HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  韓国メディアが韓国人女性の46%が整形と報道、韓国人は女性も男性も外見にコンプレックスがある、親が美容整形をしても生まれてくる子供はDNAを受け継いでいると理解していない、「第2の扇風機おばさん」
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、韓国メディアが韓国人女性の46%が整形していると報道したのはご存知だと考えます。
 
韓国の整形美人コンテスト 普通の女性が美女になるまで
 
韓国は女性の外観を重んずる国だ。人口5000万人に対し、4000社の美容整形病院がある。韓国メディアの報道によると、ソウル市では程度こそ異なるものの整形手術を受けたことのある女性は46%に達する。カメラマンのJean Chungさんはこのほど、カメラで「整形美人モデルコンテスト」に参加した5人の女性の「美しくなるまで」を記録した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 紹介によると、今回のコンテストは韓国ソウル市シンサ区にある診療所の後援で行われたもので、主催側が300人の応募者から5人を選抜。彼女たちは1.5万ドルの賞金のほか、無料の整形手術を受けるチャンスを獲得した。

 コンテストでは、あごを2回にわたって手術した女性が1位になった。手術を受けた女性は、「もう劣等感を抱くことはなくなり、新しい恋がしたい」と話した。
サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120714-00000017-scn-kr
 
>韓国は女性の外観を重んずる国だ
 
違うだろう^^
 
韓国は、女性も男性も外見にコンプレックスがある国です。
 
2009年に韓国で20・30代の女性を対象にした調査で、「美容整形はコンプレックスを解消できてお金があれば手術を受ける」と答えたのは98%でした。
 
韓国人女性のほぼ全員が美容整形を希望して、「容貌よりも心が重要」と答えた女性はゼロでした。
 
韓国人男性も外見にコンプレックスがあります。
 
男性歌手のファンヒは、「もともと外見にコンプレックスがあり、ファンの皆さんにより良い姿をお見せしたいと思ったので整形をしました」とテレビ番組で発言しました。
 

 
 
韓国では、美容整形手術を受ける一般の韓国人男性も多くて、コンプレックスは外見だけではありません。
 
2010年に韓国の国会で野党の国会議員が、国税庁に対する国政監査で、「男性の性器拡大手術は非課税だが、女性の豊胸手術が課税されるのは男女差別だ」と主張しました。
 
韓国では、男性の性器拡大手術は治療目的で、女性の豊胸手術は美容目的ということです。
 
韓国人男性の性器については、以前にも同様の調査結果はありましたが、最近の調査結果でも世界最下位で、10センチの壁が越えられませんでした。
 
韓国人男性器の長さ 長さ報告サイトで9.66cmで世界最下位
 
 
 
iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiliiiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiiliiii|iiiiilii
0   1   2   3   4   5  6   7   8   9  10  11  12  13  14  15   16  17
                            ↑                
                    チンパンジー  韓国     米国/日本 ドイツ フランス
 
>人口5000万人に対し、4000社の美容整形病院がある
 
韓国には闇医者もいるので、実際には4000以上の美容整形手術をする施設があります。
 
>韓国メディアの報道によると、ソウル市では程度こそ異なるものの整形手術を受けたことのある女性は46%に達する
 
この韓国メディアの報道とは、すでに本ブログで取り上げている昨年の報道でしょう。
 
ソウル市内の百貨店や大学などで、韓国人女性1800人の顔を美容整形の専門医6人が実際に見て、整形の有無を判定しました。
 
韓国人女性1800人のうち、836人が目や鼻などを整形していると判定して、全体の46%と半数近くの結果になりました。
 
しかし、実際にはもっと多くの韓国人女性が美容整形をしているはずです。
 
韓国の整形事情にも詳しい、高須クリニックの高須克弥院長は、「2人に1人よりもっと多く、若い子は、5人いたら4人は整形しています」としています。
 
また、韓国メディアが、「韓国のアイドル、9割はデビュー前に大工事」と報道したこともありました。
 

 
韓国の芸能人の90%は、美容整形手術をしていると考えられます。
 

 
「少女時代」の「顔工事」!
 

 
「少女時代」ジェシカの「美脚工事」の脂肪溶解の注射痕!
 

 
「KARA」ク・ハラの「顔工事」!
 

 
「KARA」ジヨンの「顔工事」!
 
>コンテストでは、あごを2回にわたって手術した女性が1位になった
 
あごを整形するくらいですから、すでに目などの整形手術もしていたのでしょう。
 









 
韓国人は美容整形をしても、生まれてくる子供はDNAを受け継いでいるので、また子供も整形しなければならないということを理解していません。
 

 
韓国は、美容整形大国です。
 
韓国では、美容整形が文化として根付いています。
 
親の勧めで子供の整形や、祝いごとなどでの整形のプレゼント、就職のための整形などがあります。
 

 

 

