HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトYahoo!ブログ過去記事  »  横浜市教育委員会が副読本「わかるヨコハマ」朝鮮人虐殺書き換え問題で回収と再改訂、関東大震災で朝鮮人虐殺はない、自警団が朝鮮人テロリスト集団と戦い殺害された一般の朝鮮人は震災下混乱のテロとの戦いの犠牲者
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 
 

最初に、応援のクリックをお願い致します
 
 
 
 
良識ある日本国民の皆様には、 横浜市 教育委員会が副読本の朝鮮人虐殺書き換え問題で回収と再改訂をする考えを明らかにしたのはご存知だと考えます。
 
副読本を改訂、回収へ  横浜市 教委 「朝鮮人虐殺」書き換え問題で
 
横浜市教育委員会が市立中学の生徒全員に配布している副読本『わかるヨコハマ』の今年度改訂で、関東大震災直後の「朝鮮人虐殺」の記述が一部の事務局職員の判断で書き換えられていた問題で、同市教委は19日、来年度に今年度版を生徒から回収した上で、来年度版で再改訂する考えを明らかにした。今年度版で用いた「虐殺」の表現が主観的だったとして、従来の「殺害」に戻す。

 山田巧教育長が同日の市議会常任委員会で答弁した。副読本は1年生に配布して3年間使用するが、問題の今年度版の使用は1年限りとして来年度版と交換する。今年度版では、軍や警察による虐殺があったと明記するなど旧版より踏み込んだ表現を用いており、山田教育長は「文脈や構成に誤解を招く部分があった。吟味した上で再改訂したい」と述べた。
産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120719/edc12071918300003-n1.htm
 
>副読本『わかるヨコハマ』の今年度改訂で、関東大震災直後の「朝鮮人虐殺」の記述が一部の事務局職員の判断で書き換えられていた問題
 
保守系ブログ主宰者や、私のブログへ御来訪下さる方も 横浜市 教育委員会に対して、「子供たちへ嘘を教えるな」などと抗議をした問題です。
 
「わかるヨコハマ」は、中学生が市の歴史や文化の理解を深められるように、授業などで活用する副教材です。
 
関東大震災について記した項目「震災のようす」で、旧版では、「自警団の中に朝鮮人を殺害する行為に走るものがいた」としていました。
 
しかし、改訂版は、市教委事務局の社会科指導主事の判断だけで、軍隊や警察も「朝鮮人に対する迫害と虐殺を行い」などという表現に書き換えていました。
 
民団新聞が6月13日付で「虐殺の主体鮮明に」と報道して判明しましたが、2日に改訂版は、約2万7千人分が全149校に配られていました。
 
横浜市教育委員会は、回収と再改訂だけではなく、改訂版の費用を社会科指導主事に支払わせて解雇処分にすべきです。
 
 
1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災は、死者・行方不明者は10万5385人、被災者190万人以上という未曾有の大災害でした。
 
