HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国保守系団体が北朝鮮サッカー代表で在日3世の鄭大世を「国家保安法違反」で告発、ラモス瑠偉「日本で戦争が起きたらオレは戦う。だって日本人なんだから」スパイ防止法さえない日本は異常で帰化条件厳格化しろ
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

忘れずに、最初にクリックをお願いします。
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国の保守系団体が北朝鮮サッカー代表の鄭大世選手を「国家保安法違反」で告発したことはご存知だと考えます。
 
鄭大世、国家保安法違反の疑い 韓国の保守系団体が告発


鄭大世、韓国の保守系団体に「国家保安法違反」で告発される

北朝鮮代表で韓国Kリーグの水原三星に所属する鄭大世(チョン・テセ)選手が14日、韓国の保守系団体から国家保安法違反でソウル中央地検に告発された。

保守系メディア「メディアウォッチ」(代表ビョン・ヒジェ)は14日、「韓国インターネットメディア協会」のサン・スンフン代表が同日午後3時ごろ、ソウル中央地検に鄭選手を告発したと報じた。

告発理由は、2010年のワールドカップ(W杯)に出場した際、北朝鮮の愛国歌(朝は輝け)を涙を流しながら歌い、北朝鮮を祖国だと話して北朝鮮を称賛・広報したため。また、英メディアとのインタビューで「私は金正日を尊敬する。何が起きても金正日を信じ従う」などと話しており、この行為は国家保安法第7条(鼓舞・称賛罪)に当たるとした。

さらに、「2008年7月2日にハンギョレ新聞に偽名でコラムを寄稿し、金日成の民族主義教育を広報したこと」や、「2012年6月にSBS放送に出演して朝鮮総連の愛知朝鮮学校を広報した経緯」などについても調査するよう求めた。

鄭選手は、韓国国籍の父と朝鮮国籍の母親を持つ在日コリアン3世。父と同じ韓国国籍を持つが、朝鮮学校に通い、Jリーグに所属していた2007年に北朝鮮代表に選ばれた。現在は韓国の水原三星に所属する。

韓国では最近、今年のオールスター戦出場選手を決めるファン投票が行われ、鄭選手が一時トップを獲得したが、一部の保守系ネットユーザーらが鄭選手に共産主義者のレッテルを貼り出場に反対した。
2013年06月14日韓フルタイム 抜粋
 
>北朝鮮代表で韓国Kリーグの水原三星に所属する鄭大世(チョン・テセ)選手が14日、韓国の保守系団体から国家保安法違反でソウル中央地検に告発された
 
韓国政府が入国・就労を認めたからだ^^
 
当ブログの読者の中には「くだらない兄弟喧嘩」と考える方もいるでしょうが、こんな南北朝鮮人が日本にはウヨウヨいるのです。
 
鄭大世(チョン・テセ)北朝鮮サッカー代表選手が告発された「国家保安法」とは、韓国の治安立法の一つです。
 
「国家保安法」では、韓国内で北朝鮮・共産主義を賛美する行為及びその兆候が取り締まりの対象となります。
 
 
 
鄭大世は名古屋で生まれた在日3世で、父親は韓国籍(在日2世)で母親は朝鮮籍(在日2世)であり、鄭大世は父親と同じ韓国籍です。
 
鄭大世の母親は朝鮮学校の教師だったといわれており、鄭大世は「朝鮮学校」を卒業しています。
 
鄭大世は、朝鮮学校で教育を受けたため心の祖国は北朝鮮であり、かねてから「ずっと祖国(北朝鮮)の代表になりたかった」と語っていました。
 
鄭大世は、韓国籍を放棄して「朝鮮籍」を取得しようとしましたが、韓国政府は北朝鮮を国家として承認していないので拒否されました。
 
鄭大世は、在日本朝鮮人蹴球協会の助けを得て、韓国籍のまま北朝鮮のパスポートを取得し、FIFA(国際サッカー連盟)に北朝鮮代表としての出場を認めさせています。
 
2010年に鄭大世は、「私の母国は日本ではありません。日本の中にもう一つの国があります。それが在日という国です。」と発言しました。
 
サッカー選手チョン・テセの本当の国籍は?~「私の母国は日本ではありません。在日という国です。」

「私の母国は日本ではありません。日本の中にもう一つの国があります。それが在日という国です。北朝鮮でも韓国でも日本でもない在日という国が私の母国で在日人という存在を広く世界に向かって広報することが自分の生き様の主題でないかと思います。」

