HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  毎日新聞地方版が朝鮮人強制連行の記事掲載、秋田県民が事務局長の野添憲治は秋田魁新報によく出てくる左翼、朴慶植の「朝鮮人強制連行の記録」・鎌田澤(沢)一郎の著書「朝鮮新話」、強制連行も強制徴用もなかった
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、毎日新聞の地方版が朝鮮人強制連行の記事を掲載したのはご存知だと考えます。
 
朝鮮人強制連行:真相調査団、新たに3人聞き取り 本にまとめ後世に /秋田
 
戦時中、日本に強制連行された朝鮮人の実態を調査している民間団体「県朝鮮人強制連行真相調査団」の野添憲治事務局長は、6月に訪韓して新たに3人の生存者から聞き取りをしたと発表した。

 聞き取りをしたのは、旧比内町の大沢鉱山▽旧田沢湖町の田沢湖導水管工事▽同町の東北振興発電工事−−に携わった男性3人。終戦直前の1944年ごろ連行され、当時16〜22歳だったという。

 野添事務局長によると、強酸性の玉川の水を飲まされたり、現場監督から棒で殴られるなどの虐待のほか、十分な食料を与えられず草を食べていたことなど、過酷な状況を語ったという。

 調査団は10年度末、韓国の政府機関「日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会」の資料から、05年現在で県内から韓国に帰国した生存者246人を確認。10年と11年に計14人の聞き取りをした。しかし、高齢化などのため名簿にある生存者の大半と連絡が取れないという。野添事務局長は「名簿の生存者はほかに2、3人だろう。資料がないので一人でも多くから聞き書きをしたい。生きていてほしいと思っている」と話した。これまでの聞き取り調査結果は本にまとめ、後世に伝えたいとしている。
毎日新聞地方版(秋田)
http://mainichi.jp/area/akita/news/20120707ddlk05040035000c.html
 
>戦時中、日本に強制連行された朝鮮人
 
強制連行かぁ^^
 
私のブログへ御来訪下さる方より、「毎日の地方版(秋田)が強制連行と書いている」というお知らせを頂きました。
 
すでに強制連行は嘘だとばれているので、韓国メディアでさえ「強制徴用」としている報道が増えています。
 
毎日新聞が強制連行にした理由は分かりませんが、東北地方で秋田県は在日韓国・朝鮮人が一番少ない県です。
 
地域別分布状況(法務省入管資料:201012月末現在)
 
宮城  4,478  0.76%
山形  2,133  0.36%
福島  2,073  0.35%
岩手  1,155  0.20%
青森  1,106  0.19%
秋田   804  0.14%
 
 
>民間団体「県朝鮮人強制連行真相調査団」の野添憲治事務局長
 
私は、野添憲治について調べましたが、ネットの掲示板に書き込みがありました。
 
192:名無しさん@13周年2012/07/09() 11:22:19.55

俺、秋田県民。

事務局長の野添憲治は、秋田魁新報によく出てくる左翼。

花岡事件の記事をよく書いている。
花岡事件は、戦時中に日本人が4名、鉱山で働いていた中国人に殺害されて、

結果鎮圧するために約400名中国人が死んだ事件だが、
秋田魁新報で報道するときは日本人の犠牲者は殆ど触れられない。

また、秋田魁新報には野添憲治の記事、特集記事は月に2,3の割合で掲載される。
昨日の社説も中国人強制労働の贖罪社説。
過去には、朝鮮学校の無償化をストップしている事に対する糾弾記事を学者に書かせ、
つい最近は、過労死とブラック経営がこれだけ明らかになっているのに、
ワタミの社長を人間的に礼賛する社説を掲載している。

秋田県は経済的に、東北で一番きつい状態なのを、左翼にいいように利用されている。
NHK
秋田支局では、先週ぐらいにフィリピンで住民を虐殺したと告白する元日本兵の特集をしていた。
韓国への就航便も、搭乗率が低いのを埋めるために、公立学校の修学旅行先を韓国にするのが県の方針。

保守基盤と言われているのはあくまでも県民であって、マスコミは完全な左翼。
目立たないのは都落ち左翼で無能だからと、秋田県が存在感が無いだけ。

あと5年もしないうちに秋田県は経済的に壊滅するから、
その時にどんな工作を他国から仕掛けられるのかが心配。

俺は沖縄、北海道以上に、危険な状態の県だと思う。
 
>男性3人。終戦直前の1944年ごろ連行され、当時16〜22歳だったという
 
強制労働をさせられたのに、長生きだな^^
 
毎日新聞は強制連行と記事にしているので、1944年の何月に連行されたかを明確にすべきです。
 
後述しますが、朝鮮で徴用が行われたのは1944年の9月です。
 
>野添事務局長によると、強酸性の玉川の水を飲まされたり
 
秋田県の反日左翼が作ったのかな^^
 
確かに、玉川の水は、「玉川毒水」と呼ばれて恐れられていました。
 
そのままでは農業用水には使えないことから、一回田沢湖に流し込んで酸性を薄めたあとに、もう一度玉川に戻したといわれています。
 
1944年当時には、飲用する方法があったはずですから、朝鮮人だけではなく日本人も飲んでいたことになります。
 
それに、現在でも秋田県の玉川温泉の「温泉水」は飲用されています。
 
(2)飲用
 
温泉水を源泉のまま飲用されますと、胃部不快感、軽い痛み、吐き気など急性胃炎の症状をおこしますので、飲用方法にご注意下さい。(飲泉コーナーに飲用方法を提示してあります)
 
