HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  K―POPブームはメディアが作り上げた「幻」と韓流ライター、KARAなどK-POPだけではなく韓流ブームというものがマスコミの作り上げた「まぼろし」、仕掛け人がいてもブームは一時的なもので消え去るもの
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓流ライターが「KPOPブームは幻」と発言したのはご存知だと考えます。
 
POPブームは幻
 
<ヘンピな場所でも押しかける熱狂ファンはわずか>
 
 兵庫で開催予定のK―POPイベントが、土壇場で中止に追い込まれた。原因はチケットの売れ残り。イベントの主催会社は破産申請の準備に入り、チケットの払い戻しもできない状況だ。

 問題のイベントは6月30日と7月1日に開催予定で、出演者には「KARA」や「超新星」といった韓流のトップアイドルが名を連ねていた。

 イベントを主催した大阪市の企画会社「アンフィニジャパン」は、2年前に資本金100万円で設立されたばかり。これまで一度も音楽イベントを手がけたことはなかった。代理人の福田大輔弁護士が、イベント主催から破産までの経緯を説明する。

 「今年初め、ある芸能関係者から『韓国のプロダクションとパイプがある。KARAや超新星も日本に呼べる』と持ちかけられたのがきっかけ。しかし、当初1万2000枚のチケット販売を見込んだ代理店との契約が取れず、慌てて他で賄おうとしましたが、すでに手遅れ。プロダクションへの前金や開催準備費用がかさみ、資金が枯渇してしまったのです」

 驚いたのは、イベントの不人気ぶりだ。アンフィニ社が直接販売したチケットは約450枚、「チケットぴあ」などを通じた分が約1000枚。合わせても当初見込みの1割程度に過ぎない。

 ぴあはチケットの返金に応じているが、アンフィニ社の分(1500万円相当)は「みるべき資産がほとんどない状態」(福田弁護士)で、宙に浮いたまま。チケットが飛ぶように売れていれば、こんな事態にもならなかったのに……。
 

「これが“K―POPブーム”の限界なのです」と言うのは、韓流ライターの鈴木真澄氏だ。

 「会場の県立但馬ドーム(約9700人収容)は、大阪や神戸から車で2時間半もかかる上、複数のアーティストが参加するため、目玉のKARAや超新星の出番はホンの少し。単独ライブならまだしも、多額の旅費や宿泊費を惜しまない熱狂的ファンはごくわずかです。K―POPのCD売り上げだって、購入者は握手会への参加目当てに1人で数十枚も買う人がほとんど。ファンの数は『売り上げ』とは比例しないのです」

 K―POPブームは、メディアが作り上げた「まぼろし」なのだ。
 (日刊ゲンダイ)
http://news.infoseek.co.jp/article/28gendainet000171276
 
 
>兵庫で開催予定のKPOPイベントが、土壇場で中止に追い込まれた。原因はチケットの売れ残り。イベントの主催会社は破産申請の準備に入り、チケットの払い戻しもできない状況だ
 
このイベント中止のトラブルについては、本ブログでも取り上げました。
 
6月30日・7月1日に開催する予定だった、KARAなどが出演するK-POPイベントが、チケットが売れずに急きょ中止になりました。
 
主催会社は、チケットの購入者に「代金の払い戻しはできない」と発表して、7月中旬に自己破産の申し立てを行う予定です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
>当初1万2000枚のチケット販売を見込んだ
 
>驚いたのは、イベントの不人気ぶりだ。アンフィニ社が直接販売したチケットは約450枚、「チケットぴあ」などを通じた分が約1000枚。合わせても当初見込みの1割程度に過ぎない
 
>ぴあはチケットの返金に応じているが、アンフィニ社の分(1500万円相当)は「みるべき資産がほとんどない状態」(福田弁護士)で、宙に浮いたまま
 
イベントを主催した「アンフィニジャパン」は、驚いて数字を間違えたのでしょうか?
 
チケットは、SS指定席1万2千円、S指定席1万円、Sアリーナ立見9千円、Aアリーナ立見7,500円で販売されました。
 
タイトル:「K-POP IN 豊岡・神鍋高原」
 
 
アンフィニ社は、約1億円の売り上げを見込んでいたことになります。
 
アンフィニ社が直接販売した分(1500万円相当÷約450枚)は、チケット1枚が約3万3千円になります。
 
ネットオークションなどで、チケットの値を吊り上げたのでしょうか?
 
>「これがPOPブームの限界なのです」と言うのは、韓流ライターの鈴木真澄氏だ
 
>会場の県立但馬ドーム(約9700人収容)は、大阪や神戸から車で2時間半もかかる上、複数のアーティストが参加するため、目玉のKARAや超新星の出番はホンの少し
 
>単独ライブならまだしも、多額の旅費や宿泊費を惜しまない熱狂的ファンはごくわずかです
 
鈴木さんは韓流ライターを職業にしているので、このような発言になるのでしょうが、距離や出番の問題ではありません。
 
アンフィニ社は、2日間で1万2千枚のチケット販売を見込んでいたのです。
 
KARAは、NHK紅白歌合戦にまで出場したのですから、地方の方が生でKARAを見られるチャンスでした。
 
KARAが出演する予定だった6月30日は、アンフィニ社の見込んでいた6千枚のチケットが売れたはずです。
 
つまり、KARAに人気がないから集客が出来なかったのです。
 
>KPOPのCD売り上げだって、購入者は握手会への参加目当てに1人で数十枚も買う人がほとんど。ファンの数は『売り上げ』とは比例しないのです」
 
電通とマスコミがゴリ押ししているAKB48も同じでしょうが、すでにK-POPに人気がないことは証明されています。
 
フジテレビが4月9日に放送した「HEY!HEY!HEY!」では、90年代以降のカラオケランキングで、KARAの「ミスター」が1位になりました。
 

 
フジテレビ4月9日放送「HEY!HEY!HEY!」カラオケランキング(90年代以降)