韓国国籍の北朝鮮国家代表サッカー選手、鄭大世(チョン・テセ)選手の言葉だ。驚くべきことに彼は自分の母国は北朝鮮でも韓国でも日本でもないと言う。'在日'という国は地球上に存在しない。地図にもない。
2010年6月27日 メディアトゥデイ韓国語
 
>告発理由は、2010年のワールドカップ(W杯)に出場した際、北朝鮮の愛国歌(朝は輝け)を涙を流しながら歌い、北朝鮮を祖国だと話して北朝鮮を称賛・広報したため
 
2010 FIFAワールドカップの初戦・ブラジル戦で、北朝鮮代表として出場した鄭大世は北朝鮮の国歌演奏時に感極まって号泣しました。
 
「北朝鮮のルーニー」国歌に敗戦に号泣


国歌演奏の際、号泣し涙を流す北朝鮮のチョン・テセ=現地15日、南ア・ヨハネスブルグのエリスパーク競技場

王国ブラジルに1-2と食い下がった北朝鮮のなかでも、川崎フロンターレのFW鄭大世(チョンテセ)は一際目立つ存在だった。試合前に整列しての国歌を聴いては号泣。開始11分には往年のマラドーナばりに右サイドを疾走して4人抜きのシュート。これはGKに阻まれたが、チームの初シュートでもあった。

 わずかに1点及ばず試合終了の笛が鳴ると、そのままピッチに座り込み、また涙。鄭大世は本気でブラジルに勝とうとしていたのだ。ブラジル紙が「北朝鮮のルーニー」と呼んだ鄭大世は、世界に強い印象を残して初戦を終えた。
2010.6.16サンスポ抜粋
 
日本には、在日韓国・朝鮮人がおり、日本国籍を取得した韓国系日本人の中には日本を祖国と考えていないものがいます。
 
そもそも日本は、在日韓国・朝鮮人など在日外国人への帰化条件が甘すぎます。
 
韓国系日本人の民主党の白眞勲議員やサッカー日本代表の李忠成などに、日本国籍を取得させたのは間違いでした。
 
 

 
白真勲が帰化した(20031月)後の発言

「我々韓国人は『東海』を『日本海』とは呼べない」2003年、朝鮮日報)
「我々韓国国民にとって、(石原人気は)不思議な現象にしか見えない」2003.11.2 TBS サンデージャポン)
「在日に勇気と希望、元気を与えたい。在日も韓国系日本人も結集し、みんなの力で地方参政権を獲得しよう」(民団新聞 2004.7.14.
「日本で外国人参政権が実現しない理由は日本の一部にある偏狭なナショナリズム」(民団国会議員アンケート)
「韓国は心の中にいつもある国」(2007 聯合ニュース)
 
 
●関連記事
 
 
日本政府は在日外国人の帰化条件を厳格化して、日本に忠誠心を誓う外国人へのみ帰化を認めるべきです。
 
ブラジル出身で元サッカー日本代表のラモス瑠偉は、1989年11月に日本国籍を取得しました。
 
 

ラモス瑠偉(ブラジル系日本人)
「日の丸の付いたユニフォームを着るなんて本当に夢のようだった。嬉しくて涙がこぼれたよ。」
 
日本の政財界には「移民1000万人構想」を掲げる売国奴がいます。
 
2010年、ラモス瑠偉はテレビ朝日「スーパーモーニング」に出演し、移民1000万人構想について出演者らと討議しました。
 
鳥越俊太郎や東ちづるら全員が移民を勧めるような発言をした中、ラモス瑠偉だけは一歩も退かずに移民受入れに反対しました。
 
テレ朝スーパーモーニング移民問題特集の異常な内容
 
テレ朝系「スーパーモーニング」の2010年2月25日の放映内容に、多くの異論が提起されている。

この日は、日本の移民政策を特集し、移民1000万人構想について出演者らが討議した。そうした議論がなされにくいのは、日本には法務省を中心に強い治安思想があり、「外国の移民を入れないという強い国家の意思がある」ためであると、鳥越俊太郎は述べる。
 