温かい温泉水の効果

胃粘膜の血管を拡張し、吸収を促進して胃の運動や分泌を抑制するため、胃潰瘍、胃酸過多症、慢性下痢症、慢性胃炎、胆嚢疾患、慢性肝炎などに適応性があります。 また、新陳代謝を活性化させる作用があるところから、糖尿病にも効果があるといわれております。(腎不全などを併発されている場合はお控え下さい。)
 
冷たい温泉水の効果

胃腸の運動や分泌を高めるため、胃酸減少症、無酸症、便通などに効果があるほか、鉄もイオン化しているため吸収もよく、鉄欠乏症貧血にはより効果が認められております。
玉川温泉
 
>現場監督から棒で殴られる
 
仕事を怠けたのでは^^
 
真面目に働かなければ、日本人も殴られた時代でした。
 
>十分な食料を与えられず草を食べていた
 
まだこんなことを言っているのか^^
 
これまでにも朝鮮人が、木の根っ子(ごぼう)や山の草(山菜)を食べさせられたと言うこともありました。
 
朝鮮人が、食料もろくに与えられずに過酷な労働をさせられたというのは嘘です。
 
松代大本営の建設現場でも、すでに朝鮮人の嘘がばれています。

実際には、食糧難の時代にもかかわらず、 朝鮮人労働者には多くの食料が与えられていました。
 
松代大本営の朝鮮人労働者への食料配給は、1日あたり白米7合と、麦と、とうもろこしも配給されていたことが判明しています。
 
これまで壕周辺に1か所あったとされていた慰安所は3か所もありました。
 
4~5人の朝鮮人慰安婦が、これらの施設を回っていたこともわかっています。
 

 
 
強制労働は優遇労働でした(動画)
 
 
>過酷な状況を語った
 
炭鉱などの開拓史は、「過酷な労働の歴史」とも言われます。
 
しかし、「一旗上げよう」と考えた、朝鮮人や日本人の就労希望者は多かったのです。
 
1944年頃の九州の炭坑では、朝鮮人の月収は150~180円と高給でした。
 
当時の巡査の月給(45円)の3~4倍で、大卒事務系初任給(75円)の2倍以上でした。
 
>これまでの聞き取り調査結果は本にまとめ、後世に伝えたい
 
強制連行はなかったという、真実を書け!
 
1910年に「日韓併合条約」(韓国併合ニ関スル条約)を締結しました。
 

 
 
貧しさを極める朝鮮から、豊かな日本に渡ってくる朝鮮人が激増しました。
 
昭和2年には約16万5千で、昭和13年には約79万9千人に達しました。
 
昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、昭和20年には約200万人に増加しました。
 
増加した100万人のうち、70万人は自分から職を求めてきた個別渡航者と、日本で生まれた者です。
 
残りの30万人も、工鉱業・土木事業などの募集に応じた者で、強制連行はありませんでした。
 

 
 
1938年の「国家総動員法」に基づき、朝鮮では1939年に「朝鮮人労働者募集要項」(民募集方式)がありました。
 
これは、炭鉱や鉱山など日本内地の事業主が、厚生省と朝鮮総督府の許可を受けて労務者を募集して、応じた人たちが内地に渡航するという、朝鮮人の自由意志でした。
 
1942年に「朝鮮人内地移住斡旋要綱」(官斡旋方式)がありましたが、これも同様に、朝鮮人の自由意志でした。
 
1939年に「国民徴用令」(徴用方式)は、日本内地で実施されて、日本国民は徴用に応じる義務がありましたが、朝鮮人は免除されていました。
 
 日本内地にいる朝鮮人に、国民徴用令の適用を実施したのは、1944年9月から大東亜戦争終結の1945年8月までです。
 
また、朝鮮への国民徴用令の適用はさしひかえて、1944年9月に朝鮮で徴用が行なわれましたが、翌年3月までのわずか7ヶ月だけでした。
 

 
 
当時の朝鮮人は日本国民ですから、日本国民と、日本国民だった台湾人と同じで、徴用に応じる義務がありました。
 

 
徴用令書(従事すべき場所や期間、出頭すべき日時など記載)
 
強制連行されたという韓国人の証言には、「農作業中などに無理矢理トラックに乗せられて日本内地へ送り出された」があります。
 
これを事実だとしても、実行したのは日本人ではなくて朝鮮人でした。
 
1965年に「朝鮮人強制連行の記録」を出版した朝鮮総連の活動家、朴慶植という人物が、強制連行を捏造しました。
 
朴慶植の「朝鮮人強制連行の記録」は、鎌田澤(沢)一郎の著書「朝鮮新話」の320ページを一部引用しています。
 
 

 
「朝鮮新話」の、「但(ただし)総督がそれまで強行せよと命じたわけではないが、上司の鼻息を窺ふ朝鮮出身の末端の官吏や公吏がやつてのけたのである。」の部分を、わざと省いたのです。
 

 
 
毎日新聞の地方版が朝鮮人強制連行の記事を掲載しましたが、強制連行も強制徴用もなかったのが事実です。
 
良識ある日本国民の皆様、強制連行についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。