同年1月18日、李承晩大統領が「海洋主権宣言」という一方的宣言を行いました。
 

 
 
そして韓国政府は、「李承晩ライン」を引きました。
 
韓国政府は日本政府に対して、日本海の竹島周辺海域で日本が操業できる漁場や、天然資源・水産物などを利用する権利を主張しました。
 
韓国政府は、李承晩ラインに入る日本漁船は武力を持って排除すると通告をしました。
 

 
 
1953年4月20日に、韓国人が竹島に駐在しました。
 
6月27日、島根県と海上保安庁が共同で竹島を調査して、韓国人6名を退去させて領土標識を建てました。
 
しかし、武装した韓国人が戻ってきて、韓国は1956年に警察を上陸させて不法占拠を開始しています。
 

 
 
韓国による火事場泥棒で、日本漁船の拿捕が続いて、娘が生まれたばかりの若い漁師など44人もの死傷者がでました。
 
また、日韓漁業協定が成立する1965年まで人質(最大13年)にされた抑留被害者が虐待されて、損害額は当時の金額で90億円を超えたといわれています。
 

 
 
日本に帰化したスポーツ選手の中で、日本人としての自覚がないのは、秋山成勲と同じ韓国系日本人の李忠成です。
 
日本が優勝した「アジアカップ2011」のオーストラリアとの決勝戦で、決勝ゴールを決めた日本代表の李忠成は、2007年に日本に帰化した在日韓国人4世です。
 
李忠成は、2004年に「U-19韓国代表チームの候補」に招集されました。
 
しかし、韓国でのキャンプの際に「半チョッパル」(韓国は日本人をチョッパリ=豚の足と侮辱)などの差別を受けて、韓国代表選手にも選ばれませんでした。
 
これまでの李忠成の発言を考えると、日本人と言う自覚がないので日本国籍を認めたのは間違いでした。
 

 
 
李忠成(韓国系日本人)
 
「大舞台で得点し、世界に在日韓国人の可能性をアピールしたい。」
「五輪がなければ国籍変更していない。人生を変える大きな決断だった。」
「韓国代表で出たかったが選ばれなかったので、日本代表でもいいかなと。」
「在日同胞のためにがんばる。」
「韓国人、日本人ではなく、サッカー選手としてここにいる。」
「日本で生まれたが、母と父に韓国の文化を学び、朝鮮学校に通った。体の中に韓国人の血が流れているという事実を忘れてはいない。今は、日本の国家代表選手として活躍しているが、韓国人だという自負心をいつも胸に抱いている」
「日本代表として北朝鮮に乗り込むという複雑なことになったが、こうやって北朝鮮の地を踏めるのは光栄なこと。」
「日本人FWが海外で活躍した歴史がない。」「朴智星さんとかは活躍している。日本人としてというより、アジア人のFWとして活躍しなきゃというのがある。」
「サッカー選手としては、いつかKリーグ(韓国)でプレーしたい思いはある。自分の母国の言葉をしっかり話せるようになりたい気持ちが強いので」
 
 
ブラジル人の三渡洲アデミールは、1995年に念願かなってようやく日本への帰化が認められると、名前をアデミール・サントスから三渡洲アデミールに改めました。
 
また、帰化を考えていた三都主アレサンドロに対して、「代表選手になりたいだけならやめておいた方がいい」とアドバイスもしました。
 

 
三渡洲アデミール(ブラジル系日本人)
「帰化するならその国に骨を埋めてもよいという気持ちで帰化すべき。代表選手になりたいだけならやめておいた方がいい。」
 

 
ラモス瑠偉(ブラジル系日本人)
「日の丸の付いたユニフォームを着るなんて本当に夢のようだった。嬉しくて涙がこぼれたよ。」
 

 
呂比須ワグナー(ブラジル系日本人)
「日本が大好きだから、日本サッカーの役に立てる仕事をしたい。」
 

 
田中マルクス闘莉王(ブラジル系日本人)
「僕は日本人になったことを誇りに思うし、こういった仲間とやれたことを神様に感謝しなくてはいけない。」
 
 
自国の領土を不法占拠している国とは敵国ですから、両国間に親善はないのが国際常識です。
 
しかし、日本政府の場合は、竹島問題を棚上げしてまで日韓友好を続けています。
 
そして、日本に居住している大半の在日韓国人は、日本のことを侮辱して母国の韓国のほうが優れていると考えています。
 
秋山成勲のように日本に帰化はしていませんが、同じスポーツマンだった元プロ野球選手の張本勲も、韓国が優れていると考えています。
 
昨年5月に放送した、TBSの「サンデーモーニング」で在日2世の張本勲は、浅田真央叩きをして、韓国のキム・ヨナを大絶賛しました。
 
張本勲は、フィギュアスケート世界選手権で不調に終わった浅田真央について、
「真央ちゃんはいったいどうしたの!全然だめ!」・「あんな演技してちゃだめ」・「素人が見たって全然良くないのが分かるよ」
と批判を連発しました。
 

 
 
韓国人男性器の長さ 長さ報告サイトで9.66cmで世界最下位
 
iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiilii
0   1   2   3   4   5  6   7   8   9  10  11  12  13  14  15   16  17
                            ↑  ↑           ↑   ↑  
                    チンパンジー  韓国     米国/日本  ドイツ フランス
 
 
野村克也講演会から抜粋(ネット掲示板より)
 
昔のパ・リーグにはいろんな個性的な選手が居ました。名前は出せないんですが、誰もが名前を知っている大打者の話です。
彼と私とではチームが違ったんですが、どっちも若い頃からオールスターの常連だったんでそういった舞台では同じチームの一員として戦ったんです。
 
オールスターゲームが終わったあとはチームみんなで一緒に風呂に入るんですが、まあ男所帯ですからみな前など隠さず堂々としたもんです。ところがその件の大打者だけはなぜかいっつも前を隠す。
 
これがどうも気になりましてね。ある意味捕手の職業病というやつでしょうか。
そこで私はある先輩と結託して、その選手が頭を洗っている隙に股間を隠してるタオルを奪い取ったんですわ。
 
するとそこには小さな獅子唐が……。
その選手は顔を真っ赤にして逃げるように風呂から出て行きました。
 
それから何年も経って、互いにベテランと呼ばれる歳になって、その大打者は球界を代表する打者になったのと同時に非常に態度のでかい打者になったんです。
私の囁き戦術なんかもまるで通じない。
 
そこで私はその若い頃の風呂場の一件を思い出し、こう囁いたんですわ。
『ハリ、お前は態度がでかいのに、ナニは小さいのう』って。
そうしたら張本の顔が信号機みたいに真っ赤になって……。
その打席では効果があったんですが、次の打席では空振りの振りをして私の頭をバットで殴りおったんですわ。まあ、野球が大らかだった時代の話です。
 
 
秋山成勲が「竹島を日本の領土」と答えられなかったことでもわかるように、日本は帰化条件を厳格化して、日本に忠誠心を誓う外国人へのみ帰化を認めるべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、秋山成勲についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。