大震災発生直後に、「朝鮮人が暴徒化して、井戸に毒を入れている」・「略奪や放火をしている」などのデマが流れて、朝鮮人の大量虐殺があったとされています。
 
後述しますが、虐殺された朝鮮人犠牲者は当初2万人とされて、現在でも、デマを信じた日本人が数千人の朝鮮人を虐殺したとされています。
 
しかし、朝鮮人が暴徒化したのは事実ですし、日本人の正当防衛による朝鮮人殺害はありましたが、朝鮮人の大虐殺はありませんでした。
 
1910年に「日韓併合条約」(韓国併合ニ関スル条約)が締結されました。
 
1917年のロシア革命で、共産ロシアは日本の赤化を企んで、朝鮮の独立運動を支持して、日本の社会主義者たちを煽動しました。
 
1919年に、大韓帝國初代皇帝高宗の死をきっかけに朝鮮で三・一運動と呼ばれる独立運動が起こり、当時の朝鮮総督府はこれを弾圧しました。
 
在日朝鮮人の人口は、1918年(大正7)年に1万4501人でしたが、関東大震災の1923年には8万617人と急増しました。
 
その中に、朝鮮独立を目指す朝鮮独立運動家のテロリストたちが混じっていました。
 
ロシアの支援を受けた朝鮮独立運動家のテロ集団と、日本の社会主義者が共謀をして、日本を拠点にさまざまなテロ工作を行うようになりました。
 
朝鮮人と社会主義者の真の目的は、1923年11月27日に予定されていた「御大典」という、皇太子(後の昭和天皇)御成婚の儀での波状テロと言われています。
 
摂政宮である皇太子殿下を暗殺して、日本の国体を揺るがせることで、日本の共産化・朝鮮独立運動の勝利が目標だったといわれています。
 
御成婚の儀は、関東大震災が起こったために延期されました。
 

 
朝鮮人テロリスト集団は、関東大震災を好機到来として、家屋への放火や、日本人を殺害して、混乱を増大させて独立運動を盛り上げようとしました。
 
関東大震災で、朝鮮人が最初に暴徒化したのは、震源地に近くて被害が甚大だった横浜で、地震により警察は機能不全に陥っていました。
 

 

 
東京・横浜では震災直後から火事場泥棒などを取り締まるために、町内ごとに自警団が組織されていました。
 
朝鮮人は徒党を組み、略奪、暴行を繰り返しながら、多摩川を越えて東京西部に侵入をしました。
 

 

 

 

 

 

 
 
自警団は暴徒となって襲ってくる朝鮮人テロリスト集団と戦い、結果として殺害された朝鮮人はいました。
 
これは、正当防衛で虐殺ではありません。
 
関東大震災直後の混乱の中で、朝鮮人テロリスト集団が日本人被災者に対して無差別攻撃を仕掛けて、震災を逃れた被災者たちが多数殺されました。
 
自警団が、朝鮮人テロリスト集団と戦った過程で、巻き添えになって殺害された一般の朝鮮人犠牲者もいました。
 
しかし、震災下の混乱にあるテロとの戦いの犠牲者で、朝鮮人の虐殺ではありません。
 
関東大震災の翌日、9月2日に樹立した山本権兵衛内閣で、後藤新平が内務大臣兼帝都復興院総裁に就任しました。
 

 
後藤新平は、事態をこのまま放置すると、朝鮮人暴徒と日本人自警団の抗争が激化して内戦状態になるのではないかと危惧して、報道を差し止めました。
 
後藤新平は、警視庁幹部だった正力松太郎に、
「正力君、朝鮮人の暴動があったことは事実だし、自分は知らないわけではない。だがな、このまま自警団に任せて力で押し潰せば、彼らとてそのままは引き下がらないだろう。必ずその報復がくる。報復の矢先が万が一にも御上に向けられるようなことがあったら、腹を切ったくらいでは済まされない。だからここは自警団には気の毒だが引いてもらう。」
と語ったといわれています。
 

工藤美代子著、『関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実』
 
■1.「朝鮮人を電柱に縛りつけ、眼球をくり抜いて鼻をそぎ、、、」
 
 関東大震災の翌年、大正13(1924)年5月、在東京英国大使館から、ジェームズ・ラムゼイ・マクドナルド英首相に、あるパンフレットが送付された。『日本での朝鮮人大虐殺』と題した小冊子で、横浜の英国総領事あてに郵送されてきたものである。その中には、次のようなおどろおどろしい記述があった。[1,p245]
 
_____
1923年9月1日ごろ(JOG: 震災当日)、日本政府は一般大衆のほか、兵士、警察本部、自警団に向けて無線で特別命令を出し、「朝鮮人の老若男女を街角で見つけるか、家の中、あるいはどこかに隠れているのを見つけたら、いつでも殺害せよ」と指示した。・・・
 
 騎馬兵はあらゆる方角から朝鮮人を追いかけ、銃撃を加えて皆殺しにした。このようにして殺された人数は次の通りである。
 
ハダ(羽田?)2000、隅田川沿い400、品川300,サキダマケン(埼玉県?)駅400・・・
 
 しかし、最も痛ましい殺人は、いわゆる自警団や民衆によって行われた。「朝鮮人だ、朝鮮人だ」と叫び、朝鮮人攻撃に加わった。彼等は朝鮮人を電柱に縛りつけ、眼球をくり抜いて鼻をそぎ、腹を切り裂いて腸が飛び出るままにした。・・・
 
 2万人以上の罪なき人が野蛮な日本人によって虐殺された。朝鮮人に開かれている道はただ一つ。それは「日本人が朝鮮人を殺したように、日本人を殺すこと」だ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
「眼球をくり抜いて鼻をそぎ」というのは、中国や朝鮮でかつて行われていた虐殺方法だが、我が国では聞いたことがない。どうも「南京事件」と同様、中国や朝鮮が絡むと、そこに登場する日本人は突然、大陸・半島風の残虐さを発揮するようだ。
 
 今日でも流布されている関東大震災における「朝鮮人虐殺」が、すでにこのように国際的な政治宣伝に使われていたのである。
 
■2.「そう住民が思い込んだのには根拠がまったくないわけではない」
 
 この小冊子を本国に送るにあたって、在京英国大使館は次のようなメモをつけている。[1,p244]
 
______
 小職の複数の報告でお分かりの通り、大震災後に多くの朝鮮人が殺害されたことは疑いのない事実であります。しかし、不幸な出来事はこの小冊子の著者によって著しく誇張されており、日本の当局が虐殺を扇動したという筆者の指摘には根拠がないと考えます。
 
 東京や横浜の住民は恐慌状態に陥り、朝鮮人が略奪や政治的復讐のため家々に火を放っていると思いました。小職には放火があったともなかったとも証明する手立てはありませんが、欧州人を含む事情通の多くは、そう住民が思い込んだのには根拠がまったくないわけではないと考えています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 すなわち、英国大使館の見る所では:
 
・大震災後に多くの朝鮮人が虐殺された。
・日本の当局がそれを扇動したわけではない。
・住人は、朝鮮人が略奪や政治的復讐のために放火した、と思った。
・そう思い込んだのは、根拠がまったくないわけではない。
 
 当時の英国大使館といえば、中立的客観的な見方のできる立場にあった。当時の史実を丹念に分析した工藤美代子氏の労作『関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実』があきらかにしたところも、この英国大使館の見方を大筋で一致している。
(震災下のテロとの戦い)抜粋
 
関東大震災直後に、日本人が命がけで朝鮮人を守っていますし、朝鮮人も事実だと認めて感謝しています
 
横浜の鶴見警察署長の大川常吉は、警察に保護された朝鮮人300人のために、警察を取り囲んだ1000人の群衆に対峙しました。
 
そして、
「朝鮮人を諸君には絶対に渡さん。この大川を殺してから連れて行け。そのかわり諸君らと命の続く限り戦う」・「毒を入れたという井戸水を持ってこい。その井戸水を飲んでみせよう」
と言って、一升ビンの水を飲み干したと言われています。
 

 
 
関東大震災直後に東京とその近郊にいた朝鮮人の総人口は約9800人で、死亡や行方不明は約20%くらいだと考えられています。
 
軍や警察は、朝鮮人を保護するために、習志野陸軍廠舎や各警察署などに6800人を収容して、毛布や握り飯が支給されて負傷者は軍医から手当を施されました。
 
この時点で、190万人の日本人被災者の相当部分が、野宿をしたり、食糧不足に苦しんでいたことを考えても、朝鮮人を手厚く保護していました。
 
関東大震災の直後に発足した山本権兵衛内閣は、治安回復に乗り出して、9月2日に東京全市、京浜地区に戒厳令が敷かれました。
 
戒厳令司令部は、過剰防衛として日本人367人を逮捕して、殺害された朝鮮人は233人と公表しています。
 
反日勢力が数千人という、朝鮮人の大量虐殺はありませんでした。
 
自警団が朝鮮人テロリスト集団と戦った過程で、巻き添えになって殺害された朝鮮人もいましたが、震災下の混乱でのテロとの戦いの犠牲者ですし、多くの日本人が殺害されたのが真実です。
 
良識ある日本国民の皆様、関東大震災についてご考慮下さい。
 
↓↓ランキングの応援クリックお願い致します↓↓
 
人気ブログランキング http://blog.with2.net/in.php?646336
 
 
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
訪問者数
人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

近野滋之

Author:近野滋之
こんのしげゆき
Nationalist
1962年9月14日生まれ
東京都新宿区出身
財団法人日本遺族会会員
21世紀日本政経会議議長
少年教育を考える会理事
靖國神社崇敬奉賛会正会員

検索フォーム

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。