HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  「日本は沖縄から退くべき」中共軍の金一南少将、「日本と一戦も辞さない」中共国家海洋局所管の孫書賢副総隊長、日本はSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)搭載可能な原子力潜水艦を保有して田村総領事式で挑むべき
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、中共軍少将が「日本は沖縄から退くべき」と発言したという報道はご存知だと考えます。
 
「日本は沖縄から退くべき」中国軍少将がラジオで暴言 韓国紙報道
 
 【ソウル=加藤達也】中国軍の現役少将が中国のラジオで、「日本は沖縄から退くべきだ」と主張していたことが13日分かった。韓国紙の東亜日報が同日、北京発で報じた。

 報道によると発言したのは中国国防大学戦略研究所長の金一南少将。金氏は12日に放送された中国ラジオ公社とのインタビューで、「釣魚島(沖縄県・尖閣諸島の中国名)に関しては日本側に必ず、行動で見せてやらなければならないが、問題の視野をさらに広げて沖縄の(中国への)帰属問題を正式に議論しなければならない」と述べた。

 金氏はさらに「沖縄は本来、琉球という王国だったが1879年に日本が強制的に占領。当時使われていた清国の年号と漢字などを捨て去った」などと指摘。そのうえで「琉球がどの国に帰属し日本がいかに占領したのか、詳しく見なければならない」と強調。結論として「日本は琉球から退くのが当然だ」と主張したという。

 中国軍高官の発言の狙いについて東亜日報は、「日本側の周辺領海に対する領有権主張の正当性を弱め、中国側主張の外交的な位置づけを強めるため」と分析している。
産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120713-00000541-san-int
 
>中国軍の現役少将が中国のラジオで、「日本は沖縄から退くべきだ」と主張していたことが13日分かった。韓国紙の東亜日報が同日、北京発で報じた
 
東亜日報がソースかぁ(――;)
 
あまり信用のできない韓国メディアです。
 
しかし、野田首相が政権浮揚のために尖閣諸島国有化方針を公表してから、中共の言動は過激になっています。
 
中共軍の金一南少将は、「日本は沖縄から退くべきだ」と主張したのでしょう。
 

 
 
中共の漁業監視船は、11日に続いて12日にも尖閣周辺の領海侵犯をしています。
 
中共メディアは、領海侵犯をした中共の漁業巡視船が日本の海保巡視船に、「ここは中国管轄海域だ、中国語で話せ」と伝えたと報道しています。
 
魚釣島で遭遇の日本巡視船に「中国領海だから中国語で話せ」=中国

中国国際放送局は12日、中国の漁業巡視船が11日未明に尖閣諸島の魚釣島(中国名=釣魚島)付近を巡航中に日本の巡視船から何度も干渉を受け、中国側が「ここは中国管轄海域だ、中国語で話せ」と日本側に伝えたと報じた。
(サーチナ)抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120713-00000023-scn-cn
 
中共国家海洋局所管の海監総隊幹部が、「日本が釣魚島(尖閣諸島の中国名)問題で挑発し続けるなら、一戦も辞さない」と発言したと台湾紙が報道しています。
 
尖閣問題で「日本と一戦も辞さない」中国高官

中国国土資源省国家海洋局が所管し、海洋権益における法執行をになう「海監総隊」の孫書賢副総隊長が、「もし日本が釣魚島(沖縄県・尖閣諸島の中国名)問題で挑発し続けるなら、一戦も辞さない」と発言したと、台湾の有力紙、聯合報などが中国海南省海口発として12日の電子版で報じた。
(産経新聞)抜粋
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120713/chn12071300250000-n1.htm
 
中共の人民日報は、尖閣諸島国有化について、武力衝突に発展する可能性を示唆して、「日本の政治家たちはその覚悟があるのか」と挑発する論評を掲載しました。
 
尖閣、武力衝突の可能性示唆 中国共産党機関紙が論評

【北京共同】13日付の中国共産党機関紙、人民日報は野田政権の尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化方針などについて「釣魚島問題を制御できなくなる危険性がある」と武力衝突に発展する可能性を示唆し、「日本の政治家たちはその覚悟があるのか」と挑発する論評を掲載した。

 尖閣諸島問題について、共産党機関紙が武力行使示唆まで踏み込むのは異例。中国の強硬姿勢を強調することで、日本側の動きをけん制する狙いがあるとみられる。
(共同通信)抜粋
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012071301001755.html
 
>「沖縄は本来、琉球という王国だったが1879年に日本が強制的に占領。当時使われていた清国の年号と漢字などを捨て去った」
 
>「琉球がどの国に帰属し日本がいかに占領したのか、詳しく見なければならない」
 
当時の日本が沖縄を強制占領したという事実はありませんし、後述しますが、中共は現在進行形の侵略国家です。
 
沖縄は、親中・反日・反米メディアも問題ですが、ネットの掲示板には下記のコメントもありました。
 
107 :名無しさん@13周年
前スレで、これらの人々がマイノリティそうに言っていた人も居たので
肩書きを足してみた
 
山里永吉。琉球政府立博物館長などを務める。
>沖縄人にとって、中国は与える国であり、薩摩は奪う国であったことはいうまでもない。・・・・
 
伊波洋一・ 宜野湾市 長
> 外国人記者から「北朝鮮と中国は脅威か?」と質問されると、
>伊波市長は「脅威ではない。脅威なのは米軍。中国とは何千年もの経済・文化の交流がある」。
 