1
位「ミスター」KARA
2
位「ヘビーローテーション」
AKB48
3
位「残酷な天使のテーゼ」高橋洋子

4
位「SHAKE
SMAP
5
位「LOVEマシーン」モーニング娘。

6
位「One Love」嵐

7
位「夢見る少女じゃいられない」相川七瀬

8
位「明日があるさ」
Re:Japan
9
位「さくらんぼ」大塚

10
位「ウィーアー!」きただにひろし 
 
 
しかし、「HEY!HEY!HEY!」の放送日までの最新カラオケランキングで、KARAの「ミスター」の1位はありません。
 
 
オリコン・カラオケランキング(4月9日付)

1位、ヘビーローテーション AKB48
2位、栄光の架橋 ゆず

3位、残酷な天使のテーゼ 高橋洋子

4位、愛、テキサス 山下智久

5位、キセキ GReeeeN
               
JOYSOUND・カラオケランキング(04/0204/08

1
、千本桜WhiteFlame feat.初音ミク
2
、残酷な天使のテーゼ高橋洋子

3
、ヘビーローテーション《本人映像》
AKB48
4
、マトリョシカハチ

5
、愛、テキサス山下智久
 
カラオケDAM04/0104/07

1
、ヘビーローテーション【本人出演】AKB48
2
、愛、テキサス【本人出演】山下智久

3
、残酷な天使のテーゼ高橋洋子

4
、女々しくて【本人出演】ゴールデンボンバー

5
、栄光の架橋【本人出演】ゆず
 
2011年の年間では、KARAより少女時代が上位の結果もあります。
 
うたウガ「UGA2011年間総合ランキング」

1位、ヘビーローテーション AKB48
2位、Gee 少女時代

3位、会いたかった 
AKB48
4
位、ミスター 
KARA
5位、ありがとう いきものがかり
 
昨年10月10日放送の「HEY!HEY!HEY!」では、人気子役の鈴木福君まで起用して、韓国アイドルが総出演しました。
 
しかし、視聴率は10・3%で、日本アイドルが総出演した9月26日の14・5%から4・2%もダウンしました。
 

 
 
フジテレビが昨年9月27日に放送した「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングコーナーに、「東方神起」が出演しました。
 
「笑っていいとも!」の9月の視聴率は8%前後でしたが、「東方神起」の視聴率は5・1%で、消費税割れしそうなほどの低視聴率でした。
 

 
 
昨年1月28日の東京MXの生放送番組「5時に夢中!」で、「K-POPアイドルに興味はありますか?」の視聴者生アンケートをしました。
 
この時期は、連日マスコミがKARAの分裂騒動を報道していました。
 
結果は、ある325票、ない1318票で、興味がないという回答は約80%ですから、K-POP人気はありません。
 

 
 
>KPOPブームは、メディアが作り上げた「まぼろし」なのだ
 
K-POPだけではなく、韓流ブームというものが、マスコミの作り上げた「まぼろし」です。
 
昨年10月22日の朝日新聞で、「韓流ドラマ見ていますか?」などのアンケート結果を発表しました。
 
回答人数は3766人で、よく見ている11%、時々13%、あまり見ていない10%、見ていない66%ですから、韓流ドラマ人気はありません。
 

 
 
これまでいろいろなブームがありましたが、ブームの仕掛け人がいても、そのブームとは一時的なもので消え去るものです。
 
韓流ブームの仕掛け人は韓国政府と電通支配のマスコミですが、ここまでブームを捏造してゴリ押しをしている日本は異常です。
 
それに、「韓流消費に関するアンケート」の結果で、韓流が日本の主婦の消費行動に与えた影響が小さいことが判明しています。
 
「韓流消費に関するアンケート」結果

1.韓流好きはわずか 11.0%。
・自分自身を「韓流好きと思うか」との質問に対し、「韓流好きと思う」は11.0%、「どちらかと言えば韓流好きと思う」が17.1%、「韓流好きとは思わない」は71.9%。

・年齢別に見ると「韓流好きと思う」、「どちらかと言えば韓流好きと思う」を合わせた回答率は 50歳代が最も高く(35.9%)、20歳代が最も低い(16.3%)。

韓流ブームにより韓国製の製品購入意識が変わった主婦は15.2%。
・「韓流ブームによって、韓国製の製品購入意識が変わったか」と尋ねたところ、「変わった」の回答率は 15.2%、「変わらない」が 84.8%であった。
韓流ブームが主婦の消費行動に与えた影響は小さい。

株式会社 共立総合研究所
http://www.okb-kri.jp/
 

 
「韓流消費に関するアンケート」の結果で、韓流好きはわずか 11.0%で、50歳代が最も高くて、20歳代が最も低い1.8%だと判明しました。
 
POPブームはメディアが作り上げた「幻」と韓流ライターは発言しましたが、韓流ブームというものがマスコミの作り上げた「まぼろし」です。
 
良識ある日本国民の皆様、捏造韓流ブームについてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。