 
番組では、政策の成功を前提に話が進められ、仕事そのものが少ないことや日本人労働者が過剰であることへの言及は避ける論調だった。それに対して、ラモス瑠偉が「働く場所がないと、来ても意味がないですよ」と問題を提起。さらに、「どういう人が入ってくるか分からないじゃないですか」と述べ、治安が悪化する危険性を指摘した。

その後、ローソンの2009年4月の新入社員32%が外国人であるという実態が示された。日本人だけの発想ではワンパターンで、企業の成長には足りないという。すると東ちづるは、ローソンには外国人店員が多いなどと、社員の雇用と無関係な話を始め、「すごくかっこいい人が多いの」と発言。

「リトル・ブラジル」と呼ばれるブラジル人が多い地域に話題が移ると、現地で支援活動を実践するラモスが問題を指摘した。働く場所がなく、子供は学校に行けないために犯罪に走りやすいという。そして、移民1000万人構想について、「あれはバカバカしい」と切り捨てた。
 


統計では、日本は働きたい国ランキング44位であり、物価の高さや景気悪化が支障になっているのではないかという。これについて東は、「自分たちが中心」という日本人の意識を変える必要があると力説した。しかし、言語の壁など様々な要因があることは話題にもならなかった。番組の結論は、「家庭で移民を日々考えよう」だった。それによって偏見もなくなり、もっと自由な雰囲気になるというが、「ありえない」とラモスは失笑した。
02/27探偵ファイル
http://www.tanteifile.com/newswatch/2010/02/27_01/index.html
 
 
ラモス瑠偉はインタビューで、「日の丸とか君が代が嫌なら、他の国に帰化すればいいじゃないって言いたいですよ」と述べました。
 
――そういう経験は大きいですね。経営者でも「井の中の蛙」という人も多いですからね。ラモスさんは帰化されて20年になりますが、愛国心の強さも人一倍ですよね。
 

 
日本人がどうしてこんなに愛国心が薄いのかわからない。
日本代表の選手でも君が代を歌っている人は少ないです。腹が立つんですよ。
日本人としてのプライドはないのかって。
俺は日本人だから、日本人としてのプライドを持っている。
友達にもいますけど、そんなに日の丸とか君が代が嫌なら、他の国に帰化すればいいじゃないって言いたいですよ。
bizocean抜粋
 
 
●関連記事
 
 
 
1月にラモス瑠偉は、「日本で戦争が起きたらオレは戦う。だって日本人なんだから。日本人になった期間は短いけどオレは日本人だよ」と述べました。
 
ラモス監督続投のキーポイント ビーチサッカー 本音は11人制…

 「日本で戦争が起きたらオレは戦う。だって日本人なんだから。日本人になった期間は短いけどオレは日本人だよ」と、どこまでも熱いラモス監督。この日も、選手団の中でただ1人だけ日の丸のついたジャージーを着て到着した。いまどき、これほど日本代表を強烈に意識するサッカー関係者は、ほかに見当たらない。今回のビーチW杯が終われば、いよいよラモス監督は本格的な“蹴活”に入る。
2013.01.29ZAKZAK抜粋
http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20130129/soc1301290710000-n1.htm
 
2009年に日本へ帰化した金美齢さんも、
「もし台湾と日本が戦争になったら、日本のために戦う。帰化というのはそれぐらいの覚悟がなければしてはいけない。帰化した以上、もちろん私は日本のために戦う」
と述べています。



 
韓国の保守系団体が鄭大世を「国家保安法違反」で告発しましたが、スパイ防止法さえない日本は異常です。
 
良識ある日本国民の皆様、治安立法についてご考慮下さい。
 
支那・朝鮮の工作員を取り締まれ!
 
と思われた方は、↓クリックをお願いします。↓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。