沖縄市長の東門美津子
>(歴史的に)日本と米国は沖縄に対して、中国よりもずっと害を及ぼしてきた
 
芥川賞作家の大城立裕
>「(中国艦船は)日ごろは話題にならない。
>他国の軍艦は琉球処分のころからずっと周囲をうろついているから」
 
 
>結論として「日本は琉球から退くのが当然だ」と主張した
 
沖縄県民も日本国民も、平和ボケから目覚めなければ、尖閣諸島だけではなく沖縄も中共に侵略をされます。
 

 
中共軍の演習
 
昭和47年9月29日、日本は中共との国交を樹立して、今年は所謂「日中国交正常化」から40年になります。
 
しかし、日本と中共との関係が正常かつ友好的であった事はありません。
 
日本の主権侵害、内政干渉、領土・領海の侵犯など、中共による敵対行為は数限りなく繰り返されてきました。
 
中共の脅威に晒されているは、日本だけではありません。
 
中共は、チベット・東トルキスタン・南モンゴルの国々を侵略して、台湾への侵略の野望もあります。
 

 
 
尖閣諸島が日米安保の適用範囲ですが、日本は専守防衛です。
 
中共に尖閣諸島を侵略されてから、日米で尖閣奪還作戦をすることになります。
 
しかし、日本は、米国に核攻撃が可能な国に侵略をされた場合、通常兵器では勝利することは出来ません。
 
中共は、米国本土へ核ミサイル攻撃が可能な国です。
 
尖閣諸島が日米安保の適用範囲でも、どこの国でも自国領と自国民を第一に守るのは当然ですから、米国は尖閣諸島を奪還はしません。
 
日本が有利な状況でも、ニュークリア・ブラックメール(核による脅迫)をかけられた途端、日本は降伏、または大幅な譲歩に応じなければなりません。
 
北方領土、竹島と同じように尖閣諸島も不法占拠されるか、中共との講和条約により尖閣諸島を割譲することになります。
 
私は本ブログ6月の記事にもしましたが、日本は平和と繁栄を守るために、アジア諸国の平和のためにも大国の義務として、一日も早く核武装をすべきです。
 
中共という核保有国とは、対等な軍事力を背景にした対等な立場で、外交で諸問題を平和的に解決をする、これが真の平和主義です
 
日本は低コストで最大なる抑止力の「核武装」をして、中共には「田村総領事式」で挑むべきです。
 
米国人の外交官で、1931年に上海副領事として中共に行き、「満洲事変」に伴う第一次上海事変などを体験した、ラルフ・タウンゼントの1933年の著書「暗黒大陸中国の真実」にも、田村式が一番だとあります。
 

 
◎本文の一部24 『軍艦を盾に賠償金を取った田村総領事』(以下大意)
 
昭和七年の上海事変の直前のこと。福州でも収奪目的の学生秘密結社がたくさんあり、ある日本人教師夫妻が脅されていた。そこで日本の田村総領事は、福州当局や警察に警備を依頼した。中国人の顔を立てたのである。ところが、警備にあたった中国兵は、ある日とつぜん姿を消し、日本人夫婦はたちまち殺されてしまった。グルになっていたとしか思えない。
 
田村総領事は「これは重大な過失である。遺族に五万ドルの賠償金を払うべきだ」とした。ところが中国当局は言を左右してまともな返事をしない。そこで田村総領事は、日本海軍に打電して軍艦を向けてくれと頼み、それを中国側に話した。そうしたら急に五万ドルを持ってきた。・・・・・日本海軍は実際に来た。中国人には田村式が一番である。それ以後、福州では日本人殺害や反日行動がピタリと止んだ。日本人は最高の扱いを受けるようになった。
(オロモルフの論考)より一部抜粋
 
 

 
 
Fox News " We Need a Nuclear Japan " Columnist Charles Krauthammer ( Japanese subtitle )(動画)
 
 
(略)
核武装した日本は、特に中国に、国益に関して再考を即すメッセージを送ることになるであろう。
(略)
日本の核武装は中国の一連の思惑をひっくり返してしまうことになるであろう。
それは中国に外交政策の変更を即すメッセージを送ることになるかもしれないのだ。
そうしないことには、何も変わりはしないのだ。
 
日本は、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)搭載可能な原子力潜水艦を保有すべきです。
 
海上パトロールに2隻と、整備などに2隻で、最低でも4隻の原潜を保有すべきです。
 

 
SLBMを発射するオハイオ級原潜
 
中共が「日本は沖縄から退くべき」、「日本と一戦も辞さない」などと主張していますが、日本はSLBM搭載可能な原子力潜水艦を保有して田村総領事式で挑むべきです。
 
良識ある日本国民の皆様、中共についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。