 
韓国が医療観光ビザの発給で、外国人対象の医療観光に力を入れ始めたのは2007年頃からです。
 
医療観光ビザといっても、主に美容整形手術が目的です。
 
韓国は、日本でも美容整形手術のPRをしていますが、日本人女性には不人気です。
 
韓国では、日本は韓流スターの認知度・エステへの関心が高いなど、美容整形手術が目玉になると考えていました。
 
しかし、美容整形手術を受けた日本人女性はほとんどいなくて、日本へのPRは空振りでした。
 
韓国の医療関係者は、「日本人は、親からもらった体を傷つけると感じ、抵抗感が強いようだ」としています。
 
また、手術の安全性や医療事故の補償への不安も根強いとしています。
 
実際に、韓国では整形手術の失敗が多いです。
 
韓国では、整形手術の失敗・違法な整形手術の被害者が続出しています。
 
韓国消費者院の調査資料では、2006年~10年の5年間に、全国の消費者相談センターが受け付けた整形手術による被害相談件数は1万件以上です。
 
韓国は、入院の必要がない目の二重の整形手術でも失敗が多いので危険です。
 
2004年に韓国の女子大生が、「二重手術に失敗し、周りの人たちが私を変な目で見ているようだ」と、二重手術の失敗を悲観する内容が書かれた遺書を残して飛び降り自殺をしました。
 
韓国で1992年に放送したヒットドラマ「息子と娘」に出演して、人気女優になったクァク・ジニョンは、その後はほとんど姿を見せなくなりました。
 

 
クァク・ジニョンは、2007年に芸能活動を行なうことができなかった理由を明かしました。
 
クァク・ジニョンは、「二重まぶたの手術をしたが、目が閉じなくなってしまい放送復帰できなかった。手術を担当した医師は自殺した」と話しています。
 
また、美容整形後遺症から、「酒と睡眠薬を飲むようになり、しまいには対人恐怖症になった」と明かしました。
 

 
 
韓国の美容整形といえば、美容整形手術依存の後遺症で「扇風機おばさん」と呼ばれるようになった、ハン・ミオク(ハン・ヘギョン)は有名です。
 
美貌第一の韓国社会に警鐘を鳴らして、日本のテレビの番組でも取り上げました。
 
ナイトクラブの歌手だったハン・ミオクは、最高になるためにはより美しくと、安く美容整形手術を受けるために闇医者(無免許医)で顔にシリコンを注入しました。
 

 
ハン・ミオクは、美容整形を続けていないといられない、美容整形依存症になりました。
 
ハン・ミオクは、自分で顔にシリコンを注入するようになって、シリコンを使い尽くしたら、幻聴障害に陥って大豆油を注入してしまいました。
 
そして、注入した部分はコブとなって皮膚が垂れ下がって顔が肥大しました。
 

 
韓国のケーブルテレビは4月に、違法整形により顔面が変形して、歯が1本もなくなってしまった「第2の扇風機おばさん」と呼ばれている、ヤン・ヘランを紹介しました。
 

 
ヘランは14年前、美容整形医院で顔面にコラーゲンを注入する手術などを繰り返し受けました。
 
しかし、無免許の違法医院だったので、顔面に注入されたのは人体に有害な工業用コラーゲンでした。
 
ヘランは、まぶた、鼻、頬は、今も腫れたようにふくらみ、ダイエットのために服用していた利尿剤の中毒に陥ったせいで、28本の健康な歯がすべて抜け落ちてしまいました。
 
ヘランは歯がないからと、ボンドを歯茎に注入して自作の歯を作りました。
 
しかし、ボンドは湿った口の中ではなかなか固まらないことから半日ほどかかり、最後にマニキュアを塗って歯を仕上げました。
 

 
ヘランは番組で、「ほかの人よりも美しくなりたかった」と当時の胸中を語りました。
 
驚くことにヘランは、「実は性転換手術をしたんです。私はトランスジェンダーなんです」と、実は男性であることも暴露しました。
 

 
 
韓国では、美容整形手術失敗について損害賠償・慰謝料請求訴訟を起こしても、時間と費用が無駄になるだけです。
 
2009年に韓国で、「鼻を高くしたい」と美容整形手術を受けた患者が、その後に鼻全体が片側に歪んでしまったと、医師を相手に起こした損害賠償請求訴訟がありました。
 
この訴訟の判決は、手術にミスがあっても全ての責任を医師だけに委ねられない、でした。
 
裁判官は、「美容目的の整形手術は結果が患者の期待に沿えない場合が多発しており、外科手術にはいつも危険がある。患者もこれを甘受して手術を受ける点などを考慮すれば、手術による損害を医師にだけ負担させるのは公平の原則に外れる」としました。
 
判決は、「再手術費の70%である400万ウォンと慰謝料200万ウォンだけを認める」でした。
 
この判決は、「韓国の整形手術は失敗が多い。これを理解した上なので失敗しても自己責任がある」ということになります。
 
 
韓国人が日韓の歴史を改ざんするのは、整形手術を受ける感覚なのです。
 
日本へ出稼ぎに来ている韓国人は、男性も女性も整形をしている者ばかりで、日本人は騙されないようにすべきです。
 
韓国メディアが韓国人女性の46%が整形と報道しましたが、実際にはもっと多いはずです。
 
良識ある日本国民の皆様、韓